ブログネタ
RC住宅を建てよう! に参加中!
東京で賃貸併用住宅を建てるならRCdesign

くもり時々雨だったりな東京です。

そんな今日は朝のうち資料作成、その後和光市計画の現場へ、お客様の検査立ち会いなど。ありがとうございます。ワンルームマンション14世帯の検査は結構時間がかかります。こちらの建物は今月末お引き渡しですが、それまでに見学をご希望の方はお気軽にお問い合わせ下さい。

午後に帰社後は構造担当と電話、書類作成、図面作成、関連会社さんと電話など。夕方は見積作成、西新宿計画検討、銀座6丁目計画検討、ミーティング、西新宿計画のお客様にご来社いただき打ち合わせ、ありがとうございます。

1281690575_pそう言えば、恒例のリクルート社発行「東京の注文住宅」が発売されましたので、お知らせいたします。

今回弊社でご紹介させていただいたオーナー様は、土地から探されて、賃貸併用住宅を建てられたケースです。

これから賃貸マンションや賃貸併用住宅をご計画されている方はもちろん、東京で2世帯住宅などの注文住宅をご検討される方にはご参考にしていただける内容になっています。

売り切れになってしまうこともありますので、是非お早めにお近くの書店でお買い求め下さい。定価380円です。

ではこちら。

『ナンバープレート制度』導入で東京は自転車検問の嵐になる?

東京都が条例化を見据え検討している、自転車へのナンバープレート装着義務化。しかし、導入にあたって議論されるべき課題は山積みだ。例えば義務化が実現したとして、今ある膨大な“ナンバーなし自転車”をどう扱うのか。

また、近隣県からの乗り入れや、都民が通販で自転車を購入した場合はどうなるのか。こうした疑問に対して都が用意した資料には以下のような答えがある。

「ナンバー制度は新たに販売される自転車を対象とし、数年後に大半の自転車が切り替わった段階で古い自転車を対象にするという方法も考えられる」「近隣県住民であっても、都内に乗り入れて放置する可能性がある者は対象とするという方法も考えられる」「通販で買った場合、都内や最寄りの自転車店において登録することも考えられる」

都によると、東京都にある自転車は現在約900万台。東京都の世帯数は約640万世帯だから、1年間に10分の1の世帯が自転車を新規購入するとしても、新規販売台数は約64万台にしかならない。そのうえでこの制度が導入されれば、新たな費用負担を嫌って購入を思いとどまり、古い自転車に乗り続けるユーザーも増えるだろう。つまり、「数年後に大半の自転車が入れ替わる」というのはあまりにも希望的な観測だといえる。
2012年09月25日06時00分提供:週プレNEWS

なるほど。

都内の繁華街や住宅街でも自転車の危険な運転が問題になっていたり、相変わらず放置自転車もなかなか減らないというところが問題になっていますね。

移動手段としての機動力が自転車の良いところなんですが、ご存じの通り、法律上は自転車も軽車両という分類で、立派な車両ということになっています。

ということは、基本的に車道を走行しなければいけませんし、道路交通法に違反することがあれば、罰則などもあるわけです。

当然、飲酒運転や携帯電話をしながらの運転、夜間無灯火、傘さし、二人乗り、信号無視、一時停止、安全運転義務違反などは罰則の対象になりますので、十分注意してください。

また、自転車も立派な凶器になりえるということも認識しておかなくてはいけません。

子どもでもちょっとがんばれば時速30キロ程度のスピードを出せたりしますし、通常でも15キロ程度のスピードにはなっていますね。もしこのスピードで歩行者と衝突したら、もしかするとケガでは済まないような事故になることも考えられます。

恐らく、日常的に自転車を利用されている方はもちろん、歩いている時にも1度や2度、ヒヤッとしたり、ハッとしたことがあると思いますが、それだけ事故の可能性も高いということです。

意外と小学生くらいなら、学校で習ったり、少しは恐怖心もあるかもしれませんが、中学生以上になるとほぼ身体の一部に思えるようになっていますので、そこに慢心やスキが現れるのではないでしょうか。

それはもちろん立派な大人も同じことで、むしろ新しい情報に疎くなっていたり、より図々しくなっている分、質が悪く なっている場合も見受けられます。

と言うことで、実際の義務化にはまだまだ問題もあり、運用には難しい点もあるようですが、自転車にナンバープレートを義務付ければ、自転車による事故が発生した時や、放置自転車の取り締まりにも一定の効果が期待出来るのではないでしょうか。

あ、私にそんなことを言う資格があるのか、とかいうご指摘は遠慮させていただきますね。

それでは。

今日もありがとうございます。

  ←どうかひとつ、ハゲましのクリックを!
人気ブログランキングへ