ブログネタ
RC住宅を建てよう! に参加中!
rcd3東京で消えない家を建てるならRCdesign

曇りの東京は寒いっす。

そんな今日は朝から社内ミーティング、その後渋谷区恵比寿計画検討、材料メーカーさんと電話、お問い合わせ対応、サッシ屋さん来社打ち合わせ、見積作成など。

午後は杉並区久我山計画検討、図面作成、見積作成、世田谷区代沢計画検討など。夕方は台東区今戸計画検討、千葉の業者さんと電話、ご近所のリフォーム計画検討、見積作成など。

帰宅時には雨になっていましたが、一段と寒く感じました。

ではこちら。

日本の住まいから消えゆく仏壇 オシャレ仏壇登場で挽回なるか
 
マンション居住者が仏壇購入の際に最も重視するのは「省スペース」。ニーズに応じた「祈り」の新しい形も登場している。

マンション向けインターネットサービスを提供する、株式会社つなぐネットコミュニケーションズは、同社のマンション・ラボリサーチ会員を対象に、「仏壇に関するアンケート」を実施した。期間は2012年7月27日〜8月8日。

アンケートに回答した人のうち、自宅に仏壇のある人は約15%にとどまり、圧倒的に無い人が多い結果(約85%)となった。また、無い人のうち、将来的に必要だと回答した人は28%、将来的にも置く必要がないと答えた人は72%にも上った。仏壇を置く必要のない主な理由として、「置き場所が無い」(約37%)という回答が最も多い結果となった。
MONEYzine2012年11月04日14時00分
 
なるほど。
 
確かに我が家にも今のところ仏壇はありません。
 
いや実家にもしっかりとした仏壇は無いはずですので、いつか必要になる日が来るのかすらわからない状況です。
 
弊社で建築させていただくお客様宅にも、計画時から仏壇置き場のご依頼をいただくのは3割までいかないくらいではないでしょうか。
 
恐らくその土地で代々長く暮らしている方で、家を継ぐ長男さんの場合が多いような気がしますが、どうでしょう。
 
仏壇を置かなくなった理由は、もちろんスペースの問題もあるでしょう。しかし、それ以上に宗教的なイメージや本来の仏壇が日本の生活スタイルに合わなくなってきたということもあるでしょう。

そう言った意味では和室や床の間なども同じように日本の住まいから徐々に無くなってきましたので、仏壇の運命も危ういかもしれません。
 
もともと無宗教であっても、ご先祖様の仏を祀るための場所が仏壇ですが、さすがに和室も無い家に従来の仏壇を置く場所を見つけるのは難しいですね。
 
でも私個人的にはご先祖様あっての自分だと思いますし、感謝の気持ちを忘れないようにするためにも、何らかのお祈りの場所があっても良いと思います。
 
実は以前お客様のご依頼でリビングに仏壇を置きたいけど、いつも見えているのはさすがにインテリアに合わないので、どうにかして欲しいということがあり、既存のお仏壇をクローゼット扉や造り付けの収納で隠したということが何度かありました。
 
また、仏壇の前だけを3帖ほどのタタミコーナーとして調和させたこともありましたね。
 
しかし、最近は結構オシャレでモダンな仏壇というものも市販されていて、ちょっとネットで検索すると、デザイン、金額共にビックリするくらいの品数が揃っています。
 
これならリビングにあっても違和感が無いというものもありますので、ご先祖様を大切に思う方は是非は一度検討してみてはいかがでしょうか。
 
ご先祖様に感謝し、また感謝される先祖になるためにも日本の住まいは是非鉄筋コンクリートで建てましょう。

それでは。

今日もありがとうございます。

 ←応援のクリックを是非!
人気ブログランキングへ