ブログネタ
RC住宅を建てよう! に参加中!
東京でメンテナンスが楽な家を建てるならRCdesign

晴れのち曇りの涼しい東京です。

そんな今日は朝から社内ミーティング、豊島区長崎のOBオーナー様とお電話、渋谷区東計画のお客様とお電話、ありがとうございます。目白のお客様とお電話あ、資材メーカーさんと電話、図面作成、都市銀行さん来社、北区西ヶ原計画検討、資料作成など。

午後は不動産会社さんと電話、小金井計画検討、金融機関 へ、帰社後は原稿作成、渋谷区神宮前計画検討、鉄筋屋さんと電話、資料作成、渋谷の不動産会社さんと電話、神宮前でご検討のお客様にご来社頂きました。ありがとうございます。東計画検討、大工さんと電話など。夕方は資料作成、坂下のOBオーナー様とお電話、その後板橋区赤塚新町のお客様宅訪問、打ち合わせなど。

今日も予想ほど暖かくはなりませんでしたね。暖かくしてお過ごしください。

ではこちら。

家の外壁にこびりついた黒ずみやカビ、掃除すると費用はいくら?

普段掃除をしない場所のひとつに家の外壁がある。長年の風雨にさらされると全体が黒ずみ、しかも雨垂れ跡などがあると、建物そのものが古びて傷んでいるようにも見えるので、気になっている人もいるのではないだろうか。

こうした黒ずみの正体は、排ガスなどが付着した酸性雨の水垢やカビ、コケなどがほとんどなのだそう。なので、高圧洗浄機などを使用すれば落ちるそうだが、高い場所は素人には危ない。こういうときこそ、プロの手を借りたいところだ。 
SUUMOジャーナル2013年10月20日01時12分

なるほど。

一戸建ての住宅にお住まいの方や、これから一戸建てに住み替えをお考えの方には、メンテナンス費用も気になるところだと思います。

記事にあるように、汚れの洗浄ということだけなら、業務用高圧洗浄機での作業もその効果は期待出来ますが、通常ですと同じタイミングで窓まわりの樹脂シーリングや防水なども寿命を迎えている場合がありますので、同時に施工される方がお得だと思います。

一般的な延べ床面積30坪の3階建ての場合、外壁の面積が200崢度のはずですので、洗浄だけなら20万円弱、外壁の再塗装までだと100万円弱くらいは予算を見ておいた方が良いと思います。

もちろん足場の設置が必要な場合は、別途費用が必要ですし、同時にシーリングの打ち替えや、屋根の防水も含めると、200万円程度がおおよそ15年毎に必要になります。

ということは、毎月1万円程度は修繕費の積み立てをしておくと安心ですね。

一見結構なコストに思われるかもしれませんが、マンションに比べると負担は少ないと思いますし、建築物も車やパソコンなどと同じように消耗されたり、劣化していくものですので、より長く安心してご利用頂くためにも、適切なメンテナンスを行っていただきたいものです。

弊社の建物で標準としているコンクリート打ち放し仕上げも、最近は光触媒の施工までが可能になりましたので、以前のような黒ずみや藻が付いたりすることもなく、美しい状態を保つことが可能になりました。

お客様の中には、打ち放しと言うと以前からのイメージのままの方も多く、ちょっと残念な印象を持たれていることもありますので、是非一度最新のコンクリート打ち放し仕上げをご覧頂けると良いと思います。

もちろん、コンクリートには打ち放しだけではなく、タイルやレンガ、塗装や左官による多種多様な仕上げが可能ですので、お好みによって仕上げることが可能です。

住まいを選ぶには、このランニングコストや寿命による建て替え費用まで含めた、ライフサイクルコストで比較検討するようにしましょう。

おそらくRC(鉄筋コンクリート)住宅が有利だと思います。

  ←クリックが大変嬉しく存じます。
人気ブログランキングへ