ブログネタ
RC住宅を建てよう! に参加中!
東京でリラックスする家を建てるならRCdesign

曇り時々雨一時嵐の東京です。

そんな今日は朝から杉並区高井戸西計画検討、文京区向丘のオーナー様とお電話、サッシ屋さん来社打ち合わせ、渋谷区東計画検討、原稿作成、地盤調査会社さんと電話など。

午後は都市銀行さんと電話、豊島区駒込計画検討、見積作成、世田谷区砧計画検討、資料作成、地盤調査会社さんと電話、地盤改良会社さんと電話など。夕方は渋谷区恵比寿2丁目計画検討、大工さんと打ち合わせ、小金井のオーナー様とお電話、文京区本郷計画検討、各種段取りなど。

RC本郷DM 地図抜きそういえば、今週末15日(土)に完成内覧会が開催されるのをお忘れの方はいらっしゃいませんか?是非この機会にご覧頂きたいと思いますので、ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

ではこちら。 

お風呂が宙に浮いている!? リラックス感が半端ない、ハンモック型バスタブ「ベッセル」

木陰のハンモックでお昼寝したい! ビーチのハンモックで読書したい! キャンプ場のハンモックから星空を眺めたい! だけど、家に帰ったらお風呂入って寝るだけの毎日で、どこにもそんな時間ないんだよね。グスン。(どんだけハンモック好きやねん……)

そんな悲しいハンモックフェチのアナタに、本日は、ハンモックとバスタブを合体させたハンモック型バスタブ「ベッセル」をご紹介したいと思います。

英国のデザイン会社Splinter Worksが考案したハンモック型バスタブ「ベッセル」は、家のバスルームをリゾート空間に変えてしまう、画期的リラクゼーション商品。

バスルームの床から数十センチ離れた位置に取り付けられた、優美な流線型のフォルムを誇るベッセルは、毎日のお風呂タイムを完璧なハンモックタイム、いや、リラックスタイムに変えてしまいます。 
Pouch 2014年03月13日14時00分

なるほど。

これはなかなか良さそうですよ。

vessel-hammock-splinter-works-uk←こちらです。

一見本当にハンモックのように見えますけど、なんと贅沢にもカーボンファイバーでしっかりとした作りになっているようですので、実用には問題なさそうです。

さらに本体にはフォームコアという合成樹脂も使用されているそうで、従来のバスタブよりも優れた耐久性と保温性を実現しているとか。

これで長さは約2.7mもあるということですので、大人2人がゆったり入れるビッグサイズです。

見る限りだと、排水とか、給湯などの配管をどのような収まりにするのか、またバスタブにお湯と人間の重さを加えた荷重に耐えられる壁とか、設置するには、それ相応の対策も必要になりそうですが、もちろんRC(鉄筋コンクリート)住宅なら問題なく設置可能ですね。

こんなハンモックと入浴の相乗効果から得られる壮大なリラックス感には、設置を後悔させないだけの価値がきっとあるのではないでしょうか。

この美しいカーボンファイバー製バスタブ「ベッセル」は、黒、赤、青、黄色、ピンク、ブロンズ、ピュアシルバーの7色のカラー展開から選べるそうです。問題は価格ですが・・・

価格は$34,000。

う〜んなかなかのお値段ですが、大量生産はしていないとのことですので、ご興味をお持ちで購入ご希望の方はお早めにお問い合わせをしてみてはいかがでしょうか。

こんなバスタブも難なく受け入れることが出来るRC住宅を是非ご検討ください。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキングへ ←今日もどうか応援のクリックを一つ。