東京で最先端の家を建てるならRCdesign

晴れて暑い東京です。

そんな今日は朝に無事帰国後出社、資料整理、大工さんと電話、小金井計画検討、豊島区駒込計画検討、図面チェックなど。

午後は渋谷区東のオーナー様とお電話、江東区でご検討のお客様ご来社、ありがとうございます。電気屋さん来社、北区西ヶ原計画検討、世田谷区砧計画検討など。夕方は電気屋さんと打ち合わせ、板橋区弥生町計画検討、杉並区宮前計画検討、見積作成、お問い合わせ対応など。

IMG_4600と言うことで、先週金曜日の夜に出発して、ベトナムへ行って参りました。もちろん仕事でですが、今回は外国人技能実習制度による実際の学生を面接させていただくために足を運んでみました。初めてのベトナムでしたが、限られた時間の中で有意義に過ごすことが出来ました。

日本の国策事業として、発展途上国などに経済発展と産業振興の担い手となる人材の育成を行うことを目的に、先進国の技能や知識を習得してもらうのが狙いです。

一方ではご存じの通り、日本の現状として少子高齢化や若者の職業選択の多様化から、いろんな職業で人材不足が懸念されています。

こと建築業界では一層深刻で、絶対的な人数と技能の承継を託す人材を育てることが急務になっています。ところが、日本国内だけではどうしても限界があるというのが実情です。
IMG_4591
そこで、弊社でも少しずつではありますが、実習生を受け入れて育てていこうと考えたわけです。

今回実際に面接という形で接してみて感じたのは、やはりベトナムの皆さんは目の色が違うという点で、明日に対する希望や夢に対して、満ちあふれているようでした。

IMG_4584本当に微力ではありますが、少しでもベトナムと日本の発展に役に立てるよう弊社としても、精一杯取り組んでいきたいと思います。

写真は上から日本語学校の校舎、面接を行った生徒さん達、市内の民間工事現場の現状視察、ハノイの旧市街にある教会で、1888年に建てられたということですので、もう築120年以上にもなる歴史的建築物です。

で、気が付けば知らないうちに5月も終わってしまっていて、6月が始まっていました。急いで衣替えをしなければいけません。
IMG_4621
さらに、今月はサッカーワールドカップが開催されますので、今からドキドキ、ワクワクが日増しに高まって来ていますので、こちらも応援の準備をしておかなくてはいけません。

先進国は当然のこと、途上国でも今後は高性能住宅が、必ず必要になります。その時に間違いなく施工出来るよう、技術と知識を広めて行きたいと思います。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキングへ ←今日も応援のクリックをどうかひとつ!