ブログネタ
RC住宅を建てよう! に参加中!
東京でラッキーな家を建てるならRCdesign

くもりのち時々雨の寒い東京です。

そんな今日は朝から内装商社さんと電話、練馬区田柄計画検討、渋谷区東のOBオーナー様とお電話、地盤調査会社さんと電話、板橋区徳丸6丁目計画検討、立川の業者さんと電話、中野区南台計画検討、資料作成、提携会社さんと電話、大工さんと電話など。

午後は和光のOBオーナー様とお電話、提携会社さん来社打ち合わせ、板橋区弥生町計画のお客様宅訪問、書類受け取りなど、帰社後はお問い合わせ対応など。夕方は和光のお客様にご来社いただき打ち合わせなど、ありがとうございます。防水メーカーさん来社打ち合わせ、商社さん来社、練馬の不動産会社さんと電話、世田谷区代沢のOBオーナー様とお電話、原稿作成、ミーティングなど。

ここのところ服装選びにお悩みの方も多いのではないでしょうか。寒暖の差が大きいので、調整出来る服装にしましょう。

ではこちら。

自分の部屋をパワースポットにする方法

相変わらずパワースポットブームが続いている今日この頃。お寺や神社などの日本の伝統的な建物が注目されたり、地方都市の活性化に繋がるという一面もあり、とても良いことですよね。

もちろん、パワースポットに行ったことで心願成就した人も多くいるでしょう。

しかし、一方で、本当にパワースポットなの?と、疑いたくなるような、あきらかに商業目的の「パワースポットらしき場所」も増えているのも事実...。
「パワースポットらしき場所」に行ってしまって、時間とお金を無駄にするよりも、まずは【自分の部屋をパワースポットに近づけること】にチャレンジしてみてはいかがでしょう?
2014年11月11日 12時0分 占いウォーカー

なるほど。

確かに女性を中心に各地のパワースポット巡りをされている方もいらっしゃいますし、少しでも明日は今日より良くなって欲しいと願うのが、人間の本能として変わらない願望かもしれません。

しかし、時間とコストをまったく気にする必要が無いという方も稀でしょうから、そうなると自分の家や部屋がパワースポットだったら良いですよね。 

まず記事で紹介されていた方法は、風水を使って部屋の気のバランスを整えること。部屋を片付け、風水に基づいて模様替えなどをしてみるというものです。ベッドの位置や向き、カーテンの色、水周りのお手入れなどが、とくに重要なようです。

そして、風水をつかって部屋の気の流れを整えたあとは、とっておきのアイテムでパワーを呼び込みます。
そのアイテムが、なんと、太鼓だそうです。

お祭りや神儀でなぜ太鼓が叩かれるのかというと、「場を鎮め邪気を払うため」だと言われています。つまり、太鼓を叩いてパワー(=神様)を呼び込む場を作るのです。ちなみに、神社に参拝する際に手を叩くのも、邪気を払い心を鎮める目的があるそうです。

太鼓の音には、マイナスのエネルギーを打ち砕く力がありますから、人から嫌な話しを聞かされたときや、仕事から帰宅した時など、なんとなく「マイナスの気」を浴びたなぁ〜と感じる時は、太鼓を叩きながら、部屋を一周してみるといいとも書かれていました。くれぐれもご近所迷惑にならないようにご注意くださいね。

さらに、以前から言われているものでは、盛塩がいいでしょう。お皿に盛塩をして部屋の四隅に置くだけ。これで結界をはって守ってくれます。効果を高めたいなら、一合枡を4つ用意して、それにお塩を入れて置くと良いでしょう。

もうひとつ、「イヤシロチ」と「ケガレチ」という呼び名はご存じですか?パワースポットである「イヤシロチ」と、悪い土地である「ケガレチ」というものがあり、これを見つけるためには土地の電流を測定したりする必要もあるとかで、ちょっと素人には扱いが難しいようです。

悪い土地を良くするその方法というのが、まずは土地の電気を測定し、力が弱い部分を見つけ出します。次に、そこに直径1メートル、深さ1メートル程度の円柱形の穴を掘り、その中に炭素(=炭)を埋めれば OK です。読むだけだと簡単そうですが、これで400キロ近い炭を埋めることになるそうですので、なかなかの工事になりそうです。

次はもう少し簡単というか、やりやすい方法として、自宅に神棚を設置するという方法もあります。もしかするとすでに昔からあるという方もいらっしゃるかもしれませんね。

昔はそこがパワースポットと言う感じだったのですが、今は神棚もなかなか無く自宅にパワースポットが無い様な状況となっている所が多いですね。

パワースポットとする場所にパワーストーンを置くことや、アロマやキャンドルで好きな香を出す事、お水を置く事、たったこれだけでもパワースポットとなるようですので、まずはこの辺りから初めてみては如何でしょうか。

今から準備をしておけば、これまでの邪気を払い、来年はより良い年になるかもしれません。また、更なる癒やしをお求めなら、是非RC住宅がオススメです。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキングへ       ←応援のクリックをどうかひとつ!