ブログネタ
RC住宅を建てよう! に参加中!
東京で美容にいい住宅を建てるならRCdesign

曇りのち雨とかみぞれとかの東京です。

そんな今日は朝からサッシ屋さん来社打ち合わせ、徳丸6丁目計画検討、事務機屋さん来社、造園屋さん来社打ち合わせ、地方銀行さん来社、来客、練馬区田柄計画検討、図面作成など。

午後は図面作成、お問い合わせ対応、池袋計画検討、業者さんと電話、小金井東町計画検討など。夕方は関西の業者さんと電話、図面作成、中野区南台計画検討、板橋区板橋3丁目計画検討、図面作成など。

いやはや今日は本当に寒かったですね〜、大寒の次の日ですから、まあ当然なんですけど。くれぐれも暖かくしてお過ごしください。

ではこちら。

“ブスになる部屋”に住んでない?美容や健康に大きな影響を与える「住まい環境」とは

【モデルプレス】不眠や慢性的な冷え性、肌荒れなどの悩みを抱えている人はいませんか?
症状に対し様々な改善策を試しても良くならないのであれば、もしかすると今住んでいる住居に原因があるのかもしれません。

◆不眠症を解消「快眠美部屋」
美と健康は夜寝ている間に作られますよね。疲労回復やストレス解消、体の成長や老化防止、病気の予防などに効果があり、睡眠の健康・美容効果は計り知れません。そのため、健康のためにも、美肌のためにも、静かで快眠でき、朝日を浴びてさわやかに起きられる環境を整えることが大切になってきます。

ぐっすり眠れる住まいを選ぶために気にしたいのは音問題。音をシャットアウトしてくれる遮音性が高い素材は、材質の重さに比例するので、木の家よりも、コンクリートや鉄筋で作られている重い家の方が音は聞こえにくいといわれています。

また、マンションやアパート等の場合は、隣や上の部屋に人がいない、もしくは静かであるということを注意して選ぶと良いでしょう。夜10時以降に現地に行ってみて、ご近所に住む人や周辺環境がうるさくないか確認すると実際に住んだ時の様子が実感できるため、オススメです。
2015年1月21日 18時42分 モデルプレス

なるほど。

これは良いことを聞きましたね。RC(鉄筋コンクリート)住宅に暮らす女性はブスにならない、言い換えれば美しくなれるということです。

すでにある程度勉強された方なら、すでにご存じだと思いますが、こと音の問題に関して言えば、記事にもあるように、比重の重たい材料が絶対有利ですので、RC造の建物が最も優れていると言えます。

実はまだまだS(鉄骨)造とRC(鉄筋コンクリート)造の違いを正確に理解している人が、意外と少なかったりして残念なんですが。

これには、大手ハウスメーカーさんなどが外壁材として使用しているALC(軽量気泡コンクリート板)や、PC(工場で生産するコンクリート板)などの影響があるかもしれませんが、部材の一部にコンクリートという文言が入っているから、コンクリートの建物だと思ってしまうのかもしれません。

もちろんこれらと、現場で生コンを流し込んで作るRC(鉄筋コンクリート)造とでは、構造的にはもちろん、住まいとしての性能や実際の住み心地は、全く違うものと思って頂いた方が良いくらいです。

実際に完成したRC造の建物に入ると、引越前の何も無い状態の場合、通常の会話でもエコー(反響)を感じることが多いんですけど、これはすなわち音のエネルギーが外に漏れないということですし、それだけ遮音性が高いとも言えます。

そんな反響も、カーテンを掛けたり、ソファが置かれたりしますと、それら家具が音のエネルギーを吸収してくれますので、実際に暮らし始めるとまったく気にならなくなりますので、ご安心ください。

また、より一層の音響環境をお望みなら、内部の壁やドアにちょっと工夫する必要がありますが、他の構造に比べれば、断然安価で防音室を実現することが出来ます。

そうそう、今日は女性の美容と健康がテーマでしたね。まずは快眠のためにも、RC住宅にお住まいになることをオススメいたします。

さらに、記事の続きでは、女性の大敵、冷え性対策「冷えない美部屋」というものも紹介されていました。
 
こちらも確かに冷えは万病の元とも言われていますので、健康や美容に大きな影響があって当然ですね。健康な美人であろうと思うのなら、体を冷やさない環境、住まいを選ぶことが大切ということです。

ここも技術的な解説をじっくりさせて頂きたいところですが、長くなってしまいますので簡単にお伝えしておくと、気密性と断熱性に優れた住まいを選ぶということです。

この点においても、RC造なら気密性は間違い無く最高レベルですし、弊社の施工方法なら、断熱性能も安心ですので、冷えない美部屋を手に入れることが可能です。 

今日は「美容」と「健康」に良い住まいを選ぶ方法ということでしたが、結局はRC(鉄筋コンクリート)住宅に辿り着いちゃうんですよね。

もちろんこれは私の個人的な見解ですので、万が一ブスになってしまっても一切の責任は負いかねますので、悪しからず御了承ください。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキングへ       ← 今年もご声援のクリックを是非!