住まいはRC(鉄筋コンクリート)にしなさい!

東京で家を建てるならRC(鉄筋コンクリート)住宅。 (株)RCdesign(アールシーデザイン)社長の日記です。

あるある

いつもありがとうございます。ご愛顧感謝申し上げます。こだわりの一戸建て住宅や2世帯住宅、賃貸併用住宅の安定経営など、住まいに関するノウハウを株式会社RCdesignの代表井上がお届けいたします。

灼熱のオーストラリアに学ぶとか。

東京でもオーストラリアでも家を建てるならRCdesign

雨のちくもり時々晴れの東京です。

そんな今日は朝から資料作成、業者さんと電話、中野区大和町計画のお客様にご来社頂き打ち合わせ、ありがとうございます。三鷹市下連雀計画検討、お問合せ対応など。

午後は三鷹方面へ、お客様と打ち合わせ、ありがとうございます。帰社後はサッシ屋さんと電話など。夕方は来客面談、鉄骨屋さんと電話、お問合せ対応、書類作成など。

台風の影響で忙しい天気でしたが、暑さは相変わらずです。

ではこちら。

日本も猛暑ですが…灼熱のオーストラリアの真夏によくあること4つ

今年は稀に見る猛暑ということで、日本でも40度を超えるような地域が出ていますが、皆さま暑さ対策はしっかりなさっているでしょうか。

ところで筆者は南オーストラリア在住で現在は真冬なのですが、夏になれば40度越えが珍しくない灼熱の地でもあります。今回はそんな真夏のオーストラリアでよくあることをご紹介します!
2018年8月23日 23時0分 Googirl

なるほど。

いやはや、ちょっと2,3日涼しい日があっただけに、暑さが復活すると余計にダメージが大きくなるような気がしますね。

処暑を過ぎてもまだまだ残暑厳しい日が続きそうですし、夏バテが出てくる時期でもありますので、くれぐれも無理のないように、健康管理にはご注意ください。

さて、いよいよ日本の気候も1段シフトしたというか、明らかにこれまでとは変わってきたことが、表面化したように感じた今年の夏かもしれません。

そんな日本が今後の暮らしで参考になりそうなのが、記事にあったオーストラリアの生活ということで、現在真冬のオーストラリアに暮らしている著者の経験を参考にしましょう。

まずはその1として、鳥や獣が、暑さのせいで路上に息絶えてしまうそうです。
なんでも40度を超える日が数日続くと、人間だけでなく動物の世界にも異変が起きるそうで、道路には暑さに力尽きて息絶えた鳥や、ポッサム(有袋類動物、フクロギツネとも呼ばれている)などの死骸がそこかしこに見られるようになるのだとか。

その2は、暑くてどうしても眠れない…のでタイルの上に寝る人もいるとか。
連日の暑さ続きでは、クーラーの効きめも日々衰えてくるようになり、夜も寝るどころではなくなってしまうとか。

そこで、どうしても眠れなくなったら、タイルが敷き詰められたキッチンの床でごろ寝をすれば、ひんやりして冷たいそうです。

次にその3ですが、住宅街にコアラが水を求めてやってくるとか。
オーストラリアと言えばコアラですが、このコアラは通常あまり水を飲まないと言われているそうで、そんなコアラも猛暑日が続くとさすがに喉が渇くのか、ユーカリの木を降りて住宅街をさまよい歩く姿が見られるようになるそうです。

最後にその4は、夕方6時からさらにあがり続ける気温とか。
なんとも恐ろしいお話しですが、記事の筆者が住む場所では、夏は日没が8時近くになるほど日が長いそうです。そこでは夕方6時以降も気温がどんどん上がり続け、41度、42度とあがっていくということ。

ちょっと想像したくありませんが、これは砂漠地帯から熱風が吹いて来ることが原因らしく、著者さんも絶望的な気持ちになったそうです。

オーストラリアは日本と違い、比較的湿度は低いそうですが、それでも太陽の強い日差しが照りつけていたら、人間の生命も当然危険にさらされてしまうことになるでしょう。

まあ当面は目先の暑さをしのぐことでいっぱいかもしれませんが、間違いなく日本の夏は年々過酷になっていくことでしょうから、今からそんな環境でも生き延びられるように、準備しておかなくてはいけません。

それには建築物の性能を向上させることが最優先ですが、同様に日本人の暮らし方やライフスタイルなどの意識を変えることも大切なのではないでしょうか。

オーストラリアの住まいにもRC(鉄筋コンクリート)住宅がオススメです。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング ←ご声援を是非!



オーダーキッチンの失敗とか。

東京でオーダーの家を建てるならRCdesign

くもりのち晴れの東京です。

そんな今日は朝から中野区大和町計画でコンクリート打設がありました。書類作成、日野市計画検討、大工さんと電話、金融機関へ、帰社後は葛飾区新小岩計画のお客様とお電話、内装メーカーさんと電話、不動産会社さんと電話、板橋区双葉町計画のお客様とお電話、お問合せ対応など。

午後からは信用金庫さんと電話、高田馬場で会合出席へ、その後懇親会など。夕方帰社後は大工さんと電話、新小岩計画検討、文京区本駒込計画検討、お問合せ対応など。

先日、オーストラリアに暮らす方のお子さんが冬休みに入ったと聞きました。ちょっと涼みました。

ではこちら。

パントリー、収納、コンロ…。オーダーキッチンの「失敗」「後悔」あるある

キッチンは主婦にとって、とても大切なスペース。

そして、自分の意見がほぼ100パーセント通りやすい唯一のスペースでもあります。

だから、他のどの部屋よりも気合いが入るのは当たり前のことではないでしょうか。

しかし、そこまで気合いを入れても“失敗”というのは、どうやらあるらしいのです。

そこで、オーダーキッチンで後悔したことについて聞いてみました。
2018年7月24日 17時50分 日刊Sumai

なるほど。

確かに住まいづくりにおいて、キッチンエリアは奥様のこだわりを最大限実現したい場所に違いありませんし、それゆえに希望も膨らんでしまうものだと思います。

スペースとコストを意識すること無く、考えられる全てを実現すれば満足出来るかというと、必ずしもそうではないようで、今日の記事ではせっかくオーダーキッチンを採用したにもかかわらず、後悔したという方のお話しが書かれていました。

たとえばこのようなケース。「憧れてつくったアイランドキッチンを、建てて早々にリフォームしました。作っているところをお客さんに見せることになり、調理中の汚れも目立って嫌だったので」(35歳/パート)

ええ〜って感じですが、このケースは正に、憧れだけを追い求めると失敗のリスクが増してしまうパターンと言えます。

それにしても、そのくらい気付いて欲しいと思いますし、関係した業者さんや専門家の人達もアドバイスが無かったのか、もしくはそのアドバイスも聞く耳を持って頂けなかったのか、とても残念な結果ですね。

やはり一般的には、自宅のキッチンに使えるスペースは、モデルルームやショールームなどとは違い、限りがあるものですし、他との関係性もあるでしょうから、何を取り入れて、何を諦めるかという、取捨選択をすることが大切なんですね。

またこのような意見もありました。「左利きなので、コンロが左にあると使いにくいんです。右に設置して貰えば良かったし、冷蔵庫を置く位置もしっかり考えればよかったです」(30歳/専業主婦)

ん〜、これも本来ならば計画の初期段階で検討されるべき項目だと思うんですけど、もしかするとそれ以上に憧れを優先されてしまったのかもしれません。

さらに、「パントリーは大きい方が良いと言われ、奥行きを作りすぎました。奥に入ってしまったものを忘れてしまい、結局はロスになりやすいんですよ」(36歳/パート)というご意見もありました。

このあたりは、収納を単に量を確保することとされた結果、本来の使いやすさを置き去りにしてしまった例だと思います。

もちろん一定の量を確保することも必要だと思いますが、ご自身のこれまでの主婦経験から感じた不便さを解決することと、そこにプラスして専門家の意見も素直に参考にして頂きたいと思います。

誰でもがオーダーキッチンを採用するわけではありませんし、セミオーダーや既製品でも十分対応出来ることも多いので、そこは実現したいこととコストを見比べてお選び頂ければ良いと思います。

しかし、どうしても譲れないこだわりを実現するとなると、オーダーキッチンという選択ももちろん有りですので、自分の実現したいことをしっかりと検討しておくことも必要ですね。

日本国内のキッチンメーカーでは、おおよそ規格というものも決まっていて、選べる機器が限られてしまうこともありますが、故障や交換などの時にはスムーズに事が運びます。

しかし、家族の人数が多かったり、来客が多いなどの場合は、国産の食洗機では足りなくなってしまうことも多いので、そんな場合は海外製を選ぶ必要がありますが、結果オーダーキッチンを採用することになります。何よりもデザインの優れたものや、耐久性、細かな対応力が必要な時もオーダーキッチンがオススメです。

オーダーキッチンはもちろん、キッチンにこだわった住まいをお考えなら、RCdesignまでお気軽にご相談ください。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング ←ご声援を是非!



プロフィール

井上社長

RCdesign のご紹介
スペースの都合で小さい画面になっております。お手数ですが、全画面でご覧ください。
おすすめ
お知らせ
現在リクルート発刊
の『東京の注文住宅』
に弊社が掲載されてい
ます。もう買って頂け
ましたか?
書店で380円ですの
で、是非ご覧になって
下さいね。



専門家を探せる、相談
できるALL About プロ
ファイルに出展してます


全国工務店ブログ広場

一日一度のクリックを
ありがとうございます!
にほんブログ村 住まいブログへ


住まいランキング

ブログランキング

友だち追加

livedoor 天気
QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
住まいづくりの秘訣       無料メールセミナー
住まいづくりをお考えの方が後悔する前に知っておくべき内容を書き下ろしました。失敗しない住まいづくりノウハウを是非お受け取りください。
お名前 ※
E-Mail ※
都道府県 ※

RCdesign公式facebook
ブログ内記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ