住まいはRC(鉄筋コンクリート)にしなさい!

東京で家を建てるならRC(鉄筋コンクリート)住宅。 (株)RCdesign(アールシーデザイン)社長の日記です。

いたばし

いつもありがとうございます。ご愛顧感謝申し上げます。こだわりの一戸建て住宅や2世帯住宅、賃貸併用住宅の安定経営など、住まいに関するノウハウを株式会社RCdesignの代表井上がお届けいたします。

いたばし花火大会は5月23日とか。

花火を見る家を建てるならRCdesign

晴れの東京です。

そんな今日は朝から杉並区計画検討、お問い合わせ対応、設備屋さんと電話、不動産会社さんと電話、都市銀行さん来社打ち合わせ、西台のお客様とお電話、サッシ屋さん来社、世田谷区八幡山計画検討、図面作成など。

午後からは書類作成、その後事務組合さんへ諸手続など、帰社後は提携会社さんと電話、杉並区今川計画検討、お問い合わせ対応、豊島区西池袋計画検討など。夕方は信用金庫さんと電話、提携会社さんと電話、原稿作成、書類作成、ミーティングなど。

ヒノキの花粉も感じ始めた今日この頃です。

ではこちら。

「TOKYOいたばし花火フェスティバル2020」(第61回いたばし花火大会)

上記の情報が公開されていましたので、お知らせいたします。

板橋区によれば、言わずと知れた板橋の夏の風物詩として、毎年対岸の戸田橋花火大会と同日に開催され、総打ち上げ数で約13,000発の花火が板橋の夜空を彩ります。

東京最大「尺五寸玉」の打ち上げや、延べ約700メートルの関東最長級の「大ナイアガラの滝」が見どころとなっているところです。

今年は、東京2020大会を盛り上げるため、「TOKYOいたばし花火フェスティバル2020」として5月23日に開催します。とのことです。

例年では夏真っ盛りの時で、夕立に見舞われることも多かったと思いますが、オリンピック開催中を避けて、5月の開催となったようです。

花火イコール夏という固定観念は、日本人だと当たり前に持っているものだと思いますが、ご存じのとおり気象環境が劇的に変化してきた今となっては、花火を見ながら涼を取る、ということも難しくなってきたように思います。

熱帯夜が続く日本の夏では、夜間といえども気温30度を下回らず、屋外でも熱中症の危険すらある状況ですし、夏場の害虫による感染症などを考えると、意外と春もいいかもしれませんね。

とは言え、やはり今心配なのはコロナウイルスということになるでしょう。まだまだ気を抜けない状況だと思いますが、予定通り開催することが出来て、地域の皆さんが少しでも楽しむことが出来たらいいですね。

詳しくは下記のHPをご覧下さい。



それでは。

今日もありがとうございます。

 ←ご声援お待ちしております。



8月2日はいたばし花火大会ですよ。

ブログネタ
RC住宅を建てよう! に参加中!
東京で涼しい家を建てるならRCdesign

カラッとした夏の東京です。

そんな今日は朝から社内ミーティング、その後オーダーキッチンメーカーさんと電話、練馬区田柄計画、解体業者さんと電話、文京区千石2丁目計画検討、資料作成、台東区上野桜木計画完了検査、千葉県船橋市のお客様とお電話、ありがとうございます。世田谷区砧計画検討など。

午後は板橋区役所さんと電話、5丁目計画検討、資料作成、板橋3丁目計画検討、見積作成、提携会社さんと電話、原稿作成など。夕方は大工さんと打ち合わせ、図面作成、資料作成など。

ちょっと秋を感じさせるような暑さでした。とは言ってもまだまだ夏なんですけどね。

ではこちら。

東京都板橋区で1万1,000発の「いたばし花火大会」- 700mの巨大ナイアガラも

東京都板橋区は8月2日に、荒川戸田橋上流 板橋川河川敷にて「第55回 いたばし花火大会」を開催する。
都内最大の尺五寸玉も打ち上げる!

同大会は昭和25年に東京都板橋区と埼玉県戸田町との間で境界変更が行われたのを記念し、昭和26年8月18日に戸田橋花火大会として開催されたのが始まり。現在は荒川両岸で約1万1,000発を打ち上げる、東京都内屈指の花火大会となった。

大会のオープニングは、トラの尾を用いて火柱を中央に集約する演出を取り入れた約570発のワイドスターマイン。19時30分頃からは、日本全国の花火競技会で優秀な成績を収めた花火師10名による「芸術玉」も打ちあがる。

20時頃には、第55記念大会を祝したスペシャルプログラムを開催する。三本締めの終了に合わせてワイドスターマインと都内最大級の尺五寸玉を打ち上げる「15万人の三本締め」には、アニマル浜口さん夫妻が登場。浜口さんら三本締めのあと、約500発の花火が打ちあがる。
フォルサ  [2014/07/24]

なるほど。

一昨日の土曜日には隅田川の花火大会も開催されていましたね。いよいよ今週末の8月2日(土)にはいたばし花火大会が開催されます。

最近では、「伝統の隅田川花火」に対し「実力のいたばし花火」としてマスコミ等で注目を集めていますが、板橋区民だけではなく、東京都民・埼玉・千葉・神奈川など周辺の人々もたくさんつめかけ、今や東京を代表する花火大会となっていますので、是非足を運んで頂きたいと思います。

少し前にニュースにもなっていましたが、板橋では2003年度より導入された有料指定席もあり、場所取り要らずでゆったり観覧できますので、花火の迫力を間近に感じられると大好評を得ています。 

そんないたばし花火大会ですが、結構歴史もあり、最初は昭和25年に東京都板橋区と埼玉県戸田町との間で境界変更が行われたのを記念し、昭和26年8月18日に戸田橋花火大会(戸田町主催、板橋区後援)として開催されました。

私が子どもの頃は開催日のタイミングもあってか、夕立に見舞われる時も多かったように思いますが、花火大会の空模様だけは運次第という感じもいたします。

会場となる土手には都営三田線の西台駅が一番近いと思いますが、埼京線の浮間舟渡駅が意外と穴場かもしれません。

もちろん土手まで行けば間近で見ることができますが、ちょっと離れたところからでも結構綺麗に見える穴場がありますので、そんな場所を見つけるのもひとつです。

毎年のことながら、相当な人出になりますので、会場周辺の道路は通行止めのところも多くなります。出来るだけ公共交通機関をご利用ください。

また、そこそこ歩くことになりますので、足下は楽な履き物をご用意した方が良いと思います。

アニマル浜口さんと3本締めをしたい人はもちろん、そうでない方も是非この機会に板橋までお越し下さいますようお願い申し上げます。

ちなみに時間は19時〜20時30分。荒天の場合は翌日の3日に順延になります。
詳細は公式ホームページでもご確認ください。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキングへ ←応援のクリックをどうかひとつ!



プロフィール

井上社長

RCdesign のご紹介
スペースの都合で小さい画面になっております。お手数ですが、全画面でご覧ください。
おすすめ
お知らせ
現在リクルート発刊
の『東京の注文住宅』
に弊社が掲載されてい
ます。もう買って頂け
ましたか?
書店で380円ですの
で、是非ご覧になって
下さいね。



専門家を探せる、相談
できるALL About プロ
ファイルに出展してます


全国工務店ブログ広場

一日一度のクリックを
ありがとうございます!
にほんブログ村 住まいブログへ


住まいランキング

ブログランキング

友だち追加

livedoor 天気
QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
住まいづくりの秘訣       無料メールセミナー
住まいづくりをお考えの方が後悔する前に知っておくべき内容を書き下ろしました。失敗しない住まいづくりノウハウを是非お受け取りください。
お名前 ※
E-Mail ※
都道府県 ※

RCdesign公式facebook
ブログ内記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ