住まいはRC(鉄筋コンクリート)にしなさい!

東京で家を建てるならRC(鉄筋コンクリート)住宅。 (株)RCdesign(アールシーデザイン)社長の日記です。

うそ

いつもありがとうございます。ご愛顧感謝申し上げます。こだわりの一戸建て住宅や2世帯住宅、賃貸併用住宅の安定経営など、住まいに関するノウハウを株式会社RCdesignの代表井上がお届けいたします。

冷房が体に悪いはウソとか。

健康的な家を建てるならRCdesign

降ったり止んだり晴れたりの東京です。

そんな今日は朝から資料作成、その後蓮根のお客様宅へ書類お届けなど、帰社後は郵便局、賃貸管理、リフォーム計画検討、日野市計画検討、大田区北千束計画検討、図面作成など。

午後からは三鷹方面へ、お客様と打ち合わせなど。夕方帰社後は商社さんと電話、リフォーム計画検討、渋谷区計画検討、久喜計画検討、資料作成など。

蒸しますね。

ではこちら。

「冷房をつけて寝ると体に悪い」はウソだ

「冷房が苦手」といって、就寝時にエアコンを消してしまう人がいる。だが、それは命を危険にさらす行為だ。医師で早稲田大学准教授の西多昌規氏は「熱帯夜であれば一晩中使うことが望ましい。蒸し暑い環境で寝続けると、睡眠不足になるだけでなく、熱中症になるリスクがある」という――。

■「昔はエアコンなしでも眠れた」にだまされてはいけない
今年は5月で真夏日を記録したこともあって、真夏の暑さを気にしている人も多いだろう。昔と比べて日本の夏は、確かに暑くなってきている。2018年に気象庁が公表した「ヒートアイランド監視報告2017」によれば、日本の気温、特に首都圏をはじめとする都市部の気温は確実に上昇傾向を示しており、100年前と比べると、東京の年間平均気温は3.2度上昇したという。
2019年7月19日 9時15分 プレジデントオンライン

なるほど。

本当に日本ではまだまだ古い固定観念に縛られている方が多いと思います。

環境の変化や技術の進歩、求められる省エネやエコロジーを真摯に受け止め、これまでの根性論や我慢を優先した節約を検証して、健康を優先しつつ賢明な省エネを実現して欲しいと思います。

記事に書かれていたのは、ひと世代前の人が言う「わたしたちの頃はエアコンなしでも過ごせていた」という言葉を、鵜呑みにしてはいけないということで、このような無知が、無謀な野外活動や室内における熱中症の多発を招いているとしていて、睡眠も同じで、変化しつつある気候の条件に応じた暑熱対策が必要であると書かれていました。

これからの季節では、蒸し暑いとぐっすり眠れないということが当たり前のことだ、と思われるでしょうけど、それはもちろん事実ですが、記事ではエアコンや寝具など暑熱対策を考える上でも、人間の眠りと体温との関係を詳細に説明されていました。

そもそも、蒸し暑い環境では、皮膚拡張による熱放散では追いつかず、かつ多湿が発汗による体温低下をも妨げてしまうということで、「暑い」だけではなく「蒸す」ことも、睡眠にとっては手強い邪魔者になるということ。

昭和の時代を過ごされてきた方では、エアコンをつけたまま寝ると、体調が悪くなり頭痛やだるさを感じてしまうということを訴える人も多いですね。

この原因は、記事にもありましたが、まず設定温度が低すぎることもありますが、それ以上に影響が大きいのが、風を直接体に当てるということなんですね。

もしかすると、エアコンを止めて扇風機を使うという高齢者さんもいらっしゃるかもしれませんが、この使い方が不調の原因になっている可能性が高いです。

これまた昭和的な暮らし方ですと、必要な時だけエアコンを使ったり、数時間だけでタイマーオフの設定や、その後寝苦しさのために途中から再度使うようなことをされているかもしれません。

しかし、この使用方法は全くのNG行為で、スポット的に使っても家具や内装などは全然温度が下がりません。基本は一日中付けっ放しにしておくことが正解です。

記事でも、夜中に30度に迫る熱帯夜が続く場合には、一晩中、エアコンを使うことが望ましいと書かれていました。

さらに最近のエアコンは、付けたり消したりするよりも継続的に使用した方が、電気料金がかからないということは実証されていますし、人工知能も装備して、睡眠中も快適な温度・風向を維持してくれる機能エアコンもあります。

古いエアコンを使っている人は、「まだ動くから大丈夫」とは言わずに、買い替えしてみることも快眠への確実な方法だということです。

また、就寝時の服装も大切で、裸やパンツ一丁はもっての外、薄い生地でも良いので、長袖長ズボンを基本として頂ければ、風による体温の低下も防げますので、ぐっすりと眠れて健康維持につながります。

正確な情報と正しい使い方を実践して頂き、厳しい夏を快適に過ごすようにしましょう。

真夏の熟睡を実現するなら、住まいはRC(鉄筋コンクリート)住宅がオススメです。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング ←お力添えを是非!



自動お掃除機能付きエアコンの効果とか。

東京で快適な家を建てるならRCdesign

晴れの東京です。

そんな今日は朝から目黒区中目黒計画検討、資料作成、文京区大塚計画検討、根津計画検討、家具屋さんと電話、蓮根の不動産会社さんと電話、業者さんと電話など。

午後は文京区白山2丁目計画検討、見積作成、徳丸のお客様とお電話、その後目黒区中目黒計画のお客様にご来社頂き打ち合わせ、ありがとうございます。提携会社さんと電話など。夕方は文京区根津のお客様とお電話、中板橋のOBオーナー様とお電話、資料作成、ミーティングなど。

昨日は20℃を超えましたが、今日は14℃くらいでも暖かく感じました。おかげで鼻水が止まりません。

ではこちら。

【メーカー直撃】自動おそうじ機能付きエアコンは掃除しなくてもイイ?

エアコンメーカーが高らかに謳う「自動おそうじ機能」。便利だけど、ウチのエアコンなんか汚い……。この機能って本当に効果あるの? 業者に頼まなくていいの? 考えれば考えるほど怪しいエアコンの「自動おそうじ機能」について、3つの調査を行い、その真相に迫りました。

エアコンそうじを自分でやってはいけない理由にて、「自動おそうじ機能」付きのエアコンでも、掃除をしないと汚くなるということはすでに判明済みの事実ですが、今回はその「自動おそうじ機能」について、さらに深掘りすべく、各メーカーの問い合わせ窓口やエアコンクリーニング業者さんを直撃してみることに。各方面を取材して、関係者のリアルな声を聞き出したいと思います。
2018年3月2日 5時0分 360.life

なるほど。

確かに最近はエアコンのご提案をさせて頂く時に、お客様のご要望をお伺いすると、まずは「自動おそうじ機能」は大前提で、出来れば掃除不要のエアコンも検討したいというご要望を頂くことが多いです。

もちろん皆さんの目的は、少しでもお掃除の手間を減らしたいということだと思いますので、多少の金額負担なら是非自動お掃除機能を付けたいと考えると思います。

ここで気をつけなければいけないのが、自動お掃除機能という言葉がどれほど有効で、その内容や意味をしっかりと理解しておくことだと思います。

今日の記事では、なんとも親切に直接各メーカーに確認してくれていたり、また客観的にエアコンのクリーニング業者さんにも意見を聞いていましたので、エアコン選びの参考にして頂けそうです。

記事では大手エアコンメーカー各社、ダイキン、日立、東芝、三菱、富士通、パナソニックに電話取材をされていて、各メーカーで若干のニュアンス違いがあるものの、「業者によるクリーニングが本当は必要」という結果となっていました。

ホームページやテレビCMでは、その機能が付いていれば非常に便利で快適ということを盛んにアピールされていますので、消費者としては当然信用してしまいますし、ほぼ洗脳されてしまっていると言ってもいいかもしれません。

しかし実際にはどのメーカーの自動お掃除機能でも、全くのメンテナンスフリーというものは無く、衛生的かつ快適に使い続けるには、クリーニングが必要ということでした。

さらに記事では実際に自動お掃除機能付きのエアコンで、5年間使用した機械を分解して調査していましたが、その結果が結構ショッキングな内容となっていました。

記事によれば、その結果は自動おそうじ機能搭載モデルでも、一切ケアしないと、とにかく汚く、とても変わり果てた姿になってしまうことが判明。これで「自動おそうじ機能」の効果はほとんどないということが明らかになりました。ということ。

宣伝では声高に語られる「自動おそうじ機能」の実力は、正直期待外れという結論になってしまったそうですので、この機能があっても、日々のケアや業者による掃除は必須といえそうです。

さらに、大手エアコンクリーニング業者さんへの取材では、「2年に1度は業者に頼むべき」という明確な回答があり、「自動おそうじ機能」では通風口の掃除はできないのですが、「カビの温床になるので最もキレイにしないといけないのが通風口。ココこそ、掃除すべきなんです」ということでした。

この業者さんの話では「あまり知られていませんが、自動おそうじ機能が付いたモデルの方が業者の費用が高いんですよ」ということ。それはおそうじ機能がある機種のクリーニングはエアコンを外して行うそうで、手間など考えると費用が高くなるのも当然とのことです。

ということで、クリーニング業者さん目線では、この自動お掃除機能は不要という意見でした。

とは言え、日々のフィルター掃除が当面無ければ、それだけでも手間が軽減出来ると思うと、自動お掃除機能も諦めきれないかもしれませんね。

家電メーカーさんとしては、少しでも高価な商品を売りたいと考えていますので、何らかの付加価値を付けて、その費用対効果を謳っていることと思います。

その機能が完全なものではなくても、一定の効果が期待出来れば良いと理解出来れば、ちょっと高価な機種を購入しても良いでしょう。

いずれにしても、CMやネットの情報を鵜呑みにすることなく、自分で納得の出来るものを導入したいものです。

エアコンの性能を発揮し易い家なら、RC(鉄筋コンクリート)住宅がオススメです。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング    ←ご声援を是非!



プロフィール

井上社長

RCdesign のご紹介
スペースの都合で小さい画面になっております。お手数ですが、全画面でご覧ください。
おすすめ
お知らせ
現在リクルート発刊
の『東京の注文住宅』
に弊社が掲載されてい
ます。もう買って頂け
ましたか?
書店で380円ですの
で、是非ご覧になって
下さいね。



専門家を探せる、相談
できるALL About プロ
ファイルに出展してます


全国工務店ブログ広場

一日一度のクリックを
ありがとうございます!
にほんブログ村 住まいブログへ


住まいランキング

ブログランキング

友だち追加

livedoor 天気
QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
住まいづくりの秘訣       無料メールセミナー
住まいづくりをお考えの方が後悔する前に知っておくべき内容を書き下ろしました。失敗しない住まいづくりノウハウを是非お受け取りください。
お名前 ※
E-Mail ※
都道府県 ※

RCdesign公式facebook
ブログ内記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ