住まいはRC(鉄筋コンクリート)にしなさい!

東京で家を建てるならRC(鉄筋コンクリート)住宅。 (株)RCdesign(アールシーデザイン)社長の日記です。

きれい

いつもありがとうございます。ご愛顧感謝申し上げます。こだわりの一戸建て住宅や2世帯住宅、賃貸併用住宅の安定経営など、住まいに関するノウハウを株式会社RCdesignの代表井上がお届けいたします。

40代からの住まいづくりとか。

東京で40代から家を建てるならRCdesign

くもり時々晴れの東京です。

そんな今日は早朝から社内行事のため横浜方面へ。協力業者さんと大型バスでの小旅行というか、各種体験や観光を楽しんできました。日頃の感謝と慰労、親睦を目的とした行事で、大変有意義な時間となりました。ありが等ございました。

夕方帰社後はお問い合わせ対応、信用金庫さんと電話、各種段取りなど。

久しぶりに綺麗な月を見ることが出来たんですけど、月のすぐ左下に見慣れない星があって、調べたところだと火星だったそうです。

ではこちら。

40代からの住まいは「ラクにきれい」を目指そう

40代〜50代といえば、子どもが就職などで巣立って、そろそろ物の数を減らし、すっきり暮らしたくなる年齢でもあります。とはいえ、年齢的にも物忘れや体力の衰えを感じ始め、気力が続かないことも。
2018年10月18日 20時0分 レタスクラブニュース

なるほど。

確かに、20代〜30代で住まいづくりをしますと、その後の自分の加齢による変化を想像することは大変難しいものです。

でも実際に年齢を重ねて見ると、想像以上に体力と気力の衰えを感じるものだと思います。

少しでも良かれと思って、そんな経験談を話して見ても、なかなか若い人には聞く耳を持ってもらえないかもしれませんし、理解もしてもらえないと思います。

まあそういう本人達も、ほとんどは実際に経験して初めて思うことなんですけど、もしこれから住まいづくりをされる方には、少しでも先人のアドバイスを取り入れられることをオススメいたします。

記事では、多少なりとも衰えを感じ始めた方でも、ラクに住まいを整えられるポイントが紹介されていましたので、参考にしてみましょう。

ポイント1は 開けたら丸見えな収納にするということ。
これは、最近のインテリア雑誌にはよく掲載されているもので、おそろいのボックスをずらりと並べた収納術方法が掲載されていますが、40代からはおすすめできないということです。

それはボックスにふたがあることが多く、この場合はふたを開けるというワンアクションが増えてしまいますので、その手間が面倒に感じてしまうんですね。

他には、
ポイント2 ものは使う場所に置く
ポイント3 余白を美しいと思う
ポイント4 買い溜めしない
というものがありました。

気をつけたいのは、40代からの生活では動線を短くすることが基本で、そして記憶せずにも、動線の中に置き場所を作ることなどで、体が自然と覚えるようにすれば、探し物も減るということです。

さらに必要のないものや、安いからと理由で買わないなど、年齢ならではの経験値で賢く買い物することで、物の量をキープする必要があるようです。

また、上下移動が辛い日もありますので、出来るだけホームエレベーターの設置を検討するか、もしくはそのスペースだけでも確保しておいた方が賢明だと思います。

もちろんお掃除が少しでもラクに出来るよう、間取りや内装の選択も必要でしょう。

40代、50代の方にこそ、住まいはRC(鉄筋コンクリート)住宅がオススメです。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング ←ご声援を是非!



家の外で損をしているかも。

東京できれいな家を建てるならRCdesign

晴れて寒い東京です。

そんな今日は朝から社内ミーティング、その後設備屋さん来社打ち合わせ、資料作成、都市銀行さん来社、信用金庫さん来社、不動産会社さん来社、お問い合わせ対応など。

午後は地盤調査会社さんと電話、豊島区西巣鴨計画検討、見積作成、豊島区西池袋計画検討、その後練馬区江古田のお客様宅へ書類お届け、帰社後は高田馬場計画のお客様とお電話、ありがとうございます。夕方はミーティング、造園屋さんと電話、資料作成、お問い合わせ対応、文京区根津計画検討など。

いよいよスネからフクラハギ、腰へと乾燥肌が進行してきました。

ではこちら。

家の中と外の「きれい度」はイコールではない!【整理収納アドバイザーは見た!】

こんにちは、葛西りいちです。千葉の片田舎で主婦をしながらエッセイ漫画やイラストなどを描いてひっそりと暮らしております。26歳で結婚しもう7年目突入…一男一女の母でもあります。趣味を職にすべく、整理・収納アドバイザー2級の資格をと取り、現在、先輩について修行中の身です。

家の中はきれいでもエクステリアに興味がないという人は多い

庭やベランダ、玄関などの家の周りをきれいにしている人って、中もきっときれいなんだろうなと思っていました。逆に、外が汚ければ中も汚いと。

だって庭にゴミいっぱいのゴミ屋敷が、家の中だけ超きれいってありえないでしょう?
しかしそこまで極端な例を除けば、じつは家の中と外の「きれい度」はイコールではない人が多いのです。そして、そのせいで「損」している可能性があるのです。

整理・収納の世界(アドバイザーさん側)でも、家の中はきれいだけれどエクステリアには興味なしという人は多いです。家の中めっちゃ片づいているのにベランダに水色のバケツ出ていたり。ウッドデッキの下に濡れた段ボールを突っ込んでいたり。だれとは言えませんが、そういうアドバイザーさんもいます。
2016年12月12日 11時1分 ESSE-online

なるほど。

なかなか鋭いご意見の記事ではないでしょうか。

整理・収納アドバイザーのお仕事をされているという筆者さんが、多くのご家庭を指導してきた中で感じられたことのようですが、家の中をどんなにきれいにしている方でも、エクステリアに興味が無いという方が意外にも多いとは、なんとも寂しいことです。

確かに、通常その家に住んでいる人は、いつも家の中から自分の住まいを見ているということになります。外出する時もカギを閉めた途端歩き出すはずですし、帰宅時も大抵は夜だったり、玄関の中に入ってしまえば、すぐに次のことを考えていると思います。

結局、自分の家の外観をマジマジと見たり、第三者の目線で観察するよいうようなことはないかもしれませんね。

ところが、そんなエクステリアに無関心な人はとても損をしているということです。

むしろ、外さえきれいにしておけば、「家の中もきれいそう」と思わせることができるということ。 

冷静に考えれば、不特定多数の人が「家」というものを見るとき、ほとんどの人は「中」を見られないということで、どれだけ家の中をきれいにしていても、外をきれいにしていないと、通りがかった人のほとんどが「ああ、バケツが外に出っぱなしの家」としか思わないわけなんですね。

ちょっと意識をして歩いていると、玄関先に何年も使っていない自転車がホコリをかぶったまま放置されていたり、ガレージの奥に不要品が積まれていたりするご家庭は意外と多いものです。

記事にあったアドバイスでは、エクステリアやガーデニングに興味がないという人も、「外にものを置かない、出さない」ことを徹底させ、そして雑草は抜く。これだけやれば、だいぶ違うということです。

もうひとつは無理にガーデニングとかを始めるとエライことになるのでやめた方が良いようです。美しくない植木鉢やプランターを道路にはみ出して置いてある家とか、家のデザインと不釣り合いな外構とかは、やはり全てを台無しにする可能性がありますね。

もちろん日々の生活では、家の中が整理されていて、気持ちの良いインテリアの中で生活できれば理想的ですが、家はそこに暮らす人のライフスタイルを表すこともありますし、アイデンティティにもなり得るものですので、やはり最低限の意識は必要だと思います。

できれば、家の中と外のイメージを統一した、オシャレできれいな住まいを実現したいものですね。

そんな暮らしを実現するなら、RC(鉄筋コンクリート)住宅がオススメです。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキングへ       ←クリックをどうかひとつ。



プロフィール

井上社長

RCdesign のご紹介
スペースの都合で小さい画面になっております。お手数ですが、全画面でご覧ください。
おすすめ
お知らせ
現在リクルート発刊
の『東京の注文住宅』
に弊社が掲載されてい
ます。もう買って頂け
ましたか?
書店で380円ですの
で、是非ご覧になって
下さいね。



専門家を探せる、相談
できるALL About プロ
ファイルに出展してます


全国工務店ブログ広場

一日一度のクリックを
ありがとうございます!
にほんブログ村 住まいブログへ


住まいランキング

ブログランキング

友だち追加

livedoor 天気
QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
住まいづくりの秘訣       無料メールセミナー
住まいづくりをお考えの方が後悔する前に知っておくべき内容を書き下ろしました。失敗しない住まいづくりノウハウを是非お受け取りください。
お名前 ※
E-Mail ※
都道府県 ※

RCdesign公式facebook
ブログ内記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ