住まいはRC(鉄筋コンクリート)にしなさい!

東京で家を建てるならRC(鉄筋コンクリート)住宅。 (株)RCdesign(アールシーデザイン)社長の日記です。

アプリ

いつもありがとうございます。ご愛顧感謝申し上げます。こだわりの一戸建て住宅や2世帯住宅、賃貸併用住宅の安定経営など、住まいに関するノウハウを株式会社RCdesignの代表井上がお届けいたします。

アプリで家事代行とか。

東京で家事が楽な家を建てるならRCdesign

晴れのちくもりの東京です。

そんな今日は朝から解体屋さんと電話、板橋区氷川町のお客様とお電話、書類作成、その後練馬区上石神井計画のお客様にご来社頂き打ち合わせなど、ありがとうございます。中野区中野計画検討、見積作成など。

午後からは信用金庫さん来社打ち合わせ、サッシ屋さんと電話、見積作成、板橋区双葉町計画検討、資料作成、板橋区泉町のお客様とご連絡、三鷹計画検討など。夕方は上石神井計画検討、金融機関さん来社打ち合わせ、蓮根のお客様とお電話、ミーティングなど。

まだまだ花粉に影響されています。

ではこちら。

汚部屋の解決は、まさかの“アプリ”が近道でした

掃除、洗濯、料理、子どもの世話……毎日の家事は、ときに負担に思うこともありますよね。 今回は、そんなみなさんにオススメしたい超オススメのサービスをご紹介したいと思います!

掃除、洗濯、料理、子どもの世話……たまには家事から解放されたい! 家事で休みをつぶしたくない! そもそも家事が嫌い……。そんなふうに思いながらも、毎日ガンバっている人ってけっこう多いと思います。

今回、そんなみなさんにオススメしたいのが、手軽に利用できる「家事代行サービス」。これまで家事代行というと、料金も敷居も高いイメージがありましたが、ご紹介するのは、スマホアプリを使ってお安く気軽に利用できるものなんです。ぜひご覧ください!
2018年5月25日 16時0分 360.life

なるほど。

これはまた知らないうちに新しいサービスが始まっていたんですね。

恐らく一定の年齢を超えている世代では、この家事を他人にお願いするということに関して、少なからず抵抗感を持っている方も多いのではないでしょうか。

一方で、日々お仕事と子育てで何かと忙しく過ごされていて、常にお疲れだったり、ストレスを抱えている方もいらっしゃると思います。

そこで、今日の記事で紹介されていたのが、家事代行をマッチングする、DMM Okan(おかん)というアプリです。

このDMM Okan(おかん)は、家事を手伝ってほしい人と、家事が得意な"Okan"(おかん)をマッチングしてくれる家事代行サービスアプリということで、アプリから掃除や洗濯、料理、買い物など、日常的な家事を依頼することができるというもの。

実際にサービスを利用する時の価格は1.5時間で3600円(1.5時間から指定可能。消費税・交遊費込み)ということです。

お仕事の依頼方法はもちろんカンタンで、スマホにアプリをダウンロードしたら、メールアドレス、名前、性別、生年月日、住所、クレジットカード情報などを登録したらログイン。

次に日にちを選択する画面から、希望日を選択します。記事によれば、スタッフは20代〜60代くらいの女性が9割近くで、主婦や家事代行経験者が多く安心感があるということ。

さらに希望の家事と依頼内容を選択します。掃除や料理、洗濯など、さまざまな項目がありますが、一度に2つくらいまでが無難と書かれていました。

そして担当するスタッフが決まったら、通知がくるので、アプリ内のチャットで当日の依頼内容について調整するそうですが、その時に必要な道具などを聞いた方がスムーズだそうです。

記事では実際にお掃除の作業をお願いして、その効果を検証していましたが、想像以上に良い結果だったようです。

唯一のマイナスポイントとして書かれていたのが、マッチングに少々時間がかかるということでした。

しかし、そのことをスタッフに問い合わせてみたところでは、依頼内容が適当だとスルーされがちとのコトで、依頼内容に日程の融通がきくことや、詳細な仕事内容を書けば確率はあがるということです。

今は同様のサービスを事業として提供している業者も多いので、こちらの都合でお願いしたい時や、より確実な作業依頼をしたい時には、検討してみても良いと思います。ちなみにこちらの場合は、実勢価格:1万円前後(2時間)というケースが多いようです。

今回紹介されていたアプリなら、比較的気軽に利用できると思いますので、主婦の方はもちろん、一人暮らしの方も、何よりも大切な時間を買うということに、もう少し慣れても良いように思います。

より家事が楽な家をお求めなら、RCdesignまでお気軽にご相談ください。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング    ←ご声援を是非!



地震発生時に役立つアプリとか。

東京で防災住宅を建てるならRCdesign

晴れ時々くもりの東京です。

そんな今日は朝から練馬区田柄計画検討、不動産会社さんと電話、信用金庫さん来社、町田市中町計画検討、資料作成、お問い合わせ対応など。

午後は商社さんと電話、赤羽方面で打ち合わせ、帰社後は業者さんと電話、提携会社さんと電話、中区野毛町計画検討、不動産会社さんと電話など。夕方は田柄のお客様とお電話、商社さん来社打ち合わせ、高田馬場計画検討、事務組合さん来社、原稿チェック、資料作成など。

なんとなくちょっと街が賑やかになった気がするのは、学生さんが戻ってきたからでしょうか。

ではこちら。

地震発生時、家族の居場所をアプリが自動通知

地震発生時に家族の居場所を自動で知らせるスマートフォン向けアプリの無料配信を、丸紅のグループ会社が防災の日の1日から始める。

地震発生直後は、電話やメールが殺到し、家族らと連絡がすぐに取れないことが多い。アプリを使えばスムーズに安否確認などをできるようになる。

アプリの名称は「Familoca(ファミロカ)」で、丸紅、三菱地所、東京建物の3社による合弁会社「つなぐネットコミュニケーションズ」が提供する。主に家族間での利用を想定している。

アプリがスマホ利用者のいる場所の情報を一定の間隔で得て、暗号化して保存する。緊急地震速報が流れるとすぐに連動し、アプリに事前に登録した家族など「グループ」のメンバー間で直近の位置情報を自動的に通知し合う。
2016年9月1日 9時0分 読売新聞 

なるほど。

これはなかなか良さそうなアプリではないでしょうか。

もちろん東日本大震災の記憶はまだまだ鮮明だと思いますが、あの日あの時、ご家族と連絡が取れなくて、心配された人も多かったことと思います。

地震直後の数分くらいだったでしょうか、電話が通じたのは。その後はどのような連絡手段も役には立ちませんでしたね。

唯一ネットのみが、かろうじてつながったことに驚きましたが、そもそもインターネットというもの自体が、そんな環境下でもつながることを考えて作られたものだと聞いていましたので、当然といえば当然なのかもしれません。

しかしながら、ネットも完全ではないでしょうし、回線がつながらなければやはり役に立たないということになってしまうかもしれません。

あの時、どれだけの人が冷静に初動を取ることが出来たかわかりませんが、ほとんどの人がしばらくは呆然としていたと思いますし、実際の行動に移るまでに相当な時間が経っていたのではないでしょうか。

そこから慌てて家族に連絡をしたとしても、その時にはすでに電話回線はパンク状態でつながらない状況になっていました。

出かけている人も、家で待っている人も、大切な人の安否というものは、時間が経つほどネガティブに考えてしまうものです。とにかく一報だけでも、安否の確認が出来れば、どれほど安堵出来るか。

紹介されていたアプリは、そんな経験から開発されたのではないでしょうか。

このアプリは、「URLを開いて...」「ログイン情報を入力して...」など、煩わしい手順がなく、どんな方でも活用いただけるのも特徴のひとつということです。

さらに、警報音を鳴らすこともできるので、お子様やご年配の方などの防犯ツールとしても使うことができるそうです。

実際に災害に直面した時でも、このアプリなら通信障害や回線混雑の前に共有されるので、ご自身の避難や大切な人の捜索などで、きっと価値ある情報になると思います。

今日は防災の日でしたが、避難訓練を始めとする災害に対しての諸々な備えは当然なこととして、家族の安否確認ということも基本的な対策のひとつにしていただくと良いと思います。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキングへ       ←クリックをどうかひとつ。     



ママにも持ち運び用の防災とか。

東京で防災住宅を建てるならRCdesign

夏らしい天気の東京です。

そんな今日は朝からミーティング、その後電気屋さんと電話、日本橋の不動産会社さんと電話、提携会社さんと電話、上板橋の不動産会社さんと電話、お問い合わせ対応、上板橋2丁目計画検討、図面作成、構造担当と電話など。

午後は図面作成、見積作成、高田馬場計画検討、資料作成、信用金庫さん来社打ち合わせ、お問い合わせ対応、出版社さんと電話、資料作成など。夕方は提携会社さんと電話、北新宿計画検討、中区野毛町計画検討、原稿作成、中野区本町計画検討、資料作成など。

晴れて暑くなりましたね、暑中お見舞い申し上げます。

ではこちら。

スマホアプリで持ち運べる“備え”。ママがダウンロードすべき防災アプリ3選!

日頃から防災について考えましょう!通勤中やお子さんのお昼寝中の空いた時間にささっと見られる便利な防災系アプリをご紹介します。

利用者数700万人超のアプリ!!

「皆さんは、携帯電話はお持ちですか?」「はい。」とほとんどのママたちが答えると思います。今回はアプリをインストールするだけ!簡単にできる備えをご紹介します。色んな防災関係のアプリが出回っていますが、その中でも、私のオススメするアプリを挙げてみました。

まず、一つ目は、『Yahoo!防災速報』

こちらのアプリは、利用者数700万人を超え、Appストア無料総合ランキング1位を獲得したアプリです。一番の特長は様々な災害に対応していること。地震情報はもちろん、豪雨情報、津波予報、避難情報、熱中症情報などがあります。

プッシュ通知を設定すればすばやくニュース速報が得られます。そして、自宅はもちろん、実家、勤め先等、国内最大3地域の災害速報を受け取ることができます。
2016年7月9日 11時0分 mamagirl

なるほど。

記事にもあるように、防災は日頃からどのくらい準備が出来ているか、が大切ですね。

ところが、現状何かしらの対策や備えを行っているという人は想像以上に少ないものです。

今年だけに限っても、すでに大きな自然災害が発生していますし、最近の気象状況からしても、さらに地震発生の確率を踏まえても、出来る備えを行っておいて損はありません。

そんな防災対策の中でも、従来どおりの非常食や懐中電灯などの備蓄や備品類は当然として、最近の災害時ではまず必要なのが情報ということもわかっています。

特に外出中の時など、屋外にいるような場合では、緊急をようする情報が届いている場合とそうではない場合では、その後の対応に雲泥の差が出ることがあります。

そんなことも踏まえて、是非記事で紹介されているようなアプリを導入していただき、緊急速報をタイムリーに受信したり、いざという時の対応や行動の参考にして頂きたいと思います。

記事では二つ目として『防災タウンページ』というアプリが紹介されていました。

このアプリでは、避難マップメニューやこれだけリストメニュー、伝言サービスメニューなどがあります。今のところ避難マップは東京23区のみのようですが、その他のメニューはとても参考になります。

また、備蓄している食料の消費期限が過ぎていて全く役に立たなかったということがないように消費期限をアラートで知らせてくれる備蓄リスト管理機能もついていて便利ですね。

他にも、応急手当の基本が見られたり、家具転倒防止をわかりやすくイラストで解説していますので、こちらも参考になると思います。

三つ目はKOKUYO(コクヨ)から出ているアプリで、企業の災害対策構築に必要なノウハウを詰め込んだ防災用品ガイドブックカタログ『ソナエル』が紹介されていました。

このアプリでは、カタログを見ながら、必要な防災グッズを通販で購入することも出来るそうです。

全105ページの内容は、会社で災害が起きた場合に起こりうる状況を分かりやすく、イラストと写真で見せているということで、エレベーター停止時の閉じ込め対策や、トイレ対策、対策本部用品、転倒防止用品など、幅広い商品が掲載されています。

こちらのアプリは会社にお勤めの方に、きっとお役に立てるのではないでしょうか。

また、もし自宅に在宅中であれば、以前にもご紹介させて頂いた「東京防災」が参考になると思いますので、まだ手元に無いという方は是非入手しておかれると良いと思います。
こちらからどうぞ。「東京防災」 

災害に対する備えは、あると無いとではまったく違う結果になってしまうこともあります。これまでの経験則から、必要な防災の知識や知恵も多く公開されていますので、しっかりと備えておきましょう。

家についてご不安があるという場合は、防災住宅が得意な弊社までお気軽にご相談ください。

それでは。

今日もありがとうございます。

 
人気ブログランキングへ       ←クリックをどうかひとつ。   



家具選びの便利アプリとか。

ブログネタ
RC住宅を建てよう! に参加中!
東京で失敗しない家を建てるならRCdesign

くもり時々雨の東京です。

そんな今日は朝から原稿作成、徳丸6丁目計画検討、お問い合わせ対応、板橋区板橋3丁目の現場で基礎コンクリート打設がありました。世田谷区奥沢計画検討、金融機関へお使いなど。

午後は来客面談、地盤保証会社さんと電話、商社さん来社、お客様とお電話、原稿作成、資材発注、メーカーさんと電話など。夕方は練馬区田柄計画のお客様にご来社頂き打ち合わせなど、社内ミーティング。

気温が下がって肌寒く感じる時もありますが、湿度が高いのでちょっと動くと暑く感じますね。

ではこちら。

部屋&家周りに役立つニトリの公式アプリ

大掃除や部屋の模様替えの機会を利用して、家具類を新調する人も多いはず。このときに面倒なのが、部屋の採寸ではないでしょうか。ちゃんと採寸をせず見た目だけで選んでしまった結果、サイズが合わず途方に暮れた経験がある人もいることでしょう。そこで役立ててほしいのが、この「ニトリアプリ」。インテリアのニトリが配布している公式アプリです。

基本的には、ニトリでのお買い物を便利にするためのアプリなので、店舗検索やメンバーズカードの管理、ネットショップの利用などがメインですが、その他にも役立つ機能が充実している点がオススメのポイント。写真にサイズやコメントを直接書き込むことができる「サイズwithメモ」や、収納をはじめとするお部屋まわりの悩みを解決するテクニックを教えてくれる「暮らしのヒントリくん」など、大掃除や模様替えにも使える機能が用意されています。
2015年6月16日 11時32分 R25スマホ情報局

なるほど。

これはなかなか便利そうですよ。

お引越しや模様替えなどで、お部屋の家具を買い替えたり、増設することもあると思いますが、よほど段取りの良い人でも、設置スペースを記憶している人は少ないのではないでしょうか。

記事もあるように、見た目や価格だけで衝動買いしてしまったものほど、残念ながらスペースに収まらないという結果になってしまうことがあります。

また、たまたま寄った家具屋さんや雑貨屋さんなどで、もの凄く気に入った商品を見つけてしまうこともあるでしょう。これまた想定していた場所に収納出来ないということもあるかもしれません。

そんな時でも、あらかじめ自分の家や各お部屋の写真を撮っておき、余白の寸法や既存の家具寸法を記入しておけば、お買い物の時に迷うことなく購入出来るのではないでしょうか

もちろん、私たちのような専門家の場合は図面が頭の中に入っていたり、2次元のデータを3次元に変換して想像することができますが、一般的には図面を見てもなかなか想像することも難しいようです。

そんな時に写真を見ながら寸法を確認できれば、無駄なお買い物をせずに済みそうです。

この便利なアプリはニトリさんが配布してくれているものですが、イケアで利用しても怒られることはないと思いますので、これで家具選びに失敗することはなくなりそうですね。

住まい選びにはRCdesignをご利用ください。

それでは。

今日もありがとうございます。 


    人気ブログランキングへ     ←クリックを是非!



防災の日です。防災を考えましょう。

ブログネタ
RC住宅を建てよう! に参加中!
東京で防災住宅を建てるならRCdesign

雨時々曇りの寒い東京です。

そんな今日は朝から社内ミーティング、その後5丁目計画検討、金融機関、板橋区徳丸6丁目計画現場視察、図面作成、提携会社さんと電話、小金井計画検討、杉並区松ノ木計画検討、お問い合わせ対応など。

午後は板橋3丁目計画検討、図面作成、北区西ヶ原計画検討、杭屋さん来社打ち合わせ、5丁目計画検討、地方銀行さん来社打ち合わせ、提携会社さんと電話、お問い合わせ対応など。夕方は大工さんと打ち合わせ、松の木計画検討、各種段取りなど。

ようやく子どもの夏休みが終わって、ホッとされているご家庭も多いのではないでしょうか。長いようで短い8月も終わり、いよいよ9月の始まりです。張り切って参りましょう。

ではこちら。

今どき防災の最前線!入れておきたいスマホアプリ3選

本日9月1日は防災の日。東日本大震災から3年が経ちましたが、いつどこでどんなときに災害に見舞われるかわかりません!

一時期はきっちり揃えていた防災グッズも、どこに置いたっけ……なんてことになっていませんか? いつでも簡単に、忘れた頃にもちゃんと役立つ防災アイテムがあれば便利ですよね。それが、スマホアプリ!


スマホにいくつか入れておくだけで、外出時はもちろん在宅時でも、役立つアプリがたくさんあるんです。今回は私が入れているアプリを3つご紹介します!
Woman Insight 2014年09月01日08時00分

なるほど。

もちろん丈夫な鉄筋コンクリート造の住まいを建てておくことは大切ですし、食料品の備蓄や日中の活動場所ごとの避難経路の確認など、従来の防災対策も当然準備しておかなくてはいけません。

その上で、今の時代ならではの、役に立つモノがあれば、進んで導入しておいても、損はないでしょう。

そんな中で役に立ちそうなスマホアプリが紹介されていましたので、ご家族や職場でも導入してみてはいかがでしょうか。

まずは一つ目、天気・気象情報から安否確認まで網羅「goo防災アプリ」(無料・iPhone/Android)

名前のとおり、gooで見られる防災情報が集約されたポータルアプリです。開いたときにぱっと見やすいデザインが魅力的で、天気・気象情報はもちろん怪我をしたときに役立つ情報や、さらには安否確認までできるという優れものです。

次に2つ目は交通機関が止まってしまったら「震災時帰宅支援マップ首都圏版」(¥100・iPhone/Android)

災害時に交通機関がすべてストップし、帰れないというときも、これがあれば安心。歩いて帰るためのルートが分かるマップアプリです! 現在地と目的地を設定すると、ルート案内をしてくれます。

ただ道が分かるだけでなく、レンガやコンクリート、ガラスなど塀がある箇所が示してあり、震災時に崩れやすく危険な場所を避けられるようになっています。さらに周辺検索機能を使えば、避難所や病院など、災害時に必要な施設のあらゆる情報を得ることができます。

※こちらのアプリは有料で、9/1現在配信されているものは2013-2014年版ですが、近日中に2014-2015年版が登場する予定のようです。詳しくは各アプリのダウンロードページをご確認ください。

3つ目は近くの避難所をすぐに探せる「全国避難所ガイド」(無料・iPhone/Android)

避難所探し、必要施設検索、安否確認などができますが、機能が絞られているのでシンプルに使いやすいのが特徴です。今いる場所周辺の情報がすぐにほしい! というときはこれだと思います。

ピンで施設が示されるので、すぐに避難場所を探すことが可能。さらにこのアプリ、嬉しいのが、見慣れない道でも安心のAR機能。どちらへ進めば目的地へ辿り着けるか、進む方向にスマホのカメラを向ければ示してもらえるという便利機能があるんです!

今回紹介されているアプリはどれも今すぐ入れておいて損はなさそうなアプリですね。きっと震災を経験されてから作られたものだと思いますので、災害時には必ず役に立つはずです。

ただし、アプリについては、いざという時に初めて開いたら使い方がよく分からない、なんていうことにならないよう、あらかじめ入れたらある程度使い慣れておくことも大切ですね。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキングへ       ←応援のクリックをどうかひとつ!



湿度計を設置しましょう。

ブログネタ
RC住宅を建てよう! に参加中!
東京で快適な家を建てるならRCdesign

晴れのち曇り、夕方前から雨の東京です。

そんな今日は朝から文京区駒込計画検討、その後渋谷区東計画の現場へ、大工さん、塗装業者さんと打ち合わせなど。渋谷区恵比寿2丁目計画現場視察。

午後に帰社後は成増のお客様宅訪問、打ち合わせなど、帰社後は板橋区弥生町計画検討、提携会社さん来社打ち合わせなど。夕方はミーティング、台東区上野桜木計画検討、文京区本郷計画検討、赤塚新町計画検討など。

久しぶりの雨になりましたね、少しは空気が潤ったのではないでしょうか。

ではこちら。 

お肌とノドと暮らしのために!湿度計

もう干からびちゃう?冬といえば乾燥です。カラカラの空気に痛めつけられていませんか?目はシバシバ、ノドはカラカラ、肌はパリパリ……

お肌の潤いを保つためにも、湿度は大事です。でも、あまりジメジメしすぎていても、健康にはよくありません! 

乾燥が気になるからと、スチーム式加湿器を焚きまくっていたら、カビだらけのお部屋になってしまった……ということもあります。

「湿度計」アプリで、快適な湿度かどうか、チェックしましょう!

お洒落で見やすい湿度計見た目にもとてもわかりやすいデザイン。シンプルです。表示させておいても、ちょっとお洒落ですね。 

雨の翌朝に布団を干すと、かえって湿気を吸ってしまう……なんて、聞いたことはありませんか?外にお洗濯物を干すかどうか、お布団を干すかどうか、迷った時にも湿度はとても参考になりますよ。

毎日の暮らしに、健康管理に、ぜひ湿度計を役立ててくださいね。 
WomanApps 2014年01月07日21時15分

なるほど。

今日の話題は湿度についてなんですけど、記事で紹介されていたのは、iphone用のアプリである湿度計を紹介されていました。

むむっ、iphoneで湿度が測れるのか?と疑問に思われた方も多いのではないでしょうか。

そこで早速ダウンロードして使ってみましたところ、表示される湿度は、ネット上にある気象情報から、現在位置のデータを基にした数字だそうで、これはもちろん屋外のデータということになりますので、残念ながら屋内の個別のお部屋や、自分の身の回りの湿度が測れるというわけではないようです。

それでも、現在いる周辺の自然環境下での湿度がわかるだけでも、情報としては一定の価値があると思います。

しかし、より一層人間の健康管理や住まいの管理を考えると、アナログで信頼出来る湿度計をご用意して頂けると良いと思います。

今の季節は本当に空気が乾燥していますので、ちょっと油断するとすぐに風邪をひいてしまったり、肌のあちこちがかゆくなったりしますね。

特に小さいお子さんのいるご家庭や、高齢者と同居されている方、またはお肌の状態が気になる女性は、湿度管理が大切です。

そこで、加湿器を使用したり、昔ながらのストーブにヤカンを載せていたり、洗濯物を山のように部屋干ししている方もいらっしゃるかもしれません。

が、ここで注意して欲しいのは、湿度は高ければ良いということではないということです。

むしろ度を超した高い湿度は健康を害する場合もありますし、住まいも痛めてしまうことになりますので、くれぐれもご注意していただきたいと思います。

ここで参考までに快適な湿度の目安をお伝えしておきましょう。季節や室温によっても若干差がありますが、今の季節であれば、室温18〜22℃の時で湿度45〜60%が目安です。夏場であれば、室温25〜28℃の時で湿度55〜65%が目安になります。

ちなみに湿度が高すぎることによるデメリットとして、ひとつはカビの発生があります。カビの種類にもよりますが、カビが発育する条件は有機物が存在し、20度以上の室温があり、70%以上の湿度と、よどんだ空気が揃うと繁殖します。

さらにダニは、これも種類によりますが温度25度付近、湿度75パーセント前後で活発に活動するそうですので、いずれにしても、健康と美容のためにも、さらに住まいのためにも湿度管理をされることをオススメいたします。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキングへ ←今年もどうか応援のクリックを一つ。 


 
プロフィール

井上社長

RCdesign のご紹介
スペースの都合で小さい画面になっております。お手数ですが、全画面でご覧ください。
twitter
brogram

おすすめ
お知らせ
現在リクルート発刊
の『東京の注文住宅』
に弊社が掲載されてい
ます。もう買って頂け
ましたか?
書店で380円ですの
で、是非ご覧になって
下さいね。



専門家を探せる、相談
できるALL About プロ
ファイルに出展してます


全国工務店ブログ広場



一日一度のクリックを
ありがとうございます!
にほんブログ村 住まいブログへ

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン

ブログランキング
livedoor 天気
QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
Amazon




住まいづくりの秘訣       無料メールセミナー
住まいづくりをお考えの方が後悔する前に知っておくべき内容を書き下ろしました。失敗しない住まいづくりノウハウを是非お受け取りください。
お名前 ※
E-Mail ※
都道府県 ※

RCdesign公式facebook
ブログ内記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
チーム・マイナス6%