住まいはRC(鉄筋コンクリート)にしなさい!

東京で家を建てるならRC(鉄筋コンクリート)住宅。 (株)RCdesign(アールシーデザイン)社長の日記です。

オフグリッド

いつもありがとうございます。ご愛顧感謝申し上げます。こだわりの一戸建て住宅や2世帯住宅、賃貸併用住宅の安定経営など、住まいに関するノウハウを株式会社RCdesignの代表井上がお届けいたします。

オフグリッドを目指すとか。

オフグリッドの家を建てるならRCdesign

くもり空の東京です。

そんな今日は朝からお問い合わせ対応、社内ミーティング、杉並区今川計画検討、目黒区駒場計画検討、徳丸のお客様とお電話、事務組合さんと電話、書類作成など。

午後は資料作成、渋谷区西原計画検討、提携会社さんと電話、世田谷区羽根木計画検討、書類作成など。夕方は見積作成、お問い合わせ対応、改修工事計画検討、ミーティングなど。

なかなか天候がスッキリとしませんね、秋の空が見たいです。

ではこちら。

停電になっても安心。誰でも簡単にできる「オフグリッド」で、電力会社から自立しよう!

◆電気が止まると、何もできなくなる現代の生活
台風が心配な季節である。年々大型化し、集中豪雨になり、強風になり、洪水や土砂災害の範囲が増し、人的被害が拡大してきた。温暖化の進み具合が加速度を増している証だ。

俺が住む千葉県も去年の台風15号から続く複数の台風で大きなダメージを受けた。2週間以上、電気が止まっていた近所もある。
2020年10月11日 15時31分 HARBOR BUSINESS Online

なるほど。

なかなか興味深い記事です。

まずはこの「オフグリッド」という言葉ですが、数年前から話題になっていて、すでに世界で広がりつつある考え方なんですね。オフグリッドとは、電力会社の送電網につながっていない状態、あるいは電力会社に頼らずに電力を自給自足している状態のことを言うようです。

もちろん電柱から電気が供給されないということは、何らかのエネルギーを自分で作る必要があるということですが、その主な方法というのがご存じの通り太陽光発電ということになります。

記事で紹介されていたのは、千葉県匝瑳市でソーラーシェリングによる発電事業を行っているということ。このソーラーシェアリングとは、発電と農業を両立させるシステムで、農地の上の高いところに、隙間をあけて細長い太陽光パネルを設置するそうです。たくさんの隙間から農地に太陽の光が届くので、作物が育つとか。

このような地域で行うものもあるようですが、一般的には各家庭で独立したエネルギーの地産地消を目指すことになります。

記事に書かれていた停電時に困ることの例として、下記のようなことがあります。
電気が止まると、照明がつかず、夜は真っ暗。
電気が止まると、井戸の家はポンプが動かず水が使えない。
電気が止まると、給湯器が始動せず、温かいシャワーは出ないし、お風呂も入れない。
電気が止まると、冷蔵庫が使えず、食べ物が傷む。
電気が止まると、クーラーも暖房も使えない。
電気が止まると、オール家電の家は調理もできない。
電気が止まると、スマホや携帯電話の充電ができない。
電気が止まると、テレビが見られない、ラジオも聞けない。
電気が止まると、パソコンが使えない。
電気が止まると、ルーターやWi-Fiも使えない。
など。

これはもう日常生活を続けることが出来ないということになりますが、いわば命を電力システムに預け過ぎてしまっているということですし、人が生きる術のすべてを電力システムに人質にとられているとも言えそうです。

以前は太陽光発電というと、投資の対象としか見られませんでしたし、何年で元が取れるとか、いくら儲かるとか、そういう話が多かったと思います。

しかし、これから考えなければいけないのは、災害時などにも自宅で過ごすことができるようにしておくことや、高価な電気を買い続けながら生活をするということから解放される、ということが大切になるでしょう。

避難所生活を回避することが、これからの住まいづくりに求められることだとすれば、やはり住まいはRC(鉄筋コンクリート)住宅がオススメです。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング ←ご声援をお願いします。



オフグリッドで暮らすには。

ブログネタ
RC住宅を建てよう! に参加中!
東京で省エネでも快適な家を建てるならRCdesign

快晴の東京は暖かいです。

そんな今日は朝から社内ミーティング、練馬区氷川台のOBオーナー様とお電話、その後練馬区春日町のOBオーナー様宅訪問、打ち合わせなど、帰社後は大工さんと電話、提携事務所さんと電話、ガス会社さんと電話、サッシ屋さん来社打ち合わせなど。

午後は世田谷区太子堂計画検討、見積作成、資材メーカーさん来社、提携塗料メーカーさん来社打ち合わせ、練馬区田柄計画検討、お客様とお電話、板橋区弥生町計画検討など。夕方は税務署さんと電話、お問い合わせ対応、台東区日本堤計画検討、見積作成、ミーティングなど。

今日は暖かかったんですけど、今週はぐっと冷え込みが厳しくなるそうですので、暖房の準備や暖かい服装など、しっかりと準備しておきましょう。

ではこちら。

太陽光と蓄電池で…「電力自給」で暮らす夫婦に学ぶ知恵

「3・11のとき、それまで私たちが住んでいた川崎市でも大規模な停電がありました。電力会社に依存することの怖さと不安を感じましたが、電気そのものは、便利で生活を豊かにするもの。問題は、作り方と使い方なんです!」

そう語るのは、自然療法士のサトウチカさん(31)。今年9月、精密機器メーカー勤務の夫、タカヤさん(33)とともに、神奈川県横浜市戸塚区で、太陽光発電で電力を完全自給する、2LDKの「オフグリッド(送電線につながっていない)ハウス」を新築した。新築時から送電線を引かない住宅は異例中の異例だ。

耐久性に優れたグレーのガルバリウム鋼板でできた外壁は、モダンな印象。しかし、よく見ると、周囲に網の目のように張り巡らされた電線が、サトウさんの家だけ届いていない。代わりに、屋根の上には太陽光パネルが8枚取り付けられている。

「都会のふつうの一軒家で、一般人の私たちが楽しく電力自給ができることを証明したかったんです。爪に火をともすように節電しなくても、オフグリッドで暮らせます」
2014年11月10日 8時0分 女性自身

なるほど。

先日は東北の震災被災地にお邪魔させていただきましたが、そこでがんばっておられる方達には現状の心境や将来像など、貴重なお話しをお聞かせ頂くことが出来ました。

実際に被災された方達の中には、今も仮設住宅で暮らされている方が大勢いらっしゃいますし、生活再建に向けてご苦労をされている状況は、3年という時間では解決出来ないことなんですね。

そんな状況から、震災直後の混乱やそれ以降を教訓として学ばなければいけませんし、現在その答えのひとつが、エネルギーの地産地消であり、自給自足の生活かもしれません。

記事にあるお宅では、冷蔵庫や洗濯機、エアコンもあります。朝晩、ドライヤーで髪を乾かすし、毎日掃除機も使っている。リビングにはノートパソコンもあるし、ケータイだってもちろん使っています。それでも、現在の消費電力は、1日平均3キロワットアワーだそうです。これは一般的な日本の住宅の消費電力の、およそ3分の1程度だそうです。

もちろん少なからず工夫もしていて、「特別無理しなくても、節電は可能です。省エネ家電を取り入れつつ、不要な家電は使わない。わが家は原発事故以降、本当の情報を流してくれないことに嫌気がさして、テレビを見るのをやめました。電子レンジも使わず、料理は蒸し器で温め直しています」ということ。

さらに以下のことを心がけているそうです。

【使わないときは給湯器の電源をオフ】【便座ヒーターはコンセントをはずす】【夜早めに寝る】【炊飯器はめったに使わず、土鍋でご飯】【床暖房で冬を乗り切る】とか。

極力ムダを省いたうえで、使う電気は自給自足。たとえ雨が1週間降り続いても、大丈夫なんだとか。

記事ではオーナーさん曰く、「雨の日でも多少は発電しますし、雨でパネルがキレイに洗われるので、翌日は発電量も増えるんです!昨日は1日で5.72キロワットアワーの発電がありました。過去最高です」と書かれていました。

さすがに最初からオフグリッドで一切公共の電気をつながないというのは、ちょっと不安を感じなくもないですが、これからの日本、地球全体のことを考えたら、少しずつでも、1件でも多く省エネで創エネな家が増えると良いですね。

省エネでも快適に暮らしたいなら、是非RC(鉄筋コンクリート)住宅をご検討ください。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキングへ       ←応援のクリックをどうかひとつ!



プロフィール

井上社長

RCdesign のご紹介
スペースの都合で小さい画面になっております。お手数ですが、全画面でご覧ください。
おすすめ
お知らせ
現在リクルート発刊
の『SUUMO注文住宅 東京で建てる』
に弊社が掲載されてい
ます。もう買って頂け
ましたか?
書店で380円ですの
で、是非ご覧になって
下さいね。



専門家を探せる、相談
できるALL About プロ
ファイルに出展してます


全国工務店ブログ広場

一日一度のクリックを
ありがとうございます!
にほんブログ村 住まいブログへ


住まいランキング

ブログランキング

友だち追加

QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
住まいづくりの秘訣       無料メールセミナー
住まいづくりをお考えの方が後悔する前に知っておくべき内容を書き下ろしました。失敗しない住まいづくりノウハウを是非お受け取りください。
お名前 ※
E-Mail ※
都道府県 ※

RCdesign公式facebook
ブログ内記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ