住まいはRC(鉄筋コンクリート)にしなさい!

東京で家を建てるならRC(鉄筋コンクリート)住宅。 (株)RCdesign(アールシーデザイン)社長の日記です。

オリンピック

いつもありがとうございます。ご愛顧感謝申し上げます。こだわりの一戸建て住宅や2世帯住宅、賃貸併用住宅の安定経営など、住まいに関するノウハウを株式会社RCdesignの代表井上がお届けいたします。

オリンピックといたばし花火大会とか。

東京で防音に優れた住まいを建てるならRCdesign

夏っぽい陽気の東京です。

そんな今日は朝から中野区江古田計画検討、見積作成、金融機関へ、関連会社さん来社、日本橋の不動産会社さんと電話、中区野毛町計画検討、防災業者さんと電話、税理士さん来社打ち合わせ、提携会社さんと電話など。

午後は資料作成、北新宿計画検討、資材メーカーさんと電話、高田馬場計画検討、見積作成、事務組合さんと電話、業者さんと電話、世田谷区弦巻のお客様とお電話、電気屋さんと電話、資料作成など。夕方はお問い合わせ対応、西巣鴨計画検討、ミーティング、北松戸計画検討など。

夏も調子を上げてきたようです。お盆までもう少し、がんばりましょう。

ではこちら。

オリンピック初戦「サッカー日本」敗退!ナイジェリアに5−4

「初戦のナイジェリア戦がメダルへのすべてだ」
サッカー男子日本代表の手倉森誠監督がこう言い放ったが、日本時間できょう5日(2016年8月)午前に行なわれた1次リーグB組初戦ナイジェリア戦で日本代表は5―4で敗れた。

「パワー、スピードがまるで違う。2人がかりでも止まらない」
ナイジェリア選手は試合前から不運に見舞われた。飛べる飛行機がなく試合会場のマナウスに到着したのはキックオフ6時間半前だった。前日は4800キロ離れたアメリカ・アトランタのホテルにいた。国の財政難で代表チームの資金繰りが悪化し、飛行機代が払えず足止めになったのだ。

ナイジェリアの強さについて元日本代表でサッカー解説者の都並敏史は「パワー、スピードがまるで違う。技術もあり、ディフェンスもうまい。2人がかりでも止まらない」と言っていた。試合はその通りになった。
2016年8月5日 15時9分 J-CASTテレビウォッチ 

なるほど。

いよいよブラジルのリオでオリンピックが始まりましたね。

日本としては幸先の良い結果を望んでいたところだと思いますが、これはなんとも残念な結果になってしまいました。

さすがにゲームをタイムリーに観戦することが出来ませんでしたので、内容まではわかりませんが、記事にもあるように、昨日までは相手の選手が現地に到着していないということがニュースになっていましたので、どこか気持ち的に緩んでしまったところがあったのでしょうか。

まあ毎回のことですから、少々のことでは驚かないにしても、解説者の都並さんが言うように、まだまだ世界との壁を感じさせられてしまったとすれば、選手達のメンタル的ダメージが心配になりますね。

とは言うものの、結果を見てみれば、先行されながらも同点に追いついたり、4点も得点出来たというところは、粘り強さや諦めない気持ちを感じることができると思います。

日本が入ったB組のもう1試合は、コロンビアとスウェーデンが2―2で引き分けたということですので、まだまだ諦めるには早いですし、日本からもそれ相応な応援を届けたいと思います。

同じように開催国のブラジルもまた、南アフリカを相手にスコアレスドローに終わるという波乱のオープニングとなっていましたので、これがオリンピックというものなのかもしれません。

それにしてもブラジルは試合終了と同時に大ブーイングとなっていたそうですので、選手の皆さんも相当なダメージかもしれません。開催国ということもあるでしょうし、国民の期待も私たちが想像する以上に大きなものでしょうから、そんな厳しい反応も致し方ないかもしれません。

明日以降は他のスポーツも順次始まっていくでしょうから、これからおおよそ1ヶ月の間は、しっかりと日本代表選手達を応援して参りましょう。

2016_01_itabashihanabi_hedおっと、そう言えば明日はいたばし花火大会の開催日ではありませんか。

意外にもご存知ないという方も多いんですが、「いたばし花火大会」は 荒川両岸で約1万2000発を打ち上げる、東京都内でも屈指の花火大会として有名なんです。

まだご覧になったことが無いという人は是非この機会に足を運んでいただけると大変うれしく思います。

詳しい案内図やプログラムなどは、下記の専用HPをご覧ください。
いたばし花火大会

真夜中の応援も、花火の音も気にならない家をお探しなら、鉄筋コンクリート住宅がオススメです。

それでは。

今日もありがとうございます。

 
人気ブログランキングへ       ←クリックをどうかひとつ。     


 

聖火台はどこに行く?

東京で日本の家を建てるならRCdesign

晴れて暖かくなってきた東京です。

そんな今日は朝から資料作成、店舗改修工事計画検討、提携会社さんと電話、その後法務局と出張所へ書類受け取りに、帰社後は地方銀行さんと電話、町田市中町計画検討、お問い合わせ対応、塗装屋さんと電話、郵便局など。

午後は新宿区中落合計画検討、リフォーム工事計画検討、図面作成、目黒区八雲計画検討、業者さんと電話など。夕方は高田馬場計画のお客様とお電話、北松戸計画検討、ミーティングなど。

暖冬すぎな感じですが、やっぱり暖かいと活動しやすいですね。

ではこちら。

新国立競技場に新たな問題浮上、聖火台はどこに?

【AFP=時事】2020年東京五輪のメーン会場となる新国立競技場(New National Stadium Japan)の聖火台の設置場所について、主催者側が検討していなかったことが明らかになり、長らく続くスタジアム問題に新たな課題が浮上した。

 昨年、当初のスタジアム計画を白紙に戻した後、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会(The Tokyo Organising Committee of the Olympic and Paralympic Games)は、屋根に木材を使用する新デザイン案の中で聖火台についての議論を重ねていなかった。

 遠藤利明(Toshiaki Endo)五輪担当相は4日、「あまり議論されず、前の計画の段階で済んでいたのだと思っていた」と語った。

 続けて「聖火台の点火は五輪のメーンイベント。どのように点火するのか、聖火台をどこに設置するのかは後日議論される」とコメントした。
2016年3月4日 16時18分 AFPBB News 

なるほど。

それにしても次から次へと問題が出てくるものですね。

日本では建築に関する法律が非常に多く複雑ですので、単にデザインだけ考えても、それを実現出来るかというと、そう簡単ではありません。

もちろんこれだけの国家的プロジェクトですから、それ相応のプロフェッショナルが対応してきたはずですので、現状の設計で法に抵触することは無いと思います。

今回建築家の隈研吾(Kengo Kuma)氏の設計案では、屋根に木材が使用されるようですので、聖火台の設置場所によっては、消防法にも抵触してしまう可能性もあるでしょう。

わたし的には木材も適材適所に使うべきだと思いますので、公共の屋根に使うべき材料ではないと以前から主張していたんです。

しかし、記事にもあるよに、そもそも今回の発注は新国立競技場のコンペであって、オリンピックスタジアムのコンペではないということですので、発注者からは聖火台の設置が注文されていなかったということです。

注文者からの要望が無かったから、設計者としてもその設置は計画しなかったということですね。

もしかすると、発注者側が素人だったということももちろんあると思いますが、それにしてもあまりにもお粗末ではないでしょうか。

一戸建ての住宅を建てる時に、トイレの発注をしない人はいないと思います。同じように、国家的プロジェクトで、オリンピックのメイン会場とすることが目的ならば、聖火台を考えることは当然ではないでしょうか。

もちろん設計者側としても、言われていないから計画しなかったということは言えません。同じように設計の目的が明らかなんですから、聖火台の設置を一度は提案していても不思議ではありません。

しかしながら、発注側がその提案を重要視せずに、設計者の助言に耳を貸さなかったとすると、発注者側の意識があまりにも低かったと言わざるを得ませんね。

報道によると、遠藤利明・五輪担当相は「聖火台の場所をどの段階でどう作るか、決めていなかったんです。設計を変えるとなれば大ごと。建築費用が変わってくる。5月の連休前までには決めていきたい」という発言をされていました。

日本が平和で良かったです。

何かを誇示する必要は無いと思いますが、結果として日本で開催したことにより、安全に開催出来たり、外国の人が日本に興味を持ってくれて、平和や環境について気づきを得られるような大会になれば良いと思います。

がんばりましょう。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキングへ  ←お気軽にクリック!


 

新国立競技場が白紙とか。

ブログネタ
RC住宅を建てよう! に参加中!
東京で注文住宅を建てるならRCdesign

台風上陸中の日本です。

そんな今日は朝から板橋区板橋2丁目計画検討、電力会社さんと電話、書類作成、来客面談、徳丸6丁目計画検討、信用金庫さんと電話、提携会社さんと電話、見積作成など。

午後も見積作成、信用金庫さん来社、原稿チェック、お問い合わせ対応、板橋区板橋3丁目計画検討、資料作成、業者さんと電話、世田谷区奥沢計画など。夕方は吉祥寺計画検討、見積チェック、練馬区田柄計画検討、設備屋さん来社、各種段取りなど。

午後には雨も止んでだんだんと雲が少なくなりましたが、徐々に蒸し暑くなってきました。台風による被害はございませんでしたでしょうか?点検と補修はお早めに。

ではこちら。

新国立「白紙に戻す」…首相、デザイン変更明言

安倍首相は17日、2020年東京五輪・パラリンピックのメイン会場となる新国立競技場の建設計画について、「白紙に戻す。ゼロベースで計画を見直す決断をした」と述べ、デザインを変更する方針を明言した。

 変更理由については、「五輪は国民皆さんの祭典だ。主役は国民一人ひとり、そしてアスリートで、皆さんに祝福される大会でなければならない」と語った。

 首相は、19年9月に開幕するラグビーのワールドカップ(W杯)には新競技場の整備が間に合わないことも明らかにした。首相官邸で記者団に語った。
2015年7月17日 15時55分 読売新聞

20150624k0000e040226000p_size8なるほど。

ここまで来てようやくといった感じですが、それでも白紙に戻すという決断をしたこと自体は、素晴らしいと思います。

まさかとは思いましたが、優秀な大人が集まっていて、誰も止めることができないとなれば、いよいよ日本も危ないと思われても仕方がないですね。

とにかくこのまま進んでしまったら、大きな負の遺産を残すことになってしまったと思いますし、ましてや子どもや孫の世代まで借金が残るようなものを作ってはいけませんね。

今回のプロジェクトは、もちろん2020年の東京オリンピックを開催することが第一の目的だったと思いますが、いつの間にかその目的が忘れられたように感じていた方も多いのではないでしょうか。

ここ数日だけでもいろんな情報が流されていますが、国民の知らない大人の事情があったり、既得権益や利権といったもの、責任者不在のままで時間だけが過ぎていく状況と、国民や都民の一人としても、非常に不安になる話になっていました。

昨日には私も尊敬する安藤忠雄先生が記者会見を開いていました。世論からもデザイン選考の委員会で委員長を務めていたということから、その責任を追求されるような形になっています。

その会見でちょっと残念だったのは、『ゼネコンも思い切って、金が儲からんでも「日本の国のためだ」と言ってもらわないと。』というような発言があったこと。

建築家と言うからには、デザインの段階でも、設計を進める段階でも、ある程度のコスト感を持ちながらことを進めなくてはいけません。

もちろん多少の誤差があって当然ですし、ましてや初めての規模や構造だったりすれば、その振れ幅が大きくなることもあるでしょう。しかし、それが当初の予算の倍になっているにも関わらず、後はよろしく、ではあまりにも無責任と言わざるを得ません。

そもそも、デザインの段階から条件は決まっていたわけです。その立地条件や規模、もちろん予算も含めた条件の中で、より良いデザインを考えるのが、建築家というものではないでしょうか。

まさか他人のお金だからとか、税金だからとか、予算の大切さをまったく忘れていたわけではないでしょうね。

きっと日本の建設会社の皆さんのことですから、最後は男気で何とかすると思いますし、それだけの技術力を持っていますので、しっかりと方向が決まれば、絶対に良い結果にはなると思います。

あとは強いリーダーシップを持つ責任者がいれば、こんな時ほど燃えるという日本人がこの業界にはまだいるはずです。

オリンピックさえ乗り越えられれば良いというものではありません。むしろその後の日本をどのような形にするのか、現実と理想をしっかりと見据えた上で、新しい時代の日本を世界にアピール出来たら良いですね。

住まいに関するご相談は、RCdesignまでお気軽にお問い合わせください。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキングへ   ←クリックを是非!



祝!2020年東京五輪開催と完成内覧会開催。

ブログネタ
RC住宅を建てよう! に参加中!
東京で五輪を見る家を建てるならRCdesign

ご祝儀晴れの東京です。

そんな今日は朝から社内ミーティング、高島平に不動産会社さん来社、北区西ヶ原計画検討、東久留米計画検討、見積作成、信用金庫さん来社、来客面談、大工さんと電話など。

午後は和光市方面へ、板橋区弥生町計画のお客様へ書類お届けと打ち合わせなど。ありがとうございます。帰社後は渋谷区東計画のお客様とお電話、関連会社社長来社、豊島区駒込計画検討、資料作成など。夕方は渋谷区笹塚計画検討、見積作成、渋谷区恵比寿2丁目計画検討、資料作成、打ち合わせなど。

no map祝!東京オリンピック開催決定!です。おめでとうございます。これを記念してかどうかはわかりませんが、9月21日(土)に完成内覧会を開催いたします。詳細はまた明日お知らせさせていただきます。

ではこちら。

【東京五輪】2020年開催決定!56年ぶりアジア初の2度目開催!

【ブエノスアイレス(アルゼンチン)8日】東京が、「オールジャパン体制」で圧勝した。国際オリンピック委員会(IOC)総会が7日、当地で行われ、2020年夏季五輪開催都市に東京を選んだ。東京はマドリード、イスタンブールを大差で破り、1964年大会以来56年ぶり、アジアでは初の2度目の開催となる。会期は7月24日から8月9日まで。
 
日本中が、運命の瞬間を息を止めて待った。歴史に刻む9月8日、午前5時20分(日本時間)。IOCのジャック・ロゲ会長(71)が、投票により選出された開催都市を記したボードをくるりと返すと、鮮やかに浮かび上がった文字とともに「TOKYO」のアナウンスが響き渡った。
スポーツ報知2013年09月09日08時05分

なるほど。

いや本当に良かったですね。これまで長期間招致に向けて努力を続けてこられた、関係者の皆さんには心より感謝と労いの言葉をお伝えしたいと思います。ありがとうございます。

昨日は早朝よりソワソワしながらテレビを見ていた人も多いと思いますが、最初はあまり関心を示さず、雲行きを見ながら徐々に盛り上がっていく様子は日本らしいとも言えますね。

それでも実際に開催が決定してみると、若い人を中心に将来に対する希望とか、震災復興の早期実行など、具体的な影響を感じます。

とりわけ経済的にも、消費税増税後のネガティブな感じを払拭してくれそうに思いますので、よりデフレ脱却への雰囲気作りと実体経済の浮揚を期待したいところです。

また、日本国民全体が、7年後というひとつの目標を持てたことが、非常に大きいと思いますが、逆にそれまでにやらなければいけないこともはっきりさせることが出来ますので、政治的な判断もスピード感が出てくるかもしれませんね。

そんな中でもやはり原発の汚染水問題などは、自国民のためはもちろんのこと、海外から来るお客様に対しても、絶対に嘘の無い安全を提供出来るようにしなければいけません。

一方、早速実施された調査では、10代〜30代の一般男女を対象にしたところ、「7年後の日本は明るいと思う」と81.8%が回答。「自分自身の手で日本をよりよく変えていきたい」と62.5%が回答されていました。この年代の人達がこれだけポジティブな雰囲気で盛り上がることは、きっと生まれて初めての経験ではないでしょうか。

ちなみに、我が家の中学生も本気でオリンピック出場を夢見ていましたので、それだけでも、日々のモチベーションアップに有効になりそうです。

皆さんはどんな7年後を想像しましたか?また、7年間をどのようにお過ごしになりますか?

もし、その間に住まいづくりの計画を入れるのであれば、少し早めに弊社までご相談ください。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキングへ     ←マカロンをおひとついかがでしょう!
 


プロフィール

井上社長

RCdesign のご紹介
スペースの都合で小さい画面になっております。お手数ですが、全画面でご覧ください。
おすすめ
お知らせ
現在リクルート発刊
の『東京の注文住宅』
に弊社が掲載されてい
ます。もう買って頂け
ましたか?
書店で380円ですの
で、是非ご覧になって
下さいね。



専門家を探せる、相談
できるALL About プロ
ファイルに出展してます


全国工務店ブログ広場

一日一度のクリックを
ありがとうございます!
にほんブログ村 住まいブログへ


住まいランキング

ブログランキング

友だち追加

livedoor 天気
QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
住まいづくりの秘訣       無料メールセミナー
住まいづくりをお考えの方が後悔する前に知っておくべき内容を書き下ろしました。失敗しない住まいづくりノウハウを是非お受け取りください。
お名前 ※
E-Mail ※
都道府県 ※

RCdesign公式facebook
ブログ内記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ