住まいはRC(鉄筋コンクリート)にしなさい!

東京で家を建てるならRC(鉄筋コンクリート)住宅。 (株)RCdesign(アールシーデザイン)社長の日記です。

オーディオ

いつもありがとうございます。ご愛顧感謝申し上げます。こだわりの一戸建て住宅や2世帯住宅、賃貸併用住宅の安定経営など、住まいに関するノウハウを株式会社RCdesignの代表井上がお届けいたします。

AVにこだわる椅子とか。

東京でAVルーム付きの家を建てるならRCdesign

雨のち曇りの東京です。

そんな今日は朝からお問合せ対応、文京区大塚計画検討、資材発注、墨田区文花計画検討、書類作成、板橋区双葉町計画検討など。

午後からは東日暮里4丁目計画検討、港区南青山計画検討、資料作成、ミーティング、信用金庫さんと電話、地盤調査会社さんと電話、解体業者さんと電話など。夕方は賃貸入居者さんと電話、見積作成、書類作成、根津計画検討、ミーティングなど。

今日も3月並の冷え込みだったとか、暖かくしてお過ごしください。

ではこちら。

家の中に自分だけのオーディオ&ビジュアルスペースを たまご型シェルスピーカー

オーディオを楽しむのにはとにかくスペースが必要。映画やライブフィルムを楽しむシアターシステムを本気で構築ともなれば、スピーカーは10本にもなることもあるし、何より音量もすごい。家族の同意を得るのも難しいかもしれない。

そんなオトーサンのために開発されたのかは定かではないが、小さな場所に自分だけのオーディオスペースが持てるのが、オーディオハート(千葉県柏市)から発表された“11.2chチェア・スタイル・スピーカーの「VRS -1」。
2018年5月9日 11時15分 OVO [オーヴォ]

なるほど。

現代の人間に必要不可欠なもののひとつとしては、音楽と言っても過言では無いと思いますし、さらに映画などの映像を鑑賞するにしても、娯楽以上の楽しみとなっている方も多いと思います。

やはり音楽ではライブ会場で聞く臨場感は特別なものですし、映像にしても映画館などの設備が整った場所で鑑賞するのは、特別なものがあると思います。

そこで、同じ体験を自宅でも再現したいと思うのも、こだわりの皆さん共通の希望ではないでしょうか。

しかしながら、現実はなかなか厳しく、共同住宅や一般的な家では、思うような環境を実現するのは大変苦労するものです。

そんな苦労をされている方の解決策の一つとして、今日の記事で紹介されていた商品を紹介して起きましょう。

z9191000まずは画像を拝借して参りましたのでご覧ください。

外観は見てのとおりたまご型のシェルを持つ椅子で、この内部にドルビーアトモスなどの最新の立体サラウンドを忠実に再現できる12基のスピーカー、2基のサブウーファーが仕込まれているということ。

この空間の中ですから、スピーカーとの距離が近いので部屋に轟くような大音量が必要でないですし、硬質のシェルは音漏れを抑えるようになっているのも助かりますね。

これなら音楽や映画への没入感も十分満足がいくと思いますし、ゲーム好きの方にもきっと喜んでいただけるのではないでしょうか。

ちなみにこの椅子自体にはパワーアンプを持ってないので、音を出すには別途、AVアンプやプレーヤー、ディスプレイが必要となります。

本体の大きさは幅995×高さ1,340×奥行き1,080mm、重さは93kgと結構な存在感ですので、搬入に必要な最小幅が70cmと指定されているそうです。

これが完全受注生産で、希望小売価格は98万円(税別・運送料・設置費用別)ということです。

AV鑑賞にこだわりをお持ちで、すぐにでも良い環境を手に入れたい方には、御検討されてみてはいかがでしょうか。

より本格的に、より快適な環境をお望みなら、住まいはRC(鉄筋コンクリート)住宅がオススメです。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング    ←ご声援を是非!



テクニクスが復活とか。

ブログネタ
RC住宅を建てよう! に参加中!
東京で音楽の住宅を建てるならRCdesign

どんより曇りの東京です。

そんな今日は朝から社内会議、板橋区板橋3丁目計画のお客様にご来社頂き打ち合わせなど、ありがとうございます。資材発注、板橋区弥生町計画検討、お問い合わせ対応、北区西ヶ原計画検討など。

午後は杉並区松の木計画検討、その後渋谷区東のお客様宅へ、外構工事立ち会いなど、5丁目の現場視察、お客様と打ち合わせなど、7丁目の現場で塗装屋さんと打ち合わせ、帰社後はタイル屋さんと電話、電気屋さんと電話など。夕方はガス屋さんと電話、お問い合わせ対応、豊島区駒込計画検討、見積作成、各種段取りなど。

気温はそこそこですが湿度が高く蒸し暑く感じました。そんな環境だと現場で蚊に遭遇することも多いので、注意が必要です。

ではこちら

パナ、高級オーディオ「テクニクス」復活 欧州で12月販売

■国際家電見本市IFA開幕

【ベルリン=南昇平】ベルリンで3日、報道公開された欧州最大の国際家電見本市「IFA2014」で、パナソニックは高級オーディオブランド「Technics(テクニクス)」を4年ぶりに復活すると発表した。

CDを上回る超高音質が売り物で、富裕層や音質にこだわる音楽ファンの需要が見込めると判断した。

報道関係者向けのイベントで明らかにした。CDを上回る超高音質のハイレゾリューション音源に対応した4万ユーロ(約550万円)と4千ユーロ(約55万円)の2モデルを、12月から欧州で販売を始める。日本でも今年度中に販売する考えだ。
産経新聞 2014年09月04日07時57分

なるほど。

今日の話題は一部のマニア向けになりますので、ご興味の無い方には大変申し訳ございませんが、少々我慢の上お付き合いくださいませ。

ニュースの見出しでパナと書かれていたら、今はパナソニックのことですし、家電や建材のメーカーとして認識されている人は多いと思います。

実は今から40年くらい前には、どのご家庭にも結構な大きさのステレオセットがあり、決して広くは無い居間にアンプをはじめスピーカーやらレコードプレーヤーなどが鎮座していたものです。

年代にもよりますが、50代前後の方にはまだまだオーディオマニアの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

当時からご贔屓のメーカーがあったり、一方で海外の最高級メーカーに憧れていたという方も多いはずです。

国内では、ソニーやサンスイ、パイオニアやヤマハなど、多くのメーカーがあり、中でも松下電器(今のパナソニックです)ではオーディオ専用のブランドとして、テクニクスを展開していたんですね。

記事によると、テクニクスを冠した製品は昭和40年に誕生してから、累計1兆円を販売したそうですが、平成22年に生産を終了していました。しかし、「欧州でいまだに認知度が高く、待望論も多かった」(パナソニックの小川理子理事)ことから、昨夏に50人体制の復活プロジェクトが始動していたということです。

そんなテクニクスの新製品は、ノイズや音のひずみを最小限に抑えるため、ハイレゾ音源を原音に忠実にデジタル化する技術を駆使し、高音質にこだわったものだとか。パナソニックの役員さんは「原音がもたらす感動をテクニクスで消費者に伝える」と強調していました。

実は私も高校生くらいの時にはオーディオに夢中になったことがあって、テクニクスのステレオが欲しくって、アルバイトに精を出していた時期がありました。その甲斐もあってレコードプレーヤーとアンプを買うことが出来、ご近所にご迷惑を掛けながら、ロックを聴いていました。 

その頃の夢は、憧れのオーディオで好きな音楽を、思う存分聞くことの出来る部屋を作ることだったと思います。

最近はすっかりデジタル音源をイヤフォンやミニコンポなどで聴くくらいになってしまっていますが、オーディオルームを作ることは、いまだに諦めたくない夢のひとつです。

もし、オーディオルームやシアタールームなどを実現したいなら、鉄筋コンクリート(RC)住宅が絶対にオススメです。

それでは。

今日もありがとうございます。
 

人気ブログランキングへ       ←応援のクリックをどうかひとつ!



プロフィール

井上社長

RCdesign のご紹介
スペースの都合で小さい画面になっております。お手数ですが、全画面でご覧ください。
twitter
brogram

おすすめ
お知らせ
現在リクルート発刊
の『東京の注文住宅』
に弊社が掲載されてい
ます。もう買って頂け
ましたか?
書店で380円ですの
で、是非ご覧になって
下さいね。



専門家を探せる、相談
できるALL About プロ
ファイルに出展してます


全国工務店ブログ広場



一日一度のクリックを
ありがとうございます!
にほんブログ村 住まいブログへ

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン

ブログランキング
livedoor 天気
QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
Amazon




住まいづくりの秘訣       無料メールセミナー
住まいづくりをお考えの方が後悔する前に知っておくべき内容を書き下ろしました。失敗しない住まいづくりノウハウを是非お受け取りください。
お名前 ※
E-Mail ※
都道府県 ※

RCdesign公式facebook
ブログ内記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
チーム・マイナス6%