住まいはRC(鉄筋コンクリート)にしなさい!

東京で家を建てるならRC(鉄筋コンクリート)住宅。 (株)RCdesign(アールシーデザイン)社長の日記です。

ガラス

いつもありがとうございます。ご愛顧感謝申し上げます。こだわりの一戸建て住宅や2世帯住宅、賃貸併用住宅の安定経営など、住まいに関するノウハウを株式会社RCdesignの代表井上がお届けいたします。

ガラスの値上げ対策とか。

ブログネタ
RC住宅を建てよう! に参加中!
東京で適正価格の家を建てるならRCdesign

今年一番の暑さだった東京です。

そんな今日は朝から資材メーカーさんと電話、資料作成、台東区上野桜木計画検討、北区西ヶ原計画検討、お問い合わせ対応、板橋区弥生町計画検討、図面作成など。

午後は高田馬場へ、RC-Z家の会会合に出席、今回は年に一度の総会と懇親会など。夜に帰宅時にはゲリラ豪雨に遭遇してしまいましたが、元気よくダッシュで対応いたしました。

今日のゲリラ豪雨でも停電や浸水の被害があったようですし、ちょうど会合から帰宅するタイミングで、電車が止まってしまうということもありました。

ではこちら。

旭硝子、国内建築用ガラス値上げ…円安影響で

ガラス最大手の旭硝子は23日、国内の建築用ガラスの価格を9月1日の納品分から10〜20%引き上げると発表した。

円安の影響でガラスの原料や、燃料となる原油の価格が高騰したためで、2008年1月以来、6年8か月ぶりの値上げだ。

ビルや住宅の窓に使う板ガラスで15〜20%、鏡で10〜15%、断熱ガラスなどの加工ガラスで10〜20%をそれぞれ値上げする。

同社によると、10年と比べ、原油価格は1・5倍、ガラスの原料となる、米国から輸入しているソーダ灰は1・2倍、豪州から輸入しているけい砂は1・3倍に値上がりした。

さらに、人手不足の影響で人件費等が上昇し、採算が大幅に悪化したのも理由の一つという。
読売新聞 2014年07月24日09時28分

なるほど。

今日の会合でも話題になっていましたが、誠に残念なニュースです。アベノミクスの弊害とも言える円安のデメリットがまともに影響している形になっていますね。

日本国内で生産する住宅やビルなどの建築工事には、多くの原材料が必要ですが、その中には輸入に頼るものも多くあります。

その後完成したものを輸出出来れば、貿易収支も改善出来るんですけど、さすがに今のところは日本の高性能住宅を輸出することは出来ていません。

ガラスという素材は、近代建築でも非常に重要な素材であったわけですが、近年は当初の目的だけではなく、省エネや防犯など、更なる付加価値と性能を求められるようになりました。

特に日本では大きな窓を好む傾向が強かったこともあり、そこからのエネルギー損失が非常に大きかったんですね。

実は外壁と窓では、外壁の方が安価ですが断熱性能が高いんです。と言うことは住宅価格を押し上げる要因となっている窓の方が断熱性能が低く、その結果として光熱費が高く快適性を損なうことになっているわけです。

ですので、ガラスの値上げに対抗するには、窓の面積を極力小さくすることがひとつの方法になります。

もちろん、法律でも窓の最低面積が決められていますので、住宅の場合などは一定の窓が必要になりますし、室内環境やインテリア性なども考慮する必要がありますね。

ということで、国民の皆さんにはガラスの値上げも仕方の無いことと、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキングへ ←応援のクリックをどうかひとつ!



イエメンとイケメンの家とか。

ブログネタ
RC住宅を建てよう! に参加中!
東京でイケメンな家を建てるならRCdesign

晴れた東京は暑いくらいです。

そんな今日は朝から板橋区弥生町計画の現場へ、業者さんと打ち合わせなど、帰社後は弥生町のお客様とお電話、練馬区田柄計画検討、お客様とお電話、銀行さんと電話、渋谷区東計画検討など。

午後は図面作成、税理士さんと電話、杭屋さん来社打ち合わせ、耳鼻科、練馬区錦計画検討、資材発注、資料作成など。夕方は渋谷区恵比寿2丁目計画検討、井戸屋さんと電話、設備屋さん来社打ち合わせ、お問い合わせ対応など。

桜が開花しましたね、そんな中一昨日から季節外れのインフルとノロを併発している我が家のイケメン次男は終業式も欠席です。

ではこちら。

人々を元気づける、イエメンの荘厳なステンドグラス

みなさんは海外旅行などでステンドグラスをみたことがあるだろうか。ステンドグラスとは、多彩色のガラスを種々の大きさに切り、それらを枠にはめ込み溶接したものである。装飾や宗教的なことに使われることが多く、主に教会などの宗教的建築物に利用されている。

その歴史は古いが、ステンドグラスの起源は様々な説があり、はっきりとわかっていない。しかし、5世紀頃には色つきガラスの窓の文献が存在している。現存するもっとも古いものは、ドイツのヘッセン州立美術館に収蔵されており、9世紀ごろのものとされている。

その後、ステンドグラスはヨーロッパで大きく発展していった。12世紀頃には、建築技術の向上に伴って、教会などの建物の窓に彩色の施されたステンドグラスが使用されるようになった。窓から差し込むステンドグラスの光は神の象徴ともいわれ、人々の目に神々しく映ったという。 
カルチャージン 2014年03月25日11時11分

なるほど。

ステンドグラスには色の入ったガラスを使いますので、ガラスの始まりとされている紀元前25世紀ころ(約4500年前)からはだいぶ後になりますね。

そもそも最初にガラスが作られたと考えられている場所は、メソポタミアという名で日本でも良く知られているチグリス川・ユーフラテス川の流域から、地中海東海岸(古代のシリア地方)に至る場所ですから、古代文明発祥の地の一つと考えられている場所になります。

最初は装飾品や食器などに利用されていたようですが、それが窓ガラスとして利用出来るようになったおかげで、今の建築があると言っても過言ではありません。

近代建築の3要素といえば、鉄・コンクリート・ガラスのことですが、これらの材料が使えるようになったことによって、建築の安全性はもちろん、デザインや実用性も格段に向上することが出来ました。

今回の記事では、質問サイトに投稿されたもので、イエメンのステンドグラスに関する内容のものでした。北部のイエメンには、ステンドグラスの窓がない家がほとんどないということ。

日本にもあるような通常の四角い窓の上に、かまぼこ状の半円の形のステンドグラスがはめ込まれていて、そのステンドグラスのことをイエメンでは”Qamaria(カマリア)”と呼んでいるそうです。イエメンでは、家にカマリア窓を設けるのが大昔から現在まで習慣として続いているとか。

このカマリア窓を昔から大事にしているのにはわけがあり、太陽の光をステンドグラスから部屋に入れることによって、その光が部屋をカラフルにし、明るい雰囲気にします。

また、夜になると、部屋の灯りがステンドグラスを通して道を彩り、歩いている人が寂しがらないような雰囲気をつくるという、イエメンの人々は雰囲気を大事にして、ステンドグラスを使った建築物を建てているようです。周りを気遣う意識が素晴らしいですね。

日本にも障子という素晴らしい建具がありますが、最近は本当に使用する場面が少なくなってしまい、非常に寂しい限りです。ステンドグラスのようなカラフルさはありませんが、和紙の障子紙を通した光は、とても柔らかく優しいものです。

確かに障子紙は破れるし、定期的な張り替えが必要だったりしますが、最近は破れない障子紙があったり、色や柄が入っているものもあるようですので、以前よりも楽しめるようになっているようです。

私的には縦繁障子や引き分け猫間障子などが好きなんですけど、家づくりをお考えなら、ステンドグラスも良いですし、是非障子のご利用もご検討してみてはいかがでしょうか。

それでは。

今日もありがとうございます。
 

人気ブログランキングへ ←今日も応援のクリックをどうか一つ。 



プロフィール

井上社長

RCdesign のご紹介
スペースの都合で小さい画面になっております。お手数ですが、全画面でご覧ください。
おすすめ
お知らせ
現在リクルート発刊
の『東京の注文住宅』
に弊社が掲載されてい
ます。もう買って頂け
ましたか?
書店で380円ですの
で、是非ご覧になって
下さいね。



専門家を探せる、相談
できるALL About プロ
ファイルに出展してます


全国工務店ブログ広場

一日一度のクリックを
ありがとうございます!
にほんブログ村 住まいブログへ


住まいランキング

ブログランキング

友だち追加

livedoor 天気
QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
住まいづくりの秘訣       無料メールセミナー
住まいづくりをお考えの方が後悔する前に知っておくべき内容を書き下ろしました。失敗しない住まいづくりノウハウを是非お受け取りください。
お名前 ※
E-Mail ※
都道府県 ※

RCdesign公式facebook
ブログ内記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ