住まいはRC(鉄筋コンクリート)にしなさい!

東京で家を建てるならRC(鉄筋コンクリート)住宅。 (株)RCdesign(アールシーデザイン)社長の日記です。

クローゼット

いつもありがとうございます。ご愛顧感謝申し上げます。こだわりの一戸建て住宅や2世帯住宅、賃貸併用住宅の安定経営など、住まいに関するノウハウを株式会社RCdesignの代表井上がお届けいたします。

快適なクローゼット作りとか。

東京で快適な家を建てるならRCdesign

良い天気の東京です。

そんな今日は朝から5丁目のお客様宅訪問現地調査など、その後事務組合さんへ書類お届け、北区の不動産会社さんへ書類お届けと打ち合わせなど、帰社後は田端のお客様とお電話、資料作成、お問い合わせ対応など。

午後は文京区根津計画検討、都市銀行さん来社、不動産会社さんと電話、お問い合わせ対応、上板橋2丁目計画検討、書類作成など。夕方はシステムチェック、原稿作成、練馬区小竹町計画検討、見積作成、ミーティングなど。

夏も近づく八十八夜ですね。夏の前には梅雨がありますが、その頃にはようやく花粉からも解放されると思います。

ではこちら。

衣替えは絶好のチャンス!「快適なクローゼット作り」のコツ4つ

朝夕の冷え込みも少なくなったこの時期、本格的に衣替えをしようとしている人も多いはず。衣替えは収納の中を整理して使いやすく改善する絶好のチャンスです。そこで今回は、かつて片づけが苦手だった経験を生かし「ストレスフリーな収納術」を説く収納スタイリストの吉川永里子さんに、より使いやすい収納づくりのコツを伺いました。

1:“見直し”のチャンスを逃さない
衣替えはできればあたたかい晴れた日に行うのが理想です。気持ちも晴れやかで明るいですし、天日干しすることもできます。ここでやるべきことが2つあります。
2017年5月2日 9時0分 WooRis(ウーリス)

なるほど。

確かに、私も一昨日にようやくヒートテックインナーからエアリズムに切り替えをしたところですが、厚手のコートや冬物の衣類がそのまま掛かっていたりしますので、この機会に衣替えを行いたいと思っていました。

ちょっと朝晩の気温が低めだったり、天候によっては肌寒く感じる時もあって、そんなことを言い訳に衣替えを先送りしているということはないでしょうか。

実はそんな時のために1枚だけ羽織るものを出しておけば、他の冬物は全て収納してしまっても、困ることはないんですよね。

記事でも、この機会をチャンスととらえて、衣替えをしながらクローゼットを快適にしてしまおうということでした。

まず最初にすることは、すべての衣類を一度広げてチェックすることで、ここで見るポイントは汚れなどの状態・デザイン・サイズ感の3つで、特に汚れがあると、虫食いにあうリスクが高まるそうです。

もちろんデザインやサイズに関しても、少しでも疑問に思うものは、一度着てみましょう。その上で着ないと感じたものは迷わず処分です。着ないものでスペースを無駄に使っては本末転倒ですからね。

そしてこの入れ替えの際に収納が一時でも何も無い状況になれば、この時こそ収納場所を掃除する絶好のチャンスです。これから日々使う衣類を気持ち良く綺麗に収納できる環境を整えましょう。

さらに記事では快適なクローゼット作りのコツとして、下記の内容が紹介されていました。
2:収納ケースとハンガーの選び方が決め手
3:よく使うものは手前に、仕切りは布製を
4:滅多に着ないものはレンタルで

収納ケースはなるべく薄いものの方が、重ねて入れたものを忘れないとか、出し入れもし易いということです。また、ハンガーも肩幅に合ったもの使い、出来るだけ用途に合わせて使い分けをした方が良いということ。

収納の仕方としては、日常的によく使うものを手前、使わないものを奧というように分けるのは基本ですね。また、仕切りをする時は不織布のボックスが衣類を傷めることがありませんので、おすすめだそうです。

大人としては冠婚葬祭用の衣装も持っておきたいところですが、それでも年に数回着るか着ないという場合は、その都度レンタルした方が良いかもしれませんね。

年中場所を取っていて、いざ着ようとした時に汚れていたり、虫が食っていたり、何よりも自分のサイズが維持出来ているかなんて、全く補償がありません。

今から昨シーズンの衣類を見極めておけば、新しい衣類を買いやすくなりますし、明日から連休という方は是非この機会に模様替えを行ってみてはいかがでしょうか。

快適なクローゼットのある家を建てるなら、是非RCdesignまでお気軽にご相談ください。

それでは良いGWを。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング   ←お力添えを是非!



クローゼット作りのポイントとは。

ブログネタ
RC住宅を建てよう! に参加中!
東京で自分スタイルの住まいを建てるならRCdesign

連日猛暑の東京です。

そんな今日は朝から練馬区田柄計画検討、その後法務局へ書類受け取りに、帰社後は業者さんと電話、川口市戸塚東計画検討、見積作成、練馬区春日町のリフォーム工事検討、見積チェックなど。

午後は見積作成、来客面談、外出、ご近所のリフォーム工事検討、業者さんと電話、資料作成など。夕方はミーティング、練馬区東大泉計画検討、世田谷区奥沢計画検討など。

1875年の観測開始以来、都心での連続猛暑日の最長を記録してしまいました。なんということでしょう。

ではこちら。

「着る服がない!」をなくすクローゼット作りのポイント

「着る服がない!」クローゼットの前でそうつぶやかれた事がある方も多いのでは?お片付けレッスンで伺うお客様の中には、洋服が少なくて着る服が無いわけではなく、沢山の洋服を持っているにもかかわらず着る服がないとおっしゃる方がいらっしゃいます。

では、どうすれば「着る服がない!」をなくせるクローゼットを作れるのか、そのポイントをお伝えしていきます。
 
■1.どんな風になりたい?まずは理想のスタイルを明確に
クールな女性を目指しているのに、クローゼットの中は以前好きだった甘めの服ばかりなんて事はありませんか?どんな風になりたいのか、まずは今の理想のスタイルを明確にするのがクローゼット作りの第一歩です。

理想がよく分からないとおっしゃる方は、雑誌の中から好きなスタイルを見つけてスクラップしていくと、好みがハッキリしてきますよ。
2015年8月4日 13時0分 クックパッドニュース 

なるほど。

というか、もう何も身に付けたくないくらいの暑さが続いていますが、今日の記事は結構皆さん経験があるのではないでしょうか。

おおよそワンシーズンが終わって、1年ぶりに見た次のシーズンの洋服達、昨年は結構気に入っていて、頻繁に着ていたはずの洋服でも、久しぶりに目にしてみると、思いのほかピンとこなくって、ちょっと今年は着られないな、と感じてしまうこともありますね。

確かにクローゼットの中には、洋服があるものの、微妙なデザインや色柄が、どうも今年ではないということなのかもしれません。

そうなると、限られたクローゼットスペースを埋めているのは、すでにゴミとなってしまっているモノということになります。

クローゼットや収納を後から増やすということは難しいですし、かといって大きければ良いというものでもありませんね。

要するにクローゼットを作るということは、シーズンごとにメンテナンスをしながら、余計なものを捨てたり、自分のスタイルを作っていくということなんです。

上の記事にもあるように、自分にとって理想のスタイルを見つけることも必要ですし、ライフスタイルを思い浮かべ、必須アイテムを洗い出すという作業も必要だということです。

理想を明確にする事と同じくらい重要なのは、現実を知る事です。今の自分のライフスタイルを思い浮かべて、必要なアイテムを書き出してみましょう。働く女性なら、フォーマルな服が必要になります。子育て中の方なら、子供の動きについていける動きやすい服や汚れても洗濯しやすい服が必要ですね。ライフスタイルは人それぞれですので、自分基準で必要なアイテムを洗い出しましょう。

さらにクローゼットの服をすべて出してアイテム分けをする。

クローゼットの服を一度すべて出し、アイテムに分けていきます。すべて出して上から見渡す事で持っている服を客観的に把握しやすくなります。服が多い方は十分時間の取れる日にするか、アイテムごとに出してみましょう。

次は「これから着る服だけ」を選んで残す。
理想のスタイルに適うもの、ライフスタイルで必須のアイテム、ベーシックで着回しのきくものだけを選んで残すようにしましょう。高価だったから…、一度も着てないか…という理由で残してしまうと、着る服がないクローゼットに逆戻りになってしまいますので、「これから着る服だけ」を選んで残すのが重要です。その上で、これからの自分にとって足りないアイテムがあれば買い足すようにしましょう。

そして最後は一目で分かるように収める。
着たい服がすぐに見つけられるように、クローゼットの中は一目でどんな服があるのか分かるように収めましょう。掛ける服、畳む服ともにアイテム別で収納スペースを決めると良いそうです。

ややもすると、過去の栄光を引きずったままの自分がいたりするかもしれませんが、一度冷静に今の自分の立場を考えたり、さらにこれからどんな自分になりたいか、そんなことを考えることが着る服がないクローゼットにしないためにはとても大切なんですね。

自分の好きなもので満たされたクローゼットは、きっと毎日が楽しくなるに違いありません。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキングへ   ←クリックを是非!



プロフィール

井上社長

RCdesign のご紹介
スペースの都合で小さい画面になっております。お手数ですが、全画面でご覧ください。
おすすめ
お知らせ
現在リクルート発刊
の『東京の注文住宅』
に弊社が掲載されてい
ます。もう買って頂け
ましたか?
書店で380円ですの
で、是非ご覧になって
下さいね。



専門家を探せる、相談
できるALL About プロ
ファイルに出展してます


全国工務店ブログ広場

一日一度のクリックを
ありがとうございます!
にほんブログ村 住まいブログへ


住まいランキング

ブログランキング

友だち追加

livedoor 天気
QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
住まいづくりの秘訣       無料メールセミナー
住まいづくりをお考えの方が後悔する前に知っておくべき内容を書き下ろしました。失敗しない住まいづくりノウハウを是非お受け取りください。
お名前 ※
E-Mail ※
都道府県 ※

RCdesign公式facebook
ブログ内記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ