住まいはRC(鉄筋コンクリート)にしなさい!

東京で家を建てるならRC(鉄筋コンクリート)住宅。 (株)RCdesign(アールシーデザイン)社長の日記です。

コラボ

いつもありがとうございます。ご愛顧感謝申し上げます。こだわりの一戸建て住宅や2世帯住宅、賃貸併用住宅の安定経営など、住まいに関するノウハウを株式会社RCdesignの代表井上がお届けいたします。

ダイキン工業とサンゲツのコラボとか。

理想の住まいを建てるならRCdesign

くもり空の東京です。

そんな今日は朝から練馬区豊玉北計画検討、見積もり作成、お問い合わせ対応、その後金融機関へ、帰社後はサッシ屋さん来社打ち合わせ、世田谷区砧計画検討、資料作成など。

午後からは三鷹方面へ、お客様と打ち合わせなど。夕方帰社後は、大田区大森中計画検討、資料作成、横浜市南区計画検討、見積もり作成、お問い合わせ対応、ミーティングなど。

日に日に湿度も上がってきているように感じます。

ではこちら。

ダイキン工業とサンゲツ、エアコン正面パネルの色選択サービスで木目・大理石・レザーなどを共同企画

ダイキン工業とサンゲツは、ダイキン工業のルームエアコン「risora」の室内機正面パネルを好みの色に変更できる有料オプションサービス「risora custom style」の新たな選択肢として、木目、大理石、レザーなどの質感を再現できるサービスメニューを共同で企画した。

ダイキン工業は、同サービスを6月1日から開始する。
2019年5月30日 15時34分 マイライフニュース

なるほど。

これはなかなか珍しいコラボ企画ではないでしょうか。

比較的古い体質が残る業界では、他の企業とコラボするのも難しいもので、今回の2社も私が知る限りでは、冒険をしない安定志向というイメージです。

実際にお付き合いのある社員の方たちとお話をしていても、どこか保守的というか、大企業ならではなのかもしれませんが、あまり新しいことにチャレンジしそうには思えませんでした。

記事によれば、空調の新たな価値創出をめざすダイキン工業と、国内インテリア・内装業界大手の専門商社サンゲツは、住まいにおけるデザインの統一感と高い快適性の両面にこだわった理想のインテリアづくりの実現をめざし、同取り組みの実施に至ったということです。

実際のサービスは、ダイキンエアコン「risora」の正面パネルに、サンゲツの木目、大理石、レザーなど多彩な素材の質感を高度に再現した粘着剤付化粧フィルム「REATEC(リアテック)」を真空・圧空成形(加熱、軟化させた樹脂のシート材を型の上に置き、シートと型の間の空気を抜き、大気圧で密着させて成形する加工方法)で接着するというもの。

ダイキンとサンゲツが持つ優れた商品の融合によって、内装イメージに合わせた壁紙やルームエアコンの組合せを楽しみながら選ぶことができ、自分だけのこだわりの空間づくりに貢献することができるとか。

ダイキンさんのホームページには「risora 3D シミュレーション(ダイキン工業の「risora」やサンゲツの内装材を3D空間で自由に組み合わせ、好みの内装をシミュレーションできるWebツール)」で設置イメージを確認可能となっていますので、ご興味のある方はお試しください。

ダイキン工業=https://www.daikin.co.jp/

理想のインテリアを実現するなら、是非RCdesignまでお気軽にご相談ください。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング ←令和もよろしく。



S,A,G,A 知ってる?

ブログネタ
RC住宅を建てよう! に参加中!
東京でこだわり女性の住まいを建てるならRCdesign

どんより空で雨の東京です。

そんな今日は朝から資料作成、その後世田谷区代沢のOBオーナー様宅へ、周年点検立ち会いと打ち合わせなど。いつも綺麗にご利用いただきありがとうございます。

午後に帰社後は吉祥寺計画のお客様とお電話、ありがとうございます。渋谷区東計画検討、構造担当と電話、北区西ヶ原計画検討、見積作成、提携会社さんと電話など。夕方は来客面談、豊島区駒込計画のお客様にご来社いただき打ち合わせなど、ありがとうございます。図面チェック、恵比寿計画検討など。

梅雨が戻ってきたような一日でしたね。

ではこちら。

「コラボ県はじめます、佐賀県。」

佐賀県 情報発信プロジェクト、プロジェクト名・事業概要を決定
佐賀県は、この度、県の存在感を高めるとともにイメージ向上を目指し、自治体という枠組みを超えて、様々な企業やブランド、メディア等とコラボレーションしていく「情報発信プロジェクト」の名称を『FACTORY SAGA(ファクトリー サガ)』とし、事業概要を決定しました。

<事業概要のポイント>
・目的は、佐賀県の存在感・イメージの向上
・ターゲットは、東京エリアの、情報に敏感で、こだわりを持つ30代女性が中心
・企業などとの「コラボレーション」の手法で魅力を開発・発信
・東京に専任スタッフを4名配置。「プロデュースオフィス」を設置(今秋予定)
・ウェブサイトなどで、「コラボレーション」に参加したい県内事業者/全国の企業を募集 

本事業の継続的な実施により、ターゲットが佐賀県の魅力に触れる機会を増やすことで、県の存在感を高め、イメージ向上を狙います。さらには、県への興味・関心が高まることで、県産品や観光などのプロモーションがより効果的になる相乗効果を見込んでいます。 
Digital PR Platform2013年07月24日18時11分

なるほど。

久しぶりに目にした気がする佐賀県です。ごめんなさい。

実際に身近に佐賀県出身の人がいなかったり、お仕事上のお付き合いなどが無かったりしたら、そうそう佐賀県と関係を持つことも少ないのではないでしょうか。

私の場合かすかに記憶に残るのは、お笑い芸人のはなわさんがベースを弾きながら歌う「S・A・G・A さが〜」のフレーズくらいなんですが、皆さんはいかがでしょうか。

そんなことを知ってか、佐賀県が結構な力を入れて、キャンペーンを行うようですので、ここはちょっと注目をしてみたいと思います。

記事にもありましたが、事業の背景として、やはり現状として首都圏での存在感が低いことがあるようです。

実際には、有田・伊万里焼や唐津焼などのやきもの、佐賀海苔、佐賀牛(R)といった全国あるいは世界に誇れる素晴らしいものがありますが、しかし、佐賀県の理解度は非常に低いというのが現状であり、残念ながら佐賀県に対する生活者の興味・関心は薄く、佐賀県の様々な情報を発信しても、なかなか届きにくい、気付いてもらえないという状況です。

そこで、事業の目的として、佐賀県の存在感・イメージの向上を上げています。

まずは生活者の佐賀県への理解を深め、存在感を高めることです。佐賀県が、生活者にとって「気になる存在」になることで、佐賀県に関する様々な情報が届きやすくなり、県産品や観光などのプロモーションがより効果的に実施できる相乗効果を見込んでいます。

そこで、ターゲットとするのは、世の中の情報に敏感で、こだわりを持つ30代女性が中心ということで、この層は、自分が気に入った情報を仲間やコミュニティとSNSや口コミで共有する傾向が強く、情報拡散のきっかけとなりやすいといえ、さらに、メディアなどの注目を集め、マーケットの流行を作る存在であることから、戦略的なターゲットに設定したようです。

ここは弊社としても、少なからず佐賀県を応援して、同様にこだわりの30代女性へ鉄筋コンクリート住宅をご理解いただけるようになりたいと思いますので、佐賀県に詳しい方は是非お知らせください。

詳細は下記からどうぞ。
FACTORY SAGA
http://www.factorysaga.jp/

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキングへ←応援のクリックをどうかひとつ!


 
プロフィール

井上社長

RCdesign のご紹介
スペースの都合で小さい画面になっております。お手数ですが、全画面でご覧ください。
おすすめ
お知らせ
現在リクルート発刊
の『東京の注文住宅』
に弊社が掲載されてい
ます。もう買って頂け
ましたか?
書店で380円ですの
で、是非ご覧になって
下さいね。



専門家を探せる、相談
できるALL About プロ
ファイルに出展してます


全国工務店ブログ広場

一日一度のクリックを
ありがとうございます!
にほんブログ村 住まいブログへ


住まいランキング

ブログランキング

友だち追加

livedoor 天気
QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
住まいづくりの秘訣       無料メールセミナー
住まいづくりをお考えの方が後悔する前に知っておくべき内容を書き下ろしました。失敗しない住まいづくりノウハウを是非お受け取りください。
お名前 ※
E-Mail ※
都道府県 ※

RCdesign公式facebook
ブログ内記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ