東京でインテリアに拘る家を建てるならRCdesign

真夏の東京です。

そんな今日は朝から書類作成、その後中野区上鷺宮計画のお客様宅へ打ち合わせなど、ありがとうございます。帰社後は提携会社さんと電話、港区新橋のお客様とお電話、資料チェックなど。

午後は大田区仲池上計画のお客様にご来社頂き打ち合わせ、ありがとうございます。水道局さんと電話、お問合せ対応、その後北区役所へ、提携会社さんと打ち合わせなど。夕方に帰社後は業者さんと電話、社内ミーティングなど。

今日の東京は37度を超える気温となりました。日中のうちに溜まった熱をしっかりと冷ましておやすみください。

ではこちら。

ディーゼル リビングより工事現場を思わせるインテリア、カラーコーンを模した花瓶やヘルメット型ケース

ディーゼル(DIESEL)のホームコレクションライン「ディーゼル リビング(DIESEL LIVING)」より新作テーブルウェアが登場。2017年8月中旬より発売予定。

今回登場するのは、ディーゼル リビングがイタリアのインテリアブランド「セレッティ」とコラボレートしたアイテムだ。

”革命が唯一の解決策”をコンセプトとし、シュルレアリスム的なイラストを用いた個性的なテーブルウェアやノーカラーのセラミックで紙パックやシュガージャーを模した遊び心のあるケースなど、ユニークな作品を発表してきた「セレッティ」。

そんなブランドとディーゼルのクリエイションチームがコラボレートして作った今回のアイテムは、工事現場からインスパイアされたもの。無骨な印象も受ける工具がキッチュな印象はそのままに可愛らしいインテリアアイテムに変身した。
2017年8月9日 12時15分 ファッションプレス

なるほど。

ディーゼルといえば、若い人を中心に人気のあるブランドですが、以前からスプーンやフォークの柄がスパナになっていたり、ボルトやナットの形をした食器など、メカニカルなイメージのテーブルウェアを販売していました。

そんなブランドが、今回はインテリアブランドとコラボして新作を販売するということです。

230365早速写真をお借りして参りました。

なんでも、今回は工事現場をモチーフにしたということですが、ご覧の通り、カラーコーンをモチーフにした花瓶や、ヘルメットをひっくり返したかのようなケース、工具箱の小物入れなどが揃っているようです。

私たちとしては、日頃見慣れた光景の工事現場ですが、日常の家庭の中にこのようなアイテムがあることで、非日常とのアンバランスがちょっとおしゃれな感じになるかもしれません。

ちなみに写真の商品は、
カラーコ―ンモチーフの花瓶”CONE” 14,800円+税 W20×D20×H30
ヘルメット型コンテナ”HELMET” 11,800円+税 W21.5×D27.5×H15.5
ツールボックスをイメージしたコンテナ”TOOL BOX” 16,800円+税 W31×D14.5×H18.5
となっていますので、ご興味のある方はショップでチェックしてみてください。

もしかすると、業界人の方には家に帰ったら仕事を忘れたい、と思われるかもしれませんね。私も同感です。

ディーゼルにはこのシリーズの他にも、食器やインテリア雑貨が多数販売されていますので、お好みのインテリアに合うものが見つかるかもしれませんので、一度ご覧になってみてはいかがでしょうか。

インテリアにこだわるなら、どんなインテリアにも対応出来るコンクリート住宅がオススメです。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング   ←ついでにひとつ!