住まいはRC(鉄筋コンクリート)にしなさい!

東京で家を建てるならRC(鉄筋コンクリート)住宅。 (株)RCdesign(アールシーデザイン)社長の日記です。

デマ

いつもありがとうございます。ご愛顧感謝申し上げます。こだわりの一戸建て住宅や2世帯住宅、賃貸併用住宅の安定経営など、住まいに関するノウハウを株式会社RCdesignの代表井上がお届けいたします。

デマを広げない力とか。

正しい家を建てるならRCdesign

雨の東京です。

そんな今日は朝から社内ミーティング、セキュリティー会社さんと電話、書類作成、渋谷区計画のお客様とお電話、ガス会社さんと電話、その後金融機関へ、帰社後はシステム調整、お問い合わせ対応など。

午後からは板橋区徳丸の現場で打ち合わせ、帰社後は目黒区下目黒計画検討、見積作成、渋谷区桜丘計画検討、資料作成など。夕方は西日暮里計画検討、見積作成、お問い合わせ対応、電気屋さんと電話、提携会社さんと電話、ミーティングなど。

冷たい雨の一日でした。

ではこちら。

デマを広げない力 トイレ紙は十分、27度の湯は無意味

新型コロナウイルスへの不安が広がる中、SNSなどを介し、日用品の在庫や感染の予防法などに関して、誤った情報が飛び交っている。

間違った情報をSNSで広げてしまうと、感染を広げることにもつながりかねない。どんな情報を疑うべきなのか。自分が広げないためには、どうすればよいのか。インターネットや感染症の専門家に聞いた。
2020年3月2日 17時0分 朝日新聞デジタル

なるほど。

昨日は早朝に散歩していると、近所のドラッグストアに人集りがありました。一瞬何事かと思いましたが、どうやら情報に踊らされた人達のようですね。

一方で、夕方帰社した弊社の若い衆は、自宅のトイレットペーパーがなくなってしまったので、買いに行ったもののどこにも無かったということでしたので、事務所の在庫を分けてあげました。

もちろん、このタイミングで在庫を切らせてしまったという人もいると思いますが、そんな人が入手出来ないという状況は、やはり日本人はどうかしている、と言えるのではないでしょうか。

記事にあった教授は「人は衝撃的な話題の方が頭に残りやすい。一番大事なのは、信頼できる人の話であっても、情報源がわからない場合はうのみにしないことだ」と話していました。

さらに、米マサチューセッツ工科大学の論文によると、偽ニュースがリツイート(再投稿)される可能性は正しいニュースに比べて70%高く、また正しいニュースが1500人に届くには、偽ニュースの約6倍の時間がかかっていたということです。

これに対して、教授さんが書かれていたのは、うわさに接した場合は、自らもすぐに広めようとせず、自治体のウェブサイトや、新聞、テレビのニュースなどでも報じられているか、確認することが重要だということ。

情報を拡散しようとされる方には、人のために良かれと思って行う場合もあるかもしれませんが、伝達スピードが想像以上に早くなっている時代では、その親切心が迷惑になるということを覚えておく必要がありますね。

今回の新型ウイルスについては、人それぞれに思うところがあると思いますが、これほど国民全体に影響があり、みんなが考えさせられた出来事も、そうはなかったと思います。

それゆえに、事が鎮静化した時に人の感情や考え方がどのように変化しているか、人生観や価値観、いろんな常識までが、次の時代に合わせた形に変わっているかもしれませんね。

日本人が日本人らしく、より崇高な人間性を身につけ、世界に誇れる民族となっていることを祈念しております。

いろんな外敵から家族を守るなら、住まいはRC住宅がオススメです。

それでは。

今日もありがとうございます。

 ←ご声援お待ちしております。



東日本大震災から7年で学ぶこととか。

東京で震災に強い家を建てるならRCdesign

晴れの東京です。

そんな今日は朝から社内ミーティング、その後文京区根津計画、タイル屋さん来社打ち合わせ、目黒区中目黒計画検討、図面チェック、お問合せ対応、資料作成、大田区北千束計画検討、見積作成など。

午後は商社さんと電話、事務組合さんと電話、見積作成、商社さん来社打ち合わせ、日野市計画のお客様とお電話、ありがとうございます。お問合せ対応など。夕方は立川市のお客様宅訪問、打ち合わせなど、ありがとうございます。

今週が山場らしいですよ。がんばりましょう。

ではこちら。

東日本大震災から7年 今、私たちが学ぶこと

2011年3月11日の東日本大震災から7年の月日がたった。震災の記憶や悲惨な光景は忘れがたく、今もなお原発や放射能汚染、仮設住宅閉鎖や移転など、さまざまな問題を抱えている。

今回は、震災の記録はもちろん、近く起こると言われる首都直下型や東海・東南海の地震への対策など、今後についても考えさせられる3冊をご紹介。
2018年3月12日 12時0分 J-CASTトレンド

昨日は、死者・行方不明者1万8400人以上を出した東日本大震災の発生から7年という日でしたね。ニュースでは被災地と共に日本全国が鎮魂の祈りに包まれていた様子が報道されていました。

一定の年齢を過ごしてきた方だと、1年はあっと言う間に感じると思いますが、何かを待っている状況では、それでもまだ長い時間を過ごされていることと思います。

ニュースなどで当時の映像を目にすると、あの日の記憶が鮮明に思い出されるのは、国民のみんなが同じことだと思いますが、その時の恐怖や不安も同じように忘れてはいけないものだと思います。

最近の被災地では、堤防や土地のかさ上げなどが進み、震災前や直後の風景とはすっかり変わってしまいましたので、人の記憶も徐々に薄れてしまいそうで心配です。

さて、今日の記事では、震災に関連した本が3つ紹介されていて、そのどれもが一度は目を通しておいた方が良いと思うものでしたので、取り上げさせて頂きました。

まず一つ目は『人が死なない防災』(著者:片田敏孝 集英社 821円)という本で、2004年から釜石市の危機管理アドバイザーを務めてきた著者が、主体的な避難行動を可能にした「防災教育」のノウハウを余すところなく公開されているというもの。

いつ災害に襲われるかわからない私たちすべてが知っておかなくてはならない「生き残るための指針」を徹底公開してくれています。

三陸海岸で多くの人を救ったという「命てんでんこ」は、たとえ幼い子供であろうが、人に頼らず“自分のことは自分で守る”という自己防災の教えですが、これもまた同じ防災教育だったと思います。

二つ目の本は『津波からの生還 東日本大震災・石巻地方100人の証言』(編集:三陸河北新報社「石巻かほく」編集局 旬報社 1,620円)です。

この本では、人びとの記憶からあきらかになる津波の真実と、巨大な波に翻弄されたあの日、何が生死をわけたのかが書かれています。

大津波で大きな被害を受けた宮城県石巻市、東松島市、女川町で被災した100人の詳細な証言と当時の状況が分かる写真が多数掲載されていて、津波から必死に逃げる中で何を思っていたのか、震災が過ぎ去って思うことを探っていくという内容です。

そして3つ目の本は『検証 東日本大震災の流言・デマ』(著者:荻上チキ 光文社 799円)です。

この本では「災害流言」という人災のメカニズムを解くことで、チェーンメールやリツイートから生まれるデマはどのように広がっていくのか?真偽を確認するにはどうすればいいのか? 、そのメカニズムを解説し、ダマされない&広めない基礎知識を伝授してくれるというもの。

震災当時やその後現在に至るまで、"有害物質の雨が降る?""被災地で外国人犯罪が増えている?""放射性物質にヒマワリが効く?""ヨウ素入りのうがい薬は放射性物質に効く?""天皇陛下が京都に逃げた?"などなど。さまざまなデマやウソがSNSで蔓延しています。

情報化社会ならではの現象かもしれませんが、やはりそこでは個人個人の情報処理能力が問われますし、良かれと思って発信してしまった情報がデマだったりすることもありますので、安易にリツイートすることの危険性を考えなければいけません。

原発の処理なども含めれば、まだまだ復興は道半ばですし、むしろこの先数十年というスパンで対応しなければならない問題もあります。

きっとすぐに震災を知らない人が社会人になってくると思いますし、私たちの記憶もどこまで鮮明に残っているものかわかりませんが、だからこそ、当時の映像を定期的に見たり、記事にあったような本に目を通して、意識を高めておく必要があると思います。

災害に強い国にするために、建築が出来ることがもっとあると思います。まずは住まいをRC(鉄筋コンクリート)住宅で建てることからご検討ください。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング    ←ご声援を是非!



プロフィール

井上社長

RCdesign のご紹介
スペースの都合で小さい画面になっております。お手数ですが、全画面でご覧ください。
おすすめ
お知らせ
現在リクルート発刊
の『東京の注文住宅』
に弊社が掲載されてい
ます。もう買って頂け
ましたか?
書店で380円ですの
で、是非ご覧になって
下さいね。



専門家を探せる、相談
できるALL About プロ
ファイルに出展してます


全国工務店ブログ広場

一日一度のクリックを
ありがとうございます!
にほんブログ村 住まいブログへ


住まいランキング

ブログランキング

友だち追加

livedoor 天気
QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
住まいづくりの秘訣       無料メールセミナー
住まいづくりをお考えの方が後悔する前に知っておくべき内容を書き下ろしました。失敗しない住まいづくりノウハウを是非お受け取りください。
お名前 ※
E-Mail ※
都道府県 ※

RCdesign公式facebook
ブログ内記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ