住まいはRC(鉄筋コンクリート)にしなさい!

東京で家を建てるならRC(鉄筋コンクリート)住宅。 (株)RCdesign(アールシーデザイン)社長の日記です。

ドローン

いつもありがとうございます。ご愛顧感謝申し上げます。こだわりの一戸建て住宅や2世帯住宅、賃貸併用住宅の安定経営など、住まいに関するノウハウを株式会社RCdesignの代表井上がお届けいたします。

ドローン対応住宅とか。

ドローン対応の家を建てるならRCdesign

晴れの東京です。

そんな今日は朝から資料作成、社内ミーティング、金融機関さんと電話、渋谷区西原計画のお客様とお電話、中野区大和町計画検討、目黒区原町計画検討、杉並区高円寺南計画検討、今川計画検討など。

午後は渋谷区西原計画の現場へ、解体工事視察、その後オーナー様と打ち合わせなど。帰社後は提携会社さんと電話、書類作成、お問い合わせ対応など。夕方は政府機関さんと電話、見積作成、港区南青山計画検討、書類作成、ミーティング、ご近所のお客様宅へ書類お届けなど。

朝晩の冷え込みは厳しいですが、日中は暖かさを感じました。

ではこちら。

ドローン配達サービスが「住宅のデザイン」を変えるとの指摘

近年ではドローンを用いた配達サービスが注目されており、一部の地域ではテスト運用が行われているほか、すでに商用サービスが開始されている地域もあります。そんなドローン配達サービスの実用化に伴う変化が、「住宅のデザイン」にまで及ぶ可能性があるとウォール・ストリート・ジャーナルが指摘しました。

Drones Are Poised to Reshape Home Design - WSJ
https://www.wsj.com/articles/drones-are-poised-to-reshape-home-design-11607194801
2020年12月7日 16時0分 GIGAZINE(ギガジン)

なるほど。

さすがこの分野では先を行っているアメリカですね、ITとAIを駆使した新しい暮らしをどんどん開発提案してくれています。

今日の記事では、ドローンによる宅配サービスが住宅のデザインを変えるという指摘をされていました。

記事によれば、アメリカでは2019年10月からGoogleの関連会社がバージニア州でドローンによる宅配サービスの試験運用を開始していたり、2020年8月にはAmazonのドローン配達サービス「Amazon Prime Air」がアメリカの連邦航空局(FAA)から認可を受けるなど、ドローン配達サービスの展開が着々と進められているそうです。

そんな中で、ウォール・ストリート・ジャーナルは「顧客が自宅で配達物を受け取るための快適なアプローチがない」と指摘していて、依然としてドローンは住宅の裏庭や私道などに配達物を置くしかなく、配達物や顧客に対するセキュリティ上の問題が浮上しているということです。

しかしながら、そこはアメリカです。すでにシカゴに本拠を置く技術系スタートアップ企業では、小売り業者のパッケージからレストランの料理まで、ドローンが配達する幅広い貨物に対応できるドローン配達用ボックスを開発しているそうです。

この宅配ボックスは上面がドローン着陸用パッドとして機能し、着陸したドローンは内部まで運ばれ、荷物を安全に格納することができる仕組みなんだとか。

そして上記会社の社長さんが指摘するのが、将来の建築家はドローン配達サービスの展開を考慮して、窓辺や屋上にドローン用の宅配ボックスを設ける可能性があるということです。

記事にあったのは、すでに新たなテクノロジーが住宅の構造に変化を加えた例として、南フロリダに建設される高級住宅に垂直離着陸機(VTOL機)が離着陸できるスカイポートを組み込む計画があり、スカイポート付き住宅は将来の価格上昇を期待する人々によって購入されているそうです。

とは言え、これまでの歴史を振り返ると、日本においては先進諸外国の技術が全て受け入れられるわけではありません。

今までにも多くの最先端技術や製品が輸入されてきましたが、ほんの一瞬だけ流行ったものや、鳴物入りで市場に投入されたにも関わらず、まったく市場に受け入れられなかったものも、結構ありました。

それはたいてい開発側と一般消費者の間に、いろんな意味でギャップがあることが大きいように思いますが、さらに特有の法規制や生活習慣によって、浸透出来なかったと言うことになってしまうのではないでしょうか。

記事にもありましたが、ドローンの採用によって配達に必要な人員が従来の車を使った配達より少なくなり、道路の混雑や温室効果ガスの排出を削減すると主張する人もいますが、その一方でドローン同士が衝突するのを回避する仕組みを設けたり、ドローンの配備や充電といったロジスティクス上の課題を解決する必要もあるようです。

本当に人類が豊かになるものなら、もちろん大歓迎ですが、何をもって豊かさを感じるかということもあるでしょうし、もしかすると犠牲になることもあるかもしれません。

どんな時代になったとしても、RC住宅なら屋上をドローンの着陸に使うことも可能ですし、環境に優しく長期間使用することが可能です。

そんな適応力の高い住まいなら、RC住宅を是非ご検討ください。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング ←ご声援を是非!



サラリーマン川柳は妻ドローンとか。

東京でヘリテイジな家を建てるならRCdesign

夏日の東京です。

そんな今日は朝から社内ミーティング、お問い合わせ対応、日本橋の不動産会社さんと電話、大工さんと電話、サッシ屋さんと電話、その後朝霞市の現場へ、お客様同伴で現場視察と打ち合わせなど。

午後に帰社後はガス屋さんと電話、お客様とお電話、不動産会社さんと電話、提携会社さんと電話、中区野毛町計画検討、資料作成、お問い合わせ対応、電気屋さん来社打ち合わせ、高田馬場計画検討など。夕方は図面作成、板橋区清水町計画検討、葛飾区新小岩計画検討、弦巻のお客様とお電話、世田谷区奥沢6丁目計画検討、提携会社さんと電話、資料作成など。

夕日が綺麗だったり、お月様が綺麗だったりで、ちょっと得をした気分です。

ではこちら。

サラリーマン川柳、ベスト10発表 - 1位″退職金 もらった瞬間 妻ドローン″

第一生命保険は5月23日、第29回「サラリーマン川柳コンクール」(サラ川)のベスト10を発表した。応募作品数3万9,551句(2015年10月〜12月に募集)の中から2月〜3月、11万2,595票の投票により決定したもの。

ベスト10の結果は、
1位「退職金 もらった瞬間 妻ドローン」(元自衛官/60歳・男性・神奈川県/6,305票)、
2位「じいちゃんが 建てても孫は ばあちゃんち」(川享/73歳・男性・長野県/4,114票)、
3位「キミだけは オレのものだよ マイナンバー」(マイナ/35歳・男性・熊本県/3,881票)、
4位「娘来て 『誰もいないの?』 オレいるよ」(チャッピー/62歳・男性・青森県/3,675票)、
5位「福沢を 崩した途端 去る野口」(サイの京子/25歳・男性・東京都/3,477票)、
6位「カーナビよ 見放さないで 周辺で」(トラ吉ジイジ/72歳・男性・岡山県/2,551票)、
7位「決めるのは いつも現場に いない人」(七色とうがらし/51歳・男性・北海道/2,427票)、
8位「妻が見る 『きょうの料理』 明日もでず」(グルメ老/66歳・男性・福島県/2,358票)、
9位「ラインより 心に響く 置手紙」(豆電球/60歳・男性・茨城県/2,189票)、
10位「愛犬も 家族の番付 知っている」(ワンワンマン/45歳・男性・和歌山県/2,060票)。
2016年5月23日 15時46分 マイナビニュース

なるほど。

今年もなかなかの力作が揃ったようです。

それにしても、ドローンとドロンを掛けるとは、なかなかのセンスながら通用する年代がかなり限られると思うんですけど、やっぱり作者の年齢を見たら、60歳ということでした。

まさか今でも、打ち合わせを途中でドロンする、と言うような使い方をする人はいないと思いますが、それでも今回1位になるくらいですから、それ相応に認知度はまだまだ健在ということのようです。

反面その内容はあまりにも悲しいというか、自虐にもほどがあるくらい、悲哀を感じずにはいられません。

まさかとは思いますが、中には本当に奥様にドロンされたという先輩もいらっしゃるんでしょうかね。これを教訓に我々男性陣は、ドロンされないように最善を尽くすしかありません。

2位の作品もこれまた何とも寂しい気持ちになってしまいますが、弊社としてはおじいちゃんの建てた家を孫の代まで使って頂くことを目指していますので、ここもおばあちゃんと仲良くして頂けることを願わずにはいられません。

今回もすべての作品が流行を上手く活用しながら、男の哀愁というか自虐を盛り込みながらの作品が評価されたようですが、作者の方々の年齢層が結構高めなのにはちょっとビックリしました。

もちろん作者さんの人生経験もあるでしょうけど、反面これだけ流行や時事ネタにも精通しているという点では、日頃からアンテナを伸ばし、勉強をされていることと思いますので、見習う点も多いように思います。

そんな中、私的にあるあると感じたのは6位のカーナビで、自家用車のカーナビも古い機種がそのままになっていて、たまに初めて行く場所の住所を入力してナビゲーションしてもらうんですけど、え〜ここで終わり!という場所で見放される時があります。

最近のカーナビですと、本当に玄関前まで行けるくらい制度が高く細かな道路まで考慮して案内してくれますが、古いカーナビですと目的地周辺地域で案内が終わるということが結構ありますね。

もちろん内蔵されている地図のデータも古いままですので、実際に新しい道路を走っている時でも、野原の真ん中を走っているような表示になっていることも結構多いです。

やはり情報機器は新しいモノの方が良いと思います。

毎年のことながら、日々の暮らしを味わいながら、感度の良いアンテナを持ち、ヘリテイジと流行を取り入れた生活を心がけたいと思いました。

ヘリテイジとトレンドを両立させる家を建てるなら、鉄筋コンクリート(RC)住宅がオススメです。

それでは。

今日もありがとうございます。

 ←ご声援をよろしく。
人気ブログランキングへ 



プロフィール

井上社長

RCdesign のご紹介
スペースの都合で小さい画面になっております。お手数ですが、全画面でご覧ください。
おすすめ
お知らせ
現在リクルート発刊
の『SUUMO注文住宅 東京で建てる』
に弊社が掲載されてい
ます。もう買って頂け
ましたか?
書店で380円ですの
で、是非ご覧になって
下さいね。



専門家を探せる、相談
できるALL About プロ
ファイルに出展してます


全国工務店ブログ広場

一日一度のクリックを
ありがとうございます!
にほんブログ村 住まいブログへ


住まいランキング

ブログランキング

友だち追加

QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
住まいづくりの秘訣       無料メールセミナー
住まいづくりをお考えの方が後悔する前に知っておくべき内容を書き下ろしました。失敗しない住まいづくりノウハウを是非お受け取りください。
お名前 ※
E-Mail ※
都道府県 ※

RCdesign公式facebook
ブログ内記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ