住まいはRC(鉄筋コンクリート)にしなさい!

東京で家を建てるならRC(鉄筋コンクリート)住宅。 (株)RCdesign(アールシーデザイン)社長の日記です。

ハウスダスト

いつもありがとうございます。ご愛顧感謝申し上げます。こだわりの一戸建て住宅や2世帯住宅、賃貸併用住宅の安定経営など、住まいに関するノウハウを株式会社RCdesignの代表井上がお届けいたします。

給気口や吸気口お掃除のススメ。

東京で快適な家を建てるならRCdesign

曇り空の寒い東京です。

そんな今日は朝から新宿の不動産会社さん来社打ち合わせ、お問い合わせ対応、高島平の不動産屋さんと電話、豊島区西巣鴨計画検討、書類チェック、蓮根リノベ計画検討など。

午後は文京区向丘でご検討のお客様にご来社頂き打ち合わせ、ありがとうございます。出版社さんと電話、面接、高田馬場計画検討、書類作成など。夕方はシステムメンテナンス、原稿作成、お問い合わせ対応、

夜には雨になり、冷え込みが厳しくなってきました。

ではこちら。

実はハウスダストの温床「壁の穴=吸気口」、どう掃除すればいい?

夏に繁殖のピークを迎えるダニ。秋にはその死骸やフンがハウスダストとなって、家じゅうにたまっています。

窓や扉を閉めきりがちになる冬が来る前に、まずは室内からハウスダストを一掃しておく必要が! 「リビングなどに多い空気の出入り口は、特にお手入れしておきたい所です」と、人気掃除ブロガーの東いづみさん。

中でも見逃しがちなのが、壁についている「吸気口」だとか……。
2016年11月6日 20時0分 レタスクラブネット

なるほど。

さすがに目の付け所が素晴らしい記事です。

記事では吸気口という表記になっていますが、給気口だったり、換気口だったり、もしくはレジスターと呼ぶ場合もありますので、迷われてしまうかもしれません。

でもこれら全てほぼ同じものと思っていただいても差し支えないと思います。その機能は屋外の新鮮な空気を建物の中に取り入れるためのものですね。

現代の住宅であれば、間違い無く設置されているはずですが、中には家具や家電製品の裏になってしまっている場合もありますので、そこにあることを忘れられてしまっていることもあるでしょう。

しかし、この給気口という部品は今の建物ではとても大切な部品ですので、必ず定期的な点検と清掃を行い、正常に作動していることを確認してください。

本来ならばこの部品にも取扱説明書が添付されていたはずなんですけど、もし見当たらない場合でも一般的な機種であれば、フタの部分を取り外して水洗いが可能です。

さらに内部にネットやフィルターが設置されている場合は、これを取り外して水洗いをしましょう。もし破損していたり、汚れがひどい場合は交換することも可能です。

以前の建物に比べて、現代の建物では気密性と断熱性が高められていますので、想定外の場所からすきま風が入ってくるようなことはありませんが、その分この給気口が唯一重要な空気の取り入れ口となるわけです。

それゆえに汚れも集中してしまうということがあると思いますが、汚れが拡散されるよりはお掃除も楽だと思いますので、ここはご面倒でもしっかりと対応して欲しいところです。

また、もしかするとこれからの季節では、この給気口から入ってくる冷たい空気を嫌い、フタを閉めてしまっているご家庭も稀に見受けられますが、これはとても危険な状態ですので、必ずフタを開けて使用してください。

どうしても冷たい空気が気になる場合は、給気口の前に暖房器具を置いたり、家具などを置くなどすると感じにくくなりますのでお試しください。

最近はホームセンターなどで、この給気口用のフィルターが各種販売されていて、花粉やPM2.5に対応出来るものもあります。既存が防虫網程度の場合や、アレルギー体質のご家族がいる場合には、お掃除と同時にフィルターのグレードアップをしてみるのも良いと思います。

是非この機会にチェックしていただき、快適で健康的な暮らしを維持してください。よろしくお願い申し上げます。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキングへ       ←クリックをどうかひとつ。     



敏感肌とハウスダストとか。

ブログネタ
RC住宅を建てよう! に参加中!
東京で健康住宅を建てるならRCdesign

猛烈な暑さの東京です。

そんな今日は朝から徳丸計画検討、図面作成、その後法務局へ、書類受け取りなど、その後和光市のお客様へ書類お届けと打ち合わせなど。

午後は世田谷区奥沢計画のお客様とお電話、徳丸6丁目計画のお客様とお電話、業者さんと電話、鉄道会社さんと電話、北新宿計画検討、横浜市中区計画検討、資料作成など。夕方は書類チェック、水道屋さん来社打ち合わせ、各種段取りなど。

記録更新とシーズン一番の暑さでしたね。それも今日までです。きっと、たぶん、明日からは秋のはず。

ではこちら。

敏感肌の大敵! ハウスダスト対策

ストレスがたまると肌荒れしがちですが、家がリラックスできない状態だと、せっかく家に帰っても心からくつろぐことができません。

また肌荒れ中の敏感になった肌に、ハウスダスト等の異物が触れると肌の炎症がなかなか引かないことも。まだまだ暑い日が続くので、家にいる期間を利用し、ストレス解消も兼ねてお家の中をしっかりお掃除してしまいましょう。
2015年8月7日 11時2分 web R25

なるほど。

女性を中心に、ハウスダストによって肌のトラブルを起こしてしまうことがあるんですね。

そういう私も見た通りの敏感肌で、ハウスダストや雑草、カビなどにも敏感に反応してしまうんです。

もちろんこれが花粉症などの鼻炎にもつながりますので、肌の調子だけではなく、体調全体のためにも家のお掃除は結構大事です。

そんなハウスダストをためないようにするには、やはりこまめな掃除が必要なんですが、今日の記事ではそんなお掃除をお仕事の忙しい方でもしっかりと出来る方法が紹介されていました。

日頃は何かと忙しいですから、「休日にたまった家事をやっつける」という考えの方も多いと思います。しかし毎日1時間、(朝30分、夜30分)程度の時間を掃除に割けば、いざというときの大掃除が必要ない快適な部屋で暮らせます。

1週間の内、掃除にかける時間が7時間あるとしたら、それを一日1時間ずつ振り分けてしまうということです。たまった家事を、休日一日で片付けようとすると、その日に急な予定が入ってつぶれてしまった場合、翌週には2週間分の埃や汚れと戦う必要が出てきてしまいますからね。

そうなると当然汚れがこびりつき、簡単な掃除では取れなくなってしまうこともあるでしょう。ストレスやハウスダストで肌荒れが気になってきたら、日々の疲れがしっかりとれる、くつろぎの家づくりから始めてみましょう。

やっぱり毎日少しずつというのが大切で、これならまとまった埃が出ませんから、クイックルワイパーなどの簡単な掃除だけでも、部屋がきれいに保ちやすくなります。

いつもはお掃除ロボットに任せておいて、床以外の部分に時間を割くという方法もありますね。

最近では100円ショップでもアイデア掃除用品が手に入りますので、少しでも家事が楽になる掃除用具を探しておけば、より楽しくお掃除出来るのではないでしょうか。

肌荒れや体調不良、ストレスを癒やすために肝心なのは、体も心もくつろげる居場所作りです。夏休みでまとまった時間が取れる時期ですので、少しでもそんな症状を感じたら、お掃除の仕方と住まいの環境づくりを検討してみましょう。

もし、より良い住環境をお探しなら、是非お気軽にご相談ください。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキングへ   ←クリックを是非!



ハウスダスト防止には・・・

ブログネタ
RC住宅を建てよう! に参加中!
東京で健康的な住まいを建てるならRCdesign

良い天気で清々しい東京です。

そんな今日は朝から渋谷区恵比寿2丁目計画検討、お問い合わせ対応、提携会社さんと電話、信用金庫さん来社、サッシ屋さん来社打ち合わせ、世田谷区代田計画のお客様とお電話、蓮根歯科医院計画検討など。

午後は図面作成、関連会社社長と電話、世田谷区上馬計画検討、補修業者さん来社打ち合わせ、厚木計画検討など。夕方は港北ニュータウンでご検討のお客様にご来社いただき打ち合わせ、建材メーカーさんと電話、文京区向丘計画検討、ミーティングなど。

梅雨の中休みと言った感じの気持ちいい陽気でしたね。

ではこちら。

ハウスダストアレルギー防止のために、生活家電を活用してダニの最繁殖シーズンを乗り越えろ

関東地方も例年より早く梅雨入りし、ジメジメと過ごしにくい日々がやってきた。気温と湿度が増し、蒸し暑さが厳しくなってくると、一般的には食品などへの“カビ”への対策に意識が向くところだが、ここで見落としがちなのが“ダニ”への対策。ダニの繁殖最盛期は梅雨のシーズンから夏場と言われており、今この時期からのダニ対策が非常に重要なのだ。

● アレルギーの原因となるダニアレルゲン、梅雨から夏場の対策が最も重要

では、なぜこの時期のダニ対策が重要なのか。ダニの繁殖を放置すると人の身体にも大きな影響を与える可能性が潜んでいる。

生きているダニや、ダニのフン、死骸などは“ダニアレルゲン”といハウスダストアレルギーの主要な原因物質と言われている。十分なダニ対策をしないまま梅雨から夏の大量繁殖を許し、そのまま秋を迎えて寿命で死んだダニの死骸やフンなどがハウスダストとして大量飛散することで、ハウスダストアレルギーを引き起こすきっかけとなってしまうのだ。
インターネットコム 2013年05月31日11時30分

なるほど。

ご家族の中にぜんそくや慢性鼻炎、アトピーなどの症状でご苦労をされている方も多いのではないでしょうか。

我が家もアレルギー体質な私の遺伝からか、子ども達も確実にアレルギー体質のようですので、花粉はもちろん、なるべくならアレルギーの原因になるものは避けたいと思います。

記事にもあるように、ダニが増殖する諸条件が完璧に揃っているのがこの梅雨から夏場の季節なんです。この時期にアレルギーの原因であるダニを増やさないことが、ハウスダストの発生とアレルギーの抑制にとって重要な対策になるということですね。

自宅の中で最もダニが繁殖しやすい場所といえば、布団、マットレス、枕などの「寝具」、人がよく座る「ソファー・座布団」、そしてカーペット、カーテンなどの布製品、ぬいぐるみや畳などには注意が必要です。
 
ここで注意していただきたいのですが、なるべくなら殺虫剤のような薬剤は極力使用するのは避けてください。

どんなに少量でも、また自然素材といえども、殺虫剤で全く無害のものは無いと思いますし、効き目が強ければ強いほど毒性も高くなりますから、本末転倒になってしまいますね。

被害が大きければ殺虫剤を使わなくてはならない場合も当然ありますが、基本的には殺虫剤を使うよりも、ダニが発生しないように、予防措置を講じることが最優先になります。

一番お手軽な対策としては、やはり天日干しや布団乾燥機を活用することでしょうか。ダニの繁殖・活動しづらい環境(温度20度〜25度、湿度50%以下)を保つことで、ダニが住みにくい環境を作ることが出来ます。

そういえば、何週間か前に見かけた掃除機は、お布団専用で、ハウスダストの除去率が99%とか言う商品だったと思いますので、そんな商品を探して使ってみるのも良いかもしれません。

ハウスダストも、通常では目に見えないものがほとんどですが、アレルギー体質の人に限らず確実に悪影響を及ぼします。神経質になる必要はありませんが、出来る限りの対策をしたいものです。

住まいで健康に暮らしたいなら、是非お気軽に弊社までご相談ください。
 
それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキングへ ←応援のクリックをどうかひとつ!



プロフィール

井上社長

RCdesign のご紹介
スペースの都合で小さい画面になっております。お手数ですが、全画面でご覧ください。
twitter
brogram

おすすめ
お知らせ
現在リクルート発刊
の『東京の注文住宅』
に弊社が掲載されてい
ます。もう買って頂け
ましたか?
書店で380円ですの
で、是非ご覧になって
下さいね。



専門家を探せる、相談
できるALL About プロ
ファイルに出展してます


全国工務店ブログ広場



一日一度のクリックを
ありがとうございます!
にほんブログ村 住まいブログへ

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン

ブログランキング
livedoor 天気
QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
Amazon




住まいづくりの秘訣       無料メールセミナー
住まいづくりをお考えの方が後悔する前に知っておくべき内容を書き下ろしました。失敗しない住まいづくりノウハウを是非お受け取りください。
お名前 ※
E-Mail ※
都道府県 ※

RCdesign公式facebook
ブログ内記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
チーム・マイナス6%