住まいはRC(鉄筋コンクリート)にしなさい!

東京で家を建てるならRC(鉄筋コンクリート)住宅。 (株)RCdesign(アールシーデザイン)社長の日記です。

ヒント

いつもありがとうございます。ご愛顧感謝申し上げます。こだわりの一戸建て住宅や2世帯住宅、賃貸併用住宅の安定経営など、住まいに関するノウハウを株式会社RCdesignの代表井上がお届けいたします。

スウェーデンに学ぶハッピーライフとか。

東京でハッピーな家を建てるならRCdesign

くもり時々雨の東京です。

そんな今日は朝から北区王子方面へ、帰社後は日野市計画検討、図面作成、和光市下新倉計画検討、図面作成、塗装屋さんと電話、蓮根の歯科医院さんと電話、システムメンテナンスなど。

午後からは提携会社さん来社打ち合わせ、見積作成、お問合せ対応、荒川区西日暮里計画検討、図面作成、資料作成など。夕方は目黒区のリフォーム工事計画検討、書類作成、ミーティングなど。

すっきりしない空模様ですが、まあそれはそれで良しとしましょう。

ではこちら。

世界一幸せな国スウェーデンに学ぶハッピーライフのヒント6つ

北欧諸国というと、ゆったりとしたライフスタイルを楽しんでいるイメージが強いですよね。いつも慌ただしくあくせく働いている日々を日本で過ごしていると、そんな生活が羨ましく思われます。そこで今回は世界一幸せな国とも呼ばれるスウェーデンに、ハッピーライフのヒントを学んでみたいと思います!

スウェーデンに学ぶハッピーライフ
1. 観葉植物・生花・家庭菜園・日常の中に自然をうまく取り入れる
自宅こそ最高にリラックスできる癒しの空間であること、これがハッピーライフの大きな秘訣。だからこそインテリアにこだわりますが、その一つが自然のエレメントを取り入れること。
2018年10月10日 23時0分 Googirl

なるほど。

日本にも北欧のライフスタイルに憧れを持っている人は多いと思いますが、そうでもないという人も家具やインテリア、ファッションに北欧を取り入れている人は以外と多いのではないでしょうか。

ここであまり哲学的なことをお話しするつもりはないんですけど、それでも何かしらのヒントになればと思いますので、参考にして頂けると幸いです。

もちろん何を持って幸せかという部分は人によって違うものですし、それぞれにライフスタイルが違っていいと思いますが、現代の日本人がより一層幸せを感じることが出来るとしたら、まだまだ学べることも多いと思います。

これまでにも、当ブログではスウェーデンに関する記事を何度か書いた記憶がありますが、スウェーデンには「lagom(ラーゴム)」と呼ばれる概念があり、「多すぎず少なすぎず、ちょうどよい」という意味で、物質主義や消費主義とは反対の、適度で節度あることをよしとする考え方が国民に浸透しているそうです。

また、以前には買い換えよりも修理をして使い続けることを推奨するような税制を取り入れるとのことでしたが、そんなお話しを聞いていると、なんとも成熟した人達が社会を作っているものだと感心してしまいます。

同様に同じ北欧のデンマークでは、デンマーク語のヒュッゲ(hygge)という言葉が有り、それを大切にしているそうですが、これは「すてきな時間を過ごす」や「幸せを感じる心地よいことや時間」という意味で、これもまた見習いたいものだと思います。

さて、記事にあったその他のヒントは以下の五つです。

2. 部屋に家具をつめ込みすぎず、“余白”を空間に生み出す
3. ごちゃごちゃしたワードローブは運気を下げる、アイテムは厳選してキープする
4. 1日の満足感は朝で決まる、ちょっと早起きして時間に余裕を持ってスタート!
5. 週末のうち1日は予定を入れず、自分のバランスを取り戻すために使う
6. “幸せ”になるためにあくせくしない、リラックスした態度を忘れないようにする

どれも実行出来れば、確かにハッピーになれそうなもので、理解はするものの、やはり現状出来ていないという人も多いと思います。

記事にもありましたが、「私は他人と比べて幸せかどうか」という思いに強迫観念のように憑りつかれている人ほど、SNS中毒になったり、激しい自己嫌悪感に襲われやすくなったりするそうです。

今の時代は余計に難しいことかもしれませんが、幸せの定義を決めるのはあくまでも自分です。

日本だって、家族を大切にし、お茶飲み仲間がいたり、地域のコミュニティーではお祭りなどの祭事もあり、身の丈に合ったハッピーを感じていた時代があったはずです。

多くの先人達が言われているように、幸せは手に入れたりなるものではなく、感じるものだということがわかるようになると、ハッピーな時間が増えることになるのではないでしょうか。

日本人がハッピーを感じられる家を、RC住宅で実現します。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング ←ご声援を是非!



風邪を引きにくくする住まいのヒントとか。

東京で健康的な家を建てるならRCdesign

晴れて日中は寒さ緩んだ東京です。

そんな今日は朝から社内ミーティング、提携会社さんと電話、その後赤塚、成増方面のお客様へお届けもの、帰社後は図面作成、書類作成など。

午後は商社さんと電話、文京区大塚3丁目計画検討、図面作成、豊島区西巣鴨計画検討、地盤調査会社さんと電話、商社さん来社打ち合わせ、高田馬場計画検討、お問い合わせ対応など。夕方からは池袋方面へ、信用金庫さんと忘年会出席など。

日差しの暖かさを感じることができましたね。今週も張り切って参りましょう。

ではこちら。

風邪を引きにくくする住まいにするための3つのヒント

住まいの環境を「風邪にとっておあつらえ向き」にしないために
冬本番。身の回りに風邪引きさんが増えてくると、「我が家も気をつけなくちゃ」と緊張感が走りますね。またもうすでに風邪気味、風邪を引いてしまったという方や家族のいる方がいる場合、どうしたら家族に伝染させないで済むか気を揉みます。

と同時に、引いてしまった風邪を癒すのも、風邪にかからないよう身体を休ませるのも「我が家」。つまり住まいの環境を「風邪にとっておあつらえ向き」にしないためには、どのような工夫が必要なのでしょうか?
2016年12月18日 21時45分 All About

なるほど。

すでに弊社スタッフの家庭でも子どもの学校が学級閉鎖になったとか、インフルエンザやノロに感染したという報告が多くなってきましたが、皆さんのまわりでも体調を崩されている方が多いのではないでしょうか。

私も経験があるのですが、子ども達がまだ小さい頃は、保育園や小学校で流行っている風邪をほぼ全て、丁寧に持ち帰ってきてくれていました。

その結果、子ども達が復帰する頃になると、親にも感染してしまうというケース。もちろん私の体力不足もあったのだと思いますが、今考えるとその頃の住まい環境もひとつの原因だったように思います。

当時は築30年くらいの木造住宅に暮らしていましたが、それはもうスキマ風もあり、薄いガラスは常に結露でびっしょりという環境でしたから、朝に目が覚める頃にはほぼ外気温と同等の室温になっていました。

しかしながら、これからのシーズンでは受験やイベントなども多く、なるべくなら風邪を引かずに済ませたいと思いますし、もし仮に感染してしまったとしても、なるべく短時間で復帰できるような環境があれば、家族みんなのお役に立てるのではないでしょうか。

そこで、今日の記事では風邪が咽喉や鼻などの呼吸器に炎症を起こすことが多いということから、風邪を引きにくい住まいを目指すには、呼吸する空気、「住まいの空気」に注意をしましょうということ。

実際に風邪を引きにくくする住まいにするには3つのことに注意する必要があります。
 
まずはお部屋の気温・湿度は「適度」になっているかという点。
一般的に湿度が上がるほど、体感する温度は高く(暑く)なります。一説によれば相対湿度が10%上昇すると、体感温度も1度上がるとのことですので、暖房しているのに寒さを感じるようなときには、その部屋の湿度をチェックしてみましょう。

今の季節だと外気が相当乾燥している場合も多く、知らず知らずのうちに住まい内の空気も乾燥していることが多いので、注意が必要ですね。エアコンなど暖房器具の設定温度は18〜20度。湿度は50〜60%を目安に、大きく変動しないよう調節しましょう。

ただし、何度もお伝えしているように、適度ということが大切で、過剰な暖房や加湿を行うと、かえって身体に負担がかかってしまったり、カビやダニの繁殖を促してしまうなどのデメリットもあります。

二つ目は部屋のホコリは低きに溜まるということ。
「ホコリで死にはしない」という都市伝説もありますが、ホコリが呼吸器を傷めるというのも周知の事実ですし、ホコリと同時にウイルスや細菌を吸い込んでしまうのも心配です。住まいのホコリは、出入りや動きのない状態では床に直接積もり、その上十数センチの空気中にも滞留しているということ。

やはり風邪を予防するためには、ホコリをなるべく吸わないようにする方が良いですね。直敷きの和フトンなどでの就寝より多少でも高さを設けての(ベッドなどでの)就寝の方がより安心ということです。

そして三つ目は換気は晴れの日も雨の日も有効だということです。
通常住まいの空気を換気しましょう、といったときは晴天の昼間を想像してしまうものではないでしょうか。もちろん晴天の昼間に換気するのは問題はありませんが、昼間は在宅していないことも多く、たまの休日も雨だったという理由で、換気を控える必要はありません。

晴れの日は、外気が乾燥気味であるという風邪対策としては、ややデメリットがある反面、日光の紫外線で晒された空気はインフルエンザ・ウイルスなどまで殺菌されているという心強いメリットが期待できます。

雨や曇りの日は比較的湿度が高く、そのために住まいの換気には不向きのように思われますが、こと風邪シーズンには天然の加湿器となります。家族が風邪を引いている場合、休んでいる部屋にはそのウイルス等がたくさん漂っていることが考えられますので換気は必須です。

雨の日だからと手控えることはせず、むしろ適切に換気しましょう。10分も窓を開けておけばおおよそ空気が入れ替わると思います。もちろん24時間換気は年中無休で必ず稼働させておいてくださいね。

風邪を引きにくく、身体を休めるのに良い住まいなら、RC(鉄筋コンクリート)住宅がオススメです。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキングへ       ←クリックをどうかひとつ。



プロフィール

井上社長

RCdesign のご紹介
スペースの都合で小さい画面になっております。お手数ですが、全画面でご覧ください。
おすすめ
お知らせ
現在リクルート発刊
の『東京の注文住宅』
に弊社が掲載されてい
ます。もう買って頂け
ましたか?
書店で380円ですの
で、是非ご覧になって
下さいね。



専門家を探せる、相談
できるALL About プロ
ファイルに出展してます


全国工務店ブログ広場

一日一度のクリックを
ありがとうございます!
にほんブログ村 住まいブログへ


住まいランキング

ブログランキング

友だち追加

livedoor 天気
QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
住まいづくりの秘訣       無料メールセミナー
住まいづくりをお考えの方が後悔する前に知っておくべき内容を書き下ろしました。失敗しない住まいづくりノウハウを是非お受け取りください。
お名前 ※
E-Mail ※
都道府県 ※

RCdesign公式facebook
ブログ内記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ