住まいはRC(鉄筋コンクリート)にしなさい!

東京で家を建てるならRC(鉄筋コンクリート)住宅。 (株)RCdesign(アールシーデザイン)社長の日記です。

フレディ

いつもありがとうございます。ご愛顧感謝申し上げます。こだわりの一戸建て住宅や2世帯住宅、賃貸併用住宅の安定経営など、住まいに関するノウハウを株式会社RCdesignの代表井上がお届けいたします。

フレディーの展示会とか。

音楽好きの家を建てるならRCdesign

晴れの東京です。

そんな今日は朝から資料作成、蓮根の歯科医院さんへ現調と打ち合わせ、帰社後は資料作成、出版社さんとオンラインミーティングなど。

午後は社内ミーティング、渋谷区西原計画検討、水道屋さんと電話、関連不動産会社さん来社打ち合わせ、板橋区西台計画検討、世田谷区三宿計画検討、資料作成など。夕方はお問い合わせ対応、書類作成、渋谷区桜丘計画検討、文京区白山計画検討、ミーティングなど。

朝晩はまだまだ寒いですね。くれぐれも暖かくしてお過ごしください。

ではこちら。

「フレディ・マーキュリーが愛した日本と文化×栗田美術館」展 足利市にて開催

2月9日(火)より、栃木県足利市の栗田美術館にて、『ミュージック・ライフが見たクイーン 「フレディ・マーキュリーが愛した日本と文化×栗田美術館」』が開催される。

世界的なロックバンド「クイーン」のボーカリストだったフレディ・マーキュリーは、ロックスター然としたプライベートライフで知られたが、中でも有名だったのがアート作品のコレクションだ。
2021年2月9日 17時0分 太田出版ケトルニュース

なるほど。

今日の話題は趣味系のものになりますので、ご興味のない方にはまたのご来場をお待ちしております。

さて、フレディ・マーキュリーの姿を描いた映画『ボヘミアン・ラプソディ』が公開されて大ヒットしてから、早いもので2年が経ってしましました。

あの映画のおかげで、新たにクイーンのファンになった人も多かったようですし、若い世代の人達にも興味を持って頂き、知ってもらえたことが嬉しかったです。

最近でもCMやテレビ番組のBGMなどに使用されることも多く、口ずさむこともあると思いますので、まだまだ楽しむことが出来そうです。

さて、記事で紹介されていたのは、フレディのコレクションを展示するイベントが開催されるということです。

ファンの方にはご存知の通り、イギリスにあった城のような大豪邸には、絵画、彫刻、アンティーク家具、骨董品が所狭しと飾られ、来日する度に、着物、浮世絵、陶器、茶碗、屏風、日本刀などを購入し、日本文化をこよなく愛したフレディは錦鯉を飼い、自宅には畳や火鉢まであったということが知られています。

今回の展覧会では、そんなフレディが愛した日本文化と陶磁器の魅力を紹介するものということで、フレディは1986年にプライベートで来日した際、陶磁器専門の美術館である栗田美術館を訪ねたことは、ファンの間では有名なエピソードとなっていました。

記事によれば、会場ではクイーンと日本のヒストリー・パネルやお宝アイテムなどを展示し、フレディの足跡を辿りつつ、日本古来の陶磁器である伊萬里焼、鍋島焼の歴史を紹介したり、フレディが来館した時と同じコースをたどる展示イベント、実物大のフレディ像によるお出迎え、トークイベントなどが予定されているそうです。

この『ミュージック・ライフが見たクイーン「フレディ・マーキュリーが愛した日本と文化×栗田美術館」』は、2021年2月9日(火)〜3月7日(日)まで、栗田美術館(栃木県足利市駒場町1542 JR「富田駅」「あしかがフラワーパーク駅」徒歩10分)にて開催。開場時間は10:00〜16:30。月曜定休。入場料は一般1250円ということです。

これはもしかすると、必要かつ急を要することになりそうですので、スケジュールを調整してお伺いした方が良いかもしれません。

もちろん必要な対策を忘れることのないように、密を避けつつ、スタンスを保ちながらの行動を心がけてください。

またDVDを見たくなりました。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング←応援お待ちしております!



『ボヘミアン・ラプソディ』11月公開とか。

東京で音楽好きの家を建てるならRCdesign

晴れの東京です。

そんな今日は朝から書類作成、信用金庫さんと電話、お問合せ対応など、その後大手町方面へ、お客様と打ち合わせなど、ありがとうございます。

午後からは高田馬場へ、会合出席、夕方帰社後は葛飾区新小岩計画のお客様とお電話、設備屋さんと電話、練馬区上石神井計画検討、書類作成、中野区大和町計画検討、ミーティング、その後商店会会合出席など。

いやはや、イニエスタのヴィッセル神戸への移籍加入が正式に発表されました。活躍が楽しみです。

ではこちら。

フレディ・マーキュリーを描く『ボヘミアン・ラプソディ』11月公開へ!初映像到着

伝説のロックバンド「クイーン」のメンバーで、1991年に惜しくもこの世を去ったフレディ・マーキュリーの姿を描いた映画『ボヘミアン・ラプソディ』が、11月に日本公開されることが決定。あわせて、特報映像と日本版ビジュアルが到着した。

■伝説のバンド「クイーン」の音楽を唯一超える、“彼”の物語がいま、明かされる――
レディー・ガガが「史上最高の天才エンターテイナー」、ケイティー・ペリーが「いまも最も影響を受けている」と称賛する「クイーン」のリード・ヴォーカル、フレディ・マーキュリー。どうやってフレディは、世間の常識や既成概念に逆らい、従来の音楽を打ち破り、地上で最も愛されるエンターテイナーになったのか? なぜ愛と孤独、プレッシャーに引き裂かれたのか? 20世紀最大のチャリティコンサート“ライブエイド”で音楽史に残る史上最高のパフォーマンスを披露した彼らの華やかな活躍の裏では、誰も知らなかったストーリーが…。
2018年5月24日 14時30分 cinemacafe.net

なるほど。

ちょっと前にSNSなどでは、海外の情報としてすでに公開されていましたが、ようやく日本でも公開されることが発表されたようです。

もちろん世代の違う方や趣味の異なる方には、全く興味の湧かない内容かもしれませんが、同世代の方で当時をご存じの方には、きっとワクワクして頂けるのではないでしょうか。

それでは早速その届いたビジュアルをご覧ください。



いや〜、ワクワクしますね。

当時のことを思い出してしまうのはもちろん、さらに一層新鮮に感じるのは、その完成度の高さなのではないでしょうか。

当時の映像では、日本でのライブ映像もあるそうですので、もしかしたらひょっこり映っている可能性も無くはないと、ちょっと期待しています。

それにしても、クイーンを演じる俳優さん達が絶妙なキャスティングで、当時の映像と上手くシームレスで楽しめるのではないでしょうか。

記事によれば、本作で音楽総指揮を務める1人、「クイーン」のリードギターとして知られるブライアンは、「完成した映画を観て、ワクワクしている。これは伝記映画ではなく、硬い岩から掘り出されたような、純粋なアートだ。家族や人間関係、希望に夢、悲嘆や失望、そして最後には勝利と達成感が、誰にでも共感できるような物語として描かれている」とコメントしていたそうです。

また一つ楽しみが増えてがんばれそうですが、これも音響設備の整った映画館で見たいですし、その後はお宝DVDとして、自宅でも鑑賞したいと思います。

ご自宅で映像と音楽を楽しみたいなら、住まいはRC(鉄筋コンクリート)住宅がオススメです。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング    ←ご声援を是非!



プロフィール

井上社長

RCdesign のご紹介
スペースの都合で小さい画面になっております。お手数ですが、全画面でご覧ください。
おすすめ
お知らせ
現在リクルート発刊
の『SUUMO注文住宅 東京で建てる』
に弊社が掲載されてい
ます。もう買って頂け
ましたか?
書店で380円ですの
で、是非ご覧になって
下さいね。



専門家を探せる、相談
できるALL About プロ
ファイルに出展してます


全国工務店ブログ広場

一日一度のクリックを
ありがとうございます!
にほんブログ村 住まいブログへ


住まいランキング

ブログランキング

友だち追加

QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
住まいづくりの秘訣       無料メールセミナー
住まいづくりをお考えの方が後悔する前に知っておくべき内容を書き下ろしました。失敗しない住まいづくりノウハウを是非お受け取りください。
お名前 ※
E-Mail ※
都道府県 ※

RCdesign公式facebook
ブログ内記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ