住まいはRC(鉄筋コンクリート)にしなさい!

東京で家を建てるならRC(鉄筋コンクリート)住宅。 (株)RCdesign(アールシーデザイン)社長の日記です。

ブルーライト

いつもありがとうございます。ご愛顧感謝申し上げます。こだわりの一戸建て住宅や2世帯住宅、賃貸併用住宅の安定経営など、住まいに関するノウハウを株式会社RCdesignの代表井上がお届けいたします。

デジタル時差ボケとか。

新しい家を建てるならRCdesign

晴れの東京です。

そんな今日は朝から法務局へ書類受け取りに、その後金融機関へ、帰社後は西日暮里のお客様とお電話、税理士さんと電話、書類作成、お問い合わせ対応、ガス会社さんと電話など。

午後は書類作成、信用金庫さん来社、渋谷区計画のお客様とお電話、ありがとうございます。塗装屋さんと電話、渋谷区計画検討、お問い合わせ対応、資料作成、郵便局へ、港区南青山計画検討、資材発注など。夕方は原稿チェック、渋谷区計画検討、ミーティングなど。

今日は蚊を1匹殺生してしまいました。ごめんなさい。

ではこちら。

2人に1人がブルーライトで″時差ボケ″ - メガネの「Zoff」調査

メガネブランド「Zoff」を運営するインターメスティックは5月28日、ブルーライトが目などの体に与える影響について行った調査結果を公表した。

調査によると、2人に1人がスマホなどの光によって「デジタル時差ボケ」に陥っているという。
2020年5月28日 21時37分 マイナビニュース

なるほど。

デジタル時差ボケとは、ちょっと新しい言葉かもしれませんね。

今のご時世では、在宅勤務やオンライン学習などもあり、時代的にはどうしてもデジタル機器に接する時間が長くなっていますので、何らかの対策が必要な気もいたします。

現代人の生活を考えれば、仕事や勉強でパソコンの画面を見ていますし、さらにスキマ時間ではもちろんスマホを操作し、くつろぎタイムにテレビを見ますと、ほぼ一日中ブルーライトにさらされていると言うことになりますね。

我が家の大学生は恐らく目が覚めてから寝るまで、スマホを見ているのではないかと思いますが、その結果が夜更かしと朝寝坊を助長しているのでしょうか。

これも新しい生活様式かもしれませんが、人間の健康に影響するようなものだとすれば、決して喜ばしいものではないように思います。

記事によれば、この調査を行った背景として、在宅勤務や休校措置などの増加に伴い、電子機器との接触時間も急増していると指摘していました。

調査はビジネスマン500人と小学生の子どもを持つ親500人の合計1,000人を対象に、電子機器の使用状況や生活習慣、健康状態について調査を実施したということです。

調査の主な結果としては、2人に1人がブルーライトの浴びすぎによる昼夜逆転状態である「デジタル時差ボケ」状態に陥っていることが判明したそうで、この他にも寝る前にベッドでスマートフォンを見ると回答した20代の男女は約9割という高い割合に上り、多くの人がデジタル時差ボケのリスクに晒されていることが分かったそうです。

監修した眼科医の先生は、「デジタルデバイスの使い過ぎによるブルーライトの悪影響で、睡眠のリズムが乱れて身体が常に“昼夜逆転状態”に陥る、いわゆる「デジタル時差ボケ」が引き起こされ、その結果、夜でも睡眠ホルモンの分泌が抑制され不眠症になったり、日中の集中力や仕事の生産性低下にも繋がった」としていました。

もしかすると、あなたの感じていた日中の眠気や倦怠感は、寝る前に使用した電子機器から浴びるブルーライトによるものだったのかもしれません。

メガネを使用されている方はもちろん、そうでない方も伊達メガネにブルーライトをカットするレンズを使用して、睡眠の質を高めるような努力をし、デジタル時差ボケを解消するようにした方が良さそうですね。

新し生活様式に必要なのは、ブルーライトをカットするメガネとRC住宅です。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング ←ご声援をお願いします。



家づくり講座も200回

ブログネタ
RC住宅を建てよう! に参加中!
東京で安眠する住宅を建てるならRCdesign

初夏の陽気な東京です。

そんな今日は朝から資料作成、サッシ屋さん来社打ち合わせ、台東区上野桜木計画検討、その後北区西ヶ原計画の現場へ、お客様ご案内と打ち合わせなど、お気遣いを賜りまして、誠にありがとうございます。その後豊島区駒込計画の現場視察など。

午後に帰社後は書類作成、西台のお客様に書類お届け、1丁目マンション点検、帰社後は新宿区中井2丁目計画検討、見積作成、板金屋さんと電話など。夕方は品川の不動産会社さんと電話、資材発注、中野区南台計画検討、見積作成など。

さて、そんな今日は土曜日ですので、恒例の家づくり講座第200回をお届けいたします。どうぞお付き合いください。

ところで、あなたは最近ぐっすり眠れていますか?

もし眠れずに悩んでいるのなら、ブルーライトが原因の一つかもしれません。パソコン・スマートフォン・テレビなどのLEDディスプレーからは、常に多くのブルーライトが発せられています。

このブルーライトは、人の目に見える可視光線の中で最もエネルギーが強く、網膜への負担が大きいものなんです。そのため、長期間浴びると、加齢黄斑変性になるリスクが高まります。また、体内時計を狂わせる働きもあります。

ちなみに、ブルーライト対策として、スマートフォンに専用のフィルムを貼ったり、ブルーライトをカットするメガネを使う人もいるんですよ。

ちなみに、私も含めてパソコンをよく使う女性スタッフも、そんなメガネを使っています。疲れ目や肩こりが激減したので、もうすっかり手放せなくなっています。

紫外線にもブルーライトは含まれています。ですが、日没になり、紫外線が減ると共にブルーライトの量も減り、それを察知した脳が「夜になった」と判断しています。

そして翌朝、朝日を浴びることで、紫外線の中のブルーライトを感じ、体内時計がサイクルを正しく調整しています。

ところで、杏林大学 医学部 精神神経科の古賀良彦先生によると「寝つきが悪い」「眠りが浅い」という睡眠の質の低下は、軽い不眠症の可能性があるそうです。

睡眠の質が下がった状態が続くと、ストレスを感じやすくなったり、太りやすくなったり、寿命の長さにも影響を及ぼすといわれています。

ブルーライトと睡眠の因果関係については、まだまだ分からないこともあります。ただ、「ブルーライトをカットすることで良い睡眠を得られた」という実験結果は、すでに報告されています。

新居を建てる時、位置や照明・カーテンなどに配慮した寝室づくりは大切です。でも、不規則な食事や不規則な生活スタイルのままで、就寝直前までパソコンやスマートフォンなどを使用していると、いくら快適な寝室でも、快眠を得ることはできません。

寝る前の30分くらいはリラックスできる時間をつくり、あなたの脳の緊張を解いてあげてください。家族とお喋りを楽しんだり、ゆっくりストレッチをするのもいいですね。

あなたが、仕事で毎日パソコンを長時間使っているのなら、特に注意してください。疲れが抜けなくて仕事に支障を来したり、ストレスを感じやすくなった状態で家族を幸せにすることは難しいですから。 

それでは良い週末を。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキングへ ←今日もどうか応援のクリックを一つ。


 
プロフィール

井上社長

RCdesign のご紹介
スペースの都合で小さい画面になっております。お手数ですが、全画面でご覧ください。
おすすめ
お知らせ
現在リクルート発刊
の『東京の注文住宅』
に弊社が掲載されてい
ます。もう買って頂け
ましたか?
書店で380円ですの
で、是非ご覧になって
下さいね。



専門家を探せる、相談
できるALL About プロ
ファイルに出展してます


全国工務店ブログ広場

一日一度のクリックを
ありがとうございます!
にほんブログ村 住まいブログへ


住まいランキング

ブログランキング

友だち追加

livedoor 天気
QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
住まいづくりの秘訣       無料メールセミナー
住まいづくりをお考えの方が後悔する前に知っておくべき内容を書き下ろしました。失敗しない住まいづくりノウハウを是非お受け取りください。
お名前 ※
E-Mail ※
都道府県 ※

RCdesign公式facebook
ブログ内記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ