住まいはRC(鉄筋コンクリート)にしなさい!

東京で家を建てるならRC(鉄筋コンクリート)住宅。 (株)RCdesign(アールシーデザイン)社長の日記です。

リコール

いつもありがとうございます。ご愛顧感謝申し上げます。こだわりの一戸建て住宅や2世帯住宅、賃貸併用住宅の安定経営など、住まいに関するノウハウを株式会社RCdesignの代表井上がお届けいたします。

危険な電磁波で携帯がリコールとか。

東京で電波に強い家を建てるならRCdesign

晴れて暖かくなった東京です。

そんな今日は朝からシステムチェック、中野区大和町計画検討、セキュリティー会社さん来社打ち合わせ、文京区大塚計画検討、図面作成、見積作成、中野区上鷺宮計画ではコンクリート打設など。

午後は資料作成、信用金庫さん来社打ち合わせ、文京区根津のお客様とお電話、家具屋さんと電話、お問合せ対応、葛飾区新小岩計画検討、見積作成など。夕方は荒川区西日暮里計画検討、文京区根津計画検討、ミーティングなど。

昨日の強風ですっかり飛んでいったと思ったら、まだ飛んでますね。

ではこちら。

フランスで「危険な電磁波」を理由に中国製携帯がリコール

フランスの通信大手「オレンジ(旧フランス・テレコム)」は、同社が販売する携帯電話「Hapi 30」が高レベルの電磁波を放っていることを理由に、リコールするとアナウンスした。

オレンジがこのような決定を下すのは初めてのことだ。Hapi 30は旧式の折りたたみ式の携帯電話で、既に9万人のHapi 30購入者宛てにリコールの案内が送付されたという。

Hapi 30は中国の寧波市にある「Mobiwire」の工場で生産されている。この機種の単位質量当たりの電磁波量は2.1 W/kgに達しており、欧州の安全基準の2 W/kgを超えている。米国の連邦通信委員会(FCC)は携帯電話の電磁波の許容範囲を1.6 W/kgまでと定めている。
2018年4月12日 6時30分 Forbes JAPAN

なるほど。

これはまたちょっと注目したいニュースですが、原子力に依存しているフランスでも危険な電磁波は許されない基準をちゃんと持っているんですね。

しかも比較的普及している携帯電話をリコールにするとは、何か大人の事情があるのかわかりませんが、国民としては信頼出来る対応だったのではないでしょうか。

もちろん日本でも一応基準は設けてあり、総務省のHPなどで確認できますが、我が国の電波防護指針の基準値は、ICNIRP(国際非電離放射線防護委員会)が定める国際的なガイドラインと同等ということです。

国際的なガイドラインは、がんや非熱効果に関する報告を含む、専門家による評価を受けたすべての科学文献を評価することにより策定されており、欧州をはじめとして広く国際的に利用されているとしています。

これまでの日本もそうだったように、世界的にも携帯電話の電磁波は、一般的にはさほどの脅威とはみなされていなかったと思います。

しかし、記事によれば数週間前にアメリカの「国家毒性プログラム(National Toxicology Program )」のラットを用いた研究結果が明らかになり、携帯電話の電磁波が心臓腫瘍や脳腫瘍を引き起こす可能性が指摘されたということ。

また、今年のはじめにはドイツのドイツ連邦放射線防護庁(BfS)という組織で、携帯電話の機種ごとの電磁場を調査したレポートが発表されていて、電磁波量が多い16の機種の多くは中国製で、ファーウェイやOnePlus、シャオミ、ZTEといったメーカーの製品が選ばれたそうです。

残念ながら、アップルやノキア、ソニー、ブラックベリーの端末も16位以内に入っていたということですので、性能の向上と共に周囲に与える影響も大きくなっているのかもしれませんね。

日本においては、最近の国会などを見ている限り、同様の状況だとしても、正確な情報が伝えられるか、少々疑問に感じてしまいます。

行政機関の信頼性が比較的低い日本では、フランスのようなリコールが発表されることを待っていては、正しい判断が遅れてしまうこともありますので、このような情報は自ら収集して対策を考えなければいけません。

目に見えないものに対しては、なかなか承認しない国民性もありますが、女性や子どもに対しては、少なからず意識をするようにしたいものです。

電磁波対策にも住まいはRC住宅がオススメです。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング    ←ご声援を是非!



浴室乾燥機のリコールとか。

東京で耐火の家を建てるならRCdesign

晴れて暖かい東京です。

そんな今日は朝から資料作成、豊島区西巣鴨計画検討、解体業者さん来社打ち合わせ、文京区大塚3丁目計画検討、見積作成、品川区東五反田計画検討、提携会社さんと電話など。

午後はご近所のお客様とお電話、原稿作成、お問い合わせ対応、世田谷区三軒茶屋計画検討、高田馬場計画検討、ご近所のお客様来社打ち合わせなど。夕方は練馬区田柄のお客様にご来社頂き打ち合わせ、ミーティングなど。

朝晩はまだまだ寒いですね。無理のないよう温かくしてお過ごし下さい。

ではこちら。

浴室乾燥機で発火恐れ、東京ガスなどがリコール

東京ガスとガス器具製造のノーリツ(神戸市)などは16日、1997〜2007年に製造された浴室暖房乾燥機(計41機種・9万4756台)で発火する恐れがあるとして、リコール(無償点検・部品交換)を開始すると発表した。

東京ガスによると、15年6月〜17年1月に東京都内の利用者方などで、乾燥機が火元となる火災が計3件発生。温風を浴室内に循環させるファンモーター内部で異常が生じたことが原因という。
2017年3月16日 19時1分 読売新聞

なるほど。

これは早々に周知の必要がありますね。

もしご自宅で浴室換気乾燥機をお使いの方や、親類や友人宅で見かけた方には、今一度製品の製造年数やメーカーをご確認頂きますようお願いいたします。

該当の年式だった場合には、製造メーカーもしくは東京ガスや大阪ガスなどにお問い合わせください。

また、東京ガスは来月から順次、対象者宅を戸別訪問して無償で点検と部品交換作業を行うというコメントを出していますので、訪問がありましたら必ず点検を受けるようにしてください。

今のところは10万台近い販売台数の中で3件の火災ということですので、その可能性は低いかもしれませんが、原因もはっきりしていますので、対策をしておけば安心ですね。

浴室換気乾燥機は一度使うと手放せない機器ですし、家族が多かったり雨の日が続く季節にはとても重宝します。

それゆえに安心して安全に使いたいものです。

ただし、これらの機器も当然に寿命がありますので、製造から10年を過ぎた場合には、買い替えをご検討いただいた方が安心ではないでしょうか。

そしてせっかく浴室換気乾燥機を設置するのなら、乾燥時間やランニングコスト、安全性も含めて温水式のものがオススメです。

浴室換気乾燥暖房機を設置のご相談はRCdesignまでお気軽にどうぞ。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキングへ        ←応援よろしくお願いします!



浴室換気乾燥機のリコールとか。

ブログネタ
RC住宅を建てよう! に参加中!
東京でお得な住宅を建てるならRCdesign

晴れでも風の強い東京です。

そんな今日は朝から世田谷区奥沢計画検討、出張所へ書類受け取り、ガス会社さんと電話、土地家屋調査士さん来社打ち合わせ、中野区本町計画検討、徳丸計画検討、資材発注など。

午後は板橋区役所へ、書類提出など、帰社後は奥沢6丁目計画検討、サッシメーカーさん来社打ち合わせ、書類作成、リフォーム計画検討、提携会社さんと電話など。夕方は台東区日本堤計画検討、板橋区板橋3丁目計画検討、ミーティングなど。

RCモデル2015さて、今週も開催させていただきます。完成内覧会。

先週も多くのお客様にご来場いただきましたが、引き続き今週もお待ちしておりますので、是非足を運んでいただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

ではこちら。

浴室乾燥機が発火の恐れ、リクシルがリコール

浴室の換気乾燥機が発火する恐れがあるとして、住宅設備大手のLIXIL(リクシル)と、製造したマックス(東京都)は3日、不具合のある部品を無償交換すると発表した。対象はマックスが製造し、両社が2003年3月から13年6月に販売した計2万4659台。品番は、マックスの「BS―101」とトステム(現リクシル)の「BS―58H」「BS―58HCX」。

13年1月に神戸市、14年12月にさいたま市、15年2月に東京都内でそれぞれ発火したケースがあったという。原因を調査したところ、ヒーターのヒューズが劣化し、近接する樹脂の部品が発火して延焼することがわかったという。問い合わせは両社の窓口(0120・264・803)まで。
2015年6月4日 9時17分 読売新聞 

なるほど。

今回のリコールは浴室に取り付けられている換気乾燥機から発火の恐れがあるというものですが、2003年から販売しているということですので、すでに12年も経っています。

12年前に新築されたり、リフォームした時に取り付けをしたというお宅では、もう記憶に残っていないかもしれませんね。

もしお知り合いのお宅で、浴室換気乾燥暖房機をお使いの方がいらっしゃったら、是非お声がけをしてあげて頂きたいと思います。

こういった設備機器では、設計時の耐用年数をおおむね10年前後としているものが多いのですが、個体差によって早めに故障する場合があったり、想定外に使い続けられるものもあったりします。

やはり急な故障は誰でも困ってしまいますが、ただの故障以上に発火するようなことになってしまったら大変です。

もちろん金銭的負担もありますが、安全面を考えたら、10年を目安に更新することを検討した方が良いと思います。

ところで、今回の機械は電気式浴室換気乾燥暖房機と呼ばれるもので、電気で熱を発生させて、浴室内に温風を吹き出すタイプのものです。

実は同じ浴室換気乾燥暖房機でも、温水式というものもあり、こちらは温水から温風を作るしくみになっていますので、機械そのものが発熱することはありません。

しかも、その機械本来の目的である乾燥という面でも、温水式の方が能力が高く、ランニングコストも低く抑えられるようですので、これから取り付けをお考えの方には、温水式をオススメいたします。

世の中の機械モノには、当初は比較的安価でも、ランニングコストが高くなってしまうというパターンが少なからず存在します。

まあ家そのものも同じなんですけど。住まい選びをライフサイクルコストで考えれば、圧倒的にRC(鉄筋コンクリート)住宅が有利なんですよね。

お得な住まい選びは是非RCdesignまでお問い合わせください。

それでは。

今日もありがとうございます。


    人気ブログランキングへ     ←クリックを是非!



エコキュートのリコールとか。

ブログネタ
RC住宅を建てよう! に参加中!
東京で安心な住まいを建てるならRCdesign

真夏の東京です。

そんな今日は朝からお客様と電話、書類作成、お問い合わせ対応、豊島区駒込計画検討、資料作成、板橋3丁目計画検討、地盤補償会社さんと電話、設備屋さんと電話、防水屋さん来社打ち合わせ、練馬区田柄計画検討、見積作成、出版社さんと電話など。

午後は5丁目計画のお客様にご来社頂き打ち合わせなど、ありがとうございます。信用金庫さん来社、商社さんと電話、土工事会社さんと電話、世田谷区代沢計画検討、文京区千石2丁目計画検討、図面作成など。夕方は資料作成、練馬区田柄計画のお客様にご来社頂き打ち合わせ、ありがとうございます。北区西ヶ原計画検討大工さんと電話など。

もう言い飽きた感じもいたしますが、暑いですね〜。熱中症対策は怠りませんように。

ではこちら。

パナ「エコキュート」103万台リコールを正式発表 破裂事故で

ヒートポンプ技術を活用した家庭用高効率給湯機「エコキュート」の圧縮機が破裂し、部品などが飛び散る事故が発覚したパナソニックは25日、製品のリコールを実施すると正式に発表した。

平成15年11月から昨年1月までに「ナショナル」や「パナソニック」など複数のブランドで製造した計208機種103万1587台が対象となる。

兵庫県の住宅などでヒートポンプユニットの圧縮機が破裂し、部品などが飛び散り、周辺にあったものを破損させる事故が5件発生。人的被害は確認されていないが、けがにつながる可能性もあるため、無償で点検・修理する。

問い合わせはヒートポンプ給湯機市場対策室(フリーダイヤル0120・871381)。8月27日までは毎日午前9時〜午後9時、同28日以降は土日祝日を除く午前9時〜午後5時。
産経新聞 2014年07月25日12時27分

なるほど。

これはなかなか大きなリコールになってしまいました。

弊社に届いたメーカーからのFAXによると、Nationalブランドの2003年11月〜2009年4月までの機種、Panasonicブランドでは2008年5月〜2013年1月までの機種になり、合計978,317台が対象になります。

他のブランドも合わせて、記事にもあるように1,031,587台ということです。

メーカーによりますと、2013年に初めて不具合が発生し、その後の調査から断定した原因として、ドレン排水口の廻りの枯葉や泥などによる詰まり、または底部の水たまりがあり、そこに設置環境による塩分の溶け込み、さらに機器周辺の防音材から塩分を含んだ水の吸い上げがあったようです。

その防音材に含まれた水分が機器の熱で蒸発し、塩分などが濃縮されることで、機器表面からの腐食が異常に進行して、破損につながったということです。

メーカーとしては、ヒートポンプユニットのドレン排水処理と圧縮機の腐食状況を点検し、底板内に水がみたされていても、防音材が吸水しないように下端をカットした対策済みの防音材と交換、もしくは本体を対策品と交換するそうです。

対象製品をお持ちのお客様には、無料で点検し、部品の交換を実施させていただきますとのことです。

お客様には大変ご迷惑をお掛けいたしますが、ご理解とご協力を賜りますようよろしくお願い申し上げます。 

このエコキュートは、オール電化住宅とセットで、震災前までに相当流行っていましたので、相応の台数になってしまいました。幸いなことに弊社ではオール電化住宅をオススメしていなかったこともあり、該当する機種はほとんど無いようです。

もし、ご自宅がオール電化やエコキュートをお使いの方や、そんなお宅をご存知の方は上記メーカーまでお問い合わせ下さいますようお願い申し上げます。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキングへ ←応援のクリックをどうかひとつ!


 
プロフィール

井上社長

RCdesign のご紹介
スペースの都合で小さい画面になっております。お手数ですが、全画面でご覧ください。
twitter
brogram

おすすめ
お知らせ
現在リクルート発刊
の『東京の注文住宅』
に弊社が掲載されてい
ます。もう買って頂け
ましたか?
書店で380円ですの
で、是非ご覧になって
下さいね。



専門家を探せる、相談
できるALL About プロ
ファイルに出展してます


全国工務店ブログ広場



一日一度のクリックを
ありがとうございます!
にほんブログ村 住まいブログへ

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン

ブログランキング
livedoor 天気
QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
Amazon




住まいづくりの秘訣       無料メールセミナー
住まいづくりをお考えの方が後悔する前に知っておくべき内容を書き下ろしました。失敗しない住まいづくりノウハウを是非お受け取りください。
お名前 ※
E-Mail ※
都道府県 ※

RCdesign公式facebook
ブログ内記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
チーム・マイナス6%