住まいはRC(鉄筋コンクリート)にしなさい!

東京で家を建てるならRC(鉄筋コンクリート)住宅。 (株)RCdesign(アールシーデザイン)社長の日記です。

上昇

いつもありがとうございます。ご愛顧感謝申し上げます。こだわりの一戸建て住宅や2世帯住宅、賃貸併用住宅の安定経営など、住まいに関するノウハウを株式会社RCdesignの代表井上がお届けいたします。

18年公示価格発表とか。

東京で価値ある家を建てるならRCdesign

晴れて暖かな東京です。

そんな今日は朝から港区南青山計画検討、資料作成、提携会社さん来社打ち合わせ、立川市計画検討、見積作成、お問合せ対応など。

午後は資材メーカーさんと電話、確認検査機関さんと電話、資料作成、横浜方面でご検討のお客様にご来社頂きました、ありがとうございます。都内某所計画検討、見積作成など。夕方は電気屋さんと電話、文京区根津計画検討、葛飾区新小岩計画検討、ミーティングなど。

年度末のバタバタも佳境を迎えていますね。平常心で取り組みましょう。

ではこちら。

18年公示地価、地方の商業地が26年ぶりに上昇 全国住宅も10年ぶり

[東京 27日 ロイター] - 国土交通省が27日に発表した今年1月1日時点の「地価公示」によると、地方圏の商業地が前年に比べて0.5%上昇し、26年ぶりのプラスに転じた。全国ベースでみても札幌市、福岡市など地方の主要4市を中心に上昇率を高めている。住宅地は全国ベースで同0.3%上昇し、10年ぶりのプラスとなった。
2018年3月27日 17時3分 ロイター

なるほど。

住まいづくりを土地からご検討されている方や、投資用のマンション建築をお考えの方、すでに土地を所有されている方にも、この公示価格は少なからず気になるところではないでしょうか。

記事を見た私の個人的な感想では、ちょっと違和感を感じてしまったんですけど、全体の空気感としては地価がゆるやかに上昇してインフレが進むことが理想的ということですので、良い傾向なのかもしれません。

ただここ最近では、金融機関の融資に対する姿勢が日に日に変化しているようですし、その対象となる不動産によっては大夫条件が違うようです。

ですので以前のバブルのように、どこの土地でも上昇するわけではないようですので、なんら慌てることはありませんし、土地の値段で一喜一憂する必要もなさそうです。

しかし、記事によれば国土交通省の発表として、商業地の不動産需要は「旺盛」で、外国人観光客の増加によって店舗やホテルの需要が高まっているほか、主要都市ではオフィス空室率の低下などで収益性も向上していて、都市中心部では再開発も進展し、繁華性が向上していることも需要を高める一因になっているということ。

また、住宅地についても、雇用・所得環境の改善が続く中で、低金利環境の継続による需要の下支え効果もあり、「利便性の高い地域を中心に地価の回復が進展している」としていました。

この国土交通省の見解を見ると、日本全体の景気が回復傾向で、比較的明るい未来を感じてしまいますが、ちょっとひねくれた見方をすると、何か意図的なものを感じてしまいます。

もちろん、日本全体が元気になって、より良い国を次世代に残せるようになれば、それに超したことはないんですけど。

そのためにご先祖様も諸先輩方も大変なご苦労をされ、その延長線上に現在の日本があるわけですから、現役の我々もまだまだがんばらなくてはいけませんね。

日本を豊かな国にするためには、RC(鉄筋コンクリート)住宅の普及が欠かせません。住まいづくりを考えたら、是非ご検討ください。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング    ←ご声援を是非!



路線価がバブル期超えとか。

東京で家を建てるならRCdesign

くもり時々晴れの暑い東京です。

そんな今日は朝からミーティング、資料作成、その後資材置き場で打ち合わせなど、帰社後は商社さんと電話、材料メーカーさんと電話など。

午後は来客面談、お問合せ対応、組合さんと電話、提携会社さんと電話、さいたま市南区別所計画検討、目黒区目黒本町計画検討、見積作成など。夕方は港区高輪でご検討のお客様にご来社頂き打ち合わせ、資料作成、ミーティングなど。

いよいよ夏の雰囲気ですね、夜も熱帯夜に近い感じがしますので、必ずエアコンを使用して熱中症にはご注意ください。

ではこちら。

銀座の路線価、バブル期を超す 1平方mで4032万円

国税庁は3日、相続税や贈与税の計算基準となる2017年分の路線価(1月1日時点)を公表した。全国平均は前年を0・4%上回り、2年連続で上昇。上げ幅は0・2ポイント拡大した。東京・銀座では、バブル期の水準を超え、路線価の最高額を更新した。

低金利で住宅需要が底堅いうえ、都市部での再開発や不動産投資、訪日客増加が引っ張ったとみられる。

都道府県別では、東京、愛知、大阪など13都道府県で上昇。投資需要は地方中心都市にも波及し、北海道、宮城、広島、福岡など10都道府県で上げ幅が広がった。

上げ幅は宮城が3・7%でトップ。東京、沖縄が3・2%と続いた。宮城は仙台市の地下鉄東西線の開業、東京は五輪に向けた再開発、沖縄は人口増が影響したとみられる。
2017年7月3日 11時0分 朝日新聞デジタル

なるほど。

路線価とは言え、土地の価格がバブル期を超えてしまったとは驚きですね。実際の売買価格となれば、ここから何割か上の数字でしょうから、場所によってはちょっと現実離れしたものになっているような気がします。

すでにここ数年の間でも、土地の価格は上昇を続けていましたので、土地を購入したいという方には、より一層入手が困難になってくるかもしれません。

しかしながら、バブル期とは明らかに違う点は、その土地の利用価値が認められる場所でなければ、価格の上昇は限られたものとなっているようです。

ですので、土地であればどこでも上昇しているわけではなく、商業的な利用価値の高いところや、住宅地でも一部の便利な場所のみが、需要が高まっているということだと思います。

最近では、一時の爆買いを目的とした観光客は減少してきましたので、来日する旅行客の消費動向も確実に変化してきて、日本国内でも地方の観光名所や体験を目的としたものになっているようです。

そこで宿泊ビジネスへの投資やホテル開発などが、東京から地方に波及しているということで、地方でも土地価格の上昇につながっているということです。

しかしながら、地方の観光資源と言ってもその実力はまだまだ未知数なところがあったり、周辺の民間レベルでは、対応出来るキャパも限りがあったりして、全てが良い方向ということではないかもしれません。

一方で住宅に関しては、需要が底堅いと記事では書かれていましたが、すでに新築マンションや建て売り住宅の売れ行きは低調ですし、これまでのストックを有効活用するということが国の方針でもありますので、土地の価格に影響することは少ないようにも思います。

とは言え、実際に家を建てるための土地探しをしてみると、ご希望の地域や規模にもよりますが、かなりの時間とコストが掛かることも事実ですね。

日本全体の中でも、観光資源の有無やその魅力を発信する力の有る無し、または日々の生活の便利さや環境などによって、土地の価格もより一層の二極化が進むかもしれません。

集客力のある繁華街や人の集まる都市部なら、ある程度仕方のないことかもしれませんが、こと住宅地に関しては、土地の価値よりも建物の価値の方が高いということが理想だと思います。

家を建てるための土地探しをされているという方には、ちょっと希望の条件を緩和することで、選択肢が増えることもありますし、土地のデメリットを建築で改善することが出来る場合もありますので、諦める前に是非RCdesignまでお気軽にご相談ください。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング   ←ついでにひとつ!



プロフィール

井上社長

RCdesign のご紹介
スペースの都合で小さい画面になっております。お手数ですが、全画面でご覧ください。
twitter
brogram

おすすめ
お知らせ
現在リクルート発刊
の『東京の注文住宅』
に弊社が掲載されてい
ます。もう買って頂け
ましたか?
書店で380円ですの
で、是非ご覧になって
下さいね。



専門家を探せる、相談
できるALL About プロ
ファイルに出展してます


全国工務店ブログ広場



一日一度のクリックを
ありがとうございます!
にほんブログ村 住まいブログへ

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン

ブログランキング
livedoor 天気
QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
Amazon




住まいづくりの秘訣       無料メールセミナー
住まいづくりをお考えの方が後悔する前に知っておくべき内容を書き下ろしました。失敗しない住まいづくりノウハウを是非お受け取りください。
お名前 ※
E-Mail ※
都道府県 ※

RCdesign公式facebook
ブログ内記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
チーム・マイナス6%