住まいはRC(鉄筋コンクリート)にしなさい!

東京で家を建てるならRC(鉄筋コンクリート)住宅。 (株)RCdesign(アールシーデザイン)社長の日記です。

不動産会社

いつもありがとうございます。ご愛顧感謝申し上げます。こだわりの一戸建て住宅や2世帯住宅、賃貸併用住宅の安定経営など、住まいに関するノウハウを株式会社RCdesignの代表井上がお届けいたします。

家づくり講座は土地情報とか。

東京でコンクリートの家を建てるならRCdesign

くもり空の東京です。

そんな今日は朝から日野市計画検討、資料作成、中野区大和町計画検討、お問合せ対応、大工さんと電話、葛飾区新小岩計画検討、港区高輪計画ではコンクリート打設、中野区東中野計画検討、中野区南台計画検討など。

午後からは目黒区駒場のお客様宅へ、打ち合わせをさせて頂きました。ありがとうございます。帰社後は品川区平塚計画検討、資料作成、お問い合わせ対応など。夕方からは本駒込のお客様宅へ、打ち合わせをさせて頂きました。ありがとうございます。帰社後は資料作成など。

気付けば秋分の日ですね。随分と秋らしくなってきました。何かとお忙しいことと存じますが、今週も土曜日恒例の家づくり講座第379回をお届けいたします。どうぞお付き合いください。

土地探しからの住まいづくりでは、「ネット上で土地探しをすると、どのサイトも同じような情報でウンザリ・・・」そんな経験はありませんか?

最近は土地の価格が高騰していることもありますが、物件の数も少ない中ですので、一層土地探しに苦労をされている方も多いと思います。

しかし、本当に良い土地の情報は、情報として広く発信されることは少ないといいます。

その理由は、新しい物件が出た際、まずは不動産会社に土地探しの依頼をしている人やお得意さんに紹介するからですが、その行為は宅建業法に抵触する場合もあるんですけど。

それでも買い手がつかなかった土地を広告費や人件費を使ってチラシやインターネットなどで宣伝するという仕組みの業者も多いようです。

不動産会社に行くか行かないか。ただそれだけで入手できる情報量が増えるとしたら・・・。
しかも、新鮮な情報を入手できるとしたら・・・。

これはもう、行かなきゃ損だと思いませんか?

もちろん、すべての会社がそうしているわけではないでしょう。しかし、少しでも新鮮な情報を手に入れたいのであれば、定期的に複数の不動産会社を訪れたいものです。

何度も訪れて会話を交わすことで、土地選びのポイントなどの役立つ情報を得られるかもしれませんし、土地選びの条件や予算などを正直に話し、誠実な対応を続けることで信頼関係を築くこともできます。

また、回数を重ねることで、不動産会社の良し悪しを見分ける目も養えます。もし可能なら、まずは、希望地域の土地を対象とする不動産会社全てを訪れてみませんか?

その後、あなたの基準でふるいにかけていくといいでしょう。

見る目を養うには、どうしてもある程度の時間が必要です。その経験は、施工業者選びにも役立つことでしょう。

ところで、場所や金額だけ見て土地を探すと、思わぬ失敗をすることがあります。

なぜなら、すべての宅地には建ぺい率や容積率、用途地域などが設定されているからです。

これらをよく理解した上で土地を探さないと、希望通りの家を建てられない恐れがあります。

これらのついては、次回から少しずつ解説していきます。

もしすでにご存知の用語が出てきた時は、復習を兼ねてお付き合いいただけると嬉しいです。

それでは良い連休をお過ごしください。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング ←ご声援を是非!



家づくり講座は不動産会社の見分け方とか。

東京で多世帯の家を建てるならRCdesign

雨のちくもりの東京です。

そんな今日は朝から資料作成、板橋区富士見町でご検討のお客様にご来社頂き打ち合わせ、ありがとうございます。中野区大和町計画検討、お問合せ対応など。

午後からは埼玉県和光市でご検討のお客様宅へ、打ち合わせさせて頂きました、ありがとうございます。夕方帰社後は中央区日本橋箱崎町計画検討、見積作成、中野区南台計画検討、見積作成、お問合せ対応、足立区千住桜木町計画検討、ミーティングなど。

すっかり秋になってきましたね。敬老の日には親世代と住まいの話になるかもしれません。それでは今週も土曜日恒例の家づくり講座第378回をお届けいたします。どうぞお付き合いください。
さて、土地探しの一般的な方法といえば、
・インターネットで探す
・チラシや新聞、雑誌をチェックする
・不動産会社に行く
・住宅会社の情報をシェアしてもらう
・普段の生活の中で、売り土地がないか観察する
といったところでしょうか。

この中で最も敷居が高いのは、不動産会社に行くことかもしれません。
「相場より高く紹介されらたどうしよう」「しつこく営業されらた困る」そう思うと、気軽に行動に移せませんね。

少し面倒ですが、不動産会社を見分ける方法があります。

各都道府県の不動産業担当部署では「宅建業者名簿」を閲覧することができます。

そこには、過去に行政指導などを受けている場合は明記されているほか、業務の実績などのデータも確認できます。

チェックのポイントは、以下の通りです。
・免許証番号…宅地建物取引業者の免許証番号。
( )内の数字は、営業年数の長さを表す。
・営業成績…過去5年間の取引件数や金額が分かる。
・商号、代表者、事務所の所在地…度々変更している業者は要注意。
・取引主任者、従業員…出入りが頻繁な業者は要注意。
・資産状況…資本金や財務内容などが分かる。
・納税状況…営業状態の目安となる。
・行政処分歴…宅建業法違反で過去に行政処分を受けていないか。
・業界団体への参加…加入していれば、団体によるチェック機能がある程度期待できる。

ここまでするのは大変ですが、「土地は気に入ったけど、この不動産屋さんは本当に信頼できるんだろうか」と心配になった時、このチェックポイントを思い出してください。

なぜこんな話をしたかというと、行政処分を受けるたびに社名を変えて、同じ商品を売り続けている業者を知っているからです。

住宅業界には一切関係のない他業種なのですが、こんな事例が不動産会社でも無いとは言い切れません。

なお、免許証番号は店頭やホームページでも確認できます。少なくとも、( )内の数字は必ずチェックしてくださいね。

ちなみに、弊社でも土地探しからお手伝いさせて頂けますので、お気軽にお問合せください。

それでは良い連休を。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング ←ご声援を是非!


不動産屋はウソつきとか。

東京で不動産屋と家を建てるならRCdesign

晴れのち曇り時々雨の東京です。

そんな今日は朝から社内ミーティング、塗装屋さんと電話、その後練馬区小竹町のお客様宅へ、帰社後は文京区本郷計画検討、サッシ屋さん来社、文京区大塚3丁目計画検討、図面作成など。

午後は都市銀行さんと電話、高田馬場計画検討、お客様とお電話、見積作成、文京区根津計画検討、図面作成など。夕方は電気屋さん来社、ミーティングなど。

今日も全開で飛んでいましたね。

ではこちら。

不動産屋はよくウソをつく 他業界に比べて小さいウソへの罪悪感

【マンション業界の秘密】どういうわけか不動産業界はウソをつくことへの罪悪感が、他の社会に比べて小さいように思える。

業者同士の取引の場合は「だまされた方が悪い」というのが常識化している。彼ら同士で勝手にやっているのならいい。しかし、一般消費者をだますのはよくない。

例えば、モデルルームで販売担当者が「このマンションは絶対に値引きしません」と言って契約を結んだ翌日、他の住戸で値引きを始めている−などは日常茶飯事だ。

この場合、販売担当者は上司から「値引きはしない」と言われてそれを信じていたが、実は会社の方針が変わったということがほとんど。担当者がだましたのではなく、会社主導なのだから、よりたちが悪いと思う。

購入を迷っていると「ほかに検討している人がいますから、今申し込まないと買えなくなってしまいますよ」と即決を迫る。これもたいがいがウソ。迷いだすと買わない場合が多いので、考える時間を与えずに決めさせたいのだ。
2017年3月6日 17時12分 ZAKZAK(夕刊フジ)

なるほど。

今日の記事は住宅ジャーナリストという肩書きの方が書かれていたものですが、弊社も不動産業者としての一面もありますので、同じ業者として見られてしまうのはとても残念に思います。

記事にもありましたが、マンション業界以外でも実際に不動産屋はよくウソをつくと、多くの人はそう考えていると思いますし、そのイメージは往々にして当たっていると言える部分もあるでしょう。

だとすれば、一般市民のみなさんは、それを前提に購入や売却の判断を下す必要がありますね。しかし、不動産屋の全員がウソつきではありません。その割合が他業界に比べてちょっとだけ高いということはあるかもしれませんけど。

そういえば、先週にもちょっとビックリした出来事があったんです。弊社に土地探しからのご相談を頂いていたお客様が、ネットで気に入った物件があったので調べて欲しいということでご連絡を頂きました。

すぐに業界のデータベースで確認したところ掲載が無かったので、直接仲介業者さんに電話を入れてみました。すると業者に仲介はできないので、直接購入希望者さんから連絡が欲しいということ。

この話だけでもちょっと疑問だったのですが、その旨をお客様にお話しして直接業者に連絡をしてもらいました。その時の回答が、今度は直接店舗に来てもらわないと紹介出来ないというものだったんです。

これはいわゆるおとり広告という方法で、実際にはすでにその物件は無いにもかかわらず、反応が良い広告を残しておいて、店舗に来店した時に初めて物件が無いことを伝えるわけです。

しかも、その物件は残念ながらタッチの差で契約してしまったけど、違う物件で良いものがあるので、そちらを検討してみてはどうか、という話しにすり変えられてしまうんです。

業界の先輩に聞くと、以前は当たり前のように使われていた手法だそうですが、もちろん現在は法で禁じられている行為ですので少なくなっているようですが、実はネットのポータルサイトなどではいまだに結構な数があるようです。

そんなことからも、土地探しの難しさと不動産会社を選ぶのが難しいということを感じられるかもしれません。でも、本当にしっかりした不動産会社も中にはありますので、早く巡り会えるといいですね。

もし、どうしても良い不動産会社が見つからないという場合は、弊社までお気軽にお問い合わせください。

それでは。

今日もありがとうございます。

  
人気ブログランキングへ        ←応援よろしくお願いします!



プロフィール

井上社長

RCdesign のご紹介
スペースの都合で小さい画面になっております。お手数ですが、全画面でご覧ください。
おすすめ
お知らせ
現在リクルート発刊
の『東京の注文住宅』
に弊社が掲載されてい
ます。もう買って頂け
ましたか?
書店で380円ですの
で、是非ご覧になって
下さいね。



専門家を探せる、相談
できるALL About プロ
ファイルに出展してます


全国工務店ブログ広場

一日一度のクリックを
ありがとうございます!
にほんブログ村 住まいブログへ


住まいランキング

ブログランキング

友だち追加

livedoor 天気
QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
住まいづくりの秘訣       無料メールセミナー
住まいづくりをお考えの方が後悔する前に知っておくべき内容を書き下ろしました。失敗しない住まいづくりノウハウを是非お受け取りください。
お名前 ※
E-Mail ※
都道府県 ※

RCdesign公式facebook
ブログ内記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ