住まいはRC(鉄筋コンクリート)にしなさい!

東京で家を建てるならRC(鉄筋コンクリート)住宅。 (株)RCdesign(アールシーデザイン)社長の日記です。

仕様

いつもありがとうございます。ご愛顧感謝申し上げます。こだわりの一戸建て住宅や2世帯住宅、賃貸併用住宅の安定経営など、住まいに関するノウハウを株式会社RCdesignの代表井上がお届けいたします。

家づくり講座は設計変更とか。

東京で家を建てるならRCdesign

くもり空の東京です。

そんな今日は朝から大田区北千束計画の現場へ、お客様と打ち合わせをさせて頂きました、ありがとうございます。その後大田区仲池上計画の現場へ、電気屋さんと打ち合わせなど。

午後に帰社後は資料作成、日野市計画検討、原稿作成、お問い合わせ対応、図面作成、大田区方面でご検討のお客様にご来社いただきました、ありがとうございます。原稿チェック、資材発注など。夕方は練馬区計画検討、渋谷区計画検討、お問い合わせ対応、ミーティングなど。

いよいよ8月も最終日となってしまいましたね。今年の夏は短く感じたという人も多いと思いますが、それでももう暫く暑さが続きそうです。それでは土曜日恒例の家づくり講座第411回をお届けいたします。どうぞお付き合いください。

さて、家づくりを進めていくと、上棟式を終えて家が完成に近づいていく様子を見るのは、とても楽しいものです。

その一方で、「壁の色は、やっぱり最初の案の方が良かったな」「ここに収納を設けるのを忘れてた」など、いくつかの後悔が出てくることがあります。

中には、大きな設計変更を要求する人もいます。より良い家づくりのための行動ではありますが注意が必要です。

なぜなら、設計変更は、家の性能に影響を与えることがあります。新たな材料の発注、人材の確保も必要です。当然、予算は増えます。工期延長の恐れもあります。

もし、一度完成したものを壊してやり直すのなら、職人の士気が下がります。士気が下がった状態での手仕事は、完成精度に不安が残ります。

施主の中には、「小さな変更だから」と図面の修正をせず、書面を残さず、現場での口約束だけで済ませる人がいます。

そうすると、「小さな変更だからタダでやってくれると思っていた」「指示されたとおりに変更したのに指示通りでないと言われた」など、新たなトラブルが生まれます。

こうなると、もうお互いに家づくりを楽しむことはできません。

あなたが業者と契約を交わす時、間取りや設備、材料に至るまで、すべてを書面化します。「これらの書類に記載されている通りの家づくりをしましょう」とお互いに相手を信頼して約束するのが契約です。

その重さを、しっかり意識しておきたいですね。

とはいえ、初めて家づくりをする人が図面だけで全体のイメージを把握するのは、とても難しいことです。

立体的なイメージを掴むには、模型を作ったり、OBさんの住まいを見学したり、ショールームで色や手触り、使い勝手などを確かめたり、さまざまな行動を重ねる必要があります。

わからないことや納得しきれないことをそのままにするのは避けましょう。質問をして的確なアドバイスをもらうことが大切です。

しかし「業者が言うとおりにすれば大丈夫だろう」と、安易に業者任せにするのもやめましょう。

設計変更でトラブルになった事例は多いものです。そんなトラブルは、できるだけ避けたいですね。

それでは良い週末を。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング ←お力添えを是非!



雨の日でも家づくり講座とか。

東京で家を建てるならRCdesign

雨の東京です。

そんな今日は朝から書類作成、大田区北千束計画検討、渋谷区西原でご検討のお客様にご来社頂き打ち合わせなど、ありがとうございます。リフォーム計画検討など。

午後は資材屋さんへ、帰社後は中央区湊2丁目計画検討、横浜市南区計画のお客様にご来社頂きました、ありがとうございます。資料作成、原稿作成、電気屋さんと打ち合わせなど。夕方はお問い合わせ対応、資材発注、荒川区西日暮里計画検討、中野区上鷺宮計画検討、ミーティングなど。

まとまった雨となりましたが、被害などはございませんでしたでしょうか。寒い梅雨真っ只中ではございますが、今週も土曜日恒例の家づくり講座第403回をお届けいたします。どうぞお付き合いください。

住まいの基本設計は、あなたのライフスタイルやどんな生活を送りたいのかという基本的な設計方針と、おおまかな予算、耐久性や品質、安全性などをもとに作成します。

この基本設計に加え、材料や仕様や性能などをより詳細に表すための図面や文章、建物の基礎や床、軸組みや屋根などの構造の詳細、そして給水や排水、ガス配管の状態や仕様、電気の配線やコンセント、照明などの電気設備、冷暖房や換気など、空調設備…。 

一般的にはそれらを具体的に第三者(作業者)に伝え、より正確に工事を進めるために、実施設計を行っていきます。

契約書には、基本設計図と仕様書が添付される場合もあれば、実施設計までを添付する場合もあるでしょう。

いずれにしても、これは業者とあなたが「ここに記されている通りの家づくりをします」と合意した証拠になる、重要なものです。

このとき、設計内容や仕様についての理解不足・説明不足を残したまま進めると、後々トラブルが起きる可能性が高くなります。

それを避けるため、たとえ時間はかかっても、理解できるまで質問し、納得してから先に進みたいものです。

リノベーションやメンテナンスを日常的に住人が行う国では、一般の人でも業者レベルの知識や技術力を持っているとか。

しかし日本には、そのような土壌はありません。

図面を読み解くのは、慣れない人にとっては大変な作業です。

ゆっくりでいいので、ひとつひとつ読み進め、納得してから契約してくださいね。

それでは良い週末を。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング ←令和もよろしく。



プロフィール

井上社長

RCdesign のご紹介
スペースの都合で小さい画面になっております。お手数ですが、全画面でご覧ください。
おすすめ
お知らせ
現在リクルート発刊
の『東京の注文住宅』
に弊社が掲載されてい
ます。もう買って頂け
ましたか?
書店で380円ですの
で、是非ご覧になって
下さいね。



専門家を探せる、相談
できるALL About プロ
ファイルに出展してます


全国工務店ブログ広場

一日一度のクリックを
ありがとうございます!
にほんブログ村 住まいブログへ


住まいランキング

ブログランキング

友だち追加

livedoor 天気
QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
住まいづくりの秘訣       無料メールセミナー
住まいづくりをお考えの方が後悔する前に知っておくべき内容を書き下ろしました。失敗しない住まいづくりノウハウを是非お受け取りください。
お名前 ※
E-Mail ※
都道府県 ※

RCdesign公式facebook
ブログ内記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ