住まいはRC(鉄筋コンクリート)にしなさい!

東京で家を建てるならRC(鉄筋コンクリート)住宅。 (株)RCdesign(アールシーデザイン)社長の日記です。

住宅業界

いつもありがとうございます。ご愛顧感謝申し上げます。こだわりの一戸建て住宅や2世帯住宅、賃貸併用住宅の安定経営など、住まいに関するノウハウを株式会社RCdesignの代表井上がお届けいたします。

住宅業界も大混乱とか。

長寿命の家を建てるならRCdesign

晴れの東京です。

そんな今日は朝から内装屋さん、電気屋さん来社打ち合わせ、リフォーム工事計画検討、北区のお客様と連絡、大田区北千束計画検討、提携会社さんと電話、金融機関へ、帰社後は書類作成など。

午後からは西台のお客様来社、北区赤羽計画のお客様にご来社頂き打ち合わせ、ありがとうございます。その後現場視察など、帰社後は渋谷区計画検討、図面作成など。夕方はリフォーム工事軽作業、お問い合わせ対応、資料作成、ミーティングなど。

今年の桜は忍耐力が凄いと思います。

ではこちら。

「住宅業界」コロナショックで大混乱の背景事情

新型コロナウイルスの影響で混乱が生じている住宅産業。その要因と経緯、今後の展開について考えます

新型コロナウイルスの世界的な感染拡大の影響が、これまでインバウンドの恩恵を受けてきた観光とその周辺産業、東京オリンピック・パラリンピックを含む各種イベント産業を直撃している。

そして、その中で住宅産業について現在、住宅設備の品薄というかたちで影響が表れ、住宅事業者と施主に混乱が生じている。
2020年4月3日 5時25分 東洋経済オンライン

なるほど。

同業者の方はもちろんのこと、この春に引き渡しを予定されているオーナーの皆さん、またこれから建築を予定されている方も、今の状況は本当に不安を感じていることと思います。

幸いにも他の産業に比べれば、まだ緩やかというか、出来ることもあるという点では、恵まれていると思っても良いのではないでしょうか。

とは言え、入居したくてもトイレが使えないとか、お風呂に入れないということでは、家としての機能を果たすことは出来ませんので、ご不便をお掛けしていることに変わりありませんし、心配と不安を感じていることと思います。

しかし、日本の各メーカーさんでは、日々状況の改善に注力してくれていますし、少しずつではありますが、改善の方向に向かっているようですので、必ず解決する日が来ますので、今暫くお待ち頂けますようお願い申し上げます。

今回の状況が発生してしまった要因としては、近年の住宅設備が多様化、多機能化しているということもその一つで、キッチンを例に挙げると、レンジフードやガスコンロ、IHクッキングヒーター、レンジフード、食器洗浄機などといった付帯機器があり、それらも同様に品薄状態になっており、影響を大きくしているようです。

また、このほかにも給湯設備や照明器具、エアコン、ドアなどの内装・建具部材、石材や門扉などの外構部材などにも供給の遅れや品薄状態が発生、またはその可能性が浮上しているということ。

ご存知の通り、今の日本で供給されている商品は、全て日本製ということは非常に稀で、先のトイレの場合も、本体の便器は陶器で出来ていますが、この陶器は日本で製造されているものの、便座やその周辺設備などは、中国で生産されている部品も多く使用されています。

それは家電や車などでも同様で、全ての部品が揃って初めて商品になりますので、海外からの部品供給が止まってしまうと、商品が完成しないということになります。

さらに今回は、建築業界の繁忙期と言われている3月の年度末に重なってしまったということも、状況が悪化した要因になっていると思います。

記事にもありましたが、一般的に一戸建ての住宅1棟に、どれくらいの部材(部品)が使われているかというと、例えば大手ハウスメーカーでは「住宅の部材・部品数は1棟あたり1万点」と言われています。

建築物は住宅1棟を供給するのにも、多種多様な業態の事業者が全国津々浦々で関わっていて、部品や素材だけをざっと見ても、木材や鉄、コンクリート、ガラス、プラスチックがあるし、その加工、物流、製造、さらには大工など建築に携わる人々など、本当に多岐に渡って影響があるわけです。

これだけ多くの部品や人を揃えるだけでも、大変なことだと思いますし、さらにその部品を正確に組み立てるということは、不具合の発生確率も上昇してしまうことが予想されます。

建築物の安定した供給と性能の確保を考えると、構成する部品は一つでも少ない方が有利ですし、コストダウンもし易いように思います。

そういった意味でも、現場打ちのRC(鉄筋コンクリート)造なら、構造躯体全体を一つの部品にすることが可能ですので、多くのメリットを発揮することが出来ます。

今の状況から次世代までを考えれば、やはり住まいはRC住宅がオススメですね。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング ←ご声援お待ちしております。



贈与非課税枠が拡大されそうです。

ブログネタ
RC住宅を建てよう! に参加中!
東京で資産住宅を建てるならRCdesign

残暑お見舞い申し上げます。

そんな今日は朝から社内ミーティング、業者さんと電話、9丁目のお客様とお電話、お問い合わせ対応、信用金庫さん来社打ち合わせ、世田谷区砧計画検討、小金井計画検討、書類作成など。

午後は杭屋さん来社打ち合わせ、解体業者さんと電話、電気屋さん来社打ち合わせ、書類チェック、板橋区板橋3丁目計画検討、資料作成、板金屋さんと電話、豊島区駒込計画など。夕方は世田谷区弦巻のOBオーナー様とお電話、ありがとうございます。商社さん来社打ち合わせ、練馬区田柄計画検討、図面作成など。

休暇明けの身体には厳しい暑さだったのではないでしょうか。くれぐれもご自愛くださいませ。

ではこちら。

贈与非課税枠1500万円超に 住宅購入、増改築で

国土交通省は13日、住宅の購入や増改築のため親や祖父母から受けた資金にかかる贈与税の非課税枠に関し、現行の最大1千万円から拡大するよう2015年度税制改正で要望することを決めた。1500万円を超える額で、住宅業界が要望する3千万円までの範囲を検討している。今年末までの非課税措置の期限も数年間延長するよう求める。

4月の消費税率引き上げの影響で新築住宅の着工戸数が減少する中、若い世代の住宅取得を促し、住宅市場を活性化させる狙いがある。
共同通信 2014年08月13日18時36分

なるほど。

これは記事にもあるように、今年の春以降消費税増税の影響から、着工戸数が減少していることもありますし、一方では職人さん不足や資材不足による建築費の高騰から、着工を先送りしているマンション業者や建て売り業者の影響もあり、販売物件の減少が市場の停滞を招いているようです。

そこで、いつものように景気の下支えという名目から、住宅業界としても何らかの対策を要望しているところのようです。

目先だけを考えれば、非課税で3千万の贈与を受けられると、比較的若い世代でも住宅の取得が可能になるでしょうし、その意欲も湧いてきますので、少なからず市場の活性化にはなるでしょう。

しかし、もしかすると来年1月から始まる相続税の増税から、目をそらせるための施策にもなりそうな気もしますし、住宅業界としての要望も、国としての策も、今ひとつ目的と効果がわかりづらいように思います。

すでに言われているように、日本国内の空き家数は昨年10月に820万戸を超えていますし、空き家問題は全国的にも社会問題として、対策が議論されているところです。

私個人的には、せっかく贈与税の非課税枠を設けて、若い世代に住宅所得をすすめるなら、取得する住宅の質や性能を限定することも必要だと思います。

これから新たに造る家や、建て替え、リフォームについても、耐震性はもちろん、耐火性や耐久性の高いもので、なおかつ断熱性や気密性に優れた、快適で省エネな暮らしが実現出来る家にしなければいけません。

そうです。人口が減少すると同時に、家の性能が高まれば、新築住宅の着工戸数が減少するのは当たり前なんです。

確かに住宅業界としては、今後も非常に厳しい状況になりますが、質の高い住宅を残すことが出来れば、将来的には国民の財産を保つことになり、結果として日本が豊かになることが出来ると思います。

弊社では、そんな思いからRC(鉄筋コンクリート)住宅を専門とする設計事務所として、また工務店として1棟ずつ大切に造らせていただいております。

ハウスメーカーさんのご予算でRC住宅の建築は十分可能です。是非お気軽にご相談ください。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキングへ ←応援のクリックをどうかひとつ!


 
プロフィール

井上社長

RCdesign のご紹介
スペースの都合で小さい画面になっております。お手数ですが、全画面でご覧ください。
おすすめ
お知らせ
現在リクルート発刊
の『東京の注文住宅』
に弊社が掲載されてい
ます。もう買って頂け
ましたか?
書店で380円ですの
で、是非ご覧になって
下さいね。



専門家を探せる、相談
できるALL About プロ
ファイルに出展してます


全国工務店ブログ広場

一日一度のクリックを
ありがとうございます!
にほんブログ村 住まいブログへ


住まいランキング

ブログランキング

友だち追加

livedoor 天気
QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
住まいづくりの秘訣       無料メールセミナー
住まいづくりをお考えの方が後悔する前に知っておくべき内容を書き下ろしました。失敗しない住まいづくりノウハウを是非お受け取りください。
お名前 ※
E-Mail ※
都道府県 ※

RCdesign公式facebook
ブログ内記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ