住まいはRC(鉄筋コンクリート)にしなさい!

東京で家を建てるならRC(鉄筋コンクリート)住宅。 (株)RCdesign(アールシーデザイン)社長の日記です。

価値

いつもありがとうございます。ご愛顧感謝申し上げます。こだわりの一戸建て住宅や2世帯住宅、賃貸併用住宅の安定経営など、住まいに関するノウハウを株式会社RCdesignの代表井上がお届けいたします。

郵便料金の値上げとか。

価値ある家を建てるならRCdesign

曇り続きの東京です。

そんな今日は朝から日野市計画検討、図面作成、その後信用金庫さんへ、帰社後は出版社さん来社打ち合わせ、お問い合わせ対応、商社さんと電話、渋谷区計画検討など。

午後は来客面談、提携会社さん来社打ち合わせ、豊島区千早町計画検討、横浜市南区計画検討、見積もり作成、サッシ屋さん来社、お問い合わせ対応など。夕方は図面作成、大田区仲池上計画検討、設備屋さん来社、ミーティングなど。

もしかして、このまま秋になってしまう、なんてことはないでしょうね。

ではこちら。

手紙は84円、はがきは63円 10月から値上げへ

日本郵便は今年10月からの消費増税に伴う郵便料金の値上げを発表しました。

新たな料金は、手紙は現在の82円から2円高い84円に。はがきは62円から1円高い63円になります。手紙の値上げは2014年4月の消費増税以来5年半ぶり、はがきは2017年6月以来2年4カ月ぶりとなります。

また、ゆうパックも大きさや送る地域によって10円から60円の値上げになります。日本郵便は新しい料金に対応した切手やはがきを来月20日に発売します。現在、使われている62円切手などは9月末で販売を終了します。
2019年7月9日 6時19分 テレ朝news

なるほど。

今日の記事は業務連絡的な内容になりますが、いよいよ10月に迫って参りました消費税の増税に伴って、郵便料金も値上げになるということです。

これが以外と忘れてしまって、古いはがきや切手をそのまま使ってしまい、先方にご迷惑をお掛けしてしまったり、ちょっと恥ずかしい思いをしたこともあります。

いまだに封筒で書類を送る時、82円切手の重さを少しだけオーバーしてしまうことがありますが、82円切手で遅れる重さは、25gまでということですので、封筒+A4用紙だと4枚が限界なんですね。

とはいえ、書類を送るということは、どんなに小さな封筒でも原則として人から人へ運ばれるということですし、どんなに近くても人が介在するという時点で、82円は大変お得な感じがします。

現在の日本では、運送業界でも人材不足と言われていて、どんなにトラックを用意しても、運転してくれる人がいなければ、モノを運ぶことが出来ないという状況で、その影響が各方面に出ているところだと思います。

もちろん、我々建築業界でも、多くの部品や材料を必要としますので、その全てが多方面から運ばれて来るんですけど、その分コストアップの影響を受けてしまいます。

なるべく無駄を少なくするように、材料をまとめて発注したり、自社のトラックで運搬するなど、出来る限りの対策と工夫をして、コストダウンに努めているところではありますが、これら諸事情を少なからずご理解を頂けると幸いに存じます。

消費税の増税も含めて、住まいづくりのコストが高騰している中ではございますが、お客様に価格以上の価値をお届けできるよう、最善を尽くしてまいりますので、引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

7月に気温が25℃未満で経過し、今日で夏日にならなかったのが5日連続となり、これは1993年以来26年ぶりということですので、くれぐれもご自愛くださいませ。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング ←お力添えを是非!



路線価の発表とか。

価値ある家を建てるならRCdesign

梅雨空の東京です。

そんな今日は朝から社内ミーティング、その後住設メーカーさんと電話、書類作成、中央区湊2丁目計画検討、お問い合わせ対応、渋谷区計画検討、電気屋さん来社打ち合わせ、提携会社さんと電話、資材発注など。

午後はメーカーさんと電話、板橋区若木計画検討、お問い合わせ対応、住設建材メーカーさん来社打ち合わせ、事務組合さんと電話、資材メーカーさん来社打ち合わせ、税理士さんと電話など。夕方はシステム調整、リフォーム計画検討、日野市計画検討、構造担当と電話、ミーティングなど。

あっという間に気づけば7月です。今年後半も頑張りましょう。

ではこちら。

「路線価」最高額は34年連続で銀座中心地

国税庁は1日、相続税を計算する際の基準となる「路線価」を発表。全国平均は4年連続の上昇となった。

国税庁が発表した「路線価」の全国平均は、去年に比べて1.3%プラスとなり、バブル崩壊後初めて4年連続で上昇した。県庁所在地別では、那覇や大阪など5都市で20%以上の高い上昇率となった。
2019年7月1日 12時13分 日テレNEWS24

なるほど。

今年も例年通り、本日付で路線価が発表されましたね。

ご存じの通り、相続や贈与をお考えの方には、ちょっと気になる数字だと思います。

これまではあまり気にしたことがないという方のために、簡単にご説明をしておきますと、路線価という名前のとおり、地域の道路に面する宅地の、1平方メートルあたりの評価額とされていて、おおよそ地価公示価格の8割程度の価格とされています。

この数字は相続税や贈与税などの税金を算定するために使われるものですが、よく似たもので固定資産税や都市計画税・不動産取得税・登録免許税の計算に使われる固定資産税路線価もありますので、注意が必要です。

この話題では毎年取り上げられるのが最高額の場所で、今年も34年連続で東京・銀座の鳩居堂前ということでした。なんと1平方メートルあたりで4560万円ということですので、はがき1枚分で約67万5000円になるそうです。

これはあくまでも路線価ですので、実勢価格とはかなりの差があると思われますので、実際に売買するとなると、というような余計なことは考えなくてもいいでしょう。

一方で注目されていたのが、県庁所在地別でも那覇市の国際通りが去年に比べて39.2%上昇し、全国でトップの伸びとなっていたようです。

ご存知の方も多いと思いますが、今沖縄はバブルの真っ只中という感じで、土地の高騰と同様に家賃などもかなり爆上げされているようです。

これはインバウンドと言われる外国からの観光客の増加や、都内からの移住者なども増えていたりすることが要因のようです。

私個人的には、土地の価格が緩やかに上昇している状態が理想的だと思うんですけど、何か特殊な要因で急激に上昇してしまうような、バブル的な現象は注意しないといけないと思います。

さらに言えば、土地の価格と同様に建物の価格も、単に帳簿上の耐用年数で決められるようなことではなく、時間の経過とともに緩やかに上昇するような、そんな市場が形成されるといいと思うんですけど。

もちろんそんな社会環境になったとしても、価値を維持できる建物なら、RC(鉄筋コンクリート)造がオススメです。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング ←お力添えを是非!



TOTOさんの値上げとか。

価値ある住まいを建てるならRCdesign

快晴の東京です。

そんな今日は朝から日野市計画検討、図面作成、文京区根津のOBオーナー様とお電話、大工さんと電話、設備屋さんと電話、信用金庫さん来社、お問い合わせ対応、渋谷区西原計画検討など。

午後は図面作成、大田区仲池上計画検討、書類作成、信用金庫さんと電話、事務組合さんと電話、お問い合わせ対応、渋谷区西原計画検討など。夕方は提携会社さんと電話、中央区湊2丁目計画検討、ミーティングなど。

今朝は28年ぶりの冷え込みとなったそうです。体調管理にはくれぐれもご注意ください。

ではこちら。

TOTO、13年ぶり値上げ

TOTOは、衛生陶器や温水洗浄便座、ユニットバスなどの住宅設備機器の希望小売価格を、10月1日受注分から値上げすると発表した。

鋼板や銅といった原材料価格や物流費、人件費などの上昇によるもので、企業のコスト削減努力だけでは対応できないとして、価格引き上げに踏み切らざるを得ないと判断した。

主要商品の値上げは平成18年度以来、約13年ぶり。衛生陶器は6〜7%、温水洗浄便座が4〜6%、ユニットバスが5〜7%の値上げとなる。
2019年5月7日 19時3分 産経新聞

なるほど。

住宅設備機器の大手企業さんもいよいよ値上げを実施されるとのことです。

TOTOさんは、弊社でも比較的取扱が多いメーカーさんなんですけど、それには当然理由があって、その品質はもちろんのこと、アフターメンテナンスや部品供給、モノづくりに対する考え方など、共感できる部分があって、はじめてお客様にもオススメ出来るわけです。

似たようなデザインでより安価な部材も入手可能ですが、設備機器などは暮らしに直結する部品ですし、建物全体の性能や住み心地にも影響しますので、慎重に選んで頂きたいところです。

今回は設備メーカーさんが製造販売する部品の値上げですが、実際はその部品を組み立て、取り付けする必要があり、その部分のコストアップも避けられない状況です。

メーカーでの工場生産では、ある程度機械化が進んでいますので、少なからず無理の効くところもありますが、記事にもあったように、原材料価格や物流費も、元は人件費が高騰していることが原因にあります。

今後は部品以上に、運搬、組み立て、取り付けなど、人の手を必要とする部分での値上げが予想されますが、モノづくりに関わる人材が不足している中では、相当に需要が減ったとしても、供給が過剰になることは考え難い状況です。

選択肢は二つ。安価で供給するために、規格品を大量生産したものか、もしくはこだわりの一品を人の手によって造るか。

もしかすると、上記をバランスよくミックスした造り方もあるかもしれません。

本来大切なのは価格よりも価値のはずです。もちろん同じモノなら安いに越したことはありませんが、選択基準が価格だけというのは危険です。

価値をご理解頂ける方に、喜んでいただけるよう最善を尽くして参ります。

住まいはRC住宅を是非ご検討ください。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング ←令和もよろしく。



高くてもいい時計とか。

東京で失敗しない家を建てるならRCdesign

晴れ時々くもりの東京です。

そんな今日は朝からミーティング、資材メーカーさんと電話、お問合せ対応、税理士さんと電話、商社さん来社打ち合わせ、文京区根津計画検討、葛飾区新小岩計画のお客様とお電話など。

午後は外装メーカーさん来社打ち合わせ、キッチンメーカーさんと電話、中野区大和町計画検討、解体屋さんと電話、板橋区双葉町計画検討、群馬の業者さんと電話、資料作成、図面作成など。夕方は出版社さんと電話、各種段取り、文京区大塚のお客様とご連絡、資料作成、ミーティングなど。

夕方からは雨になりました。湿度も回復したようです。

ではこちら。

今の時間は、えーと「2×7÷2」時!?計算しないとわからない脳トレクロック【納得の逸品】

世の中“安くていいモノ”の情報は氾濫していますが、人々が本当に欲しい情報って、実は“高いけど買ってよかったモノ”の情報では?

なぜなら、高い買い物はやっぱり失敗できないじゃないですか?ここではなかなか高価で手が届かないと思われるモノを、実際に思い切って購入した人が、たしかに高かったけど結果的には納得できた! という理由とともに、そのモノについて熱く語ってもらいました。

いやー、高いモノにはちゃんと理由があるんですね、やっぱり。
2017年11月13日 13時30分 DIGIMONO!

なるほど。

確かに、日本ではすっかり染みついてしまった感じがする、安物買い至上主義ですが、もちろん同じ消耗品なら、価格の安い方が良いと思いますし、安くていいモノを見つける喜びもありますね。

しかし、一度でも価値ある高価なモノの良さや実力、その価格の差を知ってしまうと、戻ることが出来ないかもしれません。

ただ、最近の賢い人達は、価格と価値をしっかりと見極めて、安価なモノで良しとすることと、高価でも長く使えてお得になること、またはデザインや性能が自分の好みならある程度高価でも良いということを使い分けているように思います。

さて、記事で紹介されていた時計ですが、早速画像を拝借して参りましたので、ご覧ください。

171026clock01なかなか良いですね。

これはフランス生まれの一風変わった置き時計『アルバートクロック』という商品だそうです。

しかし、画像をご覧頂くとわかるとおり、その表示方法が他の時計とは全く異なっていますね。

「2×7÷2」h:「3+2×7」minって、パッと見た瞬間、何時何分ってすぐには答えられないかもしれませんが、その数秒間考えることが、心地よかったりしそうです。

さすが、商品名からもわかるとおり、アルバート・アインシュタインから名付けられた脳トレクロックです。単純に時刻を知らせてはくれず、表示される足し算・引き算・かけ算・割り算を解かなければならない時計なんですね。

くっきりとした白色LEDディスプレーを備え、難易度は6段階から選択可能だそうで、12時間表示、または24時間表示から選べる。全3色展開。問題の価格がなんと、4万2984円です。

計算式の難易度や切り替わりのスピードが調整可能ですので、実用性のある脳トレアイテムとして使えるのはもちろんのこと、子育て中の家庭なら、子供も喜びそうなので、学べるクロックとして導入を検討してもいいかもしれません。

あとはこのお値段をどう考えるか、4万円以上の置き時計であるものの、そのわりに時間がすぐに分からず、かつ通常の時刻表示は一切出来ないという時計を、面白いと思ってこの金額を出すことが出来るかが問題です。

比較的女性の方では何の興味も持って頂けないかもしれませんが、少々クセのある男性だと、きっと物欲をそそられてしまうに違いありません。ご検討されてみてはいかがでしょうか。

家にも価格以上の価値で結果的に納得したいなら、RC(鉄筋コンクリート)住宅がオススメです。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング  ← どうかひとつ!



500兆円の資産が飛ぶとか。

東京で資産になる家を建てるならRCdesign

雪とみぞれと雨の寒い東京です。

そんな今日は朝から資料作成、住設機器メーカーさんと電話、ガス会社さんと電話、高田馬場計画検討、都市銀行さん来社打ち合わせ、図面作成など。

午後は港区内でご検討のお客様にご来社頂き打ち合わせなど、ありがとうございます。その後金融機関へ、帰社後は文京区大塚3丁目計画検討、見積作成、高田馬場計画のお客様とお電話など。夕方は豊島区西巣鴨計画検討、お問い合わせ対応、ミーティングなど。

数百メートルの距離なのに、事務所周辺は無かったのに、我が家の周りは雪が積もっていました。

ではこちら。

住宅の価値が20年でゼロに、日本の「異常な状況」―中国紙

日本の国土交通省がこのほど行った調査で、1969年以降の住宅方面への累計投資額と住宅の資産価値との差額を調べたところ、約500兆円という巨額の資産が羽もないのにどこかに飛んでいってしまったことがわかった。

これは日本の国内総生産(GDP)に相当する金額だ。日本国民はこうした事実をよくわかっていない。所有者の多くは住宅を売りに出そうとする時に初めて、自分の最も大切な資産が一銭の価値もないということに気がつく。上海証券報が伝えた。

日本の不動産市場における中古物件の割合は13%にとどまる。中古に人気がない原因はさまざまで、最も重要なのは住宅の価値が購入後に下降の一途をたどるということにある。

日本では約60%を占める木造住宅が価格低下ペースが最も速い。しっかりした木造住宅でも、20年も経てば同じ道をたどり、資産価値はゼロになる。
2017年2月9日 6時20分 Record China

なるほど。

なんとも酷い話ですが、これは日本の政府や金融機関、業界関係者にとっては不都合な話として葬られてしまうかもしれませんね。

記事は中国のメディアから配信されたもののようですが、それゆえに鋭い指摘というか、言い難いことをしっかりと伝えているように思います。

その元になっている資料は、恐らく国土交通省が平成27年8月3日付で発表した「中古住宅市場活性化・空き家活用促進・住み替え円滑化に向けた取組について」というものだと思いますが、本来の目的は表題の通りです。

もしかすると、すでに持ち家を所有されている方達にとっては、聞きたくない内容かもしれませんし、聞かされても信用したくないと思われるかもしれません。

記事でも指摘されていましたが、現在の不動産市場では、所有者がどんなに手を入れて、メンテナンスを怠らなかったとしても、不動産仲介業者はそれを評価しませんし、する術を持ち合わせていないと言えます。

その結果価値を維持できない不動産は、当然のことながら財産とはみなされませんから、日本の不動産市場では財産が絶えず普通の商品へと変えられているということです。

記事にある不動産の価値が20年でゼロになるというその根拠は何かというと、財務省では木造住宅の耐用年数を22年と規定されているものの、実際の市場ではその価格と税制度との間に何の関係もありません。

しかし、それでもこの規定が不動産業界では一般的に通用しているということで、そこには政府や不動産業界、建築業界、銀行業界が手を取り合って生み出した異常な状況が現在の日本ということです。

記事では、政府からすると新築住宅は消費財であり、固定資産であるとの位置づけで、消費税と固定資産税を同時に徴収できる。一方、中古住宅は市場に流通しても、基本的に消費税は徴収できず、付随した土地の売買でも消費税を徴収することはできない。

さらに、政府の政策的観点からみると、住宅着工率は経済成長を左右する重要な要因で、中古取引が活発になると、新規着工率が打撃を受け、経済成長を促す政策の効果もこれに応じて減退することになってしまうという不都合があるということ。

ご存じの方も多いかもしれませんが、米国と英国では住宅に対して消費税は徴収されないんですが、日本では住宅を景気対策の目玉として扱ってきましたから、実はなるべくスクラップアンドビルドを繰り返してもらう方が、各関係者にとって都合が良いわけです。

それは銀行にとっても同じで、中古物件の取り扱いは基本的にメリットよりもデメリットの方が大きいと言われていて、銀行としては手間がかかる割に不良債権のリスクが増大するということを恐れているようです。

実際に現在の日本では、バブル経済が崩壊してからすでに20年以上が経ちましたが、当時家を買った人が還暦を迎えて、人生の新たなステージを楽しいものにしようと考え始めた時に、初めて現実の深刻な状況に見舞われてしまうとか。

記事でも、このような状況で新しい家を買うとか、建て替えや大規模なリフォームをするという経済的な余裕が無い場合、古い家に住み続けるしかなくなり、そのまま手入れも出来ず老朽化が進みますので、当然空き家として放置されるようになることが懸念されていました。

これまでに、少なからず資産性を期待して家を所有されていた方や、資産だと思って相続された方も、いざ売却をしようとしたら資産価値が激減していたら、それは相当なショックでしょう。

しかし、今回の国土交通省の調査結果では、現実に500兆円もの資産がどこかに消えてしまったとされていますので、もしこれから家を建てる機会がある方には、資産性を考慮した住まい選びをしてほしいと思います。

資産性を考えたら、住まいはRCの家がオススメです。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキングへ  ←応援よろしくお願いします!



ヨーロッパ流の子育てとか。

東京で欧州的な家を建てるならRCdesign

晴れて暖かな東京です。

そんな今日は朝から朝霞計画検討、提携会社さんと電話、地方銀行さん来社、世田谷区奥沢6丁目計画検討、弦巻のお客様とお電話、業者さんとお電話、中区野毛町計画検討、原稿作成など。

午後は来客面談、大工さんと電話、その後朝霞の現場へ、大工さんと打ち合わせなど、帰社後は業者さん来社打ち合わせ、お客様とお電話など。夕方は北松戸計画検討、西巣鴨計画検討、提携会社さんと電話、弦巻のお客様とお電話、原稿作成など。

IMG_7527こちらの写真は現在施行中のリフォーム工事で、1階の床を解体したところやっぱり出てきてしまいました。そう、土台がシロアリの被害に遭っていました。

もちろんこの後全ての部材をチェックのうえ、怪しいものは新しい土台に交換させていただきました。

一般の方は経験が無いと思いますが、シロアリに食われた木材は指が簡単に刺さるくらいスカスカになっていますので、強度は全く期待できません。本当に怖いですね。

ではこちら。

モノの価値を教える、ヨーロッパ流の子育てとは?

買い物は本物の大人へと育てる教育のひとつ。安いモノを大量買いはNGです!「いいモノを長く使う」ことを教えてあげませんか?

いいものを長く受け継ぐのがヨーロッパの精神。

プチプラショップやコンビニで手軽にお安くモノが手に入ってしまう日本に住んでいると、つい消費活動に熱心になりがち。ときにはヨーロッパ諸国のいい意味での「ケチケチ精神」に学んでみませんか?

旅行していて感じたのが、ヨーロッパ諸国ではモノを買うときはとことん吟味し、「いいモノを長く使う」ことが当たり前となっているということ。例えば、評価の定まったハイブランドや定番商品を選んだり、洋服を買うときもとことん試着します。

婚約指輪を代々受け継いだり、親が愛用するシューズやバッグをその子どもが使うのはごく普通のこと。ヨーロッパの人たちは素材・品質にこだわり、本当に気に入ったものだけを厳選して購入しているようです。「安くても新しいモノを」なんて考えがちな日本人には新鮮な感覚ですよね。そんなステキでエコな考えを、子育てにアレンジしてみませんか?
2016年5月19日 9時0分 mamagirl 

なるほど。

日本人も最近はヨーロッパの暮らしや文化に憧れる人が多くなったように思います。

女性の洋服や装飾品などの貴金属、家具を含めたインテリアなどは、その先進性や完成度から人気があって当然といえるものだと思います。

もちろん家そのものについても、南欧風というようなキーワードがトレンドになるくらいですから、やはりヨーロッパの影響が大きいと言えます。

しかし残念ながら家についてはあくまで風に止まっていて、ぱっと見の雰囲気がヨーロッパの町並みに似ている家というところが多いですね。

記事にもありましたが、本来ならばヨーロッパ諸国の考え方を理解するところから始めなくてはいけないと思います。家具ひとつをとっても、「どうせ買うのならいいものを、長持ちするものを」と、価格よりも質を重視するという考え方なんですね。

さらに、ヨーロッパの人たちが先祖の建てた家で暮らし、祖父母が買った家具を愛用するのは、「生涯大事にすべきもの」をみんなが理解できているからですし、その結果として住宅の平均寿命が100年を超える結果となっているわけです。

何でもかんでも安価であれば良い、安さこそが選択基準になっている日本では、大抵のものは揃ってしまいますので大変便利なんですが、買いものをして失うのはお金だけではありません。「価値のあるモノ・ないモノ」、「ずっと使えそうなモノ・使えないモノ」を見極めて、子どもにもモノを大切にするエコな精神を伝えていくことが大切なんです。

記事ではそんなヨーロッパの精神と考え方を見習って、親がよく選んで買い物する姿を見せることで、お金の尊さをレクチャーしましょうということ。

ヨーロッパ流ということでは、働くこと、お金を得ることの尊さを子どもに知ってもらうのには、「値段」よりも「モノの良し悪し」を教えることが大切になります。

安いからといって大量買いするのではなく、値段が高かったとしても気に入ったものをじっくり選んで買う。親がそういう姿を子どもに見せるのは、買い物の極意を教えるための第一歩となるでしょう。

決して難しいものではありませんね、「必要ないモノは買わない、必要なモノはよく選んで買う」。これだけで親の意識も、子どもの感じ方も変わるのではないかと思います。

となれば、やっぱり子育て世代の方にも、二世帯住宅で同居される方にも、3世代が100年以上も安心して暮らせる、本物の鉄筋コンクリート(RC)住宅がオススメです。

それでは。

今日もありがとうございます。

 ←ご声援をよろしく。
人気ブログランキングへ 



家づくり講座は価値と満足。

ブログネタ
住まいの選び方 に参加中!
東京でこだわりの家を建てるならRCdesign

くもり空の東京です。

そんな今日は朝から世田谷区奥沢計画検討、お問い合わせ対応、書類作成、その後板橋区徳丸6丁目計画の現場にてお客様と打ち合わせなど、ありがとうございます。帰社後は世田谷区弦巻のお客様とお電話など。

午後は新宿区市谷柳町計画検討、図面作成、見積作成、7丁目のお客様へ書類お届け、構造担当と電話、板橋区板橋3丁目計画検討など。夕方は世田谷区大蔵2丁目計画検討、見積作成、練馬区豊玉計画検討、所沢市東所沢計画検討、ミーティングなど。

早いもので明日は立冬ですね。もう冬が始まってしまうのかと思うとちょっと寂しい気がします。それでは今週も土曜日恒例の家づくり講座第269回をお届けいたします。どうぞお付き合いください。

家づくりでも、お金を払う価値があるものとないものがありますね。

材料で例えるなら、健康と癒しを与えてくれる自然素材には、お金を払う価値があります。しかし、シックハウスの原因になる建材には、お金を払う価値がありません。

作業員で例えるなら、しっかりと修行をし、知識と経験が豊富な熟練の職人にはお金を払う価値があります。しかし、向上心が無く単純作業しか出来ない作業員にはお金を支払う価値がありません。

営業マンで例えるなら、あなたがより幸せに暮らせるような家づくりを、とあなたの話を真剣に聞き、懸命にサポートし、入居後も良い関係が続く営業マンにはお金を払う価値があります。

しかし、あなたのためではなく、自分のノルマ達成のために接してくる営業マンや、自分の考えを押し付けてくる営業マンには、お金を払う価値がありません。

業者で例えるなら、あなたに叶えたい夢を尋ね、それを実現しようと全力を尽くしてくれる業者にはお金を払う価値があります。しかし、あなたに間取りや求める性能を聞き、快適な空間を提供することしか思いつかない業者には、お金を払う価値はありません。

ご存知の通り、家づくりには多額の費用が必要です。

その費用を数十年に渡って返済し続けるんですから、どうせなら納得できるお金の使い方をしたいと思いませんか?

快適な空間で暮らすためだけなら、賃貸住宅や建売住宅でも構いませんよね。

多額の費用を使って一戸建てを新築するなら、夢を叶えてくれて、今よりずっと幸せに暮らせる家でないと、建てる意味がありません。

快適に暮らせることと幸せに暮らせることは、一見似ています。ですが、よくよく考えてみると全く別のものだと気付くはずです。

「いやあ、夢なんて特にないし、今より広い家で暮らせたらそれで十分だよ」と考える人もいるでしょう。しかし、こだわりの無い家を建てた時に得られる満足感はわずかです。

その上、それほど思い入れも持てないので、家を大切にしようと思わないものです。

ところで、あなたには「こんな夢を叶えるために新築したい!」という明確な目的はありますか?

もし「隣近所の騒音問題に疲れたから」「子どもをもっと広い家で育てたいから」といった理由だけで新築すると、防音や間取りなど、問題解決を重視した家づくりになってしまいます。

そのために新築して、多額の借金を長期間返済するのも1つのあり方でしょうが、夢を叶えることを意識すると、住まいづくりはもっともっと面白くなります。暮らし始めてからの満足感も全く違います。

満足感を得られる家は、お金を払う価値があります。そのためには、新居で何をしたいのか考えてみましょう。

突拍子もないアイデア、子どもの頃の夢、大人になってからの夢・・・。

「こんな夢を叶えるなんて無理だ」と思わず、まずは夢を全部書き出してみましょう。

もちろん予算には限りがあって当然です。それでもすべてとは言わず、これだけは夢を叶えられたという部分があると、満足度は大きく違ってきます。そのためにはプロのアイデアや提案力が必要になります。

本格的な天体観測ができる施設を自宅につくった人もいます。限られた予算で自然素材の家をつくった人もいます。憧れのガレージハウスを建てた人もいます。子育てを楽しむための家を用意した人もいます。世界中から厳選した空間で過ごすための家を建てた人もいます。お金を払う価値がある業者と夢を叶える家づくりをする・・・。

考えるだけでワクワクしてきますね。 

それでは良い週末を。

今日もありがとうございます。

  ←ご声援ありがとうございます!
人気ブログランキングへ  



プロフィール

井上社長

RCdesign のご紹介
スペースの都合で小さい画面になっております。お手数ですが、全画面でご覧ください。
おすすめ
お知らせ
現在リクルート発刊
の『東京の注文住宅』
に弊社が掲載されてい
ます。もう買って頂け
ましたか?
書店で380円ですの
で、是非ご覧になって
下さいね。



専門家を探せる、相談
できるALL About プロ
ファイルに出展してます


全国工務店ブログ広場

一日一度のクリックを
ありがとうございます!
にほんブログ村 住まいブログへ


住まいランキング

ブログランキング

友だち追加

livedoor 天気
QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
住まいづくりの秘訣       無料メールセミナー
住まいづくりをお考えの方が後悔する前に知っておくべき内容を書き下ろしました。失敗しない住まいづくりノウハウを是非お受け取りください。
お名前 ※
E-Mail ※
都道府県 ※

RCdesign公式facebook
ブログ内記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ