住まいはRC(鉄筋コンクリート)にしなさい!

東京で家を建てるならRC(鉄筋コンクリート)住宅。 (株)RCdesign(アールシーデザイン)社長の日記です。

値引き

いつもありがとうございます。ご愛顧感謝申し上げます。こだわりの一戸建て住宅や2世帯住宅、賃貸併用住宅の安定経営など、住まいに関するノウハウを株式会社RCdesignの代表井上がお届けいたします。

家づくり講座はキャンペーンとか。

ブログネタ
RC住宅を建てよう! に参加中!
東京で本物の家を建てるならRCdesign

良い天気でも風の冷たい東京です。

そんな今日は朝から板橋区板橋1丁目計画検討、見積作成、徳丸6丁目でご検討頂いているお客様とお電話、ありがとうございます。大工さんと電話、練馬区の不動産会社さんと電話、資料作成など。

午後は所沢方面でご検討のお客様にご来社頂きました、ありがとうございます。板橋区板橋3丁目計画のお客様にご来社頂き打ち合わせ、ありがとうございます。建具屋さん来社打ち合わせ、図面作成など。夕方は世田谷区奥沢計画のお客様にご来社頂き打ち合わせなど、ありがとうございます。賃貸入居者さんと面談、お問い合わせ対応、資料作成など。

何とも曜日感覚がずれている感じですが、今日は土曜日なんですね。それでは恒例の家づくり講座第235回をお届けいたしますので、今日もどうぞお付き合いください。

さて、あなたは『値引き』とか『おまけ』と聞くとワクワクしませんか?

最近は、車を買うにも家電を買うにも値引き交渉するのが当たり前の時代になったのか、家づくりの時にも値引き交渉する人が増えてきているようです。

大手業者も、そんな心理はお見通しのようで「キャンペーン中にお申し込みの方は○○万円引き」とか「先着○名さまに豪華設備をプレゼント」といった企画で集客をしているケースがありますし、決算時期には、どうしても数字が足りない営業マンだと、信じられない値引きもあるとか。

でも、家づくりを勉強しているあなたなら、そのカラクリや怖さはご存知ですよね。

そんなキャンペーンで損をする分を、他のお客さんから多めに利益を取っているかもしれません。あなたの見積書のどこかを多めにして、帳尻を合わせているかもしれませんし、高い建材で見積もりを出して、安い建材を使うかもしれません。

もちろん、単純に自社の利益を削る業者もいるでしょうが、いつもそんなことをやっていては、会社の存続の危機を招くかもしれません。創業○周年などの記念として、単発的にやるのならまだ理解できますけどね。

あなたが値切り交渉をしても問題が無いのは、土地を買う時か建売住宅を買う時だけです。

その理由は、どちらもすでに存在するものだからです。車や家電と同じですね。

でも新築する場合は要注意。大手業者でも、あなたがOKした金額から自社の利益を確保して、残った予算の中から下請けいじめをして家づくりをするかもしれません。

ということは?

予算が足りなくなったら、業者はどんな手段で家づくりを続けるんでしょう。自社で負担するのか、あなたに負担をお願いするのか、それともこっそり建材の質を落とすのか・・・。いろんな方法がありそうですね。

『値引き』や『おまけ』は相手の負担を伴います。そうしてまであなたに家づくりを勧める狙いは何なのか。そこを考えると、魅力的なキャンペーンも冷静にチェックできそうですね。

それでは良い週末を。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキングへ  ← 応援のクリックを是非!



東京の注文住宅と値引き交渉など。

ブログネタ
RC住宅を建てよう! に参加中!
東京で注文住宅を建てるならRCdesign

良い天気でも一転寒い東京です。

そんな今日は朝から板橋区成増計画検討、図面作成、見積作成、ガス会社さん来社打ち合わせ、渋谷区神宮前計画検討、お問い合わせ対応など。

午後は資料作成、保険屋さん来社、文京区向丘計画検討、図面作成 、商社さん来社、サッシメーカーさん来社打ち合わせ、塗装屋さんと電話、リフォーム現場立ち会いなど。夕方は業者さんと電話、田端計画検討、図面作成、書類チェック、本駒込計画検討など。

1281690575_p (1)さて、本日は恒例の雑誌発売のお知らせです。

今回弊社でご紹介させていただいたのは、都市型子育て世代の一戸建てで、限られたスペースの中にも吹き抜けやカラーで遊び心を取り入れた住宅になっています。
 
シンプルな中に暮らしやすさを実現した住まいは、きっと皆さんの参考にして頂けると思います。

是非売り切れ前に、お近くの書店でお買い求めくださいませ。
 
ではこちら。
 
家を買うときの値引き交渉成功マニュアル

電気量販店で、「他店の値段を引き合いに出して値段を下げてもらう」といった話がありますが、これって住宅を買う場合でもアリなんでしょうか?

「同じような建物で地価も一緒くらいの物件が○○円だったけど、こっちも安くならない?」といった交渉は通用するのでしょうか? 不動産業者に聞いてみました。

――電化製品のように、ほかの同じような物件の価格を引き合いに出して値引きの交渉をするのってアリなんですか?


交渉の手段の一つとしてはアリです。周辺の似たような物件の価格などを出して「同じような物件がここより安い値段ですが、もう少し安くなりませんか?」なんて交渉するのは問題ないですね。もちろん、物件によりけりですが(笑)。

そうなんですね! 「じゃあ、ほかをあたってください」みたいに断られることも当然ありますよね?


もちろんありますね。同じような形の物件でも、建っている土地は当然違いますし、人気のあるないがあります。人気のある物件に対して、向こうと同じくらいに安くできないか交渉しても、「それなら安い方を買えばいいのでは?」と一蹴されてしまうでしょう。
マイナビニュース 2013年03月20日14時20分

なるほど。

建て売り住宅や分譲マンションの場合は、確かにこんな方法もアリかもしれませんね。

ただし、不動産は似たような物件でも「全く同じもの」は無いというところが電化製品と大きく異なる点です。ほかの物件を引き合いに出して交渉するのはアリですけど、成功する確率というのは電化製品のようなわけにはいかないでしょう。

それでもと言う場合は、販売されている不動産の情報をより深くリサーチしてみると交渉のネタになるかもしれません。販売が始まってから結構時間が経っていたり、何らかの事情で早く処分したいなどの情報があれば多少なりとも有利に進められるでしょう。

不動産も土地を含む場合はこのような交渉も可能ですが、建て替えやすでに土地がある新築の場合はちょっと状況が違ってくると思います。

まあ言うだけならタダですので、チャレンジしてみても良いと思いますが、建築についてはその値段の差が何かという点について、しっかりと理解しておく必要がありますね。

まったく同じ間取りで、同じ構造、設備、仕上げなら、比べるのも簡単ですし、誰でも判断が出来るものですが、見積段階ではそうではない場合が多いものです。

恐らく一般的には詳細見積を見比べても、その内容の違いや仕様の善し悪しを判断することは非常に難しい作業だと思いますので、そこもはっきりと業者に聞いてしまうのが良いと思います。

価格の安い理由やそのための方法を聞くのも非常に大切ですね。どんな方法でコストダウンをしているのか、その弊害はないのか、反対にコストアップしている点やこだわりのポイントも聞いてみると良いでしょう。

くれぐれも注意して欲しいのは、ただ単に安ければ良いという感覚になり、値引きが目的となって、住まい本来の目的を見失ってしまうようなことの無いようにご注意ください。
 
弊社では価格以上の価値ある鉄筋コンクリート住宅を提供しておりますが、コストのご相談もお気軽にお問い合わせください。
 
それでは。

今日もありがとうございます。

 ←応援のクリックをどうかひとつ!
人気ブログランキングへ



プロフィール

井上社長

RCdesign のご紹介
スペースの都合で小さい画面になっております。お手数ですが、全画面でご覧ください。
おすすめ
お知らせ
現在リクルート発刊
の『東京の注文住宅』
に弊社が掲載されてい
ます。もう買って頂け
ましたか?
書店で380円ですの
で、是非ご覧になって
下さいね。



専門家を探せる、相談
できるALL About プロ
ファイルに出展してます


全国工務店ブログ広場

一日一度のクリックを
ありがとうございます!
にほんブログ村 住まいブログへ


住まいランキング

ブログランキング

友だち追加

livedoor 天気
QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
住まいづくりの秘訣       無料メールセミナー
住まいづくりをお考えの方が後悔する前に知っておくべき内容を書き下ろしました。失敗しない住まいづくりノウハウを是非お受け取りください。
お名前 ※
E-Mail ※
都道府県 ※

RCdesign公式facebook
ブログ内記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ