住まいはRC(鉄筋コンクリート)にしなさい!

東京で家を建てるならRC(鉄筋コンクリート)住宅。 (株)RCdesign(アールシーデザイン)社長の日記です。

免震

いつもありがとうございます。ご愛顧感謝申し上げます。こだわりの一戸建て住宅や2世帯住宅、賃貸併用住宅の安定経営など、住まいに関するノウハウを株式会社RCdesignの代表井上がお届けいたします。

家づくり講座は免震とか。

東京で地震に強い家を建てるならRCdesign

曇りのち晴れの東京です。

そんな今日は朝から渋谷区千駄ヶ谷計画検討、見積もり作成、お問い合わせ対応、成増のお客様とお電話、日野市計画検討、資材発注、リフォーム計画検討など。

午後からは5丁目のお客様宅訪問打ち合わせ、その後西台の不動産会社さんへ書類お届け、帰社後は世田谷区大原計画検討、お問い合わせ対応、資料作成など。夕方は渋谷区千駄ヶ谷計画検討、見積もり作成、ミーティングなど。

少しずつですが、季節の変化を感じるこの頃です。それでは2月最後の土曜日も恒例の家づくり講座第393回をお届けいたします。どうぞお付き合いください。

花粉の季節となりましたが、いかがお過ごしでしょうか。

前回、耐震等級についてお話ししました。

耐震性が優れた住宅は地震によるダメージを受けにくい半面、木造などでは揺れの影響が室内に伝わりやすいので、家具の配置や固定など、安全面の配慮が欠かせないんでしたよね。

もしかしたら、それがあなたの『家づくりに対するこだわり』を邪魔してしまうかもしれません。

それなら、『免震』という方法もありますが、最近はあまり聞かなくなったように思います。

一般に免震とは、地盤と建物を免震装置によって切り離し、地震の揺れを建物に直接伝えない方法です。在来構造と比べると、地震による建物にかかる水平力を、5分の1から3分の1にまで低減することができます。

一方、免震住宅には、
・台風などの強風の際、2階以上の上階が揺れることがある
・設置費用が高額である(数百万円)
・地下室を設置できない
・敷地に余裕が必要
・ビルトインガレージを設置できない
・軟弱地盤や液状化のおそれがある地盤には設置できない
・木造3階建て、建物高さ13m以下、軒下9m以下に限られる
といった弱点もあります。

免震より費用を抑えて室内の安全性をある程度高める方法があります。

それは『制震』です。

家具の揺れはありますが、転倒防止金具を利用することで、一般住宅より被害を減らすことができます。こちらもあまり普及はしていないようです。

いずれにしても、まずは安全な土地を厳選することが大前提です。

そして、予算の中で創意工夫してこだわりや安全性を追求しましょう。

以前もお話ししましたが、一つの性能を追求し過ぎると、ほかの性能が劣ったり、暮らしにくくなる場合があります。

程よいバランスを追求したいですね。

安全性と快適性を省エネで実現する。これを高い次元でバランスよく実現出来るのが、RC住宅です。

それでは良い週末を。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング  ←こちらの応援も是非。



建物免震ゴムのデータ偽装とか。

ブログネタ
RC住宅を建てよう! に参加中!
東京で耐震住宅を建てるならRCdesign

雨上がりでも晴れて暖かい東京です。

そんな今日は朝から徳丸6丁目計画検討、大工さんと打ち合わせ、練馬区田柄計画検討、現場にて中間検査がありました、税理士さん来社打ち合わせ、鍵メーカーさん来社打ち合わせ、ご近所のお客様とお電話、板橋区板橋3丁目計画のお客様とお電話、ありがとうございます。

午後は図面作成、業者さんと電話、徳丸6丁目計画検討、お問い合わせ対応、設備屋さん来社打ち合わせなど。夕方はご近所のお客様宅へ、現地調査と打ち合わせ、北区王子のお客様とお電話など、ありがとうございます。

顔全体がかゆい感じがしますが、春の陽気はやっぱりいいものです。

ではこちら。

東洋ゴムの建物免震ゴム、データ偽装 国交省、大臣認定取り消し

東洋ゴム工業が製造・販売した建物の免震装置のゴム製部品について、不良品の出荷やデータの偽装があったと国土交通省が2015年3月13日に発表した。このうち、データ偽装があった3製品については、同日付で大臣認定を取り消した。

これら性能不足の製品を使ったマンションや役所の庁舎、病院などの建物が全国に55棟あり、改修などで住民らが一時退去を強いられる可能性がある。

問題となったゴム製品は、建物の基礎などで使われる建築用の免震ゴム。伸縮して地震の揺れを吸収し、建物に伝わりにくくする役割がある。子会社の東洋ゴム化工品が製造していた。建築基準法上、設置には大臣認定が必要となる。
2015年3月16日 13時4分 J-CASTニュース

なるほど。

ここ数日テレビのニュースなどでも取り上げられていましたので、すでにご存じのことと思いますが、またしても建築業界全般の信頼を揺るがすこととなりそうで、とても残念に思います。

今回の件は、当該メーカーが2003年(平成15年)から2011年(平成23年)にかけて、大臣認定を受けた免震材料について、地震の揺れを抑える能力が大臣認定品よりも低い製品を販売していたというものです。

具体的には、等価粘性減衰定数・等価剛性の平均的な製造ばらつきが大臣認定で許容されていた基準値±10%を超えていたことが問題となっています。

今日までにこの装置が使われている公共施設などが公表されていますが、販売された免震材料は2052基で、該当建物の所在地は、高知県9棟、神奈川県6棟、愛知県6棟、東京都5棟、宮城県5棟などとなっています。

用途別では、マンション25棟、庁舎12棟、病院6棟など。規模は、15階建て以上のものが10棟程度(最大で30階建て)ということです。

公共施設はもちろんマンションでも、東日本大震災以降では免震装置を採用する建物が少なからず増えてきていたところだったと思いますので、自宅マンションが免震装置付きの方はさぞかしご心配のことと思います。しかし、おそらくは建物本体に影響のない方法で装置の交換が出来るはずですので、ご安心頂いても大丈夫だと思います。

ここで確認しておきたいのですが、この免震の他にも、地震に対する策としては制震と耐震という方法もあります。これらは用途や規模によって、地震に対する被害を最小限にすることを目的に、選択することになります。

一般的には免震が中大規模な建物の場合に検討され、制震はおもに高層建築、耐震は規模の小さな住宅などの建築物に採用されている方法です。

免震は建物本体と基礎の間に設ける装置で、地盤の揺れを建物に伝わりにくくするというものですが、建物の周囲に揺れた時の可動範囲を設けておかなくてはいけませんし、建物本体の強度は必要最小限に抑えられている場合もあります。

また、基本的に横揺れには対応しているものが多いようですが、縦揺れの場合にも安全という装置はまだまだ少ないように思います。制震についても、設置スペースの問題や、設計の難易度などもあり、実際の採用はまだまだ少ないですね。

耐震といえば、以前からある考え方ですので、もしかするとちょっと古い感じがしてしまうかもしれませんね。しかし、今のところ日本の耐震設計は世界でも最高レベルだと思いますし、コストパフォーマンス的にも一番有利で確実な方法だと思います。

特にRC(鉄筋コンクリート)造の壁式工法なら、これまでに経験した地震で倒壊することはありませんし、建物が変形することもないでしょう。

先の東日本大震災でも体感した方が多かったんですが、変形しない建物で、比重の重たい建物の場合、建物の揺れも少ないということがわかっています。

比較的小規模な建物の場合でも、免震を望まれる方がいらっしゃいますが、市販されている免震装置であっても、建築基準法に適合しないものが多いので注意が必要です。

これまでも建築業界全体としては、建築基準法に違反する大臣認定偽装はいくつかありました。防火サッシ、防火シャッター雨戸、耐火スクリーン、耐火間仕切り壁、軒天井材、不燃木材など。

われわれのような設計者としても、建築業者としても、国のお墨付きという大臣認定を取得しているメーカーを信じることしか出来ない部分もありますし、建築主さんにとっては、それこそ全く予想も出来ない状況です。

業界ではこの大臣認定制度という仕組み自体が、すでに機能していないのではないかという疑問を持っている人も多いと思いますので、ここは私たち業界人からも制度の見直しを含めて、今後につなげる改革を求めて行きたいと思います。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキングへ  ← 応援のクリックを是非!



お盆明けに耐震と免震の違いなど。

ブログネタ
RC住宅を建てよう! に参加中!
東京で地震に強い家を建てるならRCdesign

相変わらず暑い東京です。

そんな今日は朝から社内ミーティング、その後渋谷区東計画のお客様とお電話、建材メーカーさんと電話、信用金庫さん来社、出版社さんと電話、文京区向丘計画検討、渋谷区神宮前計画検討、豊島区駒込計画検討、蓮根の歯科医院さん来社など。 

午後は都市銀行さん来社、渋谷区恵比寿2丁目計画検討、台東区上野桜木計画検討、資料作成、建具メーカーさん来社打ち合わせ、渋谷区役所と電話、関連会社社長と電話、原稿作成など。夕方は来客面談、北区西ヶ原計画検討、不動産会社さんと電話、ミーティングなど。

一週間のご無沙汰でした。皆さんの夏休みはいかがお過ごしでしたでしょうか。私は毎晩熱闘甲子園でうるっとしながら読書をしたり、比較的ゆっくりしていました。ちょっとだけ秋のかけらを感じることもありますが、まだまだ残暑も厳しいです ので、お体ご自愛くださいませ。

ではこちら。

「耐震構造」と「免震構造」の違いって何?

大きな地震がきても被害の少ない家を建てるために大切な「耐震構造」と「免震構造」の違いを紹介します。

■耐震構造とは?
「耐震」とは、建物の柱や梁などの構造体そのものを強く作ることで、地震の揺れに耐える構造のことです。耐震性能の基準は「建築基準法」で定められているので、国の法に則って建てられた建物はすべて耐震性能があると言えます。

「建築基準法」では、震度7程度の大地震に対し、建物の一部は崩壊しても人が逃げる時間は確保される、全壊しない程度の構造とすることが定められています。つまり、建物ではなく人命を守るための最低ラインの基準なのです。
ビーカイブ 2013年08月17日16時00分

なるほど。

まずここで認識していただきたいのは、現在の日本における建築物は、建築基準法に準拠したすべての建物で、これまでに経験した地震を基に、人命を守るための基準が設けられているということです。

さらに耐火性能に関しても、30分から2時間火に耐えられるようにすることで、避難する時間を確保し、人命を守ることになっていますし、シックハウスについても、人体に害を及ぼす恐れがある、薬剤の使用を制限していますので、一昔前に比べるとかなり安心出来るようになりました。

とは言え、これらの基準は最低限のもとも言えますし、必要十分な性能とも言えるかもしれません。

国としては、長期優良住宅や、品確法に基づく性能表示制度などで、より優れた住宅性能を定めようとした基準もあります。そこでは「建築基準法」の1.25倍、または1.5倍の性能等級を定めていたりしますが、一見等級が上がればより強固な構造となりそうな感じがするものの、実際はそのような単純なことだけではなく、材質やバランスも大切なんですね。

これまで日本が経験した自然災害を冷静に検証してみれば、地震で倒壊しないことはもちろん、津波や台風、竜巻でも倒壊せず、火にも強く燃えないことが本来必要な性能なはずです。

もちろん、その上で気密性や断熱性が高く省エネで快適に過ごせることも必要ですし、これらの高性能を長期間維持出来ることで、資産性も損なわないということが求められます。

そんなことを真剣に考えて辿り着いたのが、鉄筋コンクリート住宅なので、より良い家をお探しなら、是非ご検討ください。

さて、最近はあまり関心を持つ人も少なくなった感じがする免震構造ですが、その字が示す通り、地震の力を「免れる」構造のことですね。建物の基礎と地盤の間に、特殊鋼材のローラーや耐久性の強いゴムを積層にしてはさみ込むことで、地震による地面の揺れを建物に直接伝えないようにする構造のことです。
 
ただし、この免震装置が作動するのは震度4〜5以上なので、地震の時に全く揺れないわけではありません。そして、当然ですが費用が掛かります。一概にいくら、とは言えませんが、おおよそ総工費の1割〜2割くらいでしょうか。

さらに、その装置によっては風で揺れることもありますし、この装置自体が建築基準法に合致しないものも多かったり、都市部の住宅密集地では、隣地との距離が足りないこともあり、そもそも費用対効果を考えると、あまり普及していないようです。

実はここだけの話、重くて堅い建物は、揺れが少ないということが、経験則でわかっているんですけど、あまりにもアナウンスする人が少ないので、一般的な意見にはならないようです。残念。

今のところは全国的に少数派のRC住宅ですが、これからは沖縄に追いつくよう、RC住宅をメジャーにする努力を弊社では続けて参ります。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキングへ←応援のクリックをどうかひとつ!



プロフィール

井上社長

RCdesign のご紹介
スペースの都合で小さい画面になっております。お手数ですが、全画面でご覧ください。
おすすめ
お知らせ
現在リクルート発刊
の『東京の注文住宅』
に弊社が掲載されてい
ます。もう買って頂け
ましたか?
書店で380円ですの
で、是非ご覧になって
下さいね。



専門家を探せる、相談
できるALL About プロ
ファイルに出展してます


全国工務店ブログ広場

一日一度のクリックを
ありがとうございます!
にほんブログ村 住まいブログへ


住まいランキング

ブログランキング

友だち追加

livedoor 天気
QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
住まいづくりの秘訣       無料メールセミナー
住まいづくりをお考えの方が後悔する前に知っておくべき内容を書き下ろしました。失敗しない住まいづくりノウハウを是非お受け取りください。
お名前 ※
E-Mail ※
都道府県 ※

RCdesign公式facebook
ブログ内記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ