住まいはRC(鉄筋コンクリート)にしなさい!

東京で家を建てるならRC(鉄筋コンクリート)住宅。 (株)RCdesign(アールシーデザイン)社長の日記です。

円満

いつもありがとうございます。ご愛顧感謝申し上げます。こだわりの一戸建て住宅や2世帯住宅、賃貸併用住宅の安定経営など、住まいに関するノウハウを株式会社RCdesignの代表井上がお届けいたします。

家づくりでイライラとか。

東京で快適な家を建てるならRCdesign

晴れて猛暑続きの東京です。

そんな今日は朝から資料作成、板橋区双葉町計画検討、商社さんと電話、日野市計画検討、ガス会社さん来社打ち合わせ、お問合せ対応、サッシ屋さん来社など。

午後からは三鷹方面へ、お客様と打ち合わせをさせて頂きました、ありがとうございます。夕方帰社後は葛飾区新小岩計画のお客様とお電話、中野区大和町計画検討、板橋区双葉町計画検討、資料作成、お問合せ対応、ミーティングなど。

エアコンは付けっ放しが正解です。

ではこちら。

家づくりで「パートナーにイライラしたことがある」63%

Houzz Japan(株)(東京都渋谷区)はこのたび、22日の「夫婦の日」を前に、「家づくりとパートナーとの関係性調査」を実施した。
この調査は、住まいのコミュニティサイト「Houzz」に登録している国内のユーザーを対象に、2018年6月11日〜2018年7月2日の期間に行ったもの。有効回答数は1,451名。

円満な関係に住まいの快適さは影響していると思いますか?では、96%もの回答者が円満な関係に「住まいの快適さが影響している」、76%の回答者が現在のパートナーとの関係を「円満」と答えている。
7/20(金) 10:53配信 SUUMOニュース

なるほど。

なかなか興味深い調査結果ではありますが、住まいづくりを進めていれば、多少なりとも衝突はあるものだと思いますし、そこで見えてくるものもあるかもしれません。

まずは記事にあったように、夫婦円満には住まいの快適さが大きく関係しているということがわかりました。

きっと年齢や世代的なこともあると思いますが、若い頃なら多少の我慢も出来るものの、家族が増えたり、自分達が年齢を重ねてからだと、そうそう無理も利かなくなるでしょうから、少しでも快適な住まいを用意することは大事なことなんですね。

さて、他の問いで72%の回答者が、パートナーとの家づくりを「楽しい」と答えたそうですが、一方で「家づくりの過程で、パートナーにイライラしたことがある」と回答した人が63%いたそうです。

記事によれば、そのイライラの原因でもっとも多かった回答は「パートナーとの趣味が違った」(23%)、次いで「パートナーに自分の理想を説明・理解してもらえなかった」(21%)ということが上位だったそうです。

ご経験のある方なら、おおよそ想像が付く話だと思いますが、全てを自分の思い通りにしようとすることが間違いの元に違いありませんが、むしろ全会一致で進むのもちょっと怖い感じもします。

仕事柄、この住まいづくりに立ち会わせて頂いていると、住まいづくりという一つのイベントにも、人生の縮図が隠されているように、私個人的には思います。

計画の初期段階では、夢が膨らみ希望も多く出ることでしょう。その後は徐々に現実的な条件が整ってきて、予算や規模、イメージや設備のグレードなどを絞り込んでいかなくてはいけません。そんな中で一方的に我慢するとか、どうしても譲れないということは、実はあまりあることではないと思います。

多少自分の趣味と違っていたり、想像していた形にならなくても、パートナーが決めた事ならそれに付き合うということも必要でしょうし、最後に譲れないような事がもしあるとしたら、やはり良い結果にはならないかもしれませんね。

実は記事にあったイライラの問いで、9%の回答者が「家づくりの過程で別れ・別居・離婚を考えた」と回答していたそうです。個別の回答には「考え方の違いや感覚の違いから意見がぶつかることが多く、『離婚』という言葉まででるほどの喧嘩をした」や、「家づくりの後、離婚前提で別居することになった」など、家づくりが原因で実際にパートナーとの絆が壊れてしまったという回答者もいたそうですのでビックリです。

上手な方では、お互いの担当分野をしっかりと決めておき、その分野に関しては多少の意見を交わすものの、最後はちゃんと譲ることが出来るような気がします。

家づくりを通して、最後まで決して忘れてはいけないことがあります。それは何のために家を建てるのか、家づくりの目的を忘れないようにしてください。

記事には家づくりを経験した回答者が、今後家づくりをする際に実施したいこととして、「リサーチをしっかり行う」(51%)、「自分のアイデアをパートナーともっと共有する」(42%)、「もっと経験者にアドバイスをもらう」(30%)、「任せられることは専門家に頼む」(27%)という回答がありました。

これまでに多くの家づくりに携わってきた、経験豊富な建築士と一緒に家づくりを進めることが、きっと成功への近道になると思います。

家づくりのパートナーをお探しなら、RCdesignまでお気軽にご相談ください。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング ←ご声援を是非!



男が早く帰りたい家とか。

ブログネタ
RC住宅を建てよう! に参加中!
東京で帰りたい家を建てるならRCdesign

晴れても寒い大寒の東京です。

そんな今日は朝から電気屋さん来社打ち合わせ、金融機関へ、徳丸6丁目計画検討、原稿チェック、練馬区田柄計画検討、図面作成、池袋計画検討など。

午後は中野区南台計画の現場へ、大工さんと打ち合わせなど、帰社後は提携会社さんと電話、品川区旗の台計画検討、資料作成、お問い合わせ対応、世田谷区弦巻のお客様とお電話など。夕方は出版社さん来社打ち合わせ、板橋区板橋3丁目計画検討、図面作成など。

さすが大寒といった感じの寒さですが、明日からは日に日に春が近づいてくるでしょう。

ではこちら。

男のホンネ 「今日も早く帰りたい」と思う家とは?

結婚してからつい恐れてしまうのが、「旦那がなかなか帰ってこない!」「今日も朝帰り!」なんていうシーン。これが怖くてつい旦那さんを束縛してしまう奥さんも多いとか。そこで「今日も早く帰ろう!」と思う家とはどんな家か、社会人男性に聞いてみました。

■温かい料理と笑顔が待っている家
・「家に帰ると、料理ができて、笑顔で待ってくれる彼女がいる」(32歳/学校・教育関連/専門職)

・「夫婦仲よく温かい料理とお酒を用意して待っていてくれる」(28歳/自動車関連/技術職)

奥さんがおいしい料理を用意してくれ、温かな笑顔で待ってくれている家は男性もつい「帰りたい!」と思ってしまうよう。旦那さんに早く帰ってきてほしいときは、自分がどんな家に帰りたくなるかを考えれば一目瞭然。こんな家なら、女性でも早く帰りたくなりますよね。
2015年1月20日 15時15分 マイナビウーマン

なるほど。

もしかするとこのあたりの調査は、年代による認識の差が結構あるかもしれませんね。

まだまだ若かったり、子育て中だったりしたら、奥様としてももちろん旦那さんには少しでも早く帰ってきてもらいたいものでしょう。

しか〜し、40代も後半になれば、「え!もう帰ってきたの?」とか言われるようになります。

ずいぶん前のCMになりますが、「旦那は元気で留守がいい」というようなキャッチコピーがありましたね。

男としては、まさかそんなふうに考えているとは、思ってもいないんですけど、いまだにそういう考えの奥様もいらっしゃるのでしょうか。

きっと記事の購読者層が比較的若い世代だと思いますので、是非今の気持ちを忘れずに、末永くお幸せに暮らして欲しいと思います。

さて、記事ではそんな読者層に合わせて、20〜30代の男性が早く帰りたくなる家としての調査だったようですが、その回答がなかなか真理に近いようですので、ご紹介させていただきましょう。

まずは、「ちびまる子ちゃんみたいな温かい家庭」とか、「円満な明るい家庭」という回答で、明るくにぎやかな家に帰りたいということ。確かに家族本来の幸せを感じられますし、これが癒やしになるということだと思います。

次に「自分の空間が邪魔されない家」とか、「とにかくホッとできる家。外出中は気が張りがちなので」というとにかくホッとできる家を望む回答がありました。それは一度外に出れば、7人の敵と戦わされるわけですから、ホッとできる家があれば自然と早く帰りたい!と思うでしょうね。

さらに、「床が木目で、そのままごろんと寝て気持ちいい肌触り」とか、「部屋が片付いていて、落ち着く家」など。とにかく日々快適に暮らせる家という回答です。

これまた当然といえば当然ですが、先の家庭の明るさや癒やされ感は別にして、家自体の居心地の良さが、早く帰りたいと思わせるのにとっても重要なことのようです。

そのためには、住まいの基本性能をしっかりと押さえておくことが大切です。断熱性や気密性が高く、低いランニングコストでも快適な空間が実現出来、さらに地震や火事の心配から解放されれば、一層安心して暮らせます。

もし、40代以降の旦那さんを早く帰宅させたいなら、さらにもう一点趣味の空間を用意してあげれば、きっと大丈夫です。とにかく日頃から掃除と片付けを怠ること無く、機嫌の良い奥様がいれば、大抵の男は早々に帰宅するでしょうね。

とは言うものの、いつも家族を思ってがんばっている旦那さんです。少々遅く帰宅したからといって、小言や嫌みを言ったり、無視をしたりはしないであげてください。そこで労を労うくらいの余裕があると、奥様の株が一層上がることでしょう。

明るくにぎやかで、ホッとする家で快適に暮らすなら、家庭円満、子孫繁栄のRC(鉄筋コンクリート)住宅を是非ご検討ください。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキングへ       ← 今年もご声援のクリックを是非!



プロフィール

井上社長

RCdesign のご紹介
スペースの都合で小さい画面になっております。お手数ですが、全画面でご覧ください。
おすすめ
お知らせ
現在リクルート発刊
の『東京の注文住宅』
に弊社が掲載されてい
ます。もう買って頂け
ましたか?
書店で380円ですの
で、是非ご覧になって
下さいね。



専門家を探せる、相談
できるALL About プロ
ファイルに出展してます


全国工務店ブログ広場

一日一度のクリックを
ありがとうございます!
にほんブログ村 住まいブログへ


住まいランキング

ブログランキング

友だち追加

livedoor 天気
QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
住まいづくりの秘訣       無料メールセミナー
住まいづくりをお考えの方が後悔する前に知っておくべき内容を書き下ろしました。失敗しない住まいづくりノウハウを是非お受け取りください。
お名前 ※
E-Mail ※
都道府県 ※

RCdesign公式facebook
ブログ内記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ