住まいはRC(鉄筋コンクリート)にしなさい!

東京で家を建てるならRC(鉄筋コンクリート)住宅。 (株)RCdesign(アールシーデザイン)社長の日記です。

冷え性

いつもありがとうございます。ご愛顧感謝申し上げます。こだわりの一戸建て住宅や2世帯住宅、賃貸併用住宅の安定経営など、住まいに関するノウハウを株式会社RCdesignの代表井上がお届けいたします。

冷えとむくみに効くルームシューズとか。

東京で冷えない家を建てるならRCdesign

晴れ続きの東京です。

そんな今日は朝から資料作成、その後西台のお客様宅へ書類お届け、板橋区成増、ご近所のお客様廻り、帰社後はお問合せ対応、都市銀行さん来社打ち合わせなど。

午後からは葛飾区新小岩計画のお客様宅訪問、打ち合わせ、ありがとうございます。夕方帰社後は関連会社社長と電話、さいたま市のお客様とお電話、電気屋さんと電話、お問合せ対応、ミーティングなど。

今年も残すは10日余りとなりましたね。精一杯頑張りましょう。

ではこちら。

理学療法士も勧める。むくみや冷え性に効くルームシューズ

部屋履きは何でもいい、むしろ履かないという人も多いだろう。

しかし家の中って結構歩き回るもので、意外と足に疲労がいくことも。スニーカーにこだわる人は多いのに、案外部屋履きの大切さは見落とされてるのかも。

ならば来年こそ、部屋履きにもこだわってみるのはどうだろう。

そこでおすすめしたいのが、12月から国内本格販売を開始した「PARC(パルク)」。

日本代表のサッカー選手をはじめ、数多くのアスリートが愛用している、フランス生まれの老舗インソールメーカー「SIDAS(シダス)」が手がけたハウスシューズだ。
2017年12月20日 16時30分 roomie(ルーミー)

なるほど。

皆さんは家の中でスリッパを常用されていますでしょうか。

広い家なら、家族全員が自分のスリッパを持っていて、常に着用のうえ移動されているかもしれませんが、一般的なご家庭では、スリッパはもっぱらお客様用というご家庭が多いのではないでしょうか。

もちろん我が家でも来客用のスリッパは用意しているものの、家族のものは用意がありません。

まあ冬以外の季節なら、それなりに素足でも気持ちが良いですし、スリッパを何度かチャレンジしたことがあったものの、トイレや脱衣室に脱ぎっぱなしになっていることが多く、結局いつからか使わなくなってしまった経験があります。

でも今の季節ですと、朝晩の廊下が冷たく感じることもありますので、そんな時はスリッパが欲しくなることもありますね。

また、年頃の子どもがいたりすると、油っぽいというか、汚れっぽいというか、まあ床が汚れてしまうものなんです。

そこで、今日の記事にあったルームシューズは良さそうです。

parc_sec02_1_img早速画像を拝借してみましたので、ご覧ください。

なかなかシンプルで素材的にも履きやすそうではないでしょうか。

記事によれば、この商品の特徴は、指先部分が広くフラット状になっていて、かかとを包み込むので体軸が安定し、ひざや腰など、関節の負担を減らす効果があるそうです。

なんでも外装と内装が別売りになっていて、インソールは豊富なラインナップから自分好みのものを選択可能ということ。中でもおすすめのインソールが通気性に優れた「コンフォート3D」というものだそうです。

これは立体形状が土踏まずを刺激し、ポンプ効果で血行を促進するということで、理学療法士が勧めるように、むくみや冷え症にも効くという嬉しい効果もあるとか。

これで家の汚れが軽減できれば、お掃除の手間が少しは減らせるかもしれませんし、健康を保ちながら快適に過ごすことが出来そうですので、試してみる価値がありそうです。

ちなみに本体の価格は¥10,260(税込)で、別売りの<推奨インソール コンフォート3D>が¥4,212(税込)ということですので、お一人様\15,000でおつりがきます。

ちょっといいお値段ですが、その効果効能を考えれば、検討してみてもいいかもしれません。

より一層暖かく快適に過ごすなら、住まいはRC(鉄筋コンクリート)造がオススメです。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング← ご声援を是非!



冷え性と転倒骨折とか。

東京で安全な家を建てるならRCdesign

晴れ時々曇りの東京です。

そんな今日は朝から保険屋さん来社打ち合わせ、調布西つつじヶ丘計画検討、見積作成、信用金庫さんと電話、業者さんと電話、金融機関へ、帰社後は高田馬場計画のお客様とお電話、資材発注など。

午後は北松戸計画検討、見積作成、北区赤羽方面でご検討のお客様にご来社、ありがとうございます。信用金庫さん来社、業者さんと電話、塗装業者さん来社打ち合わせなど。夕方はさいたま市南区別所計画検討、豊島区西巣鴨計画検討、資料作成など。

近所の桜がようやく開花し始めたようです。

ではこちら。

「冷え性」の女性が危ない転倒骨折 年間20万人が事故、6千人が死亡

【グッド!モーニング】(テレビ朝日)2017年3月27日放送
「家の中に潜む大腿骨頸部骨折の危険を徹底解説」

タレントの研ナオコさん(63)が2017年3月21日、公演中の舞台で転倒、大腿骨頸部骨折の重傷を負い、長期療養を迫られた。畳の上で足袋(たび)をはいて演技をしている最中の思わぬ事故だ。

ただの「転ぶ事故」と侮ってはならない。大腿骨頸部骨折は特に女性に多く、家の中で起こることがほとんど。しかも、死亡する人は交通事故死者に匹敵する。番組では身近に潜む危険をわかりやすく解説した。
2017年3月29日 11時30分 J-CASTニュース

なるほど。

まだまだ若いと自負されている方なら大丈夫かもしれませんが、一定の年齢を過ぎると、意識とは別に確実に身体の機能が低下してくるものですね。

体力の衰えを感じ始めたのはいつ頃からだったでしょうか。少しでも抵抗するべくちょっとだけ努力をしてみたりするものの、アスリートにはなりきれず、結果として加齢が進んでいます。

今日の記事では、家の中での危険をテレビ番組で紹介されたということでした。

今回注目していたのは、大腿骨頸部骨折というもので、この大腿骨頸部とは太ももの骨(大腿骨)と骨盤を結ぶ箇所の関節に入っている骨が折れてしまうケガということです。

そしてこの大腿骨頸部骨折の患者は年間約20万人以上で数千人が死亡しているそうです。2015年の死者は5636人。これは同じ年の交通事故死者5646人とほとんど変わらないということです。

問題はここからで、事故が起こる場所は「圧倒的に室内が多い」ということ。さらに室内で一番転倒事故が起こりやすい場所はどこかというと、3位は階段(全事故の約14%)。2位は玄関(約17%)。そして1位は、なんと居間・リビング(約21%)なのだそうです。

皆さんご存じのとおり高齢者はたった5ミリの段差でもつまずきます。リビングの敷物、カーペット、家電の電源コードなどにもつまずいてしまうことも多いようです。

そして特に女性に多い「冷え性」が転倒骨折の危険性を高めているということ。

そのしくみは、足の裏や関節部分には、体のバランスをとる働きをするセンサーが集中していて、足の裏が段差を感じると、脳に情報がいき、脳から筋肉に気をつけるよう指令が伝わるとか。

しかし、冷え性などで足の裏が冷たくなり感覚が鈍くなると、センサーが働かなくなって、段差をよけることができず、転んでしまうようになるんですね。

やはり家づくりに携わる者としては、家の中が一番安全で安心して暮らせる場所であって欲しいと思いますので、より一層の改善を進めなくてはいけないと感じます。

段差を無くすことや温熱環境を均一化するのは当然として、冷え性などが少しでも改善し、より健康的に暮らせるようなことも考えなくてはいけませんね。

現状では法規制によって、身体に対する効能や効果をお話しすることは出来ませんが、私個人的な経験則や評判からは温水式の床暖房が冷え性の方には適していると思います。

家の中でのケガや事故が少しでも少なくなるように、建築屋は努めなくてはいけません。

冷え性の方も住まいづくりをお考えなら、是非RCdesignまでお気軽にご相談ください。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキングへ        ←応援よろしくお願いします!



冷え性対策に注意とか。

ブログネタ
RC住宅を建てよう! に参加中!
東京で暖かい家を建てるならRCdesign

曇りのち雨の東京です。

そんな今日は朝から渋谷区東計画検討、その後豊島区長崎のお客様宅へ、打ち合わせなど、帰社後は都市銀行さんと電話、西台のお客様とお電話、書類チェックなど。

午後は高島平1丁目計画検討、資料作成、提携会社さんと電話、小金井計画検討、都市銀行さんと電話、図面作成、渋谷区神宮前計画検討など。夕方は渋谷区恵比寿2丁目計画検討、お問い合わせ対応、文京区向丘計画検討など。

東京は予想外の雨でしたね、さらに冷え込みも厳しくなっていますので、どうかご自愛くださいませ。

ではこちら。

最悪の場合は足指切断も!冷え性対策の「足元にカイロ」に注意

冷え性の方には厳しい時期が近づいてきました。特に末端冷え性で悩んでいる方の中には、冬場の外出時に足先が冷たくなって耐え難い不快感に悩まされる人もいると思います。
使い捨てカイロを靴の中に入れて応急処置的に足先に暖をとる人もいますが、実はこの何気ない行動が足指の切断につながるリスクがあることをご存じでしょうか?
使い捨てカイロを靴に入れる場合は“靴用”に限定しないと、10分程度の使用でも取り返しのつかない事態になりかねません。
 
■低温やけどは見た目がひどくなさそうでも、内部は深刻なことが
使い捨てカイロに低温やけどのリスクがあるという事実は多くの方がご存じだと思います。普通、低温やけどは60℃の熱源で1分間、50℃の熱源で3分間、肌を圧迫すると起こります。
皮膚の表面はわずかなやけどに見えても、内部が壊死してしまうこともあり、そうなると治療に数ヶ月を要したり、手術が必要になったりする場合があります。
WooRis(ウーリス) 2013年10月29日19時00分

なるほど。

これは怖いニュースですね。これからの季節、特に女性の方の中には実際に行っている方もいらっしゃるかもしれませんので、是非これを機会に注意をしていただきたいと思います。

なんでも、靴用の使い捨てカイロは、一般用のカイロより温度が低く設定されているそうで、長時間の圧迫が想定される靴用の使い捨てカイロは、最初から40℃前後までしか温まらないように作られているそうです。

ところが、国民生活センターには、靴用の使い捨てカイロを靴下の上から張りつけて5時間ほど過ごした結果、低温やけどになって右足薬指の先端を5mmほど切断したという事例が報告されたそうですので、それでもなお注意が必要です。
 
温度の低い靴用ですら、長時間の使用となるとリスクが高まるということですので、ましてや温度の高い通常タイプの使い捨てカイロを足の中に入れれば、足指の切断リスクが一気に高まってしまいます。

通常タイプを使用しないのはもちろんですが、靴用であっても長時間の使用は避け、可能ならば使用中も定期的に足先をチェックをしましょう。手術をしなければいけない重大なケースもあるようですので、使い捨てカイロの足先使用には、十分に気をつけてください。

実はこの低温やけど、他にも電気カーペットやコタツでも発症する場合があります。特に子どもやお年寄りの方が使用される場合は、知らないうちに寝てしまうこともありますので、定期的に観察できる環境で使用されることをお勧めいたします。

特に乳幼児のいるご家庭では、寒いからといって、電気カーペットの上で寝かせるようなことの無いようにしてください。皮膚が薄いうえに、寝返りが出来ない場合もあり、事故の確率が高くなってしまいます。

意外にもこの低温やけどが、60℃の熱源で1分間、50℃の熱源で3分間ということを知らない人も多いと思いますし、これが寝ていたり、条件によっては耐えられる温度だけに怖い気がしますので、日頃から意識しておく必要がありそうです。

それでは。

今日もありがとうございます。

  ←クリックが大変嬉しく存じます。
人気ブログランキングへ



プロフィール

井上社長

RCdesign のご紹介
スペースの都合で小さい画面になっております。お手数ですが、全画面でご覧ください。
おすすめ
お知らせ
現在リクルート発刊
の『東京の注文住宅』
に弊社が掲載されてい
ます。もう買って頂け
ましたか?
書店で380円ですの
で、是非ご覧になって
下さいね。



専門家を探せる、相談
できるALL About プロ
ファイルに出展してます


全国工務店ブログ広場

一日一度のクリックを
ありがとうございます!
にほんブログ村 住まいブログへ


住まいランキング

ブログランキング

友だち追加

QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
住まいづくりの秘訣       無料メールセミナー
住まいづくりをお考えの方が後悔する前に知っておくべき内容を書き下ろしました。失敗しない住まいづくりノウハウを是非お受け取りください。
お名前 ※
E-Mail ※
都道府県 ※

RCdesign公式facebook
ブログ内記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ