住まいはRC(鉄筋コンクリート)にしなさい!

東京で家を建てるならRC(鉄筋コンクリート)住宅。 (株)RCdesign(アールシーデザイン)社長の日記です。

動線

いつもありがとうございます。ご愛顧感謝申し上げます。こだわりの一戸建て住宅や2世帯住宅、賃貸併用住宅の安定経営など、住まいに関するノウハウを株式会社RCdesignの代表井上がお届けいたします。

洗濯物の家事を短縮とか。

東京で家事のしやすい家を建てるならRCdesign

くもり空の寒い東京です。

そんな今日は朝からお問合せ対応、中野区大和町計画検討、信用金庫さん来社打ち合わせ、資料作成、業者さんと電話、システムチェックなど。

午後は府中市多摩川計画検討、見積作成、来客面談、電気屋さん来社打ち合わせ、出版社さんと電話、文京区本郷計画検討など。夕方は見積作成、世田谷区代田計画検討、原稿作成、ミーティングなど。

夜には雨が強くなり、一層寒く感じました。

ではこちら。

洗濯物がノーストレスで干せる!「移動距離ゼロ」で家事の時短に

毎日のマスト家事・洗濯にかかる時間を少しでも短縮できたら……そう思っている人は多いはず。「理想形は『洗う』『干す』『しまう』の移動距離をできるだけゼロにすること。

洗濯機のすぐそばに洗濯物干しスペースがあれば、一歩も移動せずに洗濯後の衣類を干すことができますよ」と、知的家事プロデューサーの本間朝子さん。そこで、本間さんが行っている“ノーストレス干し”を見せてもらいました。
2017年10月6日 7時5分 レタスクラブニュース

なるほど。

確かに日々の家事では、洗濯関連の作業と時間は家族の人数にもよりますが、それ相応の量に違いありません。それゆえに、少しでも減らすことが出来たら、より充実した生活に近づけるかもしれません。

記事にあったノーストレスで洗濯物を干すための工夫としては、やはり人が動く作業の動線を考えるということが基本になるようですので、下記の記事を参考にしてみてください。

●洗う場所と干す場所をなるべく近づける
ぬれた洗濯物を持って移動しなくてすむように、洗濯機のすぐ近くに突っ張り棒を設置。これなら洗濯機から洗い上がった衣類を出す→すぐ干す、ができてムダがない。

●しまう場所別にピンチハンガーに干す
ピンチハンガーに干すとき、「左はクローゼットにしまう衣類」「右は脱衣所にしまう衣類」としまう場所別に分けて干すと、ピンチハンガーごとしまう場所に移動できて便利。

●そのまましまえば畳む手間が省ける
トップスは干す段階からクローゼット用ハンガーに掛けて干し、乾いたらそのままクローゼットに。畳む手間を省きたいから、トップスはできるかぎり掛けて収納を。

以上がノーストレス洗濯の工夫ということですが、いかがでしょうか。

どれも比較的簡単に、今の住まいでも実践出来そうな内容だと思いますので、毎日時間が足りないと思われている方には、是非試して頂きたいと思います。

もちろん、これから家づくりを考えているという場合は、プランを検討する時にこれらをヒントにすると良いでしょう。

とはいえ、家事のやり方や順番などの方法というのは、意外と人によって違うものだったりしますので、良いと言われるものが必ずしも自分にとっても良いということにはならない場合もあります。

ですので、注文住宅で家を建てる場合には、これまでの家事の進め方と、より改善するべき点をしっかり設計士に伝えて、そこに設計士のアイデアをプラスしたプランを検討してみてください。

家事の時短をする家を建てるなら、是非RCdesignまでお気軽にご相談ください。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング← どうかひとつ!



注文住宅と使いやすいキッチンとか。

東京で注文住宅を建てるならRCdesign

くもり時々晴れの東京です。

そんな今日は朝から文京区大塚3丁目計画検討、図面作成、資材メーカーさん来社打ち合わせ、書類チェック、信用金庫さんと電話、北区赤羽方面でご検討のお客様とお電話、文京区根津計画検討など。

午後は税理士さん来社打ち合わせ、来客面談、図面作成、港区白金計画検討、信用金庫さん来社、原稿作成、西巣鴨計画検討など。夕方は品川区東五反田計画のお客様とお電話、ありがとうございます。中野区本町計画検討、ミーティングなど。

ここでお知らせです。

1281690575_p (4)
恒例のリクルートが発行している雑誌「SUUMO注文住宅 東京で建てる」の最新刊が発売になりました。

もちろん今回も弊社の設計・施工による邸宅が紹介されていますが、今回はいつもより多く3件の実例が掲載されています。

さらに今回は家づくりのノウハウや見せる収納実例などの記事もありますので、きっと住まいづくりのお役に立てると思います。

定価390円ですので、売り切れ前に是非お近くの書店でお買い求めください。

ではこちら。

「家族みんなが使いやすい」を考えてものを配置すると自然と片づくキッチンに!

ものが多くて、ゴチャつきがちなキッチン。どうすればすっきり片づくのか、整理収納の賢人・古堅純子さんのキッチンを披露!

幸せ住空間セラピストとして仕事をしつつ、中学生2人の育ちざかりの息子さんを持ち、家事に忙しい古堅さん。自分はもちろん、家族みんなが使いやすいキッチンにすることで、片づくキッチンを実現しています。

「そのために重視しているのが、家族の動き。いちばんスムーズな動線上に各自が必要なものを配置して、飲み物の確保も配膳も、家族がセルフでできるようになっています」。片づけまで各自がしやすいから、出しっぱなしはなし。ストレスもたまらず、散らからず、キッチンはいつもすっきりです!
2017年3月23日 6時30分 レタスクラブニュース

なるほど。

キッチンは生活の中心とも言える場所ですので、奥様を中心に家族が出入りする頻度も比較的高く、それゆえにモノも散乱しがちですね。

もちろんメインは奥様のお料理が少しでも楽に出来るようにしたいものですが、同時に家族にはなるべく自分のことは自分で行って欲しいと思うものです。

これは住まいづくりの基本となるものですが、間取りプランを考える上で設計者が一番注意をするのが、人の動き、動線なんですね。

マンションや建て売り住宅の場合ですと、不特定多数の人を対象におおよそ70点を目標に考えられていますので、通常の使用では問題無いものの、より快適にしようと思ったり、自分達家族の生活スタイルに合うせるとなると、難しいこともあります。

注文住宅なら、動線はもちろんのことライフスタイルを最大限実現できるようなキッチンを造ることができますので、より日々の生活を充実させることが出来ることでしょう。

しかし、すでに既存の住宅でキッチンもそのまま使用せざるを得ないという場合には、記事にあった対策を行ってみてはいかがでしょうか。

まずはキッチンの入り口にカップを収納するというもの。
飲み物は各自が冷蔵庫から出して飲むので、カップはシンクと冷蔵庫からいちばん近い、キッチン入り口の引き出しに収納しておくというもの。

出来れば冷蔵庫もなるべく出入口に近い方に設置しておけば、不用意に調理中のキッチンに入ることが防げますので、事故を減らすことが可能です。

工夫その2は、ご飯はセルフサービス式で、それぞれが配膳してもらう。
ご飯茶碗を出す→しゃもじを出す→ご飯をよそう→トレイに載せる→籠から箸を出してご飯と一緒に載せ、食卓へ! その場から一歩も動かなくてすむので、子どもたちもラクラク。

その3はカテゴリーにこだわらず、一緒に使うものはまとめて置く。
たとえば、中2の息子さんが毎朝作るスポーツ飲料の粉末と水筒、朝食用のしょうゆは同じ棚に収納します。とか。

これら記事にあった工夫も、やはり人の動線を整理することが安全や快適につながるということだと思います。

キッチンが散らからず、ストレスの無い、スッキリとしたキッチンを実現するなら、是非お気軽にRCdesignまでご相談ください。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキングへ        ←応援よろしくお願いします!



家づくり講座は家事動線。

ブログネタ
RC住宅を建てよう! に参加中!
東京で使いやすい住宅を建てるならRCdesign

くもり時々晴れの東京です。

そんな今日は朝から資料作成、その後足立区千住桜木方面へ、ご検討中のお客様と打ち合わせ、現地見学など、ありがとうございます。

IMG_6012午後は台東区日本堤計画の現場にて地鎮祭を行って頂きました。ご家族皆さんにご出席頂き、ありがとうございました。その後近隣廻りなど、帰社後は世田谷区奥沢6丁目計画のお客様とお電話など。夕方はタイル屋さんと電話、リフォーム工事検討、サッシ屋さんと電話、板橋区役所前計画検討、徳丸6丁目計画検討、渋谷区神宮前計画検討、ミーティングなど。

今日は近所の保育園で卒園式があったようです。思い出すと泣けちゃいますね。そんな土曜日には恒例の家づくり講座第239回をお届けいたします。今日もどうぞお付き合いくださいませ。

私の知人が、ある業者の完成見学会に行きました。その理由は、チラシに載っていた間取りが不思議だったから。

その知人は女性の割にいろんな間取りを眺めながら空想するのが好きな人なんですが、その間取りで空想した時、とても動きにくかったそうです。

会場を訪れ、新築予定がないことを伝えてもにこやかに対応してくれる営業マンを見て少々心が痛かったそうですが、オバサンパワー(本人談です。念のため^^;)を発揮して一番疑問に感じていたことを聞いてみました。

それは、『動線』です。

彼女は営業マンに、洗濯する → 干す → 取り込む → アイロンをかける →たたむ → 収納する → 入浴前に着替えを用意する・・・という動線が長くて動きにくいのと、洗濯物をたためそうな場所がないことの理由を尋ねました。

しかし、その家を担当した営業マンが不在とのことで、はっきりとした答えは得られませんでした。

キッチンについても不思議に思ったことがあったんですが、もう尋ねるのをやめたそうです。

ある調査によると、主婦(又は主夫)が洗濯をして片付けるまでに室内の有効床面積の70%弱を歩き回っている、ということが分かっています。

若くて健康な時ならそれほど負担にならないかもしれませんが、高齢になった時や、体調が悪い時は、それだけ歩き回るのはつらいですね。

家事が嫌いな人なら、入居してからすぐにイヤになりそうです。

さて、その動線を一緒に考えた担当者は、普段から家事をしている人だと思いますか?

私にはそうは思えません。

仕事や育児をしながら家事をしている、という経験がない人の提案は、知識による提案に過ぎません。経験による提案ができる担当者なら、あなたの家族の暮らしを想像して、もっと家事の負担が少ないアドバイスができたかもしれません。

今は洗濯・掃除・料理を負担に感じている女性が増えているそうです。もともと家事が嫌いな人もいますが、「家事は女性の仕事」と、ほとんど家事を手伝わない夫のせいで、仕事・家事・育児に追われて疲れ果てている人もいるとか。

最近は料理くらい出来ないと、男としてもモテナイ時代ですし、家事を手伝わない夫はいずれ見放されてしまうかもしれません。夫としても、少しでも使いやすいような間取りを考えるようにしましょう。
 
一生暮らす家をつくるのなら、家事動線を短くするなど、家事の負担を軽くする方法も考えておきたいものですね。

それでは良い週末を。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキングへ  ← 応援のクリックを是非!



美人になる住まいとは。

ブログネタ
RC住宅を建てよう! に参加中!
東京で美人の家を建てるならRCdesign

天気も良く暖かな東京です。

そんな今日は朝から成増計画検討、リフォーム計画検討、電気屋さん来社打ち合わせ、田端計画検討、金融機関さん来社、家具メーカーさん来社、上板橋のお客様とお電話、渋谷区神宮前計画検討など。

午後は文京区向丘計画のコンクリート打設がありました。西台のお客様来社、塗装屋さん来社打ち合わせ、サッシ屋さん来社打ち合わせ、図面作成、成増計画のお客様宅へ書類お届け、帰社後は電気屋さんと打ち合わせなど。夕方は図面作成、ミーティングなど。

寒暖の差が大きく、身体がついて行けませんね。くれぐれもお体ご自愛くださいませ。

ではこちら。

勘違いしてない? 「収納」の本当の目的

皆様、はじめまして。美的収納プランナーの草間雅子です。
突然ですが、あなたは今のご自分のお部屋に自信がおありですか? 例えば、ご友人にいつ来られても、クローゼットや引き出しの中、家中どこを開けられても、堂々と「どうぞ」と言えるお部屋でしょうか?

“堂々”とまでは言わないまでも、顔面蒼白になってうろたえない程度にはいつどこを開けられても大丈夫な状態でしょうか? 私の経験上、実は、この質問に胸を張って“Yes”と答えられる方はほとんどいらっしゃいません。

「家がキレイなのに越したことはない。そんなこと重々分かっているけれど…」。「キレイにしたくても忙しいし…。そんな時間とエネルギーがあるならほかのことに割きたい」。と、日々お忙しい皆さんは、なかなか片付けに優先順位を置くことができないのが現状ではないでしょうか?

でも、ちょっと待って下さい! 片付ける目的は、片付くことそのものではありません。あくまでもそうすることで得られるご褒美のためにこそするものです。そしてその最大のご褒美とは!? あなたが今以上にもっと“キレイ”になり、本当に大切なことのために使える“時間”を手にすることなのです。
日経ウーマンオンライン 2013年03月22日10時00分

なるほど。

記事は女性向けに書かれているもののようですが、もちろん男性にも応用出来る内容だとおもいますので、是非参考にしてください。

記事では、「住まいは女の舞台裏—美人オーラはここから生まれる」として、著者
が「美的収納」というものを提唱しています。

これは、住まいを女の舞台裏として考え、表舞台である職場だったり、交友関係だったり、男性との出会いの場だったりの社会をうまく回すためには、そして、そこでいかに魅力的な女性として“エレガント”に振る舞えるかは、裏舞台をどう美しくシステマティックに作るかにこそかかっているということ。

中でも“裏舞台中の裏舞台”というのが、靴箱やクローゼット、サニタリー周りといった普段人の目には触れない部分で、ここの見直しとシステムづくりが肝心だそうです。そこから始めることが家全体の収納を成功させ、リバウンドを防ぐ大切なコツなんだとか。
 
要するに、「見えないところがキレイ」になっていると、女性としての“自信”と“心の余裕”を生み出し、その余裕のオーラが、2割増しの美人に見せてくれるということ。

さらに、動線美人は所作美人として、裏舞台を見直すと動作も美しくなるとのこと。それは
裏舞台の動線を見直し動きがスムーズなると、所作がキレイになる、つまり、美しく動ける女になるということですね。

と言うことは、美人になるにはまず住まいから整える必要があるということになりますが、賃貸住宅や分譲住宅などの既製品だと美人にも限界があるということになるのでしょうか。

まあ言われていることはなんとなく理解出来ますね。収納や洗面台などが雑然としていたり、汚れたままでは、いくら着飾ったとしても本当の美しさにはならないでしょうし、いつもバタバタと捜し物をしている姿も、決して美しくはありません。

そうなると、やはり理想は自分オリジナルの収納と、使い勝手を考えた動線を実現したプランの注文住宅ということですね。

美男美女になれる住まいをお望みなら、是非アールシーデザインまでお気軽にご相談ください。

それでは。

今日もありがとうございます。

 ←応援のクリックをどうかひとつ!
人気ブログランキングへ



livedoor プロフィール
RCdesign のご紹介
スペースの都合で小さい画面になっております。お手数ですが、全画面でご覧ください。
twitter
brogram

おすすめ
お知らせ
現在リクルート発刊
の『東京の注文住宅』
に弊社が掲載されてい
ます。もう買って頂け
ましたか?
書店で380円ですの
で、是非ご覧になって
下さいね。



専門家を探せる、相談
できるALL About プロ
ファイルに出展してます


全国工務店ブログ広場



一日一度のクリックを
ありがとうございます!
にほんブログ村 住まいブログへ

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン

ブログランキング
livedoor 天気
QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
Amazon




住まいづくりの秘訣       無料メールセミナー
住まいづくりをお考えの方が後悔する前に知っておくべき内容を書き下ろしました。失敗しない住まいづくりノウハウを是非お受け取りください。
お名前 ※
E-Mail ※
都道府県 ※

RCdesign公式facebook
ブログ内記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
チーム・マイナス6%