住まいはRC(鉄筋コンクリート)にしなさい!

東京で家を建てるならRC(鉄筋コンクリート)住宅。 (株)RCdesign(アールシーデザイン)社長の日記です。

土地探し

いつもありがとうございます。ご愛顧感謝申し上げます。こだわりの一戸建て住宅や2世帯住宅、賃貸併用住宅の安定経営など、住まいに関するノウハウを株式会社RCdesignの代表井上がお届けいたします。

家づくり講座は土地価格とか。

令和に土地から家を建てるならRCdesign

夏模様の東京です。

そんな今日は朝から電気屋さんと電話、練馬区上石神井計画検討、板橋区東新町のお客様とお電話、ありがとうございます。お問い合わせ対応、リフォーム計画検討、資料作成など。

午後からは練馬区豊玉北計画検討、見積もり作成、原稿作成、ご近所のお客様と打ち合わせ、お問い合わせ対応、原稿チェックなど。夕方は日野市計画のお客様とお電話、図面作成、ミーティングなど。

今週も運動会というご家庭が多いかもしれませんが、日焼けと熱中症にはご注意頂きたいと思います。お疲れ気味の土曜日ですが、恒例の家づくり講座第401回をお届けいたします。どうぞお付き合いください。

さて、土地探しをする時、その地域の土地価格の相場が気になるものです。

土地価格を表すのに『一物四価(いちぶつよんか)』という言葉があります。『1つの土地に4つの価格がある』という意味です。

4つの価格とは、
・実勢価格・・・実際の取引が成立する価格
・公示地価・・・国土交通省が公示する『標準地』の価格
・相続税評価額・・・相続税や贈与税を計算するときの基準となる課税価格
・固定資産税評価額・・・固定資産税などの税金を計算する基準となる価格
のことです。

これに
・鑑定評価額・・・不動産鑑定士(補助)が鑑定した不動産の価格
を加えて『一物五価』ともいいます。

このように、土地の価格は価値を知る目的に応じて変わってしまうんです。

あなたが気に入った土地を見つけた時、その価格が適正かどうかチェックしたいなら、実勢価格を調べると良いでしょう。

実勢価格を調べる方法のひとつとして、国土交通省の『不動産取引価格情報検索』があります。

不動産取引を行った当事者にアンケート調査を行い、その結果をデータ化して公表しているものです。(スタッフが新築した際にも調査票が届きました^^)

画面左側の検索条件を入力すれば、
・最寄り駅の名称や距離
・取引総額
・土地の坪単価や面積、形状
・前面道路の幅員や種類
・取引時期
など、さまざまなことがわかります。

興味深いデータなので、ぜひ一度覗いてみてください。

ところで、土地に5つの価格があるということは、6つ目の価格としてあなたなりの価格(=値切り)を土地業者に提示してもいいということでしょうか?

はい。もちろんOKです。

しかし、ただ単に「安くしてくれ」というのはいけません。それでは相手に失礼です。

なぜその価格にしてほしいのか、その根拠を相手に伝えなければなりません。

例えば、「土地と建物で3千万円の予算があります。こんな建物を計画しているので、建物に2千万円の予算が必要です。今の収入では、これ以上融資を受けることができません。予算に合う土地を探そうとしたのですが、この土地以上に気に入るところを見つけられませんでした。」という具合に。

これは、かなり自分勝手な根拠です。しかし、それでいいんです。後は、相手がそれを受け入れるかどうかですから。

人気が高い土地なら、この交渉は受け入れられないでしょう。しかし、一日でも早く売りたい状態であれば業者は交渉に応じます。

ただし、「○か月以内に新築するのなら売ってもいいですよ」という具合に、業者から条件を提示されることはあります。お互い様なので、条件をすり合わせるといいですね。

ここで、価格交渉について注意してほしいことをお伝えしておきます。

土地の価格交渉はOKですが、建物の価格交渉はお勧めできません。

なぜなら、仕事に困っている業者や営業主体の業者などでは、材料の質を落とされたり、手抜き工事をされるリスクがあるからです。

ものづくりに対して、誇りを持っている業者は価格に対しても自信を持っているものですし、その責任の重さや品質に関して一定の理解と信頼を維持する必要があるでしょう。

安易な価格交渉にはご用心くださいね。

それでは良い週末を。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング ←令和もよろしく。



家づくり講座は土地情報とか。

東京でコンクリートの家を建てるならRCdesign

くもり空の東京です。

そんな今日は朝から日野市計画検討、資料作成、中野区大和町計画検討、お問合せ対応、大工さんと電話、葛飾区新小岩計画検討、港区高輪計画ではコンクリート打設、中野区東中野計画検討、中野区南台計画検討など。

午後からは目黒区駒場のお客様宅へ、打ち合わせをさせて頂きました。ありがとうございます。帰社後は品川区平塚計画検討、資料作成、お問い合わせ対応など。夕方からは本駒込のお客様宅へ、打ち合わせをさせて頂きました。ありがとうございます。帰社後は資料作成など。

気付けば秋分の日ですね。随分と秋らしくなってきました。何かとお忙しいことと存じますが、今週も土曜日恒例の家づくり講座第379回をお届けいたします。どうぞお付き合いください。

土地探しからの住まいづくりでは、「ネット上で土地探しをすると、どのサイトも同じような情報でウンザリ・・・」そんな経験はありませんか?

最近は土地の価格が高騰していることもありますが、物件の数も少ない中ですので、一層土地探しに苦労をされている方も多いと思います。

しかし、本当に良い土地の情報は、情報として広く発信されることは少ないといいます。

その理由は、新しい物件が出た際、まずは不動産会社に土地探しの依頼をしている人やお得意さんに紹介するからですが、その行為は宅建業法に抵触する場合もあるんですけど。

それでも買い手がつかなかった土地を広告費や人件費を使ってチラシやインターネットなどで宣伝するという仕組みの業者も多いようです。

不動産会社に行くか行かないか。ただそれだけで入手できる情報量が増えるとしたら・・・。
しかも、新鮮な情報を入手できるとしたら・・・。

これはもう、行かなきゃ損だと思いませんか?

もちろん、すべての会社がそうしているわけではないでしょう。しかし、少しでも新鮮な情報を手に入れたいのであれば、定期的に複数の不動産会社を訪れたいものです。

何度も訪れて会話を交わすことで、土地選びのポイントなどの役立つ情報を得られるかもしれませんし、土地選びの条件や予算などを正直に話し、誠実な対応を続けることで信頼関係を築くこともできます。

また、回数を重ねることで、不動産会社の良し悪しを見分ける目も養えます。もし可能なら、まずは、希望地域の土地を対象とする不動産会社全てを訪れてみませんか?

その後、あなたの基準でふるいにかけていくといいでしょう。

見る目を養うには、どうしてもある程度の時間が必要です。その経験は、施工業者選びにも役立つことでしょう。

ところで、場所や金額だけ見て土地を探すと、思わぬ失敗をすることがあります。

なぜなら、すべての宅地には建ぺい率や容積率、用途地域などが設定されているからです。

これらをよく理解した上で土地を探さないと、希望通りの家を建てられない恐れがあります。

これらのついては、次回から少しずつ解説していきます。

もしすでにご存知の用語が出てきた時は、復習を兼ねてお付き合いいただけると嬉しいです。

それでは良い連休をお過ごしください。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング ←ご声援を是非!



家づくり講座は不動産会社の見分け方とか。

東京で多世帯の家を建てるならRCdesign

雨のちくもりの東京です。

そんな今日は朝から資料作成、板橋区富士見町でご検討のお客様にご来社頂き打ち合わせ、ありがとうございます。中野区大和町計画検討、お問合せ対応など。

午後からは埼玉県和光市でご検討のお客様宅へ、打ち合わせさせて頂きました、ありがとうございます。夕方帰社後は中央区日本橋箱崎町計画検討、見積作成、中野区南台計画検討、見積作成、お問合せ対応、足立区千住桜木町計画検討、ミーティングなど。

すっかり秋になってきましたね。敬老の日には親世代と住まいの話になるかもしれません。それでは今週も土曜日恒例の家づくり講座第378回をお届けいたします。どうぞお付き合いください。
さて、土地探しの一般的な方法といえば、
・インターネットで探す
・チラシや新聞、雑誌をチェックする
・不動産会社に行く
・住宅会社の情報をシェアしてもらう
・普段の生活の中で、売り土地がないか観察する
といったところでしょうか。

この中で最も敷居が高いのは、不動産会社に行くことかもしれません。
「相場より高く紹介されらたどうしよう」「しつこく営業されらた困る」そう思うと、気軽に行動に移せませんね。

少し面倒ですが、不動産会社を見分ける方法があります。

各都道府県の不動産業担当部署では「宅建業者名簿」を閲覧することができます。

そこには、過去に行政指導などを受けている場合は明記されているほか、業務の実績などのデータも確認できます。

チェックのポイントは、以下の通りです。
・免許証番号…宅地建物取引業者の免許証番号。
( )内の数字は、営業年数の長さを表す。
・営業成績…過去5年間の取引件数や金額が分かる。
・商号、代表者、事務所の所在地…度々変更している業者は要注意。
・取引主任者、従業員…出入りが頻繁な業者は要注意。
・資産状況…資本金や財務内容などが分かる。
・納税状況…営業状態の目安となる。
・行政処分歴…宅建業法違反で過去に行政処分を受けていないか。
・業界団体への参加…加入していれば、団体によるチェック機能がある程度期待できる。

ここまでするのは大変ですが、「土地は気に入ったけど、この不動産屋さんは本当に信頼できるんだろうか」と心配になった時、このチェックポイントを思い出してください。

なぜこんな話をしたかというと、行政処分を受けるたびに社名を変えて、同じ商品を売り続けている業者を知っているからです。

住宅業界には一切関係のない他業種なのですが、こんな事例が不動産会社でも無いとは言い切れません。

なお、免許証番号は店頭やホームページでも確認できます。少なくとも、( )内の数字は必ずチェックしてくださいね。

ちなみに、弊社でも土地探しからお手伝いさせて頂けますので、お気軽にお問合せください。

それでは良い連休を。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング ←ご声援を是非!


家づくり講座は土地選びの時期とか。

東京で土地から家を建てるならRCdesign

くもり空の東京です。

そんな今日は朝から北松戸計画で基礎コンクリートの打設がありました。上板橋2丁目計画検討、見積作成、商社さんと電話、資料作成、お問い合わせ対応など。

午後は土地家屋調査士さん来社、北新宿計画検討、タイル屋さんと電話、朝霞市計画検討、中央区築地4丁目計画検討、見積作成など。夕方はミーティング、高田馬場計画検討、資料作成など。

気付けば6月も最後の土曜日になっていました。梅雨真っ只中ですが、土曜日恒例の家づくり講座第300回をお届けいたします。どうぞお付き合いください。

蒸し暑い日が続きますね。この時期の土地選びは、蒸し暑さとの戦いです。日差しが強い日だと、外出することすら億劫になりますからね・・・。

ところで、土地選びをするのに欠かせないのが『日当たり』のチェックです。

夏は日当たりがいいのに、冬になると極端に日当たりが悪くなる土地があります。そんな変化を確かめるためには、本来冬の日当たりの変化を確認することが大切です。

もし、土地の購入後に日当たりの悪さに気付いたとしても、ある程度なら窓の位置や間取りでカバーすることができます。

しかし、日当たりを重視した家づくりを目指している人の場合、そんな対策では満足できないことがあります。

ですから、土地を買う前に季節ごとの日照変化をチェックしたり、業者にCADや模型などを使ってシミュレーションしてもらうなどして、日当たりの変化をつかんでおく必要があります。

ただ、土地選びをしてから業者を決めたいという場合、シミュレーションを依頼することができません。それに、更地を見てもイメージを掴めないことがあります。

そんな時は、近隣の家を観察してみましょう。自分が気になる土地と同じような配置でつくられている東と西、または南と北に隣接した2軒の2階建住宅。

お互いの建物の距離と、冬の日当たりの様子を時間を変えてチェックしてください。もし平屋や3階建を予定しているのなら、ちょっと難しいかもしれませんが、同じような環境を探してみましょう。

その時、日当たりの変化だけでなく、庭の植物、洗濯物、自転車置き場の様子なども参考になります。

同じような広さの土地でも、家を配置する場所を変えるだけで、日当たりが変わります。観察する時は、そんなことも意識してみてください。

日本人は、他の国の人と比べると、日当たりのよい住まいを求める傾向が強いと言われています。ということは、日当たり次第で資産価値も変わるということです。

日当たりをチェックするなら、冬の時期が土地選びをするには最適な時期なんですけど、最近の省エネ住宅では、必ずしも日当たりを重視する必要は無いという考え方もあります。

むしろ夏の時期だと、隣地の落葉樹が生い茂っている様子が確認出来たり、ご近所の音やにおいなどを観察出来るというメリットもありますね。
 
くれぐれも熱中症には気をつけて頂き、気になる土地をしっかりチェックしましょう。 

それでは良い週末を。

今日もありがとうございます。


    人気ブログランキングへ       ←クリックをどうかひとつ。 



家づくり講座は土地探しとか。

東京で土地から家を建てるならRCdesign

晴れて真夏日の東京です。

そんな今日は朝から北新宿計画検討、書類作成、その後世田谷区弦巻のお客様宅訪問、書類お届けと打ち合わせなど。

午後に帰社後は関連会社社長と電話、世田谷区奥沢6丁目計画検討、その後朝霞市の現場へ、板金屋さんと打ち合わせなど。帰社後は見積作成、ミーティングなど、夕方はご近所のお客様宅訪問、グループホーム計画検討、図面作成、ミーティングなど。

いよいよカラ梅雨が心配になってきましたが、同時に酷暑も心配になってきました。真夏日の本日も土曜日恒例の家づくり講座第299回をお届けいたします。どうぞお付き合いください。

『鶏が先か、卵が先か』という言葉がありますね。

『卵が先か、鶏が先か』という人もいるので、すでにこの時点で「?」という感じではありますが。(笑)

じつは、家づくりの場合も、そういったことで悩む人がいます。

「資金計画が一番だというのはわかっている。ただ、業者選びが先か、土地選びが先なのか。いったい、どちらが正しいんだろう・・・」さて、あなたはどちらだと思いますか?

利便性、景観、広さなど、土地に求める条件は人それぞれです。その条件に当てはまる土地を見つけるのは、簡単そうに見えて、実はとても難しいものです。人によっては、見つけ出すまでに2年以上かかる場合もあります。

ところで、あなたは、土地を選んだ後に家を建てることのデメリットを知っていますか?

それは、『土地に合わせた家を建てなければいけない』ということです。

あなたが選ぶ土地は、必ず建ぺい率、容積率、傾斜制限など建築基準法の適用を受けます。

これは、その地域の環境や防災に対処するために、必要不可欠な条件付けです。

もちろん経験豊富な建築士なら、限られた条件下でも最大限要望を実現してくれるでしょう。 

ですが、あなたが土地より家に強いこだわりを持っているのなら、先に建築業者とある程度のプランを練っておき、その後に、その家を建てることができる土地を探すといいでしょう。

ただ、この時に注意したいのが、相談相手を間違わないことです。

たまに、不動産屋さんに相談する人がいますが、不動産屋さんは建物や建築の専門家ではありません。彼らが専門としているのは、すでにある土地や建物を売ることだけです。そこは勘違いしないでください。

あなたは、土地と建物のどちらを重視していますか?

それによって、どちらを先に選ぶかが違ってきます。

ちなみに、建築業者によっては、一緒に土地選びをしてくれます。もし自分たちだけで選ぶ自信がなかったら、そんな業者さんと二人三脚で選ぶのもいいと思いますよ。

土地探しからの建築をご計画なら、是非お気軽にRCdesignまでご相談ください。

それでは良い週末を。

今日もありがとうございます。


    人気ブログランキングへ       ←クリックをどうかひとつ。 



おとり広告を見分けよう。

ブログネタ
RC住宅を建てよう! に参加中!
東京で土地から家を建てるならRCdesign

くもり時々晴れで夕方から雨の東京です。

そんな今日は朝からさいたま市宮原計画検討、練馬区春日町の客様とお電話、塗装屋さんと電話、資料作成、渋谷区東計画検討、見積作成、設備屋さんと電話など。

午後は蓮根のお客様宅へ、お客様と打ち合わせ、昇降機メーカーさんと打ち合わせなど、帰社後は信用金庫さん来社、赤塚のお客様来社、来客面談など。夕方は北区田端計画検討、板橋区中台計画検討、お問い合わせ対応など。

帰宅時にはちょっと肌寒く感じました。GWでも体調管理にはご注意ください。

ではこちら。

不動産広告のNGワード 「おとり広告」を見分けるコツとは?

家のポストに届くチラシや、街角の電柱に張られたビラなど、日常のありとあらゆる場所で見かける「不動産広告」。住宅購入を検討中の人はもちろん、何気なく見入ってしまう人も多いのでは? 

しかし、多くの不動産広告のなかには、「おとり広告」や「誇大広告」などの悪質な不動産広告が紛れ込んでいることも事実。そこで、不動産広告のNGワード、さらに注意するべき「おとり広告」の見分け方をチェックしていこう。
オリコン 2013年05月01日10時00分
 
なるほど。

GW中も不動産のチラシや折り込み広告が多く入っていますので、ついつい目を通してしまうという方も多いのではないでしょうか。

通常はほとんどの人の場合、不動産を買う時って初めてということが多いと思います。それだけに事前に注意しておくべき事をあらかじめ確認しておくのは有効だと思います。
 
弊社では土地をお探しの方にいつもお話させて頂くことがあるんですが、それは「土地は探すというよりも選ぶという感覚が必要です」ということ。

土地をお探しの方とお話していると、結構シビアな条件を挙げておられたり、相場感の無い自分の都合を並べながら探しているという方もいたりします。

土地は基本的にオーダーで造ることはできませんし、時期によって相場の上下もありますので、探し当てるのはまさに宝くじに当たるようなものかもしれません。

さて、記事にもあるように不動産広告を見るうえでも気をつけなければいけないことがいくつかありますね。

たとえば新築とは?と聞かれて明確に答えられる方は意外に少ないです。新築とは建築後1年未満かつ“未入居”である物件を指し、それ以外はすべて中古物件と表記しなくてはならないんです。

また広告の文字の大きさは原則として7ポイント(約2.5mm四方の大きさ)以上と決められていて、あまりにも小さな字を使っている広告は、要注意かもしれません。
 
ちなみにNGワードとしては、完全、完ぺき、絶対、日本一、抜群、当社だけ、特選、厳選、最高、最高級、格安、堀出、土地値、完売などは、根拠も合理的な理由もなく、購買意欲を扇情的にあおるだけの目的で使用してはならないとされています。
 
つぎにおとり広告ですが、「実在しない住所・地番を掲載した物件」、「売約済みの物件」をエサに客を呼び込み、「希望者にほかの物件を勧めるなど当該物件の取引に応じない」などが代表例ですが、誰が見ても「掘り出し物」だと感じる広告は注意が必要です。

さらに、許可なく街角の電柱などに貼付されたビラなどは、「屋外広告物法」、「道路法」、「軽犯罪法」などの法律に違反する行為となっていますので、それだけでも業者として疑問を持った方が賢明だそうです。

とにかく、土地や住宅購入を考えたら、一定の時間をかけてじっくり考えることが必要です。煽られたり、焦って決める必要は無いということを常に頭の片隅に置いておきましょう。

土地選びも、住まい選びも、RCdesignまで是非お気軽にご相談ください。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキングへ ←応援のクリックをどうかひとつ!



ベストな住まいをネットで見つけたい。

ブログネタ
RC住宅を建てよう! に参加中!
東京で土地から住まいを建てるならRCdesign

晴れのち曇りの東京は暖かく感じました。

そんな今日は朝から大田区北千束計画検討、資材メーカーさんと電話、5丁目のお客様とお電話、見積作成、文京区向丘計画、防災会社さん来社、西東京市計画検討、資料作成など。

午後は電力会社さんと電話、不動産会社さんと電話、世田谷区南烏山計画検討、資料作成、埼玉県大宮方面でご検討のお客様にご来社いただき打ち合わせ、ありがとうございます。台東区今戸計画検討など。夕方は見積作成、和光市北口計画検討など。

あっ!気づけば今日からもう2月だったんですね。すでに1/12が終わったとは、ちょっと気合いを入れなして1日を大切にしたいと思います。

ではこちら。

ネットで見つけたい! 自分にベストな住まいとは

インターネットで調べれば調べる程、困惑してくる住宅購入情報。

どうすれば一番良い情報が入るのだろう…?そんな方にネットで住宅を見分けるポイントをご紹介いたします。

■ポイント1 魅力的な物件を選ぶのではなく、消去法で選ぼう!人生の一大イベント、せっかくだから後悔しないベストな物件をネットで探したい…そう思う方こそ魅力的な物件をピックアップするのではなく、消去法で選ぶのが大切です。

なぜかというと魅力的な物件に求めるイメージが万人共通だからです。

利便性、新築、広さ、価格の手ごろ感、この3つがそろう物件は万人がベストだと思う物件ですが、これらがそろう物件はまれなのが現実です。

またこれらがそろう物件はネット検索に載るまでもなく、売買されているという現状もあります。ネット検索で選ぶには消去法で絞り込みをかける視点が大切です。
マイナビニュース 2013年02月01日07時08分

なるほど。

すっかりインターネットが生活に浸透してから、もうかなりの時間が経ったかもしれません。
 
今は小学生でも、リビングでipadを利用していますし、そこではあらゆる疑問が解決出来る状況になっていますし、欲しいと思った瞬間に大抵のモノは手に入れることが可能だったりします。

便利ということに違いはありませんが、それゆえに個人個人の情報処理能力だったり、判断力が求められるということになったのかもしれません。

もちろん住まいに関しても、星の数ほどの情報が氾濫していますので、その中から自分にメリットがある情報、その信憑性をを取捨選択していかなければいけません。

弊社では住まい選びの判断基準をホームページでお伝えさせていただいていますので、是非こちらも参考にしていただいたいと思います。
RCdesign
 
また、土地から探している方には、少しでも有利に土地を買うノウハウや住宅用地の見つけ方などをお伝えしている弊社不動産部のホームページも是非ご覧ください。
RCdesign-Studio
 
もちろん、ご覧のブログでも常に最新の情報発信を心がけておりますし、過去の記事にも多くのノウハウがございますので、お時間のある時にでも目を通していただけると幸いです。

ここでひとつアドバイスをさせていただくと、やはり住宅購入では「探す」というスタンスでは、いつまで待っても見つかることは無いかもしれません。

基本的には「探す」ではなく、「選ぶ」という行為になると思っていた方が良いと思います。

そのためには、あらかじめ家族の生活スタイルや自分たちに必要なスペース、それにご予算を想定しておき、最低限の条件を満たした時にすぐに行動に移せるような準備が大切です。
 
そうは言っても、すべてがネットで解決するとは限りませんし、本当に大切な、希少な情報はより慎重に扱われることもありますので、同時にネット以外でも一定の活動は必要かもしれませんね。

住まい選びも土地探しも、ご不明な点やこだわりがございましたら、是非弊社までお気軽にお問い合わせください。
 
それでは。

今日もありがとうございます。

 ←ハートをクリック!
人気ブログランキングへ



土地探しと家づくり講座とか。

ブログネタ
RC住宅を建てよう! に参加中!
rcd3東京で土地から住まいを建てるならRCdesign

曇り時々晴れの東京です。

そんな今日は朝から資料作成、足立区西加平計画検討、徳丸6丁目計画検討、提携会社さんと電話、大工さんと打ち合わせ、図面作成など。

午後は図面作成、金融機関と徳丸現地調査など、帰社後は見積作成、杉並区久我山計画検討など。夕方は池袋の不動産会社さん来社、西新宿計画検討、渋谷区恵比寿計画検討、資料作成など。

あらあら、気が付けばまた土曜日でしたね。本当に早いです。それでは恒例の家づくり講座第131回をお届けさせていただきます。秋の夜長にどうぞお付き合いくださいませ。

家づくりのなかで、土地探しほど情報収集が難しいものはないかもしれません。

「家」は、納得できるまで業者と打ち合わせをすることができます。構造見学会や、完成見学会、OBさんの家を見せてもらうことで、ある程度の勉強もできます。「住宅ローン」も難しいんですが、最初の契約に後悔があれば、借り換えもできますよね。

しかし、土地の場合、土地自体の良し悪しだけでなく、近隣や地域の状況も関係してくるのでなかなか難しいものです。ということで、新築後の人たちが「あー、土地を買う前にもっと調べておけばよかった・・・」って感じたことをあなたに紹介しますね。

違う地域から引っ越した方に多いのが、「その地域のルール」です。
・必ず自治会に入らなければいけない
・ゴミステーションや地域の清掃が、持ち回り当番制になっている
・清掃活動に不参加の家庭にはペナルティーがある(1回5千円の地域も!)
・子どもの登下校時に、親が見守りをしないといけない
などというもの。

自治会に入らなければ子ども会に参加させない、という地域もあります。無料ならまだしも、10年以上も前に建てられた集会所の建設費用などとして数十万円の支払いが必要になる地域も。

それを、工事開始や引越しの挨拶に行って初めて耳にする、というケースもあるんです。・・・つらいですよね。

「地域のルール」の他に、その市町村の税金や水道料金なども油断できません。水道料金が日本一安いのは、山梨県の富士河口湖町ですね。富士山から豊かな水を得られ、水道関係の設備費負担が少ないからだとか。

しかし、山間部や人口の少ない地域などは、どうしても負担が増えます。下水道料も払うとなると、上水道だけの時の2倍ほどになります。もしあなたが、転勤などで複数の地域で暮らしたことがあるなら実感しているでしょう。住んでみないと分からない部分です。

また、「お隣りさん」も人それぞれ。生活時間があなたとずれている場合、相手に悪意が無くても、迷惑に感じる場合もありますよね。

入居後、「深夜の生活音」に困り果てて、相手の家にお願いに行ったところ、「後から来たくせに」と、こじれてしまったケースがあります。法的には、以前から住んでいる人も、後から引っ越してきた人も「対等」なんですが・・・。

住みたい家を新築すると、その地で長く暮らすことになります。だから、その土地の情報だけでなく地域の生活情報も教えてくれる不動産業者との出会いは大切です。自分だけで調べるのは限界がありますからね。

あなたの不安と向き合ってくれる業者なら、親身になって情報提供してくれるはず。慌てず、じっくり探してくださいね。

もちろん弊社でも土地探しのお手伝いをさせていただいておりますので、お気軽にお問い合わせください。

それでは良い週末を。

今日もありがとうございます。

 ←コウモリをクリックすると・・・!
人気ブログランキングへ



土地探しから大吉

ブログネタ
もう木造住宅は造るまい。 に参加中!

東京・埼玉の注文住宅はRCdesign

晴れて多少雲あり、な寒い東京です。

そんな今日が仕事始めとなりました。朝から社内ミーティングの後金融機関さん、資材メーカーさん、材料屋さん、商社さん、ガラス屋さん、にご来社いただきました。その後新規お問い合わせ対応など。

午後は金融機関へ外出、その後生コン屋さん来社、設備屋さん来社、住設メーカーさん来社など、コンセプトプランニング。見積作成。夕方は電気屋さん来社打ち合わせ、溶接屋さん来社打ち合わせなど。

さて、サッカー日本代表も予想外にイエメンに逆転勝ちしてくれましたね、なんと代表デビュー戦でのハットトリックは80年ぶりだとか。この調子でワールドカップにいけば奇跡が起きそうな予感がします。

さらに、先日行った初詣で引いたおみくじがこちら。

IMG_0414[1]

見えますか?

そうなんです。大吉です。

ん〜益々今年は良い事が起きそうな予感がしてきました。

いやいや、予感だけではありません。

夢の実現に向けてスタッフ一同最善の努力を惜しみなく発揮する所存でございますので、皆様の住まいづくりにお役に立てることと思います。

是非本年も弊社にご期待ください。

ところで、今年こそは家を手に入れようと計画を練り始めた方もいらっしゃるかもしれませんね。

もし土地からお探しだとすると、きっと家づくり以上に悩むかもしれません。

何故なら、まったく同じ条件の土地は、他にないからです。

「もっと良い所があるに違いない」と思ってしまいます。

さらに、駅に近いとか生活の便が良いとか、好条件の土地が非常に少ないうえに値段が高いからです。

そこをうまく利用して、不動産屋さんは分譲地として、立地条件のいい土地を手頃な値段で販売しています。

ただし、土地だけ買うことは出来ません。そう、建築条件が付いているのです。

立地条件がいいという理由だけで、その業者で建てたくないにもかかわらず、しぶしぶ建築条件付で契約する人がいます。

でも、ご安心ください。いい方法はあります。

それは、土地を信頼できる不動産屋さん1社に絞って探してもらうことです。

ここで問題なのが、信頼できる不動産業者はどこなのかということです。
しかし、簡単には見分けられません。

そこで、まず住みたい町を決めてから、その町で古くから営業している業者に依頼するのが良いかもしれません。

ここで、土地探しの注意点ですが、土地だけ見て判断しないことです。
土地を買う目的は、そこに家を建てることです。そして、建った家で家族が楽しく生活することですよね。

土地を見て、楽しく生活している様子をイメージできるかどうかが、判断の基準です。

利害関係のない、第三者に相談してみるのも、いいかもしれませんね。

そうすることで、土地探しの方向性が見えてくるでしょう。
具体的な土地探しは、それからです。

最も重要なことなので、もう一度言います。

「土地だけ見て、判断しないでください」

また、建築条件付で妥協しないでください。

建築条件付きの土地でもその条件をはずすことだって可能ですので、そのあたりの交渉も信頼できる不動産業者さんに相談してみるのも手ですね。

それでは。

今日もありがとうございました。

人気ブログランキングへ←ランキングにお力添えをポチッとをひとつ!



プロフィール

井上社長

RCdesign のご紹介
スペースの都合で小さい画面になっております。お手数ですが、全画面でご覧ください。
おすすめ
お知らせ
現在リクルート発刊
の『東京の注文住宅』
に弊社が掲載されてい
ます。もう買って頂け
ましたか?
書店で380円ですの
で、是非ご覧になって
下さいね。



専門家を探せる、相談
できるALL About プロ
ファイルに出展してます


全国工務店ブログ広場

一日一度のクリックを
ありがとうございます!
にほんブログ村 住まいブログへ


住まいランキング

ブログランキング

友だち追加

livedoor 天気
QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
住まいづくりの秘訣       無料メールセミナー
住まいづくりをお考えの方が後悔する前に知っておくべき内容を書き下ろしました。失敗しない住まいづくりノウハウを是非お受け取りください。
お名前 ※
E-Mail ※
都道府県 ※

RCdesign公式facebook
ブログ内記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ