住まいはRC(鉄筋コンクリート)にしなさい!

東京で家を建てるならRC(鉄筋コンクリート)住宅。 (株)RCdesign(アールシーデザイン)社長の日記です。

太陽光発電

いつもありがとうございます。ご愛顧感謝申し上げます。こだわりの一戸建て住宅や2世帯住宅、賃貸併用住宅の安定経営など、住まいに関するノウハウを株式会社RCdesignの代表井上がお届けいたします。

自家発電とZEHとか。

東京で省エネ住宅を建てるなら

晴れのち曇りの東京です。

そんな今日は朝から5丁目のお客様宅へ、ガレージ改修工事立ち会い、出張所で書類受け取り、帰社後は信用金庫さん来社、お問い合わせ対応、調布西つつじヶ丘計画検討、資料作成など。

午後はサッシ屋さんと電話、練馬区小竹町のお客様とお電話、塗装屋さんと電話、新橋の不動産会社さんと電話、土地家屋調査士さん来社、豊島区西巣鴨計画検討、世田谷区三軒茶屋計画のお客様とお電話、商社さんと電話、見積作成など。夕方は文京区根津計画検討、資料作成、原稿作成、北松戸計画検討、ミーティングなど。

上着がいらないほどの暖かさでしたが、いろんな花粉も飛んでいたように思います。

ではこちら。

自宅に再生エネを導入 発電“家庭菜園”のように

「電力の自給は意外と簡単です。太陽光発電のパネル、蓄電池、充電コントローラー、電力を直流から交流に変えるインバーター。この『4種の神器』があれば大丈夫です」

福岡市の飲食店で2月にあったトークイベント。再生可能エネルギーという少しお堅いテーマながら会場は満杯。約70人を前に横浜市の主婦、佐藤千佳さん(33)がオフグリッドの暮らしを説明した。

オフグリッドとは送電網から外れていること。佐藤さんは東日本大震災による原発事故を機に自然と調和した生活を思い立った。2014年、自宅の新築に合わせて8枚の太陽光発電パネルなどの機器を導入した。夫と2人暮らしで冷蔵庫、洗濯機、掃除機、エアコンは「普通」に使う。電子レンジ、テレビは置いていない。1日の電力使用量3キロワット時は、一般家庭の3分の1程度という。
2017年4月5日 14時11分 西日本新聞

なるほど。

今日の記事では、比較的若いご家族の方が家を建て、その住まいには電気のインフラを引かない状況で生活をされているとのこと。

ということは、もちろん夜や雨の日などでは発電されませんので、電気を使わない暮らしをされているということになります。

記事によれば、オーナーさんいわく「晴れた日はわくわくしながら家電を使い、雨の日はゆっくり読書。まさに晴耕雨読です」ということで、太陽光発電を「家庭菜園」に例えていました。

また、この太陽光発電の感想として、「収穫した野菜をおいしくいただくのと同じ感覚。余った野菜や種をご近所にもらってもらうように、電気も分けたくなるんです」と言われていました。

記事では、このオーナーさん宅の太陽光システムは設置費が約220万円とのことで、月の電気使用量を電力会社の料金に換算すると約3千円となり、元が取れる額ではないようです。

しかしながら、オーナーさんの考えとしては、いったん事故が起きれば取り返しのつかない事態となる原発や、埋蔵資源を巡り国同士の争いを引き起こしかねない化石燃料による電力ではなく、再生エネルギーによる電力を自給する社会にするための投資であり挑戦をしているということです。

もしかすると、この人は特別に意識の高いオーナーさんで、自分には関係無いことだと思われるかもしれませんが、実は必ずしも特別なケースではないんですね。

それは、現在のところ日本政府では、必要性などについて十分に検討した上で、2020年までに省エネ基準をすべての新築住宅に義務づける方針を掲げていますし、また同じく2020年には標準的な新築住宅をZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とし、2030年には新築住宅の平均でネット・ゼロ・エネルギーを目指すという計画なんです。

このZEHという仕様の住宅では、1年間の消費エネルギーより住宅でつくったエネルギーのほうが多いか、またはその差がゼロになる住宅のことで、今のところは住宅でつくるエネルギーは、太陽光発電が中心になっています。

今後は都市ガスなどから取り出した水素と空気中の酸素を化学反応させて、電気とお湯をつくるエネファームなども有効な設備になると思います。

ちょっと前までは、太陽光発電を設置して元が取れるか、またはどのくらい儲かるかということのみが選択基準になっていましたが、今後は家を建てる時には、より高い志というか、思いとか意識が必要になりそうです。

家を建てるということは、少なからず自然環境に影響を与えることになりますので、それを補うことが求められる時代になるということかもしれません。

当然必要なコストも増加しますが、一方で国や都道府県などの補助金が利用出来たり、住環境は間違い無く快適になりますので、より健康的に暮らすことも可能になります。

太陽光発電や燃料電池などの設備を、もう遅いとか、今は必要ないと考えず、なるべく積極的に採用して頂きたいと思います。

ちなみに、これらの省エネやZEH仕様の家だからといって、電力会社と契約出来ないというわけではありません。当然夜や雨の日でも快適に過ごしていただけます。日々の生活や人に我慢や負担を求めるような省エネではいけませんね。

ZEH仕様の家を建てるなら、ZEHビルダー登録済みのRCdesignまでお気軽にご相談ください。

それでは。

今日もありがとうございます。

 
人気ブログランキングへ        ←応援よろしくお願いします!



ソーラー発電するステンドグラスとか。

ブログネタ
RC住宅を建てよう! に参加中!
東京で美しい住宅を建てるならRCdesign

晴れのち曇りの暑い東京です。

そんな今日は朝から徳丸計画検討、内装建材メーカーさん来社打ち合わせ、電気屋さん来社打ち合わせ、台東区日本堤計画検討、ガス会社さん来社、照明検討など。

午後は練馬の不動産会社さんへ書類受け取り、その後徳丸計画の現場視察、帰社後は世田谷区奥沢計画のお客様とお電話、書類作成、鉄道会社さんと電話協議など。夕方は原稿作成、小菅計画検討、奥沢計画のお客様にご来社頂き打ち合わせなど、ありがとうございます。ご近所のお客様とお電話、書類作成など。

窓を開けていると蚊が入ってくるようになりましたので、事務所でも蚊取り線香を焚いてみました。

ではこちら。

機能的で美しい!ソーラー発電する“ステンドグラス”が話題に

クリーンエネルギーとして、ますます需要が高まる太陽光発電。

“太陽光パネル”と言えば、屋根の上などでギラギラ光る姿が思い起こされるが、美しさで群を抜いているのが、この「Current Window」だ。

・ソーラー発電するステンドグラス

科学とデザインを結びつける作品を生み出してきたオランダ人デザイナーのMarjan van Aubel氏が、ソーラー発電システムを開発するスイスの「Solaronix」と手がけたのは、なんと太陽光発電するステンドグラス!
2015年5月15日 16時0分 ISUTA

なるほど。

これはなかなか楽しみな技術ですね。

これまでの太陽光発電では、その効率のみが評価の対象となっていて、同じ設置面積なら少しでも多くの発電量を確保出来た方が良いパネルと言われてきました。

それはそれで、目的が発電ということであれば、当然のことなんですけど、弊社でも太陽光パネルを外装材として採用することを考えた時には、その効率の悪さから、採用を断念したことがあります。

やはり太陽光パネルは、基本的に平面に設置するか、もしくは太陽に向けて角度を付ける方が、一番発電効率が高まるということがわかっています。

今回の記事では、そんな太陽光パネルをステンドグラスとして利用したものが紹介されていました。

1Current-Window早速画像を拝借して参りましたのでご覧ください。

こうしてみると一般的なステンドグラスと遜色ない感じで、しっかりと美しい光が透過しているようです。

さらに、記事によるとフレーム下部に設置されたUSBポートからは、直接スマートフォンなどを充電することも可能になっているそうですが、現在のところ、スマホをフル充電するのに7時間ほどかかるということですので、発電量としては、まだまだこれからという感じでしょうか。

もちろん窓の大きさにもよると思いますが、必要最低限の発電量となると、今のところは結構な大きさが必要になりそうですので、結果的にコストパフォーマンスはあまり良く無さそうですね。

しかし、建築として、住まいがより美しくなったり、そこに住む人に喜んでもらえるのなら、多少発電効率が悪くても、利用してみる価値があるかもしれません。 

ステンドグラスのモダンな柄と美しい色合いは、きっとコンクリート打ち放しの外観に映えることでしょう。

モダンで美しい住まいを建てるなら、是非RCdesignまでお気軽にご相談ください。

それでは。

今日もありがとうございます。

 ←クリックを是非!
人気ブログランキングへ



太陽光発電でトクをするとか。

ブログネタ
RC住宅を建てよう! に参加中!
東京でお得な家を建てるならRCdesign

曇りのち晴れの東京です。

そんな今日は朝から社内ミーティング、サッシ屋さんと電話、お問い合わせ対応、見積作成、大工さんと電話、中野区南台計画検討、世田谷区弦巻のお客様とお電話、世田谷区奥沢6丁目計画検討、提携会社さんと電話など。

午後は豊島区駒込計画検討、池袋計画検討、サッシ屋さん来社打ち合わせ、板橋区板橋3丁目計画検討、資料作成、蓮根の不動産会社さんへ書類お届け、原稿作成、お問い合わせ対応、板金屋さん来社打ち合わせなど。夕方は練馬区田柄計画のお客様にご来社頂き打ち合わせ、ありがとうございます。ガス会社さんと電話、徳丸6丁目計画検討など。

今日はちょっと冷え込みが緩んだ感じがしました。

ではこちら。

2015年は「自己資金で太陽光発電」をしてトクをする

2015年は電力会社から電気を買うより、自宅の屋根で太陽光発電したほうが電気代を節約できるかも??

自然エネルギー財団は昨年末、興味深い試算結果を発表した。それによると、今年の第二四半期に「家庭用太陽光発電の発電単価と家庭向け電気料金の平均単価が等しくなる」というのだ。

◆家庭向け電気料金はじりじり上昇中
試算では2009年当初の50円から、5年間で20円も下がった。これはソーラーパネルの価格下落などが影響していると考えればよいだろう。

一方、家庭向け電気料金の平均単価は段階を分けてじりじり上昇。これは「主要には火力発電の燃料費が上昇していることと、稼動停止中の原発に運転管理費が継続してかかっている」(木村啓二・自然エネルギー財団上級研究員)ことによる。
2015年1月26日 16時10分 ハーバービジネスオンライン

なるほど。

ここ最近は以前ほど太陽光発電のニュースを目にすることがないように感じますが、いかがでしょうか。

恐らく数年前に比べて、電力の買い取り価格が下がった結果、投資としてのメリットが少なくなったことが原因のひとつのように思いますが、ちょっと前には電力会社の一方的な買い取り中止がニュースになっていたりしましたので、このあたりも影響しているかもしれません。

これまでにも、太陽光発電の設置を検討される方には、投資として判断されることが多かったと思いますが、同時に再生可能エネルギーを利用することで、少しでも地球環境の保全に協力したいという方もいらっしゃったと思います。

もちろん経済的な恩恵があってこその設備投資だと思いますが、もう少しその意義や考えを共感したうえで設置を検討される方が増えても良いと思います。

今日の記事では、これまで家庭用太陽光発電は、余剰電力の売電で費用を回収する。という考え方の見直しを迫るもののようでした。

現在は日中太陽光で発電した電気を自家消費した場合、その電気代は電力会社から電気を買うよりも割高となっています。これは当然買い取り価格を高く設定してあるがゆえの結果ですので、仕方がないことなんですけど、本来は自分で使うよりも売電した方がおトクということも言えます。

しかし、もし今後家庭用太陽光発電の発電単価が、電力会社の電気料金より安くなれば、日中の自家消費分の電気が電力会社の電気よりも安くなるわけです。

それはつまり、太陽光発電単価と電気料金単価が逆転したあかつきには、屋根の上にソーラーパネルを載せて、自分で使っている方がおトクになります。

記事では試算の条件として、設備費用を銀行融資の利用があるものとして、3.2%の利息分なども計上されていましたので、この部分を自己資金とすれば、電気代の節約効果もその分効果が上がるということです。

このあたりは毎度のことながら、あくまでも試算ですので、必ずしも確定した数字が保証されるものではありません。

もう少しすると、発電した電気は自分で使う分と、余った電気は蓄電したり、ご近所に融通したりする時代も近いように思います。

せっかくの一戸建てで、少しの余裕がある方は、ちょっと記憶の片隅に置いておいても良いかもしれません。

地球環境を考え、お得な住まいをお考えなら、是非RC(鉄筋コンクリート)住宅をご検討ください。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキングへ       ← 今年もご声援のクリックを是非!



オフグリッドで暮らすには。

ブログネタ
RC住宅を建てよう! に参加中!
東京で省エネでも快適な家を建てるならRCdesign

快晴の東京は暖かいです。

そんな今日は朝から社内ミーティング、練馬区氷川台のOBオーナー様とお電話、その後練馬区春日町のOBオーナー様宅訪問、打ち合わせなど、帰社後は大工さんと電話、提携事務所さんと電話、ガス会社さんと電話、サッシ屋さん来社打ち合わせなど。

午後は世田谷区太子堂計画検討、見積作成、資材メーカーさん来社、提携塗料メーカーさん来社打ち合わせ、練馬区田柄計画検討、お客様とお電話、板橋区弥生町計画検討など。夕方は税務署さんと電話、お問い合わせ対応、台東区日本堤計画検討、見積作成、ミーティングなど。

今日は暖かかったんですけど、今週はぐっと冷え込みが厳しくなるそうですので、暖房の準備や暖かい服装など、しっかりと準備しておきましょう。

ではこちら。

太陽光と蓄電池で…「電力自給」で暮らす夫婦に学ぶ知恵

「3・11のとき、それまで私たちが住んでいた川崎市でも大規模な停電がありました。電力会社に依存することの怖さと不安を感じましたが、電気そのものは、便利で生活を豊かにするもの。問題は、作り方と使い方なんです!」

そう語るのは、自然療法士のサトウチカさん(31)。今年9月、精密機器メーカー勤務の夫、タカヤさん(33)とともに、神奈川県横浜市戸塚区で、太陽光発電で電力を完全自給する、2LDKの「オフグリッド(送電線につながっていない)ハウス」を新築した。新築時から送電線を引かない住宅は異例中の異例だ。

耐久性に優れたグレーのガルバリウム鋼板でできた外壁は、モダンな印象。しかし、よく見ると、周囲に網の目のように張り巡らされた電線が、サトウさんの家だけ届いていない。代わりに、屋根の上には太陽光パネルが8枚取り付けられている。

「都会のふつうの一軒家で、一般人の私たちが楽しく電力自給ができることを証明したかったんです。爪に火をともすように節電しなくても、オフグリッドで暮らせます」
2014年11月10日 8時0分 女性自身

なるほど。

先日は東北の震災被災地にお邪魔させていただきましたが、そこでがんばっておられる方達には現状の心境や将来像など、貴重なお話しをお聞かせ頂くことが出来ました。

実際に被災された方達の中には、今も仮設住宅で暮らされている方が大勢いらっしゃいますし、生活再建に向けてご苦労をされている状況は、3年という時間では解決出来ないことなんですね。

そんな状況から、震災直後の混乱やそれ以降を教訓として学ばなければいけませんし、現在その答えのひとつが、エネルギーの地産地消であり、自給自足の生活かもしれません。

記事にあるお宅では、冷蔵庫や洗濯機、エアコンもあります。朝晩、ドライヤーで髪を乾かすし、毎日掃除機も使っている。リビングにはノートパソコンもあるし、ケータイだってもちろん使っています。それでも、現在の消費電力は、1日平均3キロワットアワーだそうです。これは一般的な日本の住宅の消費電力の、およそ3分の1程度だそうです。

もちろん少なからず工夫もしていて、「特別無理しなくても、節電は可能です。省エネ家電を取り入れつつ、不要な家電は使わない。わが家は原発事故以降、本当の情報を流してくれないことに嫌気がさして、テレビを見るのをやめました。電子レンジも使わず、料理は蒸し器で温め直しています」ということ。

さらに以下のことを心がけているそうです。

【使わないときは給湯器の電源をオフ】【便座ヒーターはコンセントをはずす】【夜早めに寝る】【炊飯器はめったに使わず、土鍋でご飯】【床暖房で冬を乗り切る】とか。

極力ムダを省いたうえで、使う電気は自給自足。たとえ雨が1週間降り続いても、大丈夫なんだとか。

記事ではオーナーさん曰く、「雨の日でも多少は発電しますし、雨でパネルがキレイに洗われるので、翌日は発電量も増えるんです!昨日は1日で5.72キロワットアワーの発電がありました。過去最高です」と書かれていました。

さすがに最初からオフグリッドで一切公共の電気をつながないというのは、ちょっと不安を感じなくもないですが、これからの日本、地球全体のことを考えたら、少しずつでも、1件でも多く省エネで創エネな家が増えると良いですね。

省エネでも快適に暮らしたいなら、是非RC(鉄筋コンクリート)住宅をご検討ください。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキングへ       ←応援のクリックをどうかひとつ!



太陽光発電の損得とか。

ブログネタ
RC住宅を建てよう! に参加中!
東京で発電する住宅を建てるならRCdesign

晴天の東京は夏のようです。

そんな今日は朝から小金井計画検討、お問い合わせ対応、信用金庫さんと電話、タイル屋さん来社打ち合わせ、台東区上野桜木計画検討、電気屋さんと電話、資料作成など。

午後は中野区南台計画検討、見積作成、西台のお客様とお電話、サッシ屋さん来社打ち合わせ、杭屋さん来社打ち合わせ、お問い合わせ対応など。夕方は電気屋さん来社打ち合わせ、北区西ヶ原計画検討、出版社さんと電話、板橋区弥生町計画検討、資料作成など。

屋外では暑く感じましたが、日陰は涼しいので、夏よりはマシですね。ベトナムでは女子サッカーのなでしこ達が頑張っていますので、応援しましょう。

ではこちら。

住宅の太陽光発電は得か?損か?

太陽光発電は、数百万円の初期投資がかかる
最近、住宅展示場でモデルハウスを見ると、その多くが屋根にソーラーパネルを載せています。また、戸建て住宅に住んでいる人なら「太陽光発電を取り付けませんか?」という訪問営業を受けた人もいるのではないでしょうか。また、テレビではソーラパネルメーカーが頻繁にコマーシャルを流しています。

実際のところ、住宅用の太陽光発電は得なのでしょうか?結論を言ってしまうと、損をする人もいれば、得をする人もいます。
 
太陽光発電は、設備を設置するのにソーラーパネル代、コントローラーなど数百万円の初期投資がかかるます。その金額を、発電量に応じた「売電(あるいは電気代の節約)」で、賄っていく仕組みです。ここで重要なのは売電の「買い取り価格」です。これが高ければ得をし、安ければ損をします。
JIJICO 2014年05月16日10時00分 

なるほど。

一時期に比べると、ちょっとは減ったように思いますが、それでもこれから家を建てるという方や、既存のお住まいでも、省エネの点から検討されたり、純粋に投資として検討されている方が、まだまだ多くいらっしゃるようです。

当然検討し始めれば、一番の関心事となるのが、実際に元が取れるのか、お得なのかそうではないのかということ。

ハッキリ言って、記事にもあるように絶対にということも言えませんし、儲かるのか、損になるのかも一概に言えることではないんです。

それこそ天候ひとつとっても、晴ればかりではありませんし、カタログ通りの発電効率を確認したりすることも難しいですね、当然買い取り価格にしても、自分でどうにか出来ることではありません。

その買い取り価格を決めている資源エネルギー庁では、「調達価格や調達期間は、各電源ごとに、事業が効率的に行われた場合、通常必要となるコストを基礎に適正な利潤などを勘案して定める」こととしています。

要するに毎年改定される売電価格は、「トラブル無く運用されていたら、ある程度の利益が上がる」という前提で価格が設定されているのだそうです。

となれば当然、「大もうけはできないようになっている」ということですし、故障などのトラブルがあれば損をすることもあり得るということですね。

実際、ソーラパネルの値段や買い取り価格は年々変わっていますが、設置工事価格と売電価格から損益を試算してみると、必ず設置後7〜10年くらいで元が取れるようになっているようです。ですので、設置したソーラパネルが10年以上問題なく順調に発電を続けてくれれば大成功と言えます。

しかし、外的要因で発電量が低下したり、システムのどこかが故障したり、木造住宅では屋根に負担が掛かって雨漏りでもしたら、利益が出るどころか、想定以上の出費が増える可能性もあります。損得どちらになるのか、それは10年経ってみないとわからないということです。

実は個人住宅の太陽光発電というのは、本格的に設置が始まってからまだ数年しか経っていませんので、耐用年数をむかえたものは殆どありません。ですので、耐用年数を過ぎた後のソーラパネルの解体、撤去工事にどれほどの費用が掛かるのかなど、いまだはっきりしていない部分も多くあります。

また、買い取り固定期間の10年を超えた例も当然ありませんし、10年後の買い取り価格もわかりません。これらのリスクを理解した上で、設置についての判断をしなければいけません。

それでも日々の電気使用料の削減や、省エネに対する貢献、災害時のエネルギー確保などを考えれば、十分検討の余地もあるのではないでしょうか。

太陽光発電や燃料電池などにご興味がございましたら、是非お気軽にご相談ください。

それでは。

今日もありがとうございます。

 
人気ブログランキングへ ←今日もどうか応援のクリックを一つ。



エネルギー基本計画とか。

ブログネタ
RC住宅を建てよう! に参加中!
東京で省エネな家を建てるならRCdesign

朝晩涼しくても、日中は穏やかな東京です。

そんな今日は朝からご近所のお客様宅へ書類お届け、信用金庫さん来社打ち合わせ、地盤補償会社さんと電話、豊島区駒込計画検討、資料作成、板橋区弥生町計画検討、サッシ屋さんと蓮根の歯科医院さんへ現調とか、帰社後は提携会社さんと電話など。

午後は構造担当と電話、資材メーカーさんと業者さん来社打ち合わせ、北区西ヶ原計画検討、図面作成、地方銀行さん来社、板金屋さんと電話、賃貸住宅現調など。夕方はお問い合わせ対応、図面作成、ミーティングなど。

どうも体温調節が難しい日が続いていますね、ご自愛くださいませ。

ではこちら。

エネルギー基本計画を閣議決定、再生可能エネルギー促進の課題とは?

日本の今後およそ20年前後までのエネルギー政策の方針となる「エネルギー基本計画」が11日、政府の方針として正式に決定されました。決定されたのは、2月にとりまとめられていた政府原案に対し、自民・公明両党が修正を加えた内容です。そういう意味で「再生可能エネルギーの普及を推進する」という自民・公明両党の意向を色濃く反映した計画になっています。再生可能エネルギー導入にあたり、どんな課題が予想できるのか見てみることにしましょう。

再生可能エネルギー(再エネ)は、地球温暖化の原因となる二酸化炭素を出しませんし、エネルギーが枯渇することもありません。すべてのエネルギーを再エネでまかなえると確かに素敵なのですが、再エネは再エネで普及させるのはそう簡単ではありません。 
THE PAGE 2014年04月11日12時00分

なるほど。

早速目を通してみると、日本がこれから目指す方向が少なからず見えてくるようです。

再生可能エネルギーの普及を推進するといってはいるものの、その中身は約2割を目標にしているようで、これは再生エネルギー先進国と言われているドイツを意識している数字のようです。

2012年の時点で、ドイツの再エネ比率(水力含む)は22.4%ということですので、日本の比率が10.0%ですから、もちろん日本からみると確かに先進国ということになります。

ご存じの通り、そのドイツでは太陽光発電や風力発電の導入に力を入れてきましたね。その結果、石油火力や原子力への依存度は減りましたが、再エネである太陽光は夜間や雨天時に発電しませんし、風力は風がないと発電しません。

今のところ残念ながらすべての電力を再エネに頼ると、電源供給が不安定になるため、これをバックアップする電源が必要になってしまうんです。

ドイツでは、日本での震災以降、原子力の依存度を下げるため、古い原発の廃炉を前倒しすることを決定しました。そのため原子力でバックアップすることはせず、コストが低く、柔軟に電力を生み出せる石炭火力を選択したそうです。

しかし、その結果として二酸化炭素を排出する石炭火力発電への依存度がトータルでかえって増加するという現象が起きているということですので、まだまだこれが絶対というエネルギー政策は見つかっていないと言えます。

一方で、基本計画では「再生可能エネルギー源の最大の利用の促進と国民負担の抑制を、最適な形で両立させるような施策の組み合わせを構築」という表現があえて盛り込まれていますから、電気代の上昇は念頭に置かれていると考えられます。

日本でも今のところ再エネを促進するための制度として「固定価格買取制度」があります。これは電力会社は太陽光や風力によって発電された電力を一定の期間、国が決めた価格で買い取り続けるという制度です。そうすることで、発電する側のコスト負担は軽くなり、経営しやすい環境が整い、再エネの普及に拍車がかかるということが狙いです。

そのしわ寄せとして、日本の場合はいまのところ月額120円、年額1440円を国民全員で負担していますが、同じ制度を導入したドイツはどうかというと、結果的に電気代が高騰しました。ドイツの一般的な家庭では、月額約2400円の負担、年額で約2万9000円の負担になっているそうです。ドイツと同じペースで上がっていくとすると、日本でもおよそ10年で同じ水準になるそうですから、この辺りも含めて考える必要がありそうです。

やはり再生可能エネルギーの導入を進めるとなると、確実に経済的な負担は増えて行きそうですね。原子力について基本計画では「原発依存度は可能な限り低減させる」とうたっているものの数値目標は盛り込まず、「重要なベース電源」として位置づけ、「規制基準に適合する原発の再稼働を進める」と書いています。

個人的かつ勝手な希望では、ドイツのように原発を止めることと、廃炉の計画をすぐにでも進めるのが正しいように思います。日本ではこれから人口が激減していく時代ですが、技術的に不安定な原発に頼るよりも、コストの高い電力を使う方が、結果的に地球に優しいと思います。 

もしこれから家を建てるなら、是非発電設備をご検討ください。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキングへ ←今日もどうか応援のクリックを一つ。



太陽光発電で儲かるのか?

ブログネタ
RC住宅を建てよう! に参加中!
東京で儲かる家を建てるならRCdesign

朝から冷たい雨の東京です。

そんな今日は朝から渋谷区東計画検討、書類作成、業者さんと電話、土地家屋調査士さん来社打ち合わせ、文京区本郷計画検討、資料作成、渋谷区恵比寿2丁目計画検討など。

午後は設計事務所さんと電話、井戸屋さんと電話、板橋区弥生町計画検討、その後渋谷区東計画の現場へ、お客様と打ち合わせ、大工さんと作業など。夕方帰社後は鎌倉市でご検討のお客様とお電話、埼玉県蕨市計画検討、図面作成など。

今日は都心の道路が大変な混雑でした。これも年度末ということでしょうか。

ではこちら。

太陽光発電でもうけが出るか?「今から10年だけやるのが賢い」

今年3月、経済産業省が電力買取価格の引き下げを報じた。2012年は40円台だった買取価格が今年は36円程度となる見通しで、わずか2年で10%の大幅ダウンとなる。

太陽光発電はお得なのか? 今年始めれば10年間は36円で買い取ってくれるが、その先はいくらか保証がない。発電設備の老朽化を考えると、10年で打ち切りにするのが「賢い方法」になりそうだ。

■5〜6年はタダ働き?

太陽光発電による電力買取価格は、発電設備の値段に深く関係している。電力買取が始まったころは初期費用があまりにも高額だったため、高値で買い取らないと釣り合わなかった。機器の値段が下がった現在に買取価格は、値下がりというよりは適正化とも表現できる。
マイナビウーマン 2014年03月20日10時27分

なるほど。

確かに、今年になってまた買い取り価格が下がりましたので、せっかくこれから太陽光発電を設置しようかと思っていた方には気になる話題ですね。

そもそも太陽光発電による電力買取価格は、発電設備の値段に深く関係しています。発電した電力の買取が始まったころは、設備機器の初期費用がかなりの高額だったため、高値で買い取らないと釣り合わないという理由がありました。

ここに来て太陽光パネルや付属機器の効率や性能が上がり、値段も下がった現在での買取価格は、値下がりというよりは適正化と言えるのではないでしょうか。

ちなみにいま始めるなら、初期費用はいくらかかるのかというと、これは、(1kWhあたりの装置の値段)×(発電量)で決まるので、分けて考えましょう。住宅用太陽光発電の場合、発電1kWあたりの機器価格によって補助金が異なります。2〜41万円以下は2万円、41万円超〜50万円以下だと1.5万円、50万円超だと補助金はありません。

と言うことは、機器の発電能力1kWあたり41万円に抑えれば実質39万円で済むのでもっともお得ということになりますが、他にも都道府県や市町村によっては補助金のある地域もありますので、事前に確認しておくと良いでしょう。

記事では、今太陽光発電を導入した場合に、どのくらいの期間で元が取れるか、一定の条件で簡単に計算されていました。その結果は平均でも利益が出るのは5.72年後となり、10年計画ならそれから4.28年で約131万円儲かるという結果になっていました。

もちろん全体の120か月で割ると毎月の黒字は1万円程度ということになりますが、投資としてだけでなく、環境対策や災害対策としての意義も含めれば、決して損にはならなそうですので、今ならまだ導入を検討しても良いのではないでしょうか。

さらに、燃料電池エネファームなどとダブル発電にしておけば、より一層売電に有利になりますので、利益は出やすくなると思います。

しかしながら、どちらの機械も寿命は10年程度なので、その都度買い直さなければなりません。どの機器も遅かれ早かれ寿命を迎えます。主役のソーラーパネルは15〜20年と言われていますが、破損や汚れで20年後も同じ性能が維持出来るか疑問が残ります。やっかいなのはパワー・コンディショナーと呼ばれる機器で、これはパネルが発電した直流電流を交流に変える装置なんですが、これも寿命は10年程度と言われています。

と言うことで、10年後の買取価格がいくらかになっているか予想できませんので、今のところ損得を考えると、記事のように10年経ったら解約するのが得策かもしれません。あとはその時の環境によって、更なるエコに貢献するか、新しい設備に更新するかを検討されてはいかがでしょう。

太陽光発電や燃料電池エネファームにご興味がございましたら、お気軽に弊社までお問い合わせください。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキングへ ←今日もどうか応援のクリックを一つ。 


 

わが家発電のすすめとか。

ブログネタ
RC住宅を建てよう! に参加中!
東京で発電する家を建てるならRCdesign

晴れて暖かくなった東京です。

そんな今日は朝から練馬区錦計画検討、資料作成、資材発注、板橋区弥生町計画検討、土地家屋調査士さん来社打ち合わせ、文京区本郷計画検討、業者さんと電話など。

午後は渋谷区東計画検討、お客様とお電話、蓮根の不動産会社さんと電話、水道屋さんと電話、都市銀行さんと電話、お問い合わせ対応、見積作成、葛飾区新小岩計画検討など。夕方は電気屋さん来社打ち合わせ、渋谷区恵比寿2丁目計画検討、豊島区駒込計画検討、大工さんと打ち合わせ、豊島区駒込計画検討、資料作成など。

春を思わすような陽気でしたね。もちろんアレも飛んでます。

ではこちら。

太陽光、風力…電気代高騰の今だから“わが家発電のすすめ” 

じわじわと上がっていく電気代。何もしないで払い続ける?いや、いまや身のまわりには、いろいろな発電法があるのだ。その“わが家発電”の方法とは……。

わが家発電の代表といえば、太陽光発電。東日本大震災以降、導入する家も増えた。じつはこの太陽光発電、節電への“投資”としてもかなり魅力的だ。

「太陽光発電を導入する費用は、平均して200万円程度ですが、これはおよそ10年で元が取れる計算です。その後も発電はもちろん、継続して売電ができます。年金生活で収入が減ったとき、電気料金が安くすむというのは大きいのでは」(太陽光発電協会広報・穂岐山孝司さん)

賄える電力は、家庭で使う電力の7割程度。太陽光パネルで発電した電気が、自宅で使っている電気の量を上回れば、その分が電線を介して電力会社に売られていく。それが「売電」だ。’13年度までに太陽光発電システムを導入すると、国の補助金制度を利用できる。さらに、県や市などの自治体で、補助金制度を別に実施しているところもあり。 
女性自身 2014年02月28日07時00分

なるほど。

確かに今日も電気とガス料金が最高水準という記事がありましたが、この先電気料金が下がることは考えにくく、むしろインフレが本格的になってくれば、今よりも高くなるのは間違い無いかもしれません。

日本でも昨年までに、メガソーラーと呼ばれる大規模な太陽光発電所が、全国に800カ所も造られるとか言われていましたが、それでもまだまだ発電量という点では十分ではなく、家庭での節電と発電が必要なことに変わりはありません。

しかしながら、一般家庭用で太陽光発電設備を導入するための各種補助金や、発電した電気を電力会社が買い取る価格は年々下がる一方ですので、やはり売電目的なら早めの方がオトクかもしれません。

この先機器の設置コストが今よりも劇的に下がれば、また導入のメリットも出やすくなってくると思いますけど、今後はより長期的に投資目的を考えるようにした方が良さそうです。

今日の記事では、太陽光発電の他にも、住宅用の小型風力発電装置が紹介されていましたが、こちらも投資的視点で見ると、その効率がいまひとつだったり、作動音の問題などはちょっと気になるところですね。

もうひとつご紹介していたのが、これぞ本当の自力発電という電動アシスト自転車「エアロアシスタント」(株式会社東部)です。これは通常の電動自転車では無かった、ペダルをこいで発電した電気を付属のバッテリーに充電する「充電モード」を備えているという点が優れています。

さらに充電した電気はアシスト機能に使うだけではなく、バッテリーのアダプターにシガーソケット型の充電器をつなげば、その場で携帯電話や非常用のLEDライトなどの充電ができるということですから、緊急時にも心強いですね。

なんとこの充電モードは、「『充電モード』のレベルは3段階。もっとも負荷のかかるレベル3なら、100メートル自転車で走ると、携帯電話で39分間通話できるだけの電力を起こします。20キロ走ると、39台の携帯電話をフル充電できます」(同社広報・後藤晴彦さん)と言うことですから驚きですね。

昔のダイエット器具やフィットネスクラブで見かける自転車型のマシンのように、オプションの両足スタンドを付ければ、その場でペダルをこいで、発電することもできるということですから、非常時に備えつつトレーニングにもなるというスグレモノです。

お父さんやお母さんの健康のためという表向きの理由が、実は家計の足しにされていたということが起こるかもしれませんね。発電方法はこの他にも燃料電池もありますし、用途と目的に合わせて選ぶようにすると良いと思います。

省エネ住宅をご検討なら、是非お気軽に弊社までご相談ください。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキングへ ←今日もどうか応援のクリックを一つ。 



太陽光発電の満足度と選び方とか。

ブログネタ
RC住宅を建てよう! に参加中!
東京で太陽光発電の家を建てるならRCdesign

曇りのち夜は雨の東京です。

そんな今日は朝から書類作成、その後渋谷区東の現場へ、お客様と打ち合わせ、その後建材メーカーさんのショウルームにて床材確認と打ち合わせなど。

午後は南青山の提携事務所さんにて打ち合わせ、板橋区弥生町計画検討など。その後文京区小石川方面へ、夕方帰社後は北区西ヶ原計画検討、その後忌引きさせていただきました。

師走してます。

ではこちら。

一年で最も昼間の短いこの時期に、お日さまの力について考える 太陽光発電の満足度を左右するのは「曇り発電力」

食べものも住まいも自然回帰が進むなか、電気にも自然エネルギーの波が押し寄せた。なかでも太陽光発電は一般家庭にも広がり、矢野経済研究所によると、2012年の市場規模は前年度比180.9%の1兆3198億円。同年に始まった固定価格買取制度の導入で公共・産業用は飛躍的に普及、住宅用も09年に導入された余剰電力買取制度でブームに火がついた。

ここ数年の普及で、利用者の本音も見えてきた。物価上昇に加え消費増税のあおりで、気になるのはやはり家計への効果。太陽光パネルの導入には初期投資がかさむため、毎月どの程度の電気が売れるのか、もとがとれるのはいつなのか、が知りたいところだ。

ハンファQセルズジャパンが、自宅に太陽光パネルを設置した男女を対象に調査したところ(2013年12月3日(火)〜5日(木)男女各150名 インターネット調査)、太陽光パネル導入後の1カ月の電気使用料金と売電金額の収支は、平均で毎月約3千円の黒字。初期費用の平均回収期間は、購入時から換算して平均12.7年の見込みで、実際に利用してみて「思ったより早く回収できる」と喜ぶ利用者とそうでない利用者に分かれた。
dot.(ドット) 2013年12月26日20時28分

なるほど。

これはまさにこれから家づくりを始めようという方や、すでに持ち家でも太陽光発電にご興味を持っている方達がもっとも関心のあるところではないでしょうか。

今回の調査結果では、設置した太陽光パネルに対する総合的な満足度は約94%と非常に高いようですが、個別にみると「曇りの日の発電量」には不満が多いようです。

これは発電量が日差しの強さや日照時間などの影響を受けるため、昼間の時間が短い冬場や曇り、雪、雨など天気の優れない日は発電量が下がる傾向にあるためです。

また曇天時の発電量は、パネルのメーカーによって差が大きい項目のひとつだということ。気象キャスターの木原実さんは、太陽光パネルを選ぶときのポイントとして、「曇りの時など空模様が優れないときの発電量」を挙げています。

実は、日本で「快晴」と呼ばれる日は、年間でわずか1カ月程度(全国平均)ということです。ここでいう「快晴」とは、日平均雲量が10分比で1.5未満の日を指す。地域による差があるものの、日本では雲一つなく晴れ上がる日は意外と少ないんですね。

さらに南北に長い日本列島の天候は、エリアによっても差が大きいですね。北海道では梅雨の時期が短いんですけど、沖縄には年に何度も台風がやってきます。小さな島国なのに、日本海側と太平洋側では別世界ということもあります。「住んでいる地域の天候や日照状況なども十分に考慮して選ぶべき」とのことです。

太陽光発電や燃料電池など、エコや省エネ、災害対策に対応出来る住まいにご興味がある方は、是非お気軽に弊社までお問い合わせください。 

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキングへ           ←どうかクリックを一つ。



完成内覧会のお知らせと創蓄連携システムとか

ブログネタ
RC住宅を建てよう! に参加中!
東京で資産になる家を建てるならRCdesign

晴れのち曇りの涼しく感じた東京です。

そんな今日は朝から資料作成、都市銀行さん来社、お問い合わせ対応、設備屋さんと電話、渋谷区恵比寿2丁目計画、板橋区弥生町計画、台東区上野桜木計画検討など。

午後はガス会社さんと設備会社さん来社打ち合わせ、業者さんと電話、ご近所の見積作成、埼玉県富士見市のお客様ご来社打ち合わせ、豊島区駒込計画のお客様にご来社頂き打ち合わせなど、ありがとうございます。夕方は台東区上野桜木計画検討、渋谷区東計画検討、見積作成、原稿作成など。

no map大変申し訳ございません、今回ご案内の完成内覧会はご好評により、予約の受付を終了させていただきました。またのご来場をお待ちしております。

ではこちら。

停電時にエネファームも活用できる住宅用「創蓄連携システム」新発売。停電時、自動での電力供給も可能に

パナソニック株式会社 エコソリューションズ社は、停電時でも太陽光発電システム(※1)や家庭用燃料電池「エネファーム」(以下エネファーム)(※2)と連携できる住宅用「創蓄連携システム」(「停電時100/200V出力タイプ」)を新開発。

また、従来の「停電時 100V 出力タイプ」も含め、停電時でも自動で(※3)電力供給する機能などを拡充しました。さらに、「耐塩害仕様タイプ(※4)」もラインアップし、2013年9月20日より受注を開始します。
 
東日本大震災以降、「もしも」に備える蓄電システムへの関心が高まる中、パナソニックは停電時でも太陽光発電電力を有効活用できる住宅用「創蓄連携システム」を販売してきました。
 
このたび、停電時に、太陽光発電システムに加え、エネファームとも連携可能なシステムとして「停電時 100/200V 出力タイプ」を開発。停電時でも、エネファームの発電電力を活用する(※5)ことで、より安定した電力供給を実現し、お湯の使用も可能となります。 また、「停電時 100V 出力タイプ」も含め、停電時には、あらかじめ設定しておいた機器に自動での電力供給も可能になりました。
PR TIMES2013年09月10日14時28分

なるほど。

とは言うものの、なんだか少々わかりにくい記事でもありますね。

これまでは太陽光発電にしても、エネファームにしても、さらに通常の電力会社から供給される電気も含めて、すべてがバラバラに動いていましたので、いざ停電になってしまった時などは、オーナー自ら限られたコンセントに最小限の電化製品をつなぎ替えたりしていました。

また、太陽光発電の弱点である天候による不安定さや、エネファームでも電気が無ければ始動出来なかったりしていましたので、折角自宅で発電した電気にもかかわらず、有効に使えていなかった部分がありました。

そこで、今回の新しい商品では、太陽光やガスによって作った電気と電力会社の電気、これに蓄電池を組み合わせて、より効率良く便利に電気を使えるようにするもののようです。

具体的なメリットとしては、
1.停電時もエネファームが運転でき、発電電力やお湯の使用が可能(停電時 100/200V出力タイプ)
2.太陽光発電電力を使いながら短時間で充電できるので、停電が長期にわたる場合でも安心
3.停電時には、あらかじめ設定しておいた機器(照明器具など)に自動で電力供給が可能

今後も益々「もしも」に備える安心や環境負荷の軽減と快適な暮らしの両立を実現する住まいが求められることになるでしょうから、ご興味のある方には是非検討して頂きたいと思います。

いろんな意味で災害に強い住まいをお求めなら、是非弊社までお気軽にご相談ください。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキングへ     ←マカロンをおひとついかがでしょう!
 


家を買ったら次は・・・

ブログネタ
RC住宅を建てよう! に参加中!
東京で新築の住まいを建てるならRCdesign

晴れ時々曇りの暑い東京です。

そんな今日は朝から世田谷区代田計画検討、見積作成、提携会社さんと電話、その後北区田端の現場へ、お引き渡し前の社内検査を行いました。

午後に帰社後は関連会社さんと電話、見積作成、ガス会社さん来社、その後蓮根の歯科医院さんへ、レントゲン会社さんと打ち合わせなど。夕方帰社後は渋谷区恵比寿2丁目計画のお客様とお電話、ミーティング、代田計画検討、その後自由が丘方面へ、お客様と打ち合わせなど。ありがとうございます。

午後に自転車で出かけたら、帰りの残り100mで大粒の雨に降られました。

ではこちら。

”原発事故”で意識に変化!? 新築1戸建て世帯の23.2%が「太陽光発電」を導入
 
住宅金融支援機構はこのほど、2012年度「住宅取得に係る消費実態調査」の結果を発表した。

同調査は、2011年11月〜2012年4月までに住宅の取得を行った世帯のうち、「1戸建て(新築)建築世帯」511件、「建売住宅取得世帯」308件、「新規分譲マンション購入世帯」204件、「中古住宅(戸建・マンション含む)取得世帯」407件の計1,430件をインターネット調査により抽出し、調査対象としている。調査時期は2012年12月上旬。

住宅建築・購入後、概ね1年以内に購入した耐久消費財の平均金額は、1戸建て(新築)で155.1万円(前年度134.3万円)、建売住宅で95.5万円(同84.3万円)、新築分譲マンションで86.0万円(同81.4万円)、中古住宅で45.5万円(同58.1万円)。これを、2011年度の住宅着工数ベースで加重平均した場合、新築持家系総合1世帯当たりの耐久消費財購入額は126.8万円(同111.7万円)となった。

住宅建築に伴う平均引越し費用は、新築持家系総合で15.6万円(前年度17.5万円)、中古住宅で22.4万円(同20.4万円)だった。
マイナビニュース 2013年06月17日16時45分

なるほど。

住宅を建築、もしくは購入されると、どうしても関連するものも購入したくなったり、場合によっては必需品もあるかもしれません。

そんな中、記事では「太陽光発電システム」の購入世帯比率が、前年度比3.7ポイント増の10.5%となり、特に「1戸建て(新築)」では23.2%と2割以上に上ったことが判明したようです。

確かに弊社でも一昨年くらいから徐々にご興味を持たれるお客様が増えてきた感じがしておりましたし、実際に設置されるお客様も確実に増えてきました。

残念ながら余剰電力の買い取り価格については、昨年までの42円から今年度は38円に下げられてしまいましたが、それでも設置を取りやめるという方はいませんので、コスト面のメリットだけではなく、環境や災害時の対策として考えられているようです。

最近はさらに燃料電池や蓄電池も含めたダブル発電を採用されたり、HEMSの導入も増えているように思います。

一方、品目別に1世帯当たりの平均購入額を見ると、トップは「乗用車(新車)」で233.0万円。以下、「太陽光発電システム」が200.6万円、「門・へい(垣根)」が49.2万円、「乗用車(中古車)」が48.6万円、「ルームエアコン」が46.7万円、「テレビ」が34.5万円、「応接セット」が33.6万円、「食堂セット」が32.4万円、「電気冷蔵庫」が31.2万円、「ベッド・ソファーベッド」が21.7万円と続いています。

上記の数字はあくまでも平均購入金額ですから、すべてのご家庭が車を買っているわけではありませんので、ご注意くださいね。

そこで、品目別の購入世帯比率を調べた数字もありましたのでご紹介しておきましょう。

最も多かったのは「カーテン」で68.5%。次いで、「照明器具」が58.5%、「ルームエアコン」が42.9%、「じゅうたん・カーペット」が41.1%、「テレビ」が33.8%、「ふとん」が33.1%、「時計」が31.8%、「食堂セット」が31.6%、「応接セット」と「ベッド・ソファーベッド」が同率の31.5%となっていました。

カーテンが7割弱というのがちょっと不思議ですが、これにはもちろんカーテン以外のブラインドやスクリーンなども含まれていると思いますので、約3割のご家庭ではカーテン類を使っていないか、既存のものをお使いということなんでしょうか。

あ、もしかすると地方の農村部などでは、まだまだ全室和室で障子付きという住宅もあるかもしれませんね。

いずれにしても、家を買ったらその後の出費がある、ということを認識しておかれた方が良いのではないでしょうか。
 
それでは。

今日もありがとうございます。

 ←応援のクリックをどうかひとつ!

人気ブログランキングへ       



これからの住宅は3Sとか。

ブログネタ
RC住宅を建てよう! に参加中!
東京でこれからの家を建てるならRCdesign

晴れて暑いくらいの東京です。

そんな今日は朝から本駒込計画検討、見積作成、信用金庫さんと電話、田端計画検討、出版社さん来社打ち合わせ、成増のお客様とお電話、サッシ屋さん来社打ち合わせなど。

午後は練馬区大泉計画検討、見積作成、練馬区春日町のお客様とお電話、信用金庫さん来社、保険屋さん来社、リフォーム現場立ち会い、台東区今戸計画検討、ガス会社さんと電話など。夕方は整備工場さんへ書類お届け、渋谷区神宮前計画検討、成増計画検討など。

春ですね〜、明日は春分の日ですが、不用意に外出するとまだまだ飛んでますので、くれぐれも準備は怠らないようにして楽しんでください。

ではこちら。

これからの住宅には「3S(ソーラー・ストレージ・スマートグリッド)」が重要、消費者の調査でも太陽光発電と蓄電への関心の高さが明らかに

太陽光発電協会(JPEA)の発表によると、太陽光発電システムを設置した住宅は100万件を突破しているとのこと。余剰電力を電力会社が買い取る売電制度や経産省による導入支援策を背景に、住宅への太陽光発電システムの導入が一般家庭でも検討されるようになっています。

大手家電メーカーが2012年3月に全国の男女1万6852人を対象に実施した太陽光発電システムに関する調査では、太陽光発電システムについての関心の高さと発電した電気の蓄電についての関心の高まりが明らかになりました。

太陽光発電システムについて「導入を検討している」「導入検討はしていないが非常に興味・関心がある」「少し興味・関心がある」と回答したのは全体の66.8%。東日本大震災から1年後に実施したというこのタイミングでは、自然エネルギーへの期待の大きさがうかがえる結果となりました。
ガジェット通信 2013年03月19日18時37分

なるほど。

確かに太陽光発電システムに関しては、相当に一般化が進んできた感じがしますし、実際に設置を前提に家造りを始める方も多くなってきたと思います。

しかしながら、この手のアンケートも、大手家電メーカーP社が実施したものとなると、なにやら大人の事情を感じなくもありません。

そんなちょっと斜めからアンケート結果を見ると、太陽光発電システムに
期待することとして、「電気代の節約(93.1%)」、「自宅で使う電気の一部を自給自足すること(90.1%)」、「災害時などの非常用電力の確保(87.7%)」が上位になっていました。

やはり、まずは太陽光発電システムの経済性が注目されているようですね。一方で、災害発生時の計画停電の記憶も新しいことから、いざという時に自宅の電力を自前で確保できることに期待していることが分かります。
 
さらに高い期待度があった項目としては「昼間に発電した電気を蓄電して、夜に使うこと(86.5%)」などがあり、発電した電気を蓄電して利用することにも期待が大きいようです。

ところで、表題の3Sなんですが、太陽光発電の「ソーラー」、蓄電池を指す「ストレージ」、それと通信・制御機能を持たせて電力供給を最適化する「スマートグリッド」がこれからの住宅には重要だということです。

ところが、この中で「スマートグリッド」は一般的にまだまだ見えていないもので、もしかすると電気自動車が多く走り、その充電施設が街のあちこちにあったり、なんとなく近未来的な光景を想像してしまうくらいのイメージではないでしょうか。

今のところは、センサやITを活用して住宅内の「エネルギーを見える化」したり、「エネルギーを自動制御」するシステム“HEMS(Home Energy Management System)”が、スマートグリッドを実現するための中核技術と言われています。

これは電力消費のピーク時にエアコンを節電運転したり、照明の無駄を無くしたりして、スマートフォンやモニターで発電・蓄電・電力消費を見えるようにするもので、このHEMSを採用した“スマートハウス”は一部実用化されていて、実際に設置することが可能です。
 
もちろんこのようなシステムは、環境への貢献にもなりますし、エネルギーの自給自足はランニングコストの軽減も期待出来ると思います。何よりその目新しさも関心を集めるところかもしれません。

しかし、これらのシステムはあくまでも家を補完するものであって、家そのものに取って代わるものではありませんね。くれぐれもこの周辺機器だけに目を奪われないようご注意ください。

3S住宅にも相性が良い鉄筋コンクリート住宅がオススメです。

それでは。

今日もありがとうございます。

 ←応援のクリックをどうかひとつ!
人気ブログランキングへ



震度4でも家づくり講座。

ブログネタ
RC住宅を建てよう! に参加中!
東京で地震に強い住まいを建てるならRCdesign

朝のうち雨、その後晴れた東京です。

そんな今日は朝からタイル屋さんと電話、書類作成、本駒込計画検討、見積作成、中野計画検討、西新宿計画のお客様にご来社いただき、打ち合わせなど。 

午後は本駒込計画のお客様宅へ書類お届け、その後田端計画の現場視察など。帰社後は高田馬場計画検討、横浜の業者さんと電話、電気屋さんと電話など。夕方は原稿作成、徳丸6丁目計画検討、その後スタッフ一同でお通夜に参列など。

夕方に結構大きな地震がありましたね、震度4だったそうです。ビックリでしたが、被害などはございませんでしたでしょうか?

おっと、気づけば連休中日の土曜日でしたね。それでは恒例の家づくり講座第134回をお届けさせていただきます。寒さに負けずどうぞお付き合いくださいませ。

太陽光発電システムの人気は相変わらずです。

ただ、そのために人材育成が追いつかないのが現状です。経験不足な施工業者が原因で、雨漏りなどのトラブルが後を絶たないようなんです。

あなたが「このメーカーの製品なら安心だ。」と設置を決めても、施工業者はメーカーの人間ではありませんからね。

施工不良によるトラブルに対しては、ほとんどのメーカーが「基本的には施工者が責任を負う」としています。

万が一に備えて、施工業者に賠償責任保険の加入を勧めているんですが、それを義務にさせているメーカーは、一部です。

新築住宅の場合は、10年間の瑕疵担保保険の加入が義務付けられていますから万が一の時も安心ですよね。もし新築した業者が倒産しても、あなたは補修費用を負担しなくてすみます。

しかし、太陽光発電の設置に保険加入は義務付けられていません。もし施工不良が見つかった時に、施工業者に対応能力が無かったら?

屋根にパネルを設置するときの方法は、各メーカーで異なります。数社の製品を取り扱っている施工業者によると、ちょっとした違いなので、間違えそうになることもあるとか。

メーカーでは、施工研修を行い、それぞれで人材育成をしていますが、施工実績などによっても、施工業者のレベルには大きな差があるようです。

資源エネルギー庁は、施工者の民間資格制度を立ち上げる予定ですが、もう少し時間がかかりそうですね。

産業技術総合研究所によると、太陽光発電に関わる雨漏りなどのトラブルは、全体の25%を占めています。4件に1件も発生しているんですから「自分の家だけは安心」なんて言っていられません。

・施工業者のレベル・施工実績・アフターケア・請負賠償責任保険などの加入状況など、聞きにくいこともありますが、契約前に必ず確認した方が良さそうです。

今、太陽光発電協会をはじめ、様々な団体で施工者の育成に努めています。あなたのファミリーが、より幸せになるために建てた大切な家ですから、家の業者選びの時と同じように、慎重な業者選びをしてほしいと思います。

もちろん弊社でも最適な太陽光発電システムをご提案させていただけますので、お気軽にご相談ください。

それでは引き続き良い連休を。

今日もありがとうございます。


 ←応援のクリックを是非!
人気ブログランキングへ

livedoor プロフィール
RCdesign のご紹介
スペースの都合で小さい画面になっております。お手数ですが、全画面でご覧ください。
twitter
brogram

おすすめ
お知らせ
現在リクルート発刊
の『東京の注文住宅』
に弊社が掲載されてい
ます。もう買って頂け
ましたか?
書店で380円ですの
で、是非ご覧になって
下さいね。



専門家を探せる、相談
できるALL About プロ
ファイルに出展してます


全国工務店ブログ広場



一日一度のクリックを
ありがとうございます!
にほんブログ村 住まいブログへ

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン

ブログランキング
livedoor 天気
QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
Amazon




住まいづくりの秘訣       無料メールセミナー
住まいづくりをお考えの方が後悔する前に知っておくべき内容を書き下ろしました。失敗しない住まいづくりノウハウを是非お受け取りください。
お名前 ※
E-Mail ※
都道府県 ※

RCdesign公式facebook
ブログ内記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
チーム・マイナス6%