住まいはRC(鉄筋コンクリート)にしなさい!

東京で家を建てるならRC(鉄筋コンクリート)住宅。 (株)RCdesign(アールシーデザイン)社長の日記です。

失敗しない

いつもありがとうございます。ご愛顧感謝申し上げます。こだわりの一戸建て住宅や2世帯住宅、賃貸併用住宅の安定経営など、住まいに関するノウハウを株式会社RCdesignの代表井上がお届けいたします。

VR技術で失敗しない家づくりとか。

東京で失敗しない家を建てるならRCdesign

晴れの東京です。

そんな今日は朝から埼玉県飯能市方面へ、お客様の別荘改修計画のため調査にお伺いしました。帰社後は蓮根の不動産会社さんと電話など。

午後は資料作成、文京区小石川計画検討、関連不動産会社さんと電話、杭屋さんと電話、北松戸計画検討、さいたま市南区別所計画、書類作成、図面作成など。夕方は不動産会社さん来社打ち合わせ、大工さんと打ち合わせ、日本橋の不動産会社さんと電話、銀座の業者さんと電話、桜木町計画検討、ミーティングなど。

この週末は体育の日がありますので、連休の方も多いと思います。くれぐれもお怪我など無いように楽しんでください。

ではこちら。

人生最大の買い物の失敗を防ぐ!「VR住宅」がスゴイ

言葉自体はすっかり浸透した感のあるVR(仮想現実)技術。今冬にはPlayStation VRが発売されるなど、ゲーム機器を中心に今後、より身近なものになりそうだが、意外なところでも活用され始めている。たとえば、家選びの際の活用、それが「VR住宅」だ。

現状、「VR住宅には2 つのタイプがある」というのは、バーチャル住宅展示場作成システム「ALTA(オルタ) for VR」を開発・販売する株式会社コンピュータシステム研究所の建築事業部の紀川佳洋氏だ。

「多いのは、一般的に“VR”のイメージの強いヘッドマウントディスプレイ(HMD)を使ったタイプです。PCで作った図面の3DデータをHMDに入れて、VRを見ることになります。もう一つは、『ALTA for VR』のように3Dプロジェクターに通して、3Dデータを複数のスクリーンへ投影するタイプ。つまりバーチャル空間を現実の場所に作るのです。この場合、HMDは必要なく、3Dメガネで見ることになります」

どちらのタイプでも「VR住宅」に必要なのは図面の3Dデータとそれを映し出す機材。
2016年10月7日 11時0分 R25

なるほど。

時代は確実に進んでいるということでしょうか。

記事では、コンピューターソフトの開発会社さんが現状を語ってくれていますが、やはり今からこの先の流れということでは、VRと呼ばれる仮想現実の技術がいよいよ普及してきそうな感じです。

これまでの家づくりでは、建築業界の標準が2次元の表現しか持ち合わせていませんでしたので、紙媒体に書かれた図面を基に打ち合わせをしてきました。

この図面というものは、設計者が考えた間取りプランや仕様を工事担当者に伝えるための書籍ですので、専門家同士の意思伝達手段ということが出来ます。

この図面を読むことに関しては、業界で一定の経験があって始めて有効に伝わるというところがあり、当初は2次元(2D)の図面を見ながら、3次元(3D)を想像するということが出来ませんので、業界初心者の人は苦労をさせられることになります。

ところが、これと同じ図面でお客様と打ち合わせを進めるわけですから、一般の方がどの程度図面を理解して頂けているか、非常に疑問が残りますし、それが理解の食い違いにつながっていたんですね。

それでも、近年はこの図面を3Dで作成することが一般的になってきましたので、外観や内観をパースという完成予想図でご提示することが出来るようになり、お施主様の理解度も深まってきていたのではないでしょうか。

今はこの3Dで作成した図面の建物を、コンピューターの中で建てることができますので、画面の中では建物の中を歩いたり、いろんな角度で検討することが出来ます。

そして次は、記事にあるようなこのVR技術を使ったご提案が普及してくるようになれば、弊社としてはとても力強い武器になるかもしれません。

やはり、残念ながら弊社では膨大な経費の掛かるモデルハウスを持つことは出来ませんし、それが実際に家を建てる方の負担になってしまってはいけないと考えています。

それは大手ハウスメーカーさんにとっても同じことだと思いますし、モデルハウスが実際に建てる家と違う部分も多く、せっかく見学しても違和感を感じてしまうことも多かったですね。

それが実際に建てる自分の家を、バーチャルで体験出来るようになれば、各所を実寸大で見ることが出来ますので、距離感や奥行きなど実際の生活のイメージが確認しやすくなります。

これで初めての家づくりでも、失敗することが少なくなり、オーナーの満足度が少しでも向上すれば、より楽しい家づくりになりそうです。

家づくりで失敗しないために、是非お気軽にRCdesignまでご相談ください。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキングへ       ←クリックをどうかひとつ。     



家づくり講座は家族観察とか。

東京で失敗しない家を建てるならRCdesign

結構な雨の東京です。

そんな今日は朝からお問い合わせ対応、町田市中町計画検討、提携会社さんと電話、中区野毛町計画検討、電気屋さんと電話、世田谷区弦巻のOBオーナー様とお電話、見積作成など。

午後は豊島区西巣鴨計画検討、資料作成、ガス会社さん来社打ち合わせ、設備屋さんと電話、見積作成、お問い合わせ対応など。夕方は高田馬場計画検討、ミーティング、書類作成など。

毎日リオから嬉しいニュースが届きますが、今日は400mリレーで、ボルトがアンカーのジャマイカに次ぐ2位でゴールし、銀メダルを獲得しました。おめでとうございます。

さて、夏も終盤ということでしょうか、台風が多く発生するようになってきましたね。早めに対策をしておきたいものです。それでは今週も土曜日恒例の家づくり講座第306回をお届けいたします。どうぞお付き合いください。

家づくりを始めると、性能、外観、設備など、『モノ』に目が向きがちです。

しかし、よくよく考えてみると、家をつくろうと決めたきっかけは、『家族が、より幸せに暮らせるように』だったはず。

だから、失敗しない家づくりをするためには、『モノ』ではなく『コト』に目を向けた方がいいんです。

『モノ』を中心に考えた家づくりをしていると、
・家族の会話が減った
・家事の負担が増えた
・ものが散らかりやすくなった
・眠れない
という、新築ならではの悩みを抱えることがあります。

一方、『コト』を中心に考えると、
・今までより家族と過ごす時間が増えた
・効率よく家事をこなせるようになった
・必要な場所に収納スペースがあるので、いつも片付いている
・よく眠れるようになった
など、以前より快適に過ごせるようになります。

そうすると、暮らしをより楽しめるようになっていきます。

ただ、それを業者に伝えるためには、家族の夢や、現状に対しての不満点などを知っておく必要があります。

それを知るために、一番手っ取り早いのは書き出すことです。

真白な紙に、それぞれが書いていくのも良し、間取りをざっくりと描いてそれぞれの部屋に対しての不満や夢を書いても良し。直接書き切れない場合は、付箋に書いてペタペタ貼っていくのもいいですよね。

業者と打ち合わせる前に、こんな作業をしておくと、新居でどんな暮らし方をしたいのかが見えてきます。

そこに業者ならではのプロの視点を加えると、より良い家ができます。

しかし、『モノ』を重視して溢れる情報に振り回されていると、結局は万人向けの家しかできません。

そうなると、借家や建売住宅と同じ状態になり、暮らしを楽しむための追求が不完全なままで終わってしまいます。

そこで、まずは今の自分を観察してみましょう。

暮らしを存分に楽しめていますか?

「ここがこうだったらいいのに・・・」といった点はありませんか?

仕事で疲れたお父さんが、「静かな場所でゆっくりしたいなあー」と、書斎代りにトイレや浴室にこもることはありませんか?

自分や家族のことを、しばらく観察してみましょう。

それでは良い週末を。

今日もありがとうございます。

 
人気ブログランキングへ       ←クリックをどうかひとつ。     



失敗しないお城の造り方とか。

ブログネタ
RC住宅を建てよう! に参加中!
IMG_6368東京で失敗しない住まいを建てるならRCdesign

晴れ時々曇りの東京です。

そんな今日は朝から台東区浅草3丁目計画検討、見積作成、徳丸6丁目計画の現場でコンクリート打設、住設メーカーさんと電話、蓮根の不動産会社さんと電話、田柄計画検討など。

午後は書類作成、信用金庫さん来社、賃貸のお客様とお電話、見積作成、東大泉計画検討、内装建材メーカーさんと電話、徳丸6丁目計画検討など。夕方は電気屋さん来社、練馬区田柄計画のお客様にご来社頂き打ち合わせ、業者さんと電話、ミーティングなど。

まだまだ暑いものの、一時の酷暑に比べれば、多少なりともマシになった気がします。

ではこちら。

失敗しないお城造り! そのコツとは?

日本のお城は世界でも人気で、最近では外国から多数の観光客が「姫路城」「松本城」「熊本城」などを訪問しています。一口に「城」といいますが、「戦いの中あえなく落城!」「全く使われなかった」などなど、その来歴は実にさまざま。中には造ったものの失敗だった! なんてお城もあるようです。今回は「失敗しないお城造り」について考えてみました。

「お城」に深い造詣をお持ちの歴史研究家・藤井尚夫先生にお話を伺いました。藤井先生は数多くのお城の復元図を手掛けられていることで有名です。

--このお城は失敗だったなあ、なんてことはあるのでしょうか?

藤井先生 まず「城」とは何か、城の定義から述べてみましょう。

●「城は、敵対勢力の軍事的脅威から、生命財産を守るための構築物である」
このように説明されることが多いです。

この定義から見ると、生命財産を守れなかったら失敗した築城となります。
2015年8月18日 11時31分 マイナビスチューデント

なるほど。

日本人にとってもお城は歴史的に非常に貴重なものですし、その美しさは世界的に見ても類を見ないものです。

ただし、唯一残念だったのは、日本の城はそのほとんどが木と土で造られていたということ。

日本にも現存するお城はありますが、その中には再建築されたものも多いですし、その際には構造もRC(鉄筋コンクリート)造で造られたお城もあります。

一方で海外のお城といえば、築城された当時のまま残されているものも多くありますね。欧州のお城などはほとんどが石造りですので、やはりその耐久性や安全性は明らかです。

私個人的にはフランスのモン・サン=ミシェルや、チェコのプラハ城、ドイツのノイシュヴァンシュタイン城などは、是非一度実際に訪れてみたいと思っています。

日本にも木だけではなく、石を加工する技術や資源があったなら、貴重な歴史的建造物がもっと残されていたことでしょうし、落城しないお城があれば、もしかすると日本の歴史が変わっていたかもしれません。

記事にもあるように、「城は、敵対勢力の軍事的脅威から、生命財産を守るための構築物である」ということですが、これは一般市民の住まいにも言えることではないでしょうか。

家を持つということは、一国一城の主になると言われるように、家族の生命と財産を守ることが、第一の目的であるはずですし、もしそうでなければ、その家づくりは失敗だったと言われることになるでしょう。

ここ数年だけでも、日本では大きな自然災害が多数発生していますが、まだまだ油断出来ない状況はこの先も続くと思われます。

さらに、予想も出来ないものが空から降ってきたり、何かが高速でぶつかってきたりすることも、無いとは言い切れません。

どんな状況でも、本来の目的が達成出来ることが家づくりの基本的条件ということになります。

その上で美しいデザインや快適な設備を考えるというのが、正しい家づくりの順番なんですね。

もし、自分達家族の城を造りたいと思ったら、是非お気軽に弊社までご相談ください。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキングへ   ←クリックを是非!



プロフィール

井上社長

RCdesign のご紹介
スペースの都合で小さい画面になっております。お手数ですが、全画面でご覧ください。
おすすめ
お知らせ
現在リクルート発刊
の『東京の注文住宅』
に弊社が掲載されてい
ます。もう買って頂け
ましたか?
書店で380円ですの
で、是非ご覧になって
下さいね。



専門家を探せる、相談
できるALL About プロ
ファイルに出展してます


全国工務店ブログ広場

一日一度のクリックを
ありがとうございます!
にほんブログ村 住まいブログへ


住まいランキング

ブログランキング

友だち追加

livedoor 天気
QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
住まいづくりの秘訣       無料メールセミナー
住まいづくりをお考えの方が後悔する前に知っておくべき内容を書き下ろしました。失敗しない住まいづくりノウハウを是非お受け取りください。
お名前 ※
E-Mail ※
都道府県 ※

RCdesign公式facebook
ブログ内記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ