住まいはRC(鉄筋コンクリート)にしなさい!

東京で家を建てるならRC(鉄筋コンクリート)住宅。 (株)RCdesign(アールシーデザイン)社長の日記です。

子ども部屋

いつもありがとうございます。ご愛顧感謝申し上げます。こだわりの一戸建て住宅や2世帯住宅、賃貸併用住宅の安定経営など、住まいに関するノウハウを株式会社RCdesignの代表井上がお届けいたします。

1畳で子ども部屋や書斎とか。

東京で楽しい家を建てるならRCdesign

晴れのち曇りの東京です。

そんな今日は朝から来客面談、世田谷区松原計画検討、資料作成、北松戸計画検討、図面作成、見積作成、資材商社さんと電話、お問い合わせ対応など。

午後はガス会社さん来社打ち合わせ、練馬区田柄計画検討、文京区根津計画検討、資料作成、世田谷区松原計画のお客様とお電話、ありがとうございます。資材発注など。夕方は図面作成、鉄骨屋さんと電話、商社さん来社、お問い合わせ対応、造園屋さん来社、ミーティング、見積作成など。

穀雨のわりに雨は降りませんでしたね。

ではこちら。

1畳あれば子ども部屋や書斎が作れる! ダンボール製の洞窟キットで集中力アップ

近頃、子どもが自分の部屋を欲しがったり、旦那さんが書斎を欲しがったりしていませんか? それなら、プレゼントしちゃいましょう。 家は狭いし、今は引っ越しなんて無理だし、部屋なんてとんでもない。大丈夫、自分専用の洞窟が約1万円で手に入るんです!

ヴィレッジヴァンガードが、4月12日より先行予約販売を開始した「i-Cave(アイケイブ)」は、自分専用の洞窟スペースです。

ダンボール製の組み立て式で、高さ約170cm、奥行き約143.5cm、幅約75cmとコンパクトですが、人が心理的に落ちつく空間を計算して作られています。1人静かな空間で読書に集中したり、何も考えずにリラックスしたりと、使い方は無限大です。
2017年4月20日 6時30分 レタスクラブニュース

なるほど。

これもなかなか面白そうな家具?ではないでしょうか。

日本の住宅事情はまだまだ恵まれているとは言い難い状況ですが、そんな中でも子育てを行い、時には自分の時間を設けてリフレッシュをする必要があります。

大抵は結婚をしてから、おおよそ子どもが成人する頃まで、常に手狭感を感じながらの暮らしが続くというケースも多いと思います。

もし、今現状がそんな時期という方には、今日の記事が運命的な出会いになるかもしれませんね。

それが自分専用の洞窟スペースというものです。

早速写真をお借りして参りましたのでご覧ください。
item_370753_l
記事にもあるように、その大きさはタタミ1畳分のスペースがあれば置ける大きさで、高さも約1.7mということですから、それほど存在感を感じないように思います。

オプションのデスクを取り付ければ、勉強部屋になりますし、旦那さん念願の書斎として使うことも可能です。

どこかのハウスメーカーのCMにあったかと思いますが、子どもと男は狭いところが好きなんです。

もちろん常にこの中では、息が詰まってしまうかもしれませんが、少なからずこのような空間も必要だと思います。

この中だけでも、散らかしっぱなしOKで、読みかけの本や組立途中のプラモデル、もしくはゲーム三昧が実現できたら、きっと日々の暮らしが楽しくなると思います。

もし不要になったり、使わないときは分解して収納することも出来ますので、引っ越しや模様替えの時も簡単です。 

もしかすると、これさえ設置しておけば、子ども部屋は不要かもしくは最小限の大きさで十分かもしれませんね。

楽しい暮らしを実現するなら、是非お気軽にRCdesignまでご相談ください。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキングへ        ←ご来場記念に是非!



新1年生と子ども部屋とか。

東京で子育て住宅を建てるならRCdesign

晴れ時々曇りの東京です。

そんな今日は朝から徳丸6丁目で工事立ち会い、鉄骨屋さんと打ち合わせなど、その後金融機関へ、帰社後は都市銀行さん来社、文京区大塚3丁目計画検討、図面作成など。

午後は図面作成、お問い合わせ対応、電気屋さんと電話、西巣鴨計画のお客様とお電話、資料作成、中野区本町計画検討など。夕方は出版社さん来社打ち合わせ、サッシ屋さんと電話、高田馬場計画検討、さいたま市南区別所計画検討、ミーティングなど。

明日の天気が大変気になりますが、降らないことをお祈りしております。

ではこちら。

子ども部屋って必要? 勉強机は? 新1年生に必要な準備とわが子の片づけ教育法

「子ども部屋は必要? 勉強机は? ランドセル専用ラックは?」。初めてのお子さんが小学生になる家庭はこの時期、周囲の情報を聞きながら「どこまで準備をすればいいのだろう」と戸惑うこともあるのではないでしょうか。

小学校生活は始まってみないと本当に必要なモノがわからないもの。いきなり高い家具を買わずに、手軽な収納道具で様子を見るのもひとつの方法です。
2017年1月19日 6時0分 ウーマンエキサイト 

なるほど。

今の時期から春の新年度に向けて、子どもが小学生に上がるというご家庭では、わからないことも多く、また何かと準備に忙しくなりそうですね。

小学校に進学ということに関しても、最近は以前と比べて大夫様子が変わってきているようで、必ず準備が必要なものなどもかなり柔軟性があるようになりました。

ランドセルひとつでも、ただ黒か赤という2択ではなく、カラーバリエーションも多く、またデザインもいろいろと選べるようになっていますので、むしろ悩みが増えてしまったかもしれません。

今日の記事では、お片づけ教育「かたいく」を提唱している整理収納アドバイザーの方が書かれていたようですが、その中では学用品はひとまとめにして、一元管理するのがカギと言われていました。

まず小学生になると求められるのが「自分のモノを管理する」というスキルだということです。ランドセル、教科書、ノート、ドリル、筆記用具、絵の具、体操着、上履き等々。ご存じのとおり学校で使うモノの数は多く、日によって必要なモノが変わるので、とにかく「紛失しないように、学校で使うモノは一か所で管理」が大切になるということ。

そのためには低学年のうちは、学用品の置き場所は子どもと相談しながら、大人が考えてあげた方が良いようです。一昔前と同様に「ランドセルは子ども部屋」などの固定観念にとらわれず、最近はダイニングで勉強するスタイルも多いので、その場合はダイニングわきなど、子どもの生活リズムや動きを考えながら学用品置き場を決めるのがポイントになります。

また、記事では高価な専用ラックなどを購入する前に、まずは手近にある家具で学用品を一元管理してみることをオススメしていて、数千円で購入できる棚板の位置が変えられるカラーボックスがオススメだとか。

とは言え、男の子などは最初から決められた場所にきちんとランドセルを置けるなら問題ないんですけど、どうしてもそれができない場合は、ランドセルの置き場所を見直してみることも必要ということ。

まあ男子の場合はめんどくさがりやのこともありますし、中身の詰まったランドセルは重くなりますので、これを2階に持って行くのは面倒だと感じることでしょう。そんな時はいっそのこと玄関にランドセル用のカゴを置くという方法も良いそうです。

進学を機に個室を与えようというご家庭もあるかもしれませんが、私物の管理や就寝という目的程度に考えて、最小限のスペースで良いように思います。

宿題や勉強はダイニングテーブルで、というスタイルも一般化してきましたし、きっとそれが日本らしいのかもしれません。

ただ、このパターンでは折角のリビングやダイニングがいつも雑然としてしまい、奥様のストレスとなる場合もありますので、一角に学用品専用の収納スペースを作ると良いですね。 

子どもの成長に合わせて、各々の生活スタイルが変われば、家も変化させていく必要が出て来ます。そんな時に柔軟に対応出来る家なら、長く使うことが可能です。

子育て世代にも、住まいはRC(鉄筋コンクリート)住宅がオススメです。

それでは。

今日もありがとうございます。

 
人気ブログランキングへ       ←応援よろしくお願いします!



子ども部屋づくりのポイントとか。

東京で子ども部屋のある家を建てるならRCdesign

晴れても冷え込んだ東京です。

そんな今日は朝から原稿作成、豊島区東池袋計画検討、資料作成、電気屋さんと電話、蓮根リノベーション計画検討、地盤補償会社さん来社、資料作成など。

午後は提携会社さんと電話、ガス会社さん来社打ち合わせ、高田馬場計画検討、その後金融機関へ、練馬の不動産会社さんと電話、業者さんに連絡、町田市中町計画検討、資料作成など。夕方は中野区本町計画検討、各種段取り、ミーティングなど。

今日は久しぶりに綺麗なお月様を見た気がします。

ではこちら。

いつから?レイアウトは?子ども部屋づくりの6つのポイント

子ども部屋をいつから準備するか、どのようにつくるかは保護者の悩むところだと思います。せっかく子ども部屋をつくるなら、快適に過ごせる部屋にしたいですよね。そこで今回は、子ども部屋づくりのポイントを6つご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

【ポイント1】子ども部屋づくりは成長に合わせて
子ども部屋をつくるのに適した年齢は、お子さまによってまちまちです。
調査によると、小学1・2年生のお子さまの約79%、4〜6歳のお子さまの約51%が子ども部屋をもっているといいます。

一方子ども部屋を主に使うようになったのは中学生以降というお子さまが90%を占めており、遊んだり勉強したりいていたのはリビングだったというお子さまが多くなっています。
 
お子さまによって、プライバシーをもちたいと思う年齢は異なります。子ども部屋をつくるのが早すぎても、「せっかく子ども部屋をつくったのに全然使われていない」ということにもなりがちです。お子さまの様子をよく観察しながら、子ども部屋づくりのタイミングを見計らいましょう。
2016年10月14日 0時0分 ベネッセ 教育情報サイト 

なるほど。

家づくりを考えたり、日々の生活を少しでもより良い環境にするために、子どものいるご家庭で大きなウエイトを占める問題になってしまうのが、子ども部屋かもしれません。

親心としては、少しでも広く快適な部屋を用意してあげたいと思ってしまうかもしれませんが、それはほとんどの場合、親が憧れていた形だったり、反対に親が経験してきた状況を再現しようとするものが多いように思います。

基本的に親というものは素人から始めなければいけないと思いますが、核家族化の進んだ現代ではお手本が少ないこともあり、参考書やネットの情報に頼りすぎてしまうということもあります。

また、子育てについても欧米化が進んでいるのか、割と年齢の小さな子どもでも、専用の部屋を与えるというご家庭が増えているのかもしれませんね。

しかし、実際にその部屋で過ごすようになるのは、おおよそ中学生になってから、という場合が多いということですので、あまりに先走って用意しておくというのも、ちょっともったいない感じもします。

もちろん、スペース的にも余裕ががあって、希望する広さや設備を叶えてあげるという場合もあるかもしれませんが、子ども部屋はそこを利用する本人が日々成長するということを考慮しておく必要がありますね。

記事ではこの他に子ども用スペースをつくるところからスタートするということで、当初は保護者の目が少し届くようにリビングの一角などに子ども用スペースをつくることから始めるといいとか。

窮屈に感じさせない部屋づくりを工夫しましょうということ。
子ども部屋は勉強する、遊ぶ、寝る、持ち物を収納するという多目的な部屋であるため、工夫しないと部屋が窮屈に感じられてしまう可能性がありますので、部屋を広く使うには壁面をうまく使いましょう。

子どもの持ち物を分けて整理しやすくする。
子どもの持ち物を子ども自身が使いやすいよう整理することが肝心です。子ども部屋に置く子どもの持ち物は、主に寝具、洋服などの生活用品、学習用具、習い事の道具、趣味や遊びの道具に分かれます。これらのものを場所と関連づけて収納すると整理しやすくなります。
 
成長に合わせて部屋を改造してみる。
子どもは成長につれて勉強の内容や趣味、習い事などがどんどん変わっていき、それに合わせて持ち物も変化します。その変化に合わせて部屋を改造し、使いやすくしましょう。

子ども部屋では子どもに責任をもたせる
子ども部屋をもたせたら、子ども部屋のものは子どもに管理させるようにするといいでしょう。「自分のものは自分で大切にし、なくしたり壊したりしないように管理をする」という責任感を育てられます。同時に、自分が信頼されて何かを任されているということに対して子どもはうれしく感じるはずです。

というものが紹介されていましたがいかがでしょうか。

私個人的な考えとしては、子ども部屋を必要以上に快適にする必要は無いと考えています。やはり部屋に引きこもってしまってはいけませんし、最終的な目的が独り立ちをさせることだとすれば、子どもの要望や設備を全てを満たす必要は無いように思います。
 
むしろ3帖や4.5帖のお部屋でも、自ら工夫をしながら上手に使うことの方が学びも多いですし、無駄なモノを持たないという意識も育つような気もします。

家づくりに携わる者として、はっきり言えるのは、子どもを中心とした家づくりをしてはいけない、ということ。

子ども部屋も含めた間取りプランにお悩みなら、是非RCdesignまでお気軽にご相談ください。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキングへ       ←クリックをどうかひとつ。     



子ども部屋は必要か?

東京で子ども部屋のある家を建てるならRCdesign

晴れの東京です。

そんな今日は朝から原稿作成、文京区千駄木計画検討、資材発注、来客面談、練馬区田柄計画検討、資料作成、税理士さんと電話、町田市中町計画検討など。

午後は北松戸計画検討、書類作成、図面作成、関連会社さんと電話、世田谷区奥沢計画検討、資料作成、杉並区宮前でご検討のお客様とお電話、ありがとうございます。夕方は埼玉県朝霞市計画検討、図面作成、ミーティング、所沢市東所沢計画検討、世田谷区代沢計画検討など。

目がかゆいっす。

ではこちら。

子ども部屋ってホントに必要?

小学校入学をきっかけに「子ども部屋を作ろう」と考える家庭は多いという。その一方で、先輩ママからは「子ども部屋を作ったけれど物置のよう」「勉強はリビングのほうがいいみたい」といった声も耳にする。子ども部屋は必要なのだろうか?

「子ども部屋は、子どもをどんな風に育てたいか、どんな親子関係を築きたいかといった親の考え方と深く関わっています。親の考え方次第で部屋の使い方が変わり、子どもの精神面での成長にもつながります」

こう話すのは、子どもと住文化研究センター、理事長の北浦かほる先生。

「『子ども部屋=勉強部屋』ではなく、『子ども部屋=子どもの寝室、生活の場』です。子どもの成長は、親から自立していく過程そのものであり、親の目も必要ですが、それと同じくらい、子どもが自分自身と向き合うことができる時間と場所が大切なのです」(北浦先生 以下同)
2016年2月18日 9時58分 mamatenna 

なるほど。

子育てが進んでくると、この問題も必ず訪れるタイミングがありますね。

そんな時、もしかすると親が経験してきたことを繰り返すか、もしくは出来なかったことを子どもに与えるか、のどちらかという場合は多いかもしれません。

最近はリビングやダイニングでの勉強という形もすっかり定番になってきたように思いますが、だからといって子ども部屋が必要ないということではありませんね。

記事の先生もおっしゃるように、子ども部屋=勉強部屋と考えてはいけないんですが、勉強と同等以上に人が成長するために必要なのが、子ども部屋なんです。

ひとりの人間として独立して行くには、ひとりで考える時間と場所が必要で、それがたとえ豪華で快適で広い部屋ではなく、1畳の押入だったとしても重要なスペースになります。

比較的親も若い時だと、どうしても子どもから目が離せないという人もいますので、リビングやダイニングにいてくれれば安心かもしれませんが、子どもが見張られていると感じるようでは、子どももなかなか自立出来ないということになってしまうかもしれません。

また、年齢によっては親と距離を置きたくなる時もあるでしょうし、学校など外であったことに対して、自分なりに整理することも時には必要でしょう。

もしかするといつまでも川の字で寝ていたいとお考えの親もいるかもしれませんが、本当に子どものためを考えたら、やはり子ども部屋は必要と言わざるを得ないと思います。

ただし、そこは決して広くなくても良いですし、充実した設備も必要ありません。最低限身の回りのものを収納することが出来、就寝出来れば良いので、3畳でも4.5畳でも十分ではないでしょうか。 

記事の中で先生が書かれていたのは、「部屋のあるなしに関わらず、子どもが何か事情を抱えていたり、自分の感情と向き合ったりしていると感じたときには、気づいていても見ない振りをして、しばらくひとりで考えさせておくことも子どもの成長には大切です」ということ。

過干渉にならないようにすることも、人によっては難しいことかもしれませんが、人が成長するためには孤独も時には必要なことということですね。

もちろん人格が子ども部屋で決まるわけではありませんが、親のライフスタイルの中で子どもにも自分の発想を大切にして欲しいと思えば、子ども部屋は重要です。

子ども部屋のある家を建てるなら、是非RC住宅をご検討ください。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキングへ  ←ご声援をよろしく!



家づくり講座は子ども部屋とか。

東京で子育て住宅を建てるならRCdesign

薄曇りでも良い天気の東京です。

そんな今日は朝から東村山方面へ、現地調査の後お客様と打ち合わせなど。帰社後は資材会社さんと電話、お問い合わせ対応など。

午後は原稿チェック、徳丸計画の現場にてタイル屋さん、設備屋さん、電気屋さんと打ち合わせなど、帰社後は豊島区南長崎計画検討、図面作成、練馬区田柄計画検討、見積作成など。夕方は世田谷区奥沢計画検討、台東区日本堤計画検討、小菅計画検討、ミーティングなど。

RCモデル2015ここでお知らせです。
弊社設計施工による完成内覧会の開催が決定いたしました!
日程は5月30日(土)と6月6日(土)の二日間です。

今回は高低差のある土地に建つ一戸建ての専用住宅です。いつものように見所満載で、RCdesignの今をご覧頂けます。是非この機会に足を運んで頂けると幸です。

さて、今日は運動会だったというご家庭も多かったのではないでしょうか。暑いくらいの陽気でしたが、絶好の運動会日和でしたね。それでは本日も土曜日恒例の家づくり講座第248回をお届けいたします。お疲れの方もどうぞお付き合いくださいませ。

もし、あなたにお子さんがいるのなら、間取りを考える時、当たり前のように「子供部屋」を設けようと思うことでしょう。

子供に専用の部屋を与えることは、今では『常識』といってもいいくらいですからね。

しかし、私自身はその傾向とまったく逆のことを考えています。極端な意見に感じられるかもしれませんが、「子供部屋はない方がいいんじゃないか」と思っているくらいなんです。

子供にとって、自分だけの部屋は快適な空間です。必然的に、そこでずっと過ごしたくなります。もちろん年齢にもよりますが、そうなると同じ家にいながらも、親と子の距離が離れてしまい、家族間のコミュニケーションが図れなくなってしまうことがあります。

きっと、「子供にとって、できるだけ良い環境を与えたい」というのは、子を持つ親の、ごく自然な思いです。しかし、それが『良すぎる』環境になってしまったらどうでしょうか?

子供は、自分が努力しなくても欲しいものが手に入ると、物事を安易に考えるようになってしまいがちです。

何かを手に入れるためには、自分で努力しなければならない・・・。そのことを子供に理解させたいと願うなら、親が環境を『整えすぎる』のはいかがなものかと思うんです。

環境も子育ての大切な要素です。「子供にとって本当によい環境は何だろうか?」と自分自身に問いかけながら住まいづくりを進めていただけたら、と思います。

それでも、やはり子供部屋が必要だということになったとしましょう。すると、次はどこに作ったらよいかという問題が浮かび上がってきます。

子供部屋の場所について相談を受けたとき、私はこんなことを話しています。

「山には木が生えていますね。北側の斜面に生えている木と、南側の斜面に生えている木とでは、その強さに違いがあるといわれています。さて、どちらが強いとお思いでしょうか?」

一見、太陽の光に恵まれた南側のほうが丈夫に育っているように思えます。しかし、正解は「北側」です。

木は、与えられた自然環境の中で成長しなければならない。何があろうとそこに立っていなければならない。そんな条件を受け入れてこそ、強い木に育つんです。

私は、その論理は人間にも当てはまると思います。なぜなら、人間だって自然の一部だからです。条件が厳しいほうが、芯の強い、生命力のある、根気強い人間に育つとは思いませんか?

ですから私は、子供部屋は北側に作ることをおすすめしているんですが、他にも勉強をするなら北側の方が集中出来ると言われていますし、明るさや温度も安定しているんですよね。

あなたが子供部屋の場所を迷っているなら、参考にしてみてください。 

それでは良い週末を。

今日もありがとうございます。

 ←クリックを是非!
人気ブログランキングへ



livedoor プロフィール
RCdesign のご紹介
スペースの都合で小さい画面になっております。お手数ですが、全画面でご覧ください。
twitter
brogram

おすすめ
お知らせ
現在リクルート発刊
の『東京の注文住宅』
に弊社が掲載されてい
ます。もう買って頂け
ましたか?
書店で380円ですの
で、是非ご覧になって
下さいね。



専門家を探せる、相談
できるALL About プロ
ファイルに出展してます


全国工務店ブログ広場



一日一度のクリックを
ありがとうございます!
にほんブログ村 住まいブログへ

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン

ブログランキング
livedoor 天気
QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
Amazon




住まいづくりの秘訣       無料メールセミナー
住まいづくりをお考えの方が後悔する前に知っておくべき内容を書き下ろしました。失敗しない住まいづくりノウハウを是非お受け取りください。
お名前 ※
E-Mail ※
都道府県 ※

RCdesign公式facebook
ブログ内記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
チーム・マイナス6%