住まいはRC(鉄筋コンクリート)にしなさい!

東京で家を建てるならRC(鉄筋コンクリート)住宅。 (株)RCdesign(アールシーデザイン)社長の日記です。

宇宙人

いつもありがとうございます。ご愛顧感謝申し上げます。こだわりの一戸建て住宅や2世帯住宅、賃貸併用住宅の安定経営など、住まいに関するノウハウを株式会社RCdesignの代表井上がお届けいたします。

宇宙人との会話とか。

宇宙で家を建てるならRCdesign

晴れても寒い東京です。

そんな今日は朝から久喜計画の現場でコンクリート打設がありました。お問い合わせ対応、提携会社さん来社、来客面談、ガス会社さん来社打ち合わせ、渋谷区計画のお客様とお電話、渋谷区桜丘計画検討、資料作成など。

午後からは杉並区今川計画検討、見積作成、提携会社さん来社打ち合わせ、都市銀行さんと電話、荒川区西日暮里計画のお客様とお電話、賃貸管理業務など。夕方は豊島区西池袋計画検討、資料作成、管理組合さん来社打ち合わせ、ミーティングなど。

また股引を着用してしまいました。

ではこちら。

「宇宙人は必ずいます」気鋭の天文学者が断言するワケ

「宇宙人は必ずいます」
そう語るのは、昨年4月に世界で初めてブラックホールの撮影に成功したプロジェクトの日本代表である、国立天文台水沢VLBI観測所所長・本間希樹氏だ。

◆世界有数の資産家たちが資金提供
「世の中の多くの人たちは『宇宙人なんているわけない』と思っているかもしれません。でも、宇宙人の存在を本気で信じていて、宇宙人探しにものすごい金額のお金を出している人たちが世界にはいます。たとえば、ロシアの資産家ユーリ・ミルナーという人や、Facebookを作ったマーク・ザッカバーグといった人がその一人。
2020年2月18日 8時50分 日刊SPA!

なるほど。

なかなか夢のあるお話というか、都市伝説とでも言いますか、庶民の日常生活にはあまり関係のないお話かもしれません。

しかし、我々地球人と同じように、宇宙人がいるということになれば、いずれは何らかの形でコミュニケーションを行う必要があるかもしれませんし、上手く行けば、地球の文明が飛躍的に進歩するかもしれません。

記事に書かれていたメンバーの彼らが支援する『ブレイクスルー・イニシアチブ』というプロジェクトでは、10年間に100億円ものお金を出し、最先端の電波望遠鏡を使って、宇宙人探しを進めているそうです。

宇宙人探しなんてバカらしい……と思ってしまうかもしれませんが、実は世界のすごい人たちは、けっこう本気でその可能性を考えているんですね。

そんな中で、もし仮に宇宙人と会えたとしたら、どんな会話をするのがよいのか、ということも記事に書かれていました。

著者によれば、多分通じるのが、『数学』と『物理学』、それに『音楽』の話題ということです。

なんでも、物理の法則は宇宙共通で、それを理解する基本は数学なのだそうで、宇宙の基本法則である相対性理論は、数学を使って記述されているとか。

当然高度な文明をもった宇宙人なら、相対性理論もそれに必要な数学ももちろん理解しているはずですし、宇宙共通の法則だからこそ、理解度を比べれば文明レベルもある程度わかるということになるそうです。

さらに音楽の基礎は数学で、リズムにも音階にも和音にも、すべて数学的な裏づけがあるということで、もしかしたら宇宙人の音楽は、意外に地球人のものに近い可能性もあるとか。

今は外国人とのコミュニケーションに苦労しているかもしれませんが、意外と近いうちに宇宙人と会話で盛り上がることがあるかもしれませんので、外国語と同様に数学と物理学、それに音楽を勉強しておくことも必要かもしれませんね。

宇宙人をお招きするなら、住まいはRC住宅がオススメです。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング ←ご声援お待ちしております。



宇宙人を歓迎する玄関とか。

東京でWelcomeな家を建てるならRCdesign

晴れのち曇りの東京です。

そんな今日は朝からミーティング、その後葛飾区新小岩計画検討、見積作成、ガス会社さん来社打ち合わせ、業者さんと電話、お問合せ対応、資料作成、板橋区双葉町計画検討など。

午後は防水メーカーさん来社、来客面談、大田区下丸子計画検討、お問合せ対応、文京区大塚計画検討、見積作成、図面作成、業者さんと電話、練馬区高松計画検討、ガス屋さんと電話など。夕方は中野区大和町計画、原稿作成、ミーティングなど。

帰宅時には雨になっていましたが、深夜近くはお月さまが出ていました。

ではこちら。

宇宙人を歓迎するドアマット、豪研究者が制作

そのコンセプチュアル・アート作品は、一見したところはなんの変哲もないドアマットだ。しかし、このマットの開発者はこれが地球外生命の地球訪問を誘発し、ひいては宇宙考古学の発展につながると主張する。

「宇宙歓迎マット(Cosmic Welcome Mat)」と名付けられたドアマットは、実験哲学者のジョナソン・キーツ(Jonathon Keats)氏と豪フリンダース大学(Flinders University)の宇宙考古学者、アリス・ゴーマン(Alice Gorman)氏が制作したもので、下地の黒に赤や空色、紫の模様を配したデザイン。赤い色は地球外生命、黒は大気圏外空間、空色は地球、紫は人工の室内照明を表しており、宇宙の全生命体を温かく迎えるメッセージがこめられているという。
2017年12月3日 8時0分 AFPBB News

なるほど。

これはまた面白そうなものを考える人がいるものです。

記事にもあるように、玄関マットで地球外生命体の地球訪問を誘発しようとは、斬新な発想だと思いますが、必ずしも玄関から来訪してくれるのか、またその玄関マットの意味を酌み取ってくれるのかは定かではありません。

実際にどのようなデザインの玄関マットなのか、気になりますね。

こちらです。
ダウンロード
なんと形容して良いものか、作者いわく赤い色は地球外生命、黒は大気圏外空間、空色は地球、紫は人工の室内照明を表しているそうです。

これが宇宙の全生命体を温かく迎えるメッセージとなっているということですが、上手く伝わると良いですね。

ちなみに、制作者の人はいずれこのマットを世界中に設置したいと考えていて、国際宇宙ステーション(ISS)にもこのマットを導入すべく米航空宇宙局(NASA)とも協議中なんだそうです。

しかし、開発者の一人はこの「宇宙歓迎マット」の開発に取り組んだことによって、地球外生命体とのコミュニケーションだけでなく、同じ地球に住む人同士でのコミュニケーションについて、人々にもっと深く考えてほしいと願うようになったと語っているそうです。

むしろ現代社会では、こちらの方が緊急の課題かもしれませんので、地球人にも理解しやすいデザインに変更する必要があるのではないでしょうか。

また、もう一方の開発者さんは、このマット上にたまった、ちりの中に宇宙からの物質が含まれている可能性があると語っており、「地球の表面には、宇宙から毎年約4万トンもの物質が落ちてきます。ならば、マットの上に落ちてきたちりの中に、地球外からの物質が含まれていても不思議ではありません」と期待しているようです。

それなら他のマットでも収集は可能だと思うんですけど、きっと何らかの仕掛けで物質を吸着出来るようになっているのかもしれません。

日本の住宅では、玄関マットを使用しているご家庭はまだ少ないように思いますが、個人の住まいと地域との接点という部分では、ちょっと気を使っても良いと思います。

もちろん、住まい全体のデザインも何らかのメッセージを地域に発信するものですし、近隣地域の雰囲気や品格までも左右するものにもなりますが、足元の玄関マットがコミュニケーションの助けになれば、それは素晴らしいことですね。

宇宙からの飛来する物から地域と地球の安全を守り、さらに内外とのコミュニケーションを考えたら、住まいはRC(鉄筋コンクリート)住宅がオススメです。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング← ご声援を是非!



プロフィール

井上社長

RCdesign のご紹介
スペースの都合で小さい画面になっております。お手数ですが、全画面でご覧ください。
おすすめ
お知らせ
現在リクルート発刊
の『東京の注文住宅』
に弊社が掲載されてい
ます。もう買って頂け
ましたか?
書店で380円ですの
で、是非ご覧になって
下さいね。



専門家を探せる、相談
できるALL About プロ
ファイルに出展してます


全国工務店ブログ広場

一日一度のクリックを
ありがとうございます!
にほんブログ村 住まいブログへ


住まいランキング

ブログランキング

友だち追加

QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
住まいづくりの秘訣       無料メールセミナー
住まいづくりをお考えの方が後悔する前に知っておくべき内容を書き下ろしました。失敗しない住まいづくりノウハウを是非お受け取りください。
お名前 ※
E-Mail ※
都道府県 ※

RCdesign公式facebook
ブログ内記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ