住まいはRC(鉄筋コンクリート)にしなさい!

東京で家を建てるならRC(鉄筋コンクリート)住宅。 (株)RCdesign(アールシーデザイン)社長の日記です。

室内環境

いつもありがとうございます。ご愛顧感謝申し上げます。こだわりの一戸建て住宅や2世帯住宅、賃貸併用住宅の安定経営など、住まいに関するノウハウを株式会社RCdesignの代表井上がお届けいたします。

NASAが注目の植物パワーとか。

ブログネタ
住まいの選び方 に参加中!
東京で冬も快適な家を建てるならRCdesign

晴れの東京です。

そんな今日は朝から新宿区北新宿計画検討、書類作成、横浜市中区計画検討、電気屋さん来社打ち合わせ、板橋区板橋3丁目計画検討、徳丸6丁目計画検討、資料作成、お問い合わせ対応など。

午後は来客面談、その後金融機関と郵便局、帰社後は渋谷区代々木計画検討、見積作成、中野区計画検討、業者さんと電話、資材発注、書類作成など。夕方は地盤保証会社さんと電話、世田谷区奥沢計画検討、ミーティング、リフォーム計画検討、書類作成など。

師走に入りましたね。冷え込みも厳しくなってきましたので、体調管理には十分ご注意ください。

ではこちら。

NASAも注目! 閉め切った部屋をデトックスしてくれる植物のパワー

窓をしめきることが多く、空気の入れ替えをすることが少なくなってくるこれからの季節におすすめしたいのが室内のグリーン化です。
NASAも認めた植物のパワー
植物療法などが紹介されている『フィトセラピー生活12カ月』(主婦の友社)によると、室内には有害物質の発生源が多数あるといいます。

ホルムアルデヒドに代表される揮発性物質だけが、人体に有害なわけではありません。家具、電化製品、化粧品、合成洗剤なども有害物質を発生させています。また、現代の建築物はたいへん高気密なため、有害物質が内部にこもってしまうことも問題です。
(『フィトセラピー生活12カ月』26ページより引用)

家にいてゆっくりしているのになんだか体調が悪いという方は、もしかしたら有害物質が関係しているのかも。
そこで注目したいのが植物の空気清浄効果です。
2015年12月1日 7時30分 MYLOHAS

なるほど。

これまでにも何度かご紹介させて頂いてきましたが、今回はついにNASAも認めたといういわば御墨付きの植物パワーということです。

NASA(アメリカ航空宇宙局)によると、植物には密閉された空間に充満した有害物質を除去する作用があるということで、植物の空気浄化作用についての研究が進んで、ホルムアルデヒドやアンモニアなどの有害物質を除去する働きの大きい植物についてもわかってきたということです。

記事によると、窓を閉め切っている状態でもお部屋の空気をキレイにする効果が高いとされる観葉植物は下記のとおりです。
 
1.アレカヤシ2.カンノンチク3.カマエドレア・ザイフリッツィー4.インドゴムノキ5.アオワーネッキー/ドラセナ ジャネット・クレイグ6.セイヨウキヅタ7.シンノウヤシ8.フィクス・アリイ9.ボストンタマシダ10.スパティフィラム

このほか、ドラセナや、ポトスも空気清浄効果が高く人気があるということですので、どんな姿かを一度ググって頂いた上で、是非ショップにてお買い求めください。
 
そんな植物の力を借りるということも当然ありなんですけど、その効果を数値で明らかにすることは今のところ難しいですし、有害物質の除去以外にも人にはより新鮮な空気が必要です。

近年に建てられた住宅なら、標準で24時間換気システムが設けてあるはずですが、これからの季節ですと換気される時に吸い込まれてくる給気の部分では、外気温度の空気が入ってくるため寒さを感じてしまうことがあります。

そうなるとこの給気口を塞いでしまうという人を時々見かけますが、これだけは絶対にやめてください

せっかく換気扇が空気を吐き出そうとがんばっていても、空気の取り入れ口が塞がれてしまっては、換気が出来るはずも無く、換気扇には非常に大きな負荷が掛かってしまいますので、故障の原因になります。

もちろん換気されていない空間というのが一番の問題で、そこでは有害物質と共に水蒸気も溜まってしまいますので、室内の湿度が上がりすぎてしまい、各部で結露が発生する可能性が高まってしまいます。

結果として、人体に影響するのはもちろんのこと、住まいの劣化を助長してしまうことにもなりますので、換気を止めるということだけは、絶対にしてはいけませんので、くれぐれもご注意ください。

まさかとは思いますが、屋内で化石燃料を燃やすタイプの暖房器具をお使いの場合は、より多くの換気が必要ですし、何よりも人体への悪影響を考えると、出来るだけ早期に使用を中止して頂きたいと思います。

もしかすると、換気扇で吐き出される空気がもったいない、と感じてしまう方も多いかもしれませんが、空気がもっていってしまう熱の量はさほど多くはありません。室内が暖かくなっている時は、建物そのものや、家具、雑貨など、お部屋にあるモノに熱が蓄えられているんです。

これから本格的に暖房器具が使われるようになると思いますが、建物に適した器具を適切な使用方法で安全にお使い頂き、冬を快適に過ごして欲しいと思います。

日本の冬に適した住まいをお探しなら、是非お気軽にRCdesignまでお問い合わせください。

それでは。

今日もありがとうございます。

 
人気ブログランキングへ  ←ご声援ありがとうございます。



以外と汚れている室内空気とか。

ブログネタ
RC住宅を建てよう! に参加中!
東京で安心住宅を建てるならRCdesign

良い天気の東京です。

そんな今日は朝から社内ミーティング、世田谷区奥沢計画検討、港区南青山計画検討、板橋区徳丸6丁目計画のお客様にご来社頂き打ち合わせ、その後現場視察など。

午後は信用金庫さんと電話、西台のお客様来社、5丁目のお客様とお電話、商社さんと電話、板橋区板橋3丁目計画検討、ガス会社さん来社打ち合わせなど。夕方はご近所のお客様来社打ち合わせ、お問い合わせ対応、資料作成、図面作成など。

日差しはそこそこでも比較的カラッとした清々しい月曜日です。

ではこちら。

あなたの家は大丈夫?実は外よりも汚れている室内の空気

大気汚染を通じて外の空気がどれだけ汚れているか度々耳にしますが、家や職場の中の汚染については知られていません。先日フランスの環境省の発表した「室内の空気の方が屋外より汚染物質が多い」ということご存知でしたか?

今日は室内の大気汚染についてお話します。

室内の汚染物質、その種類はなんと千以上。実は外の5から10倍も汚染された空気に囲まれて生活しているのです。それらは外の空気に加えて冷暖房器具や家具から、もしくは服に付着してもたらされます。さらに掃除や日曜大工などでも発生するのです。

もちろんタバコの煙は屋内排気ガスです。これらがアレルギーや呼吸器官に影響を与え、身体によくないということは想像に難くないことですね。

2015年6月27日 15時29分 マイナビスチューデント

なるほど。

確かに人によっては家に帰るとクシャミが止まらなくなるという方もいらっしゃいますし、そもそも慢性的に鼻炎やぜんそくを持っているという方のお宅では、家の中の空気が汚れている可能性もあります。

日本では、2003年7月1日に建築基準法が一部改正されて、シックハウス対策の規定が加わりました。これはシックハウスの原因とされる化学物質類の室内濃度低減のため、建築物に使用する建材や換気設備を規制する法律です。

この法律が施行されて以降も、毎年のように改正されながら、対象となる化学物質の種類が増えたり、その対策方法も増えたりしてきたところです。

しかしながら、まだまだ完璧かといえばそうではなく、規制されない化学物質がありますので、法律上求められている内容をクリアしているからといって、安心してはいられません。

さらに、実はまだ建築そのものは良い方で、後から室内に持ち込まれるモノが問題になるケースも多いんですね。

たとえば家具、これも日本製ならまだ安心ですが、海外製品の輸入家具などですと、一切規制を受けていない国で製造されていたりする場合もあり、家具を搬入してから体調を崩してしまったということもあります。

また、以外と忘れがちなのが、人間。人間がそこで生活をしているだけで、室内の空気を汚染していきます。呼吸をしているだけでも、二酸化炭素や水蒸気、臭気などを放出しています。

ですので、ここで一番大切なのが住まいの使い方ということになります。

春や秋など、陽気の良い時期なら、朝晩に窓を開けての換気もいいでしょう。この場合は最低10分を目安にしてください。

次に真夏や真冬の場合、このシーズンは窓を開けることでエネルギーのロスになります。また、もしかすると交通量の多い道路に面していたり、工場や飲食店に近かったりという理由で窓が開けられないという場合もあるでしょう。

そこで重要なのが24時間換気システムというもの。現在ではこれもいろんな商品がありますが、今のところコストパフォーマンスに一番優れているのは第3種換気設備と呼ばれるもので、小型の換気扇と給気口を組み合わせたタイプです。

実際に採用されているケースも多いと思いますが、正しく使われているお宅は意外と少ないかもしれません。

換気扇はもちろん24時間365日可動させておかなくてはいけません。さらに給気口も必ず開けておくことが大切です。この給気口を冬の間に締めてしまったままにされているお宅も見受けられます。この状態のままにしておくと、換気は出来ませんし、機械の故障につながります。 

最後に、これからの季節は何かと臭いの気になる季節ですが、消臭目的で化学薬品の消臭剤や芳香剤を使うのは、なるべく避けた方がいいでしょう。消臭スプレーや芳香剤が原因で体調を崩す場合も多いですし、そうなるとまさに本末転倒ですね。

少しでも新鮮な空気で快適に暮らしたいものです。住まいのご相談はお気軽にRCdesignまで。

それでは。

今日もありがとうございます。


    人気ブログランキングへ     ←クリックを是非!



プロフィール

井上社長

RCdesign のご紹介
スペースの都合で小さい画面になっております。お手数ですが、全画面でご覧ください。
おすすめ
お知らせ
現在リクルート発刊
の『東京の注文住宅』
に弊社が掲載されてい
ます。もう買って頂け
ましたか?
書店で380円ですの
で、是非ご覧になって
下さいね。



専門家を探せる、相談
できるALL About プロ
ファイルに出展してます


全国工務店ブログ広場

一日一度のクリックを
ありがとうございます!
にほんブログ村 住まいブログへ


住まいランキング

ブログランキング

友だち追加

livedoor 天気
QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
住まいづくりの秘訣       無料メールセミナー
住まいづくりをお考えの方が後悔する前に知っておくべき内容を書き下ろしました。失敗しない住まいづくりノウハウを是非お受け取りください。
お名前 ※
E-Mail ※
都道府県 ※

RCdesign公式facebook
ブログ内記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ