住まいはRC(鉄筋コンクリート)にしなさい!

東京で家を建てるならRC(鉄筋コンクリート)住宅。 (株)RCdesign(アールシーデザイン)社長の日記です。

家相

いつもありがとうございます。ご愛顧感謝申し上げます。こだわりの一戸建て住宅や2世帯住宅、賃貸併用住宅の安定経営など、住まいに関するノウハウを株式会社RCdesignの代表井上がお届けいたします。

運気UPの小技とか。

東京でラッキーな家を建てるならRCdesign

晴れの東京です。

そんな今日は朝から宅建業務、会員さんへ書類お届けなど、帰社後は港区高輪計画検討、高田馬場計画検討、書類作成、お問い合わせ対応など。

午後からは出版社さん来社打ち合わせ、リフォーム計画検討、蓮根の不動産会社さんと電話、文京区根津計画のお客様とお電話、上板橋2丁目計画のお客様とお電話、解体業者さんと電話、書類作成など。夕方は土地情報収集、お問い合わせ対応、ミーティング、その後宅建協会総会出席など。

実はまだまだヒノキ花粉が好調を続けていますので、目もかゆくお薬に頼らざるを得無い状況が続いております。もう少し頑張りましょう。

ではこちら。

アノ蓋を閉めるだけ!「風水」を気にする人がしている運気UPの小技

新生活もそろそろ落ち着いてきたこの時期、あなたのお部屋は“風水”を意識していますか?

今さら家具の色や配置なんか変えられないし……とお思いかもしれませんが、風水で取り入れるべきはほんの些細な生活習慣らしいのです。

ネクストの「住まいの風水・家相調査」をもとに、“運気アップのためにしているコト”のTOP3をご紹介します。
2017年4月25日 10時20分 Menjoy!

なるほど。

最近は風水にしても、家相にしても、以前ほど真剣に取り入れようとされる方は少なくなったように思います。

もしかすると、これらについての信憑性が低下しているか、そもそも知らないという人が増えているのかもしれませんね。

巷の占いと同様に、それぞれの信じる気持ちが、良い結果につながるということもあるかもしれませんが、少なからずこれまでの統計学や経験則が反映されていることもありますので、現代の生活に合うものは、参考にしても良いと思います。

生活を犠牲にしたり、無理をして暮らしにくくなるようなことは避けたいところですが、結果として暮らしが少しでも良くなれば、効果があったと言ってもいいでしょうか。

記事では運気アップのためにしていることとして、下記の3つが上がっていました。

3位:いつも部屋をきれいに保つ
「なんだか最近、運気悪い〜」と思っているなら、気持ちをスッキリさせるためにも、まずは部屋の掃除から始めてみると良さそうですよ。

2位:トイレのフタを必ず閉める
続いて、2位になっている風水が「トイレのフタを必ず閉める」で、37.5%が選択しています。

風水の世界では、トイレは邪気が溜まりやすい場所として考えるので、蓋を閉めて悪い気が出てこないようにするのです。

1位:観葉植物を置く
そして、1位になっていた風水は「観葉植物を置く」で、半数近い42.3%が選択していました。

風水の世界では、観葉植物はラッキーアイテムとして扱われることが多く、“悪い気を吸収してくれる”という考え方が主流です。 

いかがでしょうか。

ほとんどのご家庭では、すでに当たり前のこととして行っていることと思いますが、もしこれまでの生活で実行していないことがありましたら、どれも簡単にすぐにできることばかりですので、今日からでも取り組んでみましょう。いずれも取り組むことで確実に生活の質が保たれそうです。

よりラッキーな暮らしを実現するなら、住まいはRC(鉄筋コンクリート)住宅がオススメです。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキングへ        ←お力添えを是非!



鬼門に負けない家づくりとか。

ブログネタ
住まいの選び方 に参加中!
東京で鬼門に負けない家を建てるならRCdesign

晴れのち曇りの東京です。

そんな今日は朝から朝霞市の図面作成、お客様とお電話、郵便局、書類作成、ガス会社さんと電話、新宿区北新宿計画検討、町田計画検討、徳丸6丁目計画検討、その後新宿へ。

午後は新宿で不動産会社さんと打ち合わせなど、その後法務局、帰社後は資材メーカーさんと電話、提携会社さんと電話、練馬区田柄計画検討、不動産会社さんと電話、世田谷区奥沢計画のお客様とお電話、電気屋さん来社打ち合わせ、セキュリティー会社さんと電話など。夕方は商社さん来社、資材発注、新宿区北新宿計画検討、板橋区板橋3丁目計画検討、提携会社さんと電話、ミーティング、徳丸計画のお客様とお電話など。

まだまだ秋花粉が絶好調ですね。気を抜かず対策を続けましょう。

ではこちら。

「鬼門」の方角に玄関や窓、水まわりがあると、本当に何か“よくないこと”が起きるのか?

鬼門とは北東、裏鬼門とは南西の方角のこと。家相ではその方位に玄関や窓、トイレなどの水まわりを作ると、家の中に悪いことが起きるとされています。しかしなぜ、北東と南西なのでしょうか? 実はその源は古代中国にさかのぼります。

■鬼門に玄関や水まわりがあるとどうなる? 起源は中国の生活の知恵

鬼門の方角に玄関があるので増築のついでに向きを変えたい、裏鬼門に浴室があるのでリフォームの時に少し移動させたい、そんな依頼を受けることがあります。特に家相にこだわっているわけではないけれど、知ってしまうと何となく気になるという方も多いことでしょう。

しかしなぜ北東と南西の方角を、鬼門と裏鬼門というのでしょう。その起源となったのが、古代中国の情勢と地形です。当時の中国の都の北東と南西には強大な敵がいて、また南西からは強風が吹いてくるという状況でした。

つまり鬼門とは「外敵」と「強風」を意味し、北東と南西の方角に開口部と水まわりを作らないようにしたのは、住む人の安全と健康を考えた、古代中国の生活の知恵でした。
2015年10月15日 7時45分 All About

なるほど。

日本も平成になってからすでに27年が経ってしまいましたが、その間日本人もそれなりに変化してきたと思います。

平成生まれの若い人達が社会に出てくるようになって、世代間ギャップを感じる人も多いと思いますし、中高年の方達も経済環境に揉まれたり、国際的にも政治状況が変化してきましたので、日本人の価値観も変化して当然かもしれません。

しかし、今日の記事にもあるように、重大な意思決定を迫られる場面や、ここ一番という時には、なぜか神様仏様に頼りたくなるのは、まだまだ日本人の変わらないところのようです。 

それでも以前に比べれば、闇雲に従うという人はすっかり少なくなり、一部参考にしたいとか、親類の顔を立てるためにということで、ある程度限定的に意見を聞かれているように思います。

以前にも書いた記憶がありますが、易、家相、風水等は、いずれも近代的な住まいづくりが行われる前、科学的な裏付けがされない時代に、長年の経験則であったり、生活の知恵としてまとめられたものですね。

当時と現代の暮らしとはかなり状況が違って、文明が発達してくれたおかげで冷蔵庫があったり、冷暖房機器があったり、セキュリティーシステムがあったりしますので、当時の懸念事項はほとんど払拭出来ていると言えるでしょう。

それでも、古代の知恵を少しでも取り入れたいとなると、少なからず間取りプランに制限を受けることを覚悟しなければいけません。南側のリビングや北側にまとめた水廻りが、本来なら使いやすい動線を考えたものでも、修正する必要があるかもしれません。

記事にも書かれていましたが、これら家相の類いは歴史学的に言うと、日本の鬼門は古代中国の生活の知恵と、日本の古の神道が入り混じって生まれたものなので、家の中に悪いことが起きるという根拠はどこにもないということ。

ただ単に日本人の国民性から、特に理由はなくても何となく怖いという感覚を持つ人が多かったために、現代まで伝えられてきたと言えそうです。

この家相や風水にどこまでこだわるか?その答えを出すには、まずはそう言われる由来や意味を知った上で、それが本当に自分の家づくりに必要なものなのかどうか、家族でじっくり考える必要があるでしょう。

基本的なスタンスとしては、日本の国土や住宅事情を考えれば、縁起かつぎ程度というスタンスで、原則はライフスタイルや使いやすさ重視というのが良いように思います。

もしそれでも「外敵」や「強風」が心配ということでしたら、RC(鉄筋コンクリート)住宅を建てることをオススメいたします。RC住宅なら、心配事のほとんどは解決出来るでしょう。

鬼門に負けない住まいづくりをお考えなら、是非お気軽にRCdesignまでご相談ください。

それでは。

今日もありがとうございます。

 ←クリックをよろしく!
人気ブログランキングへ  



当たるも当たらぬも八卦です。

ブログネタ
RC住宅を建てよう! に参加中!
東京で台風に強い家を建てるならRCdesign

台風一過の暑い東京です。

そんな今日は朝から社内ミーティング、板橋区役所さんと電話、板橋区徳丸6丁目計画検討、ガス会社さんと電話、セキュリティー会社さんと電話、信用金庫さん来社打ち合わせ、電話会社さんと電話、川口市並木計画検討、資料作成など。

午後は板橋区弥生町計画のお客様とお電話、中野区南台計画検討、資料作成、1丁目のお客様とお電話、その後和光のお客様へカタログ等お届けなど、帰社後は土地家屋調査士さん来社、北区西ヶ原計画検討など。夕方は2丁目の不動産会社さんと電話、埼玉県草加市のOBオーナー様とお電話、品川区大井計画、電気屋さんと電話、豊島区駒込計画検討など。

台風の被害はありませんでしたか。点検修理はお早めに。

ではこちら。

「当たるも八卦当たらぬも八卦 家相吉凶図」インフォグラフィックを公開しました。

リカサ株式会社は、風水・家相から見る間取り吉凶を表した「当たるも八卦当たらぬも八卦 家相吉凶図」インフォグラフィックを公開しました。
■「当たるも八卦当たらぬも八卦 家相吉凶図」インフォグラフィック

風水・家相から見る間取りの良し悪し。今回は家相からの間取り吉凶をインフォグラフィックにまとめました。

・鬼門・裏鬼門を忌む日本の風習
本来の鬼門は中国から伝わったとされていますが、京の都から見て北東の方角には蝦夷(えみし)など忌むべき存在があったことなどから、この鬼門思想は日本独自の解釈を遂げていったようです。

今日でも鬼門の方角には家の重要な機能「水回り」を配置することを避ける風習が根強く残っています。とは言っても、風水家相を全て取り入れた間取りを作ることはとても困難。縁起かつぎとして可能なものを取り入れるくらいがちょうど良いでしょう。
2014年10月14日 10時55分 PR TIMES

なるほど。

ではさっそく見てみましょう。

こちらからどうぞ。 http://recasa.jp/lg_20141014/

家づくりを始めると、とにかくいろんな情報に惑わされることになりますが、中でも相談相手によっては、風水や家相も見ておきなさいというアドバイスを頂く場合もあります。

その相談相手が無視の出来ない人だったりすると、専門家に間取りを見せましょうということになり、そうなるとプランが決まるまでに時間がかかるようになり、計画のスケジュールに支障が出ることもあるでしょう。

図をよく見ると、南から南西の方角に流しを配置すると良くない、ということになっていることがわかると思います。

これは冷蔵庫も無い時代に、この方角にキッチンがあると、生ものはすぐに傷むし、食材が劣化すれば、もちろん健康にも悪い影響が出るわけで、そんな経験則がデータとして蓄積されたものということです。

もちろん今は冷蔵庫はもちろん、空調設備も整っているわけですから、すぐに食材が腐ったりすることはありませんし、一般的には消費期限内に消費するでしょうから、特に健康に影響が出ることはありません。

現代の住まいづくりでは、敷地の広さや形を選べる可能性は非常に少ないですね。限られた敷地と条件の中でより良い間取りを考えなければいけませんし、土地が高価な都市部ではなるべく有効に利用したいと思うこともあるでしょう。

記事にもあるように、風水や家相を全て取り入れた間取りを作ることはとても困難ですし、かえって使いづらく住みにくい家になってしまうことも多いです。

生活スタイルは人それぞれですし、少しでも自分と家族が快適に楽しく暮らせる間取りが良い間取りだと思いますので、私個人的には縁起かつぎとして可能なものがあればそれを取り入れるくらいがちょうど良いように思います。

間取りプランのご提案には相当な経験と実績があり、その内容にも自信を持っていますので、住まいづくりを考えたら、是非お気軽にご相談ください。

それでは。

今日もありがとうございます。


  人気ブログランキングへ       ←応援のクリックをどうかひとつ!



住宅における家相と風水とか。

ブログネタ
RC住宅を建てよう! に参加中!
東京でラッキーな住まいを建てるならRCdesign

曇りのち晴れの東京は暖かくなりました。

そんな今日は朝からお問い合わせ対応、都市銀行さん来社、文京区向丘計画検討、本駒込リノベーション計画検討、税理士事務所さんと電話、原稿作成など。

午後は台東区今戸計画検討、さいたま市宮原計画検討、見積作成、向丘計画のお客様とお電話、ありがとうございます。渋谷区神宮前計画検討など。夕方からは椿山荘へ、新年会出席など。

これで今年の新年会も全て終了しましたので、春に向けて張り切ってまいります。

ではこちら。

住宅購入における家相と風水

ジンクスなんて信じていない人でも、家相と風水の面で新しい家がいいのかどうか、一度は確かめてみたいですよね。

家相と風水は、診断する人によっていろいろと違う意見が飛び出すこともありますが、一般的に「こんな家は家相としてよい」「風水としてよい」といわれる共通項があります。

本当かどうかはさておくとして、どんな家が家相や風水でよいとされるのか、手軽に実践できそうなものをポイントで見ていきましょう。

■観葉植物を部屋に置くとよい家相診断では、観葉植物を部屋に置くことを勧めているところが多いようです。

観葉植物の土や緑からくる気が開運によいとされています。
マイナビニュース 2013年02月06日08時09分

なるほど。
 
最近は以前に比べると、こだわられる方は減ったように思いますが、これは年代的により科学的に物事を理解するようになったのか、または根拠の無い風習にとらわれないようになったのか。
 
以前は比較的年齢の高い方に多くいらっしゃって、しかもそのこだわりが強く、生活のし易さを犠牲にしてでも、その教えを守ろうとするようなこともありました。

実は家相にしても、風水にしても、今なら科学的に合点のいくこともあり、またある程度おまじないと割り切って、出来る範囲で取り入れている方が多いように思います。
 
記事にある観葉植物も、実際に空気の浄化作用があったり、室内の日当たりを緩和する、または湿度調整にも効果がありますね。

また、鬼門という言葉を聞いた方もあると思いますが、家相を診断している人の中には鬼門を大げさに指導する人と、そうでない人とでわかれます。

最近は実は「気にしなくてよい」という考え方が一般的で、そもそも
鬼門ができた背景には家相という考えを生み出した、古代中国の土地事情にあると言われています。

一説では古代中国では鬼門となる方向から季節風が吹くため、風で家の中にさまざまなものがばらまかれてしまい、不衛生になることから鬼門という考えが生まれたとされているそうです。

台所を南や西に設置することも凶とされていますが、これは冷蔵庫も無い時代に、食材を置いておいたら腐るに決まっていますし、それを食したら、家族全員がお腹を壊してしまいます。まあそんな生活の知恵を学問的にまとめたものだと思います。

もちろん建物の設計をする上で、方角や地形などは大切な要素ですし、それをふまえて考えるのは当然ですが、今の技術ならそんな自然環境を覆すことも可能です。

たとえば、南側バルコニーに近いキッチンなら簡単にテラスで食事をすることが可能ですし、借景出来る場所に浴室を配置すれば、よりくつろぎのスペースが実現出来ます。

注文住宅なら、より楽しい生活を優先した住まいづくりが可能ですね。
 
それでは。

今日もありがとうございます。

 ←ハートをクリック!
人気ブログランキングへ



プロフィール

井上社長

RCdesign のご紹介
スペースの都合で小さい画面になっております。お手数ですが、全画面でご覧ください。
おすすめ
お知らせ
現在リクルート発刊
の『東京の注文住宅』
に弊社が掲載されてい
ます。もう買って頂け
ましたか?
書店で380円ですの
で、是非ご覧になって
下さいね。



専門家を探せる、相談
できるALL About プロ
ファイルに出展してます


全国工務店ブログ広場

一日一度のクリックを
ありがとうございます!
にほんブログ村 住まいブログへ


住まいランキング

ブログランキング

友だち追加

livedoor 天気
QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
住まいづくりの秘訣       無料メールセミナー
住まいづくりをお考えの方が後悔する前に知っておくべき内容を書き下ろしました。失敗しない住まいづくりノウハウを是非お受け取りください。
お名前 ※
E-Mail ※
都道府県 ※

RCdesign公式facebook
ブログ内記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ