住まいはRC(鉄筋コンクリート)にしなさい!

東京で家を建てるならRC(鉄筋コンクリート)住宅。 (株)RCdesign(アールシーデザイン)社長の日記です。

寒い

いつもありがとうございます。ご愛顧感謝申し上げます。こだわりの一戸建て住宅や2世帯住宅、賃貸併用住宅の安定経営など、住まいに関するノウハウを株式会社RCdesignの代表井上がお届けいたします。

家庭内寒暖格差とか。

東京で寒暖格差の無い家を建てるならRCdesign

晴れて暖かな東京です。

そんな今日は朝から図面作成、文京区大塚計画検討、サッシ屋さんと電話、練馬区高松計画検討、お問合せ対応、信用金庫とお電話、板橋3丁目計画検討など。

午後は来客面談、資料作成、サッシ屋さん来社打ち合わせ、文京区根津計画検討、葛飾区新小岩計画検討など。夕方は図面作成、ミーティングなど。

今日も日中は暖かくなりましたが、明日からはまた冷え込むそうです。くれぐれも暖かくしてお過ごしください。

ではこちら。

あなたの家で一番寒い思いをしているのは誰? 「家庭内寒暖格差」調査

朝起きたときに布団の温もりから離れ難い季節になってきた。家の中での寒いところと暖かいところの差も実感するようになる季節。

そして、家族の中でも、家の中の寒さの感じ方には大きな差がありそうだ。「家族の中で一番寒い思いをしている人」って誰だろう? 積水化学工業株式会社住宅カンパニーは、10〜70代男女500人を対象に「家庭内寒暖格差」をテーマにした調査を行った(子ども世代/パパ・ママ世代/シニア世代で均等割付)。
2017年11月29日 11時25分 OVO [オーヴォ]

なるほど。

これはなかなか興味深い調査ですが、おおよそ結果が想像が出来るような気もしますね。

早速記事にあった調査結果を見ていきたいと思いますが、そもそも今回の調査では「家庭内寒暖格差」について、「同じ家の中で場所による寒暖の差が大きい状態」、もしくは「同じ家の中で、寒さを感じる場面が多い人と、そうでない人がいる状態」と定義しています。

さて、まずは冬に家の中で寒さを感じる場所の有無を聞いたところ、81%の人が「ある」と答えていました。そこで寒さを感じる場所(複数回答)はという問いにたいしては、「トイレ」(55%)、「脱衣所(洗面所)」(53%)、「玄関」(53%)、「廊下」(47%)など、上位4位までは“非居室”という結果です。

この回答の中には、「リビング・ダイニング」と答えた人も34%と3人に1人もいて、ちょっとビックリですが、そんな暖房器具のあるリビングで冬に寒さを感じる時間帯の上位は、「4時〜7時まで」(34%)、「7時〜10時まで」(22%)、「19時〜22時まで」(17%)となっていました。

次に「家族の中で最も寒い思いをしているのは誰だと思いますか?」という問いに対しては、トップが「ママ」で44%。以下、「おばあちゃん」(18%)、「子ども」(16%)、「おじいちゃん」(11%)、「パパ」(10%)という結果です。

家族で一番寒い思いをしているママたち自身にも、「あなたは、他の家族よりも寒い思いをすることが多いと思いますか?」という問いでは、「ママ」の7割以上が「そう思う」と答えていました。

その要因としては、「ママ」の約7割がリビングにいるときに「暖房器具をつけるのを我慢することがある」とも答えていて、他の家族に気を使い、節約を心がける「ママ」の姿が浮かび上がった格好です。

今回の調査では、全体としてまだまだ日本の住宅性能が低い状態が浮き彫りになったように思います。

現在の技術では、欧米の住宅と同様に家全体を温めて、家庭内寒暖格差を極力小さくすることが可能ですし、ママだけが寒い思いをするということもなくすことが可能です。

そのためには、何よりも住まいの断熱性能と気密性能を高めることが重要で、そのうえで効率的な暖房を行えば、これまで以上に省エネでかつ格差の少ない暮らしが実現できます。

家庭内寒暖格差の少ない家をお求めなら、RCdesignまでお気軽にご相談ください。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング  ← どうかひとつ!



寒い朝のテクニックとか。

ブログネタ
RC住宅を建てよう! に参加中!
東京で寒さに強いを建てるならRCdesign

朝晩は冷え込みましたが、日中は暖かな東京です。

そんな今日は朝から資料作成、その後税理士事務所さんへ書類お届け、帰社後は原稿作成、和光市のお客様とお電話、銀座の事務所さんと電話、西新宿計画検討など。

午後は出版社さんと電話、銀座リノベーション計画検討、見積作成、提携会社さんと電話、文京区向丘計画検討、図面作成など。夕方はご近所のお宅訪問、北区田端計画検討、資料作成など。

本日、弊社で長年大工の棟梁として活躍していただいていた方が永眠されたというご連絡をいただきました。私が生まれる前から、大工さんとして、東京でも1、2の腕を持っていた方でしたが、80歳を過ぎてからは引退していたんです。ここにご冥福をお祈りさせてください。

ではこちら。

寒い朝でも起きられるようになる超シンプルなテクニック5つ

11月も下旬になり、朝晩の気温は10度を下回るような日も出てきました。日中は空気が澄んでいて気持ちがいいですよね。ですが、それとは反対に、この時期非常にツライのは朝起きること……。暖まったベッドから出るのには気合いが必要ですよね。

「どうしたら寒い朝でも潔く起きることができるのか」 と、長年頭を悩ませ続けている人も多いのではないでしょうか。

今回は、明日の朝から実践できる“寒い朝でもスムーズに起きるためのテクニック”を5つご紹介します。
美レンジャー 2012年11月20日18時00分
 
なるほど。
 
ではさっそく見てみましょう。
 
まず一つ目は、
布団の中から少しだけ体を出して、部屋の温度に慣れさせるというもの。やはり暖かい布団の中から急に寒い部屋へ飛び出ると、人間の体は体温を一定に保とうと血圧が急上昇、急下降をして心臓に負担をかけてしまいます。
 
特にこれからの季節は高齢者にとって、非常に危険なシーズンと言えるでしょう。しかし、朝が苦手という方も含めて、年齢に関係なく、なるべくゆっくりと身体を慣らすようにしましょう。

次は起床時刻の30分前にタイマーをセットし、あらかじめ部屋を暖めておくというもの。
冬の朝がツライ理由は、断熱性能の低い部屋が冷えきっているということですので、エアコンのタイマーをセットし、あらかじめ部屋を暖めておけば、後が快適ということ。
 
この他には、目覚まし時計をベッドから離れた場所に置くと言うものや、布団の中で体を動かす(伸びや深呼吸、手足の指を握って開く動作を繰り返す)などもありますが、ちょっと新しい感じなのが、枕元にご褒美のチョコレートを置いておくというもの。

なんでも、寝起きのチョコレートは、健康な人であれば、医学的に問題になるほど血糖値が急上昇することはなく、むしろしっかり朝ごはんを食べるより、消化管に負担をかけないのだそうで、朝食を摂る習慣がない人にはお勧めの方法だとか。

う〜ん、私の場合はそれほどチョコレートが好きというわけでもないので、効果があるとは思えませんが、これが大好物という方には良いかもしれません。
 
でもまあ歳を取ると、ちゃんと早起きになるもので、私も目覚まし時計が無くても起きられる日が来るなんて、想像すら出来なかったんですけど、今はしっかり目が覚めるようになりました。

さて、もし寒い冬でも安全・快適に目覚めたいなら、鉄筋コンクリート住宅をオススメいたします。前夜の室温が朝になってもほぼ保たれていたら良いと思いませんか。しかも家中どこの場所でも温度差が少なければ、それは安全で快適な家になるでしょう。
 
そんな住まいを建てたいと思ったら、是非お気軽にご相談ください。
 
それでは。

今日もありがとうございます。

 ←応援のクリックを是非!
人気ブログランキングへ


 
livedoor プロフィール
RCdesign のご紹介
スペースの都合で小さい画面になっております。お手数ですが、全画面でご覧ください。
twitter
brogram

おすすめ
お知らせ
現在リクルート発刊
の『東京の注文住宅』
に弊社が掲載されてい
ます。もう買って頂け
ましたか?
書店で380円ですの
で、是非ご覧になって
下さいね。



専門家を探せる、相談
できるALL About プロ
ファイルに出展してます


全国工務店ブログ広場



一日一度のクリックを
ありがとうございます!
にほんブログ村 住まいブログへ

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン

ブログランキング
livedoor 天気
QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
Amazon




住まいづくりの秘訣       無料メールセミナー
住まいづくりをお考えの方が後悔する前に知っておくべき内容を書き下ろしました。失敗しない住まいづくりノウハウを是非お受け取りください。
お名前 ※
E-Mail ※
都道府県 ※

RCdesign公式facebook
ブログ内記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
チーム・マイナス6%