住まいはRC(鉄筋コンクリート)にしなさい!

東京で家を建てるならRC(鉄筋コンクリート)住宅。 (株)RCdesign(アールシーデザイン)社長の日記です。

寒い家

いつもありがとうございます。ご愛顧感謝申し上げます。こだわりの一戸建て住宅や2世帯住宅、賃貸併用住宅の安定経営など、住まいに関するノウハウを株式会社RCdesignの代表井上がお届けいたします。

寒い家を我慢しないこと。

東京で暖かい家を建てるならRCdesign

晴れの東京です。

そんな今日は朝から社労士さん来社打ち合わせ、港区南青山計画検討、見積もり作成、お問い合わせ対応、書類作成など。

午後からは図面作成、その後日本橋方面へ、渋谷区神宮前でご検討のお客様と打ち合わせなど、ありがとうございます。帰社後は大田区東矢口計画検討、業者さんと電話など。夕方は朝霞市計画のお客様とお電話、ありがとうございます。日野市計画検討、図面作成、ミーティングなど。

暖かかったり、寒かったり、寒暖差が大きいので体調管理にはご注意ください。

ではこちら。

日本はいつまで"寒い家"を押し付けるのか

「家が寒い」のは仕方がないことだろうか。東京大学大学院で建築環境工学を研究している前真之准教授は「日本の家には断熱・気密性能が決定的に不足している。この2つを向上させなければ、暖房設備を充実させてもエネルギーの無駄遣いになってしまう。人生最大の買い物である住宅においても、車や電化製品と同じように性能を重視してほしい」と提案する――。
2019年3月8日 9時15分 プレジデントオンライン

なるほど。

今日の記事を投稿されていた先生は、以前から建築の専門誌などにも度々連載をされていたりする、その業界では有名な方なんですけど、今回は珍しく経済誌のネット版に掲載されていました。

この先生の考え方は、以前から弊社の家づくりと非常に近いものを感じていて、セミナーを受けさせて頂き、直接お話をさせて頂いたこともあります。

今回の記事でも、日本の家には快適な室内環境を形成するのに不可欠な「断熱」と「気密」という2つの性能が決定的に不足していた、ということを各種実験データなどを使って、わかりやすく説明してくれていました。

部屋が寒いとなると、どうしても熱を室内に送り込む「暖房設備」そのものに目がいってしまいがちですが、建物の断熱・気密性能を向上させなければ、決して快適な室内環境は作れないし、暖房のエネルギー消費が垂れ流しとなってしまうということで、最優先で確保しなければならないのは、「建物そのものの性能」が大切ということ。

今現在も、日本においては、「建物そのものの性能」という考え方が普及していなく、住宅の価値を決めているものは、デザインや使っている素材、プランニングや立地の利便性などが優先されていることを懸念されています。

日本人の考え方の根底にあるのは、「快適な環境はゼイタクである」という固定観念で、高齢者を中心に依然根強く残っていますが、国民の健康増進や医療費低減の意味合いからも、「快適な室内環境の確保は義務」という発想の転換が求められているんですね。

記事にもあったように、断熱性能と気密性能を高めやすい構造で、さらに地震や火災などの災害にも強い構造も同様に重要ですので、今家を建てるならRC(鉄筋コンクリート)住宅がオススメです。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング ←お試しください。



家での凍死が急増とか。

東京で快適な住宅を建てるならRCdesign

雨のちくもりの東京です。

そんな今日は朝から資料作成、お問い合わせ対応、地盤調査会社さんと電話、渋谷区千駄ヶ谷計画検討、日野市計画検討、事務作業など。

午後からは文京区小石川計画検討、資料作成、その後世田谷区方面に、大原計画のお客様と打ち合わせ、施設見学など。夕方帰社後は書類作成、日野市計画検討、書類作成、成増計画検討、防災屋さんと電話、ミーティングなど。夜は地元で新年会出席。

寒い家での凍死が急増!? これでいいのか、日本の住宅

凍死と言えば冬の雪山での遭難を連想するが、日本で急増しているのは屋内での凍死だ。厚生労働省の「人口動態調査」によれば、2000年から2016年までの国内の凍死者は計1万6000人となり、熱中症のおよそ1.5倍に上っている(2016年単年の凍死者数は1093人)。救急搬送される患者の多くは、屋内で低体温症にかかった高齢者だ。
2019年2月6日 8時33分 HARBOR BUSINESS Online

なんということでしょう。

これが先進国で経済大国といわれる国の現状なんですね。

いつもお伝えしているように、とにかく日本人の情緒的な感情や情報操作による間違った認識が、住まいはこの程度で十分とか、快適な環境は贅沢なことで、もっと我慢をしなければいけない、という思い込みにつながっているように思います。

家の中で凍死するとは、想像すらされていないと思いますが、低体温症の場合も高齢者になればなるほど自覚しにくい傾向で、気づいたときには手遅れになるケースが多いそうです。

記事では、この背景には高齢者の増加や貧困層の拡大に加え、孤立して暮らす高齢者が増えたことで、重症化するまで発見されにくいといった理由もあるということです。

また、これもいつもお伝えしていますが、リビングが暖かくても、廊下やトイレなどに移動すると極端に寒くなるような家では、その温度差で血圧が急激に変動して意識を失うケースもあり、このヒートショックも含めて、このままでは家の寒さが原因で健康を害する人の数は減らせません。

先日も書きましたが、日本にはこれまで住宅に断熱基準の義務付けは無く、ほぼ無断熱の住宅を販売しても許されていましたが、ようやく国でも制度として断熱基準を定める方向で議論を進め、2020年には義務化をすることが決まっていたんです。

しかし、昨年の12月に行われた国交省の審議会で、一転して義務化が見送られる方針が打ち出されてしまい、今後も健康面のリスクだけでなく省エネや地球温暖化対策にも逆行する国として、海外からも認識されることとなりました。

このままでは、国民の生命を守ることの出来ない家が増えるだけです。ドイツなどのように寒くない環境で過ごすことが当然の権利として認識し、国民が自ら寒い家は自分たちの人権に関わる問題として、対策をしていかなくてはいけません。

住まいづくりを考えたら、耐震性と耐火性、その上で断熱性と気密性を是非お求めください。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング  ←こちらの応援も是非。



寒い家と高齢者の病とか。

ブログネタ
RC住宅を建てよう! に参加中!
東京で安全な住まいを建てるならRCdesign

曇りのち雨の東京です。

そんな今日は朝から板橋区板橋3丁目計画検討、土地家屋調査士さん来社、世田谷区砧計画検討、大工さんと電話、サッシ屋さん来社打ち合わせ、お問い合わせ対応、図面作成、提携会社さんと電話など。

午後は信用金庫さん来社、小金井東町計画検討、図面作成、金融機関へ、帰社後は台東区日本堤計画検討、電気屋さんと電話、練馬区田柄計画のお客様とお電話、ガス会社さんと電話、ご近所のお客様とお電話など。夕方は渋谷区代々木上原計画検討、墨田区本所2丁目計画検討、ミーティングなど。

この季節の雨は本当に冷たいんですが、そんな中でがんばっている弊社スタッフは凄いと思います。

ではこちら。

風呂場で死ぬ人の数は交通事故死の4倍! 寒い家が引き起こす高齢者の病

十分な断熱対策がなされていない住宅が全体の7割にも上る日本。風呂場で溺死する人の数は1万9000人と、なんと交通事故死の4倍にもなる。その多くは高齢者。一気に寒暖の差にさらされることで、心筋梗塞や脳卒中を引き起こすのだ。そのほかにも、“寒い家”は高齢者の健康に大きな害を及ぼしていることが分かってきた。(ダイヤモンド・オンライン編集部 津本朋子)

毎年、酷暑の季節には熱中症でお年寄りが亡くなるという、痛ましいニュースに触れる。しかし、真夏だけが危険なわけではない。むしろ、家庭内での事故死という観点で見れば、冬を中心に起こる風呂場での溺死事故の方がはるかに多い。冷えきった体をいきなり熱い風呂に沈めることによって、急激な寒暖の差にさらされ、心筋梗塞や脳卒中を引き起こしてしまうのだ。
2014年12月4日 8時0分 ダイヤモンド・オンライン

なるほど。

縁起でも無い話題と言われれば、確かにそうなんですけど、現状はそれどころではない状況なんですね。

外出する際には、もちろん老若男女が交通事故に注意しましょう、ということを意識するでしょう。しかし、家の中で実際の犠牲者がこれだけの数にもかかわらず、国としては何ら注意喚起をするわけでもなく、時間が過ぎてしまったように思います。

資料によると、1970年頃は交通事故で年間で1万6765人(1年以内死者数では約2万2千人)が死亡し、史上最悪の年となったとありますので、そこからすると警察の取り締まり強化などにより、2012年の交通事故死が4411人にまで減少したのは凄いことです。

交通事故を減少させた要因は、飲酒運転の(厳罰化による)減少、シートベルト着用率の向上、最高速度超過違反の減少、運転マナーの全体的な向上、対歩行者衝突安全の向上、救急医療技術の進化、車両の安全性の向上などが主なところのようです。

一方で今回の記事にもあるように、家の中での事故対策は思いのほか進んでいないません。

近年になってようやく、今回の記事のように取り上げられるようになり、こうした寒暖差による健康被害は「ヒートショック現象」と名付けられました。

しかし、危険なのはお風呂場だけではありません。トイレや廊下、さらには断熱性能の低い住宅だと、就寝中に暖房をつけていない場合の冷えきった朝の寝室など、気温が低いエリアは家の中の至るところにあります。 

そこで、家の中での事故を少なくするために、早急に対応しなければいけませんが、とにかくまずは日本人の住まいに対する意識を変えなければいけないと思います。

有史以来、日本では夏を基準に家づくりをしてきたということがあります。さらに人命よりも家の延命を重視してきたということもあり、寿命の短い時代が続いていました。

近代になり、医療技術の発展や食生活の安定などにより、世界でもトップの平均寿命になっているわけですが、だからこのままで良いということにはなりません。

家の中をより安全に、より快適にすることを考えなければいけないんです。そのためにはまず家の断熱性能を上げなければいけないんですね。

部屋単位や部位単位の暖房ではなく、家全体を極力温度差が無いようにすることが必要です。

断熱性能と気密性能が上がれば、安全性と快適性が向上するのはもちろん、省エネにも大変有効ですので、地球環境とお財布環境にも非常にやさしい家になります。

家は冬を基準に考えると、夏も快適になります。どうか安全な家に暮らしてください。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキングへ       ←応援のクリックをどうかひとつ!



プロフィール

井上社長

RCdesign のご紹介
スペースの都合で小さい画面になっております。お手数ですが、全画面でご覧ください。
おすすめ
お知らせ
現在リクルート発刊
の『東京の注文住宅』
に弊社が掲載されてい
ます。もう買って頂け
ましたか?
書店で380円ですの
で、是非ご覧になって
下さいね。



専門家を探せる、相談
できるALL About プロ
ファイルに出展してます


全国工務店ブログ広場

一日一度のクリックを
ありがとうございます!
にほんブログ村 住まいブログへ


住まいランキング

ブログランキング

友だち追加

livedoor 天気
QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
住まいづくりの秘訣       無料メールセミナー
住まいづくりをお考えの方が後悔する前に知っておくべき内容を書き下ろしました。失敗しない住まいづくりノウハウを是非お受け取りください。
お名前 ※
E-Mail ※
都道府県 ※

RCdesign公式facebook
ブログ内記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ