住まいはRC(鉄筋コンクリート)にしなさい!

東京で家を建てるならRC(鉄筋コンクリート)住宅。 (株)RCdesign(アールシーデザイン)社長の日記です。

小惑星

いつもありがとうございます。ご愛顧感謝申し上げます。こだわりの一戸建て住宅や2世帯住宅、賃貸併用住宅の安定経営など、住まいに関するノウハウを株式会社RCdesignの代表井上がお届けいたします。

第2の月現るとか。

残す家を建てるならRCdesign

晴れの東京はちょっと寒いです。

そんな今日は朝から電気屋さんと電話、高田馬場のお客様とお電話、下目黒計画のお客様とお電話、来客面談、お問い合わせ対応など。

午後は渋谷区計画検討、書類作成、ガス会社さんと電話、お客様とお電話、賃貸管理業務、お問い合わせ対応、荒川区西日暮里計画のお客様とお電話など。夕方は渋谷区桜丘計画検討、書類作成、社内ミーティング、原稿作成など。

今日のお月様は切れ長で素敵でした。

ではこちら。

地球に「第2の月」見つかる 小惑星が3年ほど周回中

地球の周りを回っている「第2の月」が見つかった。

小惑星や彗星(すいせい)を捜索している米アリゾナ大のカタリナ・スカイ・サーベイが発見し、国際天文学連合が25日に発表した。

直径2〜3メートルの小惑星が地球の重力に捕まり、3年ほど前から地球を回る衛星になっていたらしい。
2020年2月27日 19時0分 朝日新聞デジタル

なるほど。

これはまた夢の広がるニュースではないでしょうか。

今度はうさぎではなく、ネズミが住んでいるのか、人が観光に行くようになるのか、第二月食とかは観察出来るのか、いろんな想像をしてしまいます。

記事によれば、この「ミニムーン」は今月15日、アリゾナ州レモン山にある口径1・5メートルの望遠鏡が発見したということで、これは探査機「はやぶさ2」が着陸した「リュウグウ」と同じC型というタイプの小惑星に分類されるそうですが、なんと有機物や水を豊富に含むと考えられるとか。

これは是非自分の目でも確認したいと思ったんですけど、直径が2、3メートルということでは、さすがに地球から裸眼で観察することは難しそうですね。

まあそんな小ささだったからこそ、たまたま地球の軌道付近を飛んでいた小惑星が、地球の重力に引き込まれて、一時的に地球の衛星になったらしいです。

その衛星が第2の月と言われたものの、小さいため20等級ほどと呼ばれる明るさだそうですが、それでも「2020 CD3」という名前が付けられたそうです。

ただ残念なことに、軌道が極めて不安定で、数カ月後には再び遠くへ飛んで行ってしまうとみられるということですので、一期一会のこのタイミングを記憶に残しておきたいと思います。

記憶に残る住まいなら、RC住宅がオススメです。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング ←ご声援お待ちしております。



小惑星から守るために。

強い住まいを建てるならRCdesign

夏真っ盛りの東京です。

そんな今日は朝からリフォーム計画検討、塗装屋さんと打ち合わせ、若木計画検討、大工さん電話、商社さんと電話、ガス会社さん来社、板橋区成増計画検討、見積もり作成など。

午後は資材メーカーさん来社打ち合わせ、練馬区東大泉計画検討、見積もり作成、日野市計画検討、資料作成、お問い合わせ対応など。夕方は出版社さんと電話、久喜計画検討、書類作成、ミーティングなど。

あっ!気づけば8月になっていましたね。ボーッとしていました。

ではこちら。

地球を小惑星の衝突から護ってる人たちの話

もうちょっとで『君の名は。』事態になっていたかも…。

つい先週、日本時間の7月25日午前に、地球と小惑星がニアミスしていたことが判明し、世界中が驚愕しています。

The Washington Postによれば、科学者たちの盲点を突いていきなり現れた小惑星『2019 OK』は直径57〜130メートルのいびつな形をしており、地球から73,000キロメートル(およそ月までの距離の5分の1)の距離にまで迫ったそうです。専門家の話では、もしも地球に落下していたら、巨大な原子爆弾のごとく街をまるごと消滅させていただろうとのこと。
2019年8月2日 12時30分 ギズモード・ジャパン

なるほど。

ほんと、先日のニアミスにはビックリしましたね。

しかも多くの研究者さん達の目をすり抜けて、いきなり現れた格好になったというところも、まだまだ人間の知るところは限られていると思い知らされました。

記事にもあったように、もし地球と衝突してしまうようなことがあれば、その被害は街を消滅させるくらいの規模ということですので、とても恐ろしい限りです。

そこで気になるのは、今回のような事がもっと早く認識することが出来なかったのか、またもし万が一の時には、どのような対処方法が考えられているのかということ。

ヒーロー戦隊や地球防衛軍がすでに用意されているなら、少しは安心出来るかもしれませんが、現状の
地球では、まだそこまでの体制は出来ていませんからね。

しかし、記事によれば地球を小惑星との衝突から護るべく、昼夜研究に勤しんでいるヒーローたちがいるということですので、頼もしいです。

なんでも人類滅亡の危機にさらされるシナリオが数多く存在する中で、小惑星との衝突、核戦争、気候変動、未知のウィルスの出現などが考えられますが、その中でも小惑星との衝突はもっとも研究と対策が進んでいるのではないかと、書かれていました。

実際にアメリカ政府をはじめとした世界中の科学者たちは、日々小惑星の脅威と真剣に向き合ってくれているそうで、今年の春には米NASAやFEMA(米連邦緊急事態管理庁)、ほか各国の宇宙開発局が合同で地球に小惑星が衝突する事態を想定して、予行演習を行なったそうです。

さらに小惑星の脅威から地球を護る事業は、数百万ドル規模の予算が投じられて国際規模に成長しているそうで、アメリカの場合はNASAが中心となって新たな小惑星を捜索したり、もし差し迫った危険があればその情報を政府、メディアと一般市民に共有する仕事を担っているということ。

どのように衝突のインパクトを防ぐか、また隕石が地球と衝突しそうな場合にどのように対処するかなども研究してくれているそうですので、ちょっと安心しました。

そのほかにもヨーロッパのESA、日本のJAXA、ロシアのRoscosmosなど、世界中の宇宙機関がそれぞれ観測し、研究するプロジェクトを運営しているということです。

実際、現時点で知られている上では、地球をおびやかすような小惑星は存在しないそうですし、地球近傍天体研究センターのデータベース上に載っている小惑星は、すべて今後188年間は地球に衝突しないという分析結果が出ています。

でも本当に心配すべきは、いまだ登録されていなかったり、発見すらされていない小惑星がたくさんあるということ。

各国の懸命な努力にもかかわらず、およそ25,000個と言われている小惑星のうち、まだ3分の1しか登録されていないというのが実状なんだそうです。

やはり少しでも早く、地球上の平和を実現し、地球防衛軍を結成することが必要かもしれません。

それまでに出来ることは、とにかく強い建物を残しておくことだと思います。ご興味をお持ち頂けたら、明日の完成内覧会に足を運んでみては如何でしょうか。もし急に行けることになったという場合は、LINE、フェイスブック、ツイッターなどでお問い合わせ頂ければ、ご案内出来ます。



そして明日はいたばし花火大会が予定されています。こちらも是非足を運んでみてください。



それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング ←お力添えを是非!



プロフィール

井上社長

RCdesign のご紹介
スペースの都合で小さい画面になっております。お手数ですが、全画面でご覧ください。
おすすめ
お知らせ
現在リクルート発刊
の『東京の注文住宅』
に弊社が掲載されてい
ます。もう買って頂け
ましたか?
書店で380円ですの
で、是非ご覧になって
下さいね。



専門家を探せる、相談
できるALL About プロ
ファイルに出展してます


全国工務店ブログ広場

一日一度のクリックを
ありがとうございます!
にほんブログ村 住まいブログへ


住まいランキング

ブログランキング

友だち追加

livedoor 天気
QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
住まいづくりの秘訣       無料メールセミナー
住まいづくりをお考えの方が後悔する前に知っておくべき内容を書き下ろしました。失敗しない住まいづくりノウハウを是非お受け取りください。
お名前 ※
E-Mail ※
都道府県 ※

RCdesign公式facebook
ブログ内記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ