住まいはRC(鉄筋コンクリート)にしなさい!

東京で家を建てるならRC(鉄筋コンクリート)住宅。 (株)RCdesign(アールシーデザイン)社長の日記です。

建物

いつもありがとうございます。ご愛顧感謝申し上げます。こだわりの一戸建て住宅や2世帯住宅、賃貸併用住宅の安定経営など、住まいに関するノウハウを株式会社RCdesignの代表井上がお届けいたします。

-60℃南極昭和基地の建物とは。

東京で寒さに強い家を建てるならRCdesign

晴れても寒い東京です。

そんな今日は朝から社内ミーティング、その後お問合せ対応、都市銀行さん来社打ち合わせ、文京区根津計画検討、図面作成、板橋区双葉町計画のお客様とお電話、文京区大塚計画検討、見積作成、業者さんと電話、練馬区平和台計画検討など。

午後からは資料作成、その後池袋方面へ、帰社後は水道屋さんと電話、行政機関と電話、大田区仲池上計画検討、お問合せ対応、書類作成など。夕方は埼玉県久喜計画検討、資料作成、お問い合わせ対応、ミーティングなど。

ここ数日ではマシに感じましたが、東京都心では今朝も氷点下の冷え込みで、8日連続の冬日となってこれは1984年以来、34年ぶりだそうです。

ではこちら。

南極昭和基地、マイナス60℃以下に耐える建物とは?

1月29日は「昭和基地設営記念日」です。日本の第1次南極観測隊(永田武隊長)が南極の東オングル島に上陸した1957年1月29日、そこを「昭和基地」と命名したからです。実際に昭和基地の建設が始まったのは同年の2月1日。当時の南極観測船「宗谷」が2月15日に離岸するまでに4棟を建設し、そこで11名が越冬(約1年間滞在)しました。昭和基地はその後年々拡張していきます。

短期間で建設するプレハブ工法
昭和基地の最初の4棟を半月で建設できたのはプレハブ工法を採用したからです。建築資材をあらかじめ工場で製作し、建築現場で建物として組み立てる工法です。
2018年1月29日 10時55分 ウェザーニュース

なるほど。

今シーズンの冬は本当に寒さが身にしみる感じがしますが、それは私の加齢が原因ばかりではないと思います。

積雪もそうですし、冷え込みにしても数々の記録を更新していることからも、地球規模での気候変動が進んでいるように思います。

そんな中では、きっと今まで以上に建物の性能に目を向けて頂けるのではないかと思いますが、記事では南極昭和基地の建物に注目していましたので、参考になる部分があると思います。

ちょうど今日が「昭和基地設営記念日」ということのようですが、これをご存じだった方は少ないのではないでしょうか。

この昭和基地が建設されている環境は、想像を超えるような過酷なものですが、当初設定されていた条件が記事に書かれていました。

それは厳冬期の最低気温-60℃以下、風速80m/sのブリザードも珍しくない過酷な自然条件下でも安全で快適な建物であること。次に、建設機械がないため、人力によって建築の素人である隊員が建設できること。さらに、輸送の問題から、部材の大きさ・重さに制限があること。そして建設期間は最大1ヵ月というものでした。

この厳しい条件の中で、かろうじて適合てきたのが、数あるハウスメーカーの中でミサワホームが提案した木質パネル構造による組立式建物だったそうです。

今でも昭和基地の建設に協力しているのはミサワホームで、約50年前の1967年から関わっていることになりますが、戦後の住宅不足の中で必要とされた技術が役に立っているようです。

記事に書かれていた当時の要請として面白いのは、パネルをつなぐのは釘ではなくコネクターで、分厚い手袋のままハンマー1本で作業ができるということ。これですぐれた断熱性・気密性、何よりも重要な施工性が評価されたそうです。

また、南極で木造なの?と驚かれることも多いそうですが、鉄では熱伝導が高いため、表面温度が下がりやすい寒い日は人が触ったとたん手がくっついて取れなくなったり、また、気温によって伸縮する鉄は南極に持っていくとサイズが変わって組み立てが難しくなってしまうそうです。

南極では地震の心配も無いでしょうし、もちろん高温多湿といった環境にはなりませんので、シロアリなどの被害が無く、腐る心配も考えずに済みそうですね。

実はこの南極昭和基地の建物に使われている断熱材が、EPSという材料で、弊社でも採用しているものなんですが、断熱性能はもちろん高いんですけど、最も優れているのは経年劣化が極め少ないということなんです。

他の断熱材では、湿気や重力、紫外線などによってその性能が極端に低下してしまうものもありますので、断熱材の耐久性というものも、建物を考える時には実は重要な要素なんですね。

記事の中で南極越冬隊員の方が次のように言われていましたのは、参考になります。
「建物の寒さ対策は、北海道など寒冷地仕様の断熱性を少し上げたくらいで十分です。外が-60℃の寒さでも、不凍液を循環させる床暖房を各部屋に導入すれば快適な室温を保つことができますから。それより重要なのがすきま風が入らない気密性で、窓を三重サッシにするなど気密性を高くしているため、外はブリザードの轟音が鳴り響いていても室内は静かです」ということ。

建物では気密性能も相当に重要ということがよくわかる記事ですが、多くの部品を組み立てるものよりも、建物全体をひとつの部品に出来れば、限りなくスキマを減らすことが出来ます。

益々寒くなる日本では、断熱性と気密性の高い住宅がより必要になる、ということがよくわかる記事でしたね。

しかし日本は極寒の時だけではなく、高温多湿の夏があり、地震や台風の自然災害、都市部の火災にも対応する必要がありますので、それらの条件を満たす建物となると、RC(鉄筋コンクリート)住宅が一番適していると思います。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキングへ       ←今年もどうぞよろしく!



被爆建物の保存が急務とか。

ブログネタ
RC住宅を建てよう! に参加中!
東京でRC住宅を建てるならRCdesign

初夏の陽気な東京です。

そんな今日は朝から社内ミーティング、葛飾区小菅の業者さんと電話、ご近所の現場にて大工さん、セキュリティー屋さんと打ち合わせ、信用金庫さん来社、都市銀行さんと電話、板橋区徳丸計画検討、世田谷区奥沢計画検討、鉄道会社さんと電話など。

午後は練馬区高野台計画検討、図面作成、中野区中央計画のお客様とお電話、ありがとうございます。サッシ屋さんと電話、ご近所のお客様とご連絡、現場視察など。夕方は板橋区板橋3丁目計画検討、ミーティングなど。

北海道でも30度を超えたところもあるとか。夜になっても暑いくらいです。

ではこちら。

被爆建物:広島・長崎登録の2割解体 老朽化、保存策急務

広島、長崎両市に投下された原爆による倒壊を免れ、被爆建物として登録された建造物のうち、約2割に当たる30件が解体されたことが、両市への取材で分かった。5日で完成から100年になった世界遺産・原爆ドームは広島市が耐震化などを進めているが、被爆から70年がたつ登録建物の多くは老朽化や維持費用の問題が深刻で、広島市は改修費などを補助する制度の見直しを始めた。原爆の惨禍を伝えていく被爆建物の保存・活用策が改めて問われている。

広島市は1993年から、長崎市も98年から爆心地からおおむね5キロ以内で被爆した建物を登録し、保存する事業を開始した。爆心地近くは鉄筋コンクリートなど堅牢(けんろう)な建物が目立ち、遠くなると寺社など木造建築もある。両市とも登録した建物の所有者に対し、保存・改修費用の4分の3(上限3000万円)を補助している。
毎日新聞 2015年04月05日 08時00分(最終更新 04月05日 21時42分)

なるほど。

今年は戦後70年ということで、首相の発言にも注目が集まっているようですが、何年経っても伝えていかなくてはいけないのが、戦争というものの恐ろしさです。

被爆したにも関わらず、倒壊しなかった建物でもそこから70年も経てば、それなりに老朽化や風化が進んでしまっていると思います。

聞くところによると、広島市に登録されている被爆建物は、爆心地から5キロ圏内では86カ所が認定されているそうですが、原爆ドームなど市所有のものは14カ所、その他は民間所有ということですので、この貴重な資料を保存していくのも、大変難しいことかもしれません。

そこで、記事にもあるように広島市としては、民間所有の建物について、建物を使い続けたり残したりするための改修や補修にかかる費用の4分の3(上限3千万円)を補助しているものの、それでもやはり資金面の負担から解体を選択する民間所有者も増えているということでしょうか。

当初登録されたもののうち、すでに2割が解体されてしまっているのは非常に残念なことですが、民間の所有物であれば、致し方ない部分もあるかもしれません。

今の時代ですから、より効率的な不動産活用を考える人もいるでしょうし、老朽化が進んでしまったら、倒壊の危険性も出て来ますので、そうなると早めの対応ということになるでしょう。

建物が何かを語ることは無いかもしれませんが、原爆ドームをはじめとする被爆建物には、人に何かを伝える力が十分あるものですので、ここは国としても買い取りを検討するなど、もっと真剣に保存し続けることを考えなくてはいけませんね。

それにして、原爆ドーム自体は完成から100年ということですから、これからの取り扱いには、やはり手間とコストが必要になってくるでしょう。調べによるとこの建物は一部鉄骨を使用しているものの、基本は煉瓦造で、石材とモルタルで外装が作られ、内壁の大半は漆喰壁であったと考えられています。

この建物が奇跡的に残ったのは、原爆がほぼ真上で爆発したことで、横からの爆風を受けなかったことがその理由とされていますが、さすがにその後の長い期間、厳しい日本の自然環境にさらされていたのですから、その傷み具合も相当です。

原爆ドームの他にも現存する被爆建物には、RC(鉄筋コンクリート)の建物が多いのですが、それでもこれから先の人達に残すことを考えたら、今からしっかりと対策をして欲しいところです。

戦争、原爆、核、のもたらすものを、後世にしっかりと伝えなければいけませんね。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキングへ  ← 応援のクリックを是非!



家のメンテナンス費用は?

ブログネタ
RC住宅を建てよう! に参加中!
東京でメンテナンスが楽な家を建てるならRCdesign

晴れのち曇りの涼しい東京です。

そんな今日は朝から社内ミーティング、豊島区長崎のOBオーナー様とお電話、渋谷区東計画のお客様とお電話、ありがとうございます。目白のお客様とお電話あ、資材メーカーさんと電話、図面作成、都市銀行さん来社、北区西ヶ原計画検討、資料作成など。

午後は不動産会社さんと電話、小金井計画検討、金融機関 へ、帰社後は原稿作成、渋谷区神宮前計画検討、鉄筋屋さんと電話、資料作成、渋谷の不動産会社さんと電話、神宮前でご検討のお客様にご来社頂きました。ありがとうございます。東計画検討、大工さんと電話など。夕方は資料作成、坂下のOBオーナー様とお電話、その後板橋区赤塚新町のお客様宅訪問、打ち合わせなど。

今日も予想ほど暖かくはなりませんでしたね。暖かくしてお過ごしください。

ではこちら。

家の外壁にこびりついた黒ずみやカビ、掃除すると費用はいくら?

普段掃除をしない場所のひとつに家の外壁がある。長年の風雨にさらされると全体が黒ずみ、しかも雨垂れ跡などがあると、建物そのものが古びて傷んでいるようにも見えるので、気になっている人もいるのではないだろうか。

こうした黒ずみの正体は、排ガスなどが付着した酸性雨の水垢やカビ、コケなどがほとんどなのだそう。なので、高圧洗浄機などを使用すれば落ちるそうだが、高い場所は素人には危ない。こういうときこそ、プロの手を借りたいところだ。 
SUUMOジャーナル2013年10月20日01時12分

なるほど。

一戸建ての住宅にお住まいの方や、これから一戸建てに住み替えをお考えの方には、メンテナンス費用も気になるところだと思います。

記事にあるように、汚れの洗浄ということだけなら、業務用高圧洗浄機での作業もその効果は期待出来ますが、通常ですと同じタイミングで窓まわりの樹脂シーリングや防水なども寿命を迎えている場合がありますので、同時に施工される方がお得だと思います。

一般的な延べ床面積30坪の3階建ての場合、外壁の面積が200崢度のはずですので、洗浄だけなら20万円弱、外壁の再塗装までだと100万円弱くらいは予算を見ておいた方が良いと思います。

もちろん足場の設置が必要な場合は、別途費用が必要ですし、同時にシーリングの打ち替えや、屋根の防水も含めると、200万円程度がおおよそ15年毎に必要になります。

ということは、毎月1万円程度は修繕費の積み立てをしておくと安心ですね。

一見結構なコストに思われるかもしれませんが、マンションに比べると負担は少ないと思いますし、建築物も車やパソコンなどと同じように消耗されたり、劣化していくものですので、より長く安心してご利用頂くためにも、適切なメンテナンスを行っていただきたいものです。

弊社の建物で標準としているコンクリート打ち放し仕上げも、最近は光触媒の施工までが可能になりましたので、以前のような黒ずみや藻が付いたりすることもなく、美しい状態を保つことが可能になりました。

お客様の中には、打ち放しと言うと以前からのイメージのままの方も多く、ちょっと残念な印象を持たれていることもありますので、是非一度最新のコンクリート打ち放し仕上げをご覧頂けると良いと思います。

もちろん、コンクリートには打ち放しだけではなく、タイルやレンガ、塗装や左官による多種多様な仕上げが可能ですので、お好みによって仕上げることが可能です。

住まいを選ぶには、このランニングコストや寿命による建て替え費用まで含めた、ライフサイクルコストで比較検討するようにしましょう。

おそらくRC(鉄筋コンクリート)住宅が有利だと思います。

  ←クリックが大変嬉しく存じます。
人気ブログランキングへ



プロフィール

井上社長

RCdesign のご紹介
スペースの都合で小さい画面になっております。お手数ですが、全画面でご覧ください。
twitter
brogram

おすすめ
お知らせ
現在リクルート発刊
の『東京の注文住宅』
に弊社が掲載されてい
ます。もう買って頂け
ましたか?
書店で380円ですの
で、是非ご覧になって
下さいね。



専門家を探せる、相談
できるALL About プロ
ファイルに出展してます


全国工務店ブログ広場



一日一度のクリックを
ありがとうございます!
にほんブログ村 住まいブログへ

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン

ブログランキング
livedoor 天気
QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
Amazon




住まいづくりの秘訣       無料メールセミナー
住まいづくりをお考えの方が後悔する前に知っておくべき内容を書き下ろしました。失敗しない住まいづくりノウハウを是非お受け取りください。
お名前 ※
E-Mail ※
都道府県 ※

RCdesign公式facebook
ブログ内記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
チーム・マイナス6%