住まいはRC(鉄筋コンクリート)にしなさい!

東京で家を建てるならRC(鉄筋コンクリート)住宅。 (株)RCdesign(アールシーデザイン)社長の日記です。

強い家

いつもありがとうございます。ご愛顧感謝申し上げます。こだわりの一戸建て住宅や2世帯住宅、賃貸併用住宅の安定経営など、住まいに関するノウハウを株式会社RCdesignの代表井上がお届けいたします。

風速15mで眠れなくなるとか。

風と音に強い家を建てるならRCdesign

晴れて暖かな東京です。

そんな今日は朝から社内ミーティング、地盤調査会社さんと電話、提携会社さんと電話、渋谷区西原計画検討、豊島区南池袋計画検討、見積作成、お問い合わせ対応など。

午後は見積作成、渋谷計画検討、大田区仲池上計画検討、お問い合わせ対応、資料作成、世田谷区大原計画検討など。夕方は日野市計画検討、図面作成、電気屋さん来社打ち合わせ、日野市計画のお客様とお電話、ミーティングなど。

明日は寒いらしいですよ。

ではこちら。

風速15m/s以上継続で“眠れない”人が続出 台風15号ビッグデータ分析

台風15号の直撃を受けた関東南部では、9月8日(日)夜から9日(月)朝にかけて、停電や倒木など暴風被害が広範囲で発生するほどの猛烈な風が吹き荒れました。合わせて、当日は「暴風の音で眠れない」という声が多く聞かれました。

そこで、ウェザーニュースでは、天気アプリ「ウェザーニュース」を通じて、当日の睡眠に関する臨時調査を実施。「台風が直撃していた8日(日)夜〜9日(月)朝は、眠れましたか?」と質問し、“普段通り眠れた”、“全然眠れなかった”、“時々目が覚めた”の3択で回答をいただきました。

その結果、10日(火)から11日(水)までに7,752通の回答が寄せられました。眠れなかった人の割合は、千葉県が最も多く86%で、次いで神奈川県78%、茨城県71.0%、東京都70%となりました。関東南部と茨城県では、7割以上の方が眠れない夜を過ごしていたことがわかります。
2019年9月17日 19時30分 ウェザーニュース

なるほど。

いまだに復旧の見通しが立たず、大変な思いをされている方もいらっしゃいますので、お見舞いを申し上げると共に、1日も早い回復をお祈りしております。

今回の台風15号では、千葉県を中心に大きな被害となってしまいましたが、夜間の上陸ということもあって、眠れない夜を過ごされた方も多かったようです。

やはりあれだけの強風ですと、風そのものの音はもちろんのこと、木々を揺らす音や、風切り音、物が飛ばされて転がる音など、様々な音が発生してしまいますので、総合的にかなりの音量になっていたのではないでしょうか。

さらに、これらの音から連想される被害などを思えば、一層眠れなくなっても当然です。

記事にあった分析の結果では、“全然眠れなかった”という回答が多かったエリアでは、8日(日)夜〜9日(月)朝にかけて、おおよそ風速15m/s以上の風が継続していたそうです。

また特に沿岸部では、最大瞬間風速25m/s以上の風が合わせて3時間以上観測されていたそうで、瞬間的に強く吹く風に加え、長時間にわたる強風・暴風による騒音と恐怖心が継続し、眠りを妨げていたことに間違いなさそうです。

鉄筋コンクリート造のマンションやRC住宅にお住まいの方なら、多少の音は聞こてるものの、気持ち的な安心感という点では、何ら不安を感じることは無かったのではないでしょうか。

いまだに木造家屋の復旧は進んでおりませんし、現状の職人さん不足を考えると、まだまだ時間がかかりそうですが、台風シーズンは10月まで続きますし、秋の台風は日本へ接近・上陸する台風だと通過するスピードが速く、雨だけでなく風による被害も大きくなることが多くなるそうです。

当面の応急処置と共に、より強固な補強や対策を行いながら、引き続きの注意が必要です。

すでに被害に遭われている地域には、台風が近づかないことを祈るばかりですが、関東地域でも沖縄を見習って、台風に強い家を建てる必要があると思います。

風にも強く音にも強い家なら、RC(鉄筋コンクリート)住宅がオススメです。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング ←お力添えを是非!



小惑星から守るために。

強い住まいを建てるならRCdesign

夏真っ盛りの東京です。

そんな今日は朝からリフォーム計画検討、塗装屋さんと打ち合わせ、若木計画検討、大工さん電話、商社さんと電話、ガス会社さん来社、板橋区成増計画検討、見積もり作成など。

午後は資材メーカーさん来社打ち合わせ、練馬区東大泉計画検討、見積もり作成、日野市計画検討、資料作成、お問い合わせ対応など。夕方は出版社さんと電話、久喜計画検討、書類作成、ミーティングなど。

あっ!気づけば8月になっていましたね。ボーッとしていました。

ではこちら。

地球を小惑星の衝突から護ってる人たちの話

もうちょっとで『君の名は。』事態になっていたかも…。

つい先週、日本時間の7月25日午前に、地球と小惑星がニアミスしていたことが判明し、世界中が驚愕しています。

The Washington Postによれば、科学者たちの盲点を突いていきなり現れた小惑星『2019 OK』は直径57〜130メートルのいびつな形をしており、地球から73,000キロメートル(およそ月までの距離の5分の1)の距離にまで迫ったそうです。専門家の話では、もしも地球に落下していたら、巨大な原子爆弾のごとく街をまるごと消滅させていただろうとのこと。
2019年8月2日 12時30分 ギズモード・ジャパン

なるほど。

ほんと、先日のニアミスにはビックリしましたね。

しかも多くの研究者さん達の目をすり抜けて、いきなり現れた格好になったというところも、まだまだ人間の知るところは限られていると思い知らされました。

記事にもあったように、もし地球と衝突してしまうようなことがあれば、その被害は街を消滅させるくらいの規模ということですので、とても恐ろしい限りです。

そこで気になるのは、今回のような事がもっと早く認識することが出来なかったのか、またもし万が一の時には、どのような対処方法が考えられているのかということ。

ヒーロー戦隊や地球防衛軍がすでに用意されているなら、少しは安心出来るかもしれませんが、現状の
地球では、まだそこまでの体制は出来ていませんからね。

しかし、記事によれば地球を小惑星との衝突から護るべく、昼夜研究に勤しんでいるヒーローたちがいるということですので、頼もしいです。

なんでも人類滅亡の危機にさらされるシナリオが数多く存在する中で、小惑星との衝突、核戦争、気候変動、未知のウィルスの出現などが考えられますが、その中でも小惑星との衝突はもっとも研究と対策が進んでいるのではないかと、書かれていました。

実際にアメリカ政府をはじめとした世界中の科学者たちは、日々小惑星の脅威と真剣に向き合ってくれているそうで、今年の春には米NASAやFEMA(米連邦緊急事態管理庁)、ほか各国の宇宙開発局が合同で地球に小惑星が衝突する事態を想定して、予行演習を行なったそうです。

さらに小惑星の脅威から地球を護る事業は、数百万ドル規模の予算が投じられて国際規模に成長しているそうで、アメリカの場合はNASAが中心となって新たな小惑星を捜索したり、もし差し迫った危険があればその情報を政府、メディアと一般市民に共有する仕事を担っているということ。

どのように衝突のインパクトを防ぐか、また隕石が地球と衝突しそうな場合にどのように対処するかなども研究してくれているそうですので、ちょっと安心しました。

そのほかにもヨーロッパのESA、日本のJAXA、ロシアのRoscosmosなど、世界中の宇宙機関がそれぞれ観測し、研究するプロジェクトを運営しているということです。

実際、現時点で知られている上では、地球をおびやかすような小惑星は存在しないそうですし、地球近傍天体研究センターのデータベース上に載っている小惑星は、すべて今後188年間は地球に衝突しないという分析結果が出ています。

でも本当に心配すべきは、いまだ登録されていなかったり、発見すらされていない小惑星がたくさんあるということ。

各国の懸命な努力にもかかわらず、およそ25,000個と言われている小惑星のうち、まだ3分の1しか登録されていないというのが実状なんだそうです。

やはり少しでも早く、地球上の平和を実現し、地球防衛軍を結成することが必要かもしれません。

それまでに出来ることは、とにかく強い建物を残しておくことだと思います。ご興味をお持ち頂けたら、明日の完成内覧会に足を運んでみては如何でしょうか。もし急に行けることになったという場合は、LINE、フェイスブック、ツイッターなどでお問い合わせ頂ければ、ご案内出来ます。



そして明日はいたばし花火大会が予定されています。こちらも是非足を運んでみてください。



それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング ←お力添えを是非!



直下型地震に弱い住宅とは。

東京で強い家を建てるならRCdesign

くもり空の東京です。

そんな今日は朝から所沢市東所沢計画の現場へ、お日柄も良いこの日に無事お引き渡し式と建物の取り扱い説明をさせて頂きました。オーナー様には、大変お世話になり感謝申し上げます。引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

午後に帰社後は提携会社さんと電話、資材商社さんと電話、材料発注、町田市中町計画検討、設備屋さん来社打ち合わせ、板橋区小茂根計画検討、都市銀行さん来社打ち合わせ、システムチェックなど。夕方は見積作成、社内ミーティング、下目黒2丁目計画検討など。

夜になってから雨が降り始めて参りました。低気圧に鼻が反応しなければいいんですけど。

ではこちら。

直下型地震に弱い住宅とは 地震工学教授が現地を歩いて見たもの

二度にわたり大きな揺れが起こった九州・熊本大地震では、多くの建物が被害を受けた。地震工学の専門家である松田泰治・熊本大学教授と現地を訪ね、建物の被害状況を見た。

今回の震災では構造上、深刻な影響を受けたマンションがある。熊本市西区にある9階建てのマンションは、築42年で約40戸。住戸は2階以上にあり、駐車場の1階は開口部の多い「ピロティ構造」になっている。16日未明の本震では、1階の柱が重みに耐えきれず、駐車場が押しつぶされたため、建物全体がひしゃげて傾いている。

4階に住む男性(82)によると、本震からおよそ30分後、突然「ドーン」という轟音とともに、マンションが崩れ落ちたという。男性は向かいの空き地に避難していて無事だったが、車はマンションの下敷きになった。

「古い建物だけど、こんなふうに壊れるとは……」

壁の少ないピロティ構造の建物は、阪神・淡路大震災でも被害を受けた。福岡大学工学部建築学科の古賀一八教授は言う。
2016年4月27日 11時30分 dot.(ドット)

なるほど。

今回の記事では、地震工学の教授が熊本地震の現地で見解を示したもののようです。

地震工学を専門にされている教授さんいわく、直下型か海溝型か、地震の種類によって損傷しやすい建物は異なるということです。

これは直下型と海溝型では、揺れに含まれる成分に違いがあるということ。ですが、地震の揺れに成分があると言われても、なかなかピンときませんね、おおよそそれは周波数を示すものだと思います。

先日も長周期地震動について書かせていただきましたが、長周期の場合揺れの大きさによっては、震源地からより遠くまで届くという特徴もあります。

記事では、海溝型は比較的長周期の揺れの成分を多く含み、高い建物にダメージを与えやすいということですので、タワーマンションなどが大きく揺れるのも、海溝型の被害の特徴ということになります。

一方、直下型は、相対的に短周期の成分が強く、中低層の建物の損傷が大きくなるということです。

住宅に限って言えば、低層や中高層の建物が多いので、直下型の地震にも負けない対策が必要ということですね。

記事では建築学科の教授も書かれていましたが、「柱だけで水平方向の力を支えようとすると当然強度は落ちます。柱と梁(はり)の継ぎ目は特に弱い。垂直方向にも強い揺れが起きる直下型地震では、危険度が増す構造です」 と。

今回熊本地震の報道でご覧になった方も多いと思いますが、1階が柱だけで駐車場などになっていて、その上に共同住宅や事務所などが載っているタイプの構造。

その1階が潰れてしまっている状態の壊れ方が、柱と梁で構造物を支えるラーメン構造に多く見られました。

実はこの傾向は阪神・淡路大震災でも大きな問題になり、その後の建築基準法の改正にもつながりましたので、現在ではかなり作りにくくなっていると思います。

しかし、構造的にはなんら変わりなく、ラーメン構造である以上は変形や揺れというものが必ず発生してしまうものなんですね。

実は従来の木造家屋も構造的には同じ考え方ですので、直下型地震には必ずしも強いとは言えません。同じ木造でも2×4などの壁パネルで作られるものは、モノコック構造になりますので、変形や揺れに対して有利な構造と言えます。

そこでより直下型地震に強い建物を考えると、壁式鉄筋コンクリート(RC)造ということになります。

部材として確実な強度を確保でき、全体がモノコック構造として一体化させることができますので、極限まで変形をすることはありません。

ということから、弊社では壁式鉄筋コンクリート造の家づくりにこだわっていますので、直下型地震にも負けない、丈夫な家をお考えなら、是非お気軽にご相談ください。

それでは。

今日もありがとうございます。


  人気ブログランキングへ   ←クリックが嬉しいです!



大雪で屋根崩落事故とか。

ブログネタ
RC住宅を建てよう! に参加中!
東京で強い家を建てるならRCdesign

良い天気になった東京です。

そんな今日は朝からミーティング、板橋区弥生町計画検討、成増の不動産会社さんと電話、和光市のOBオーナー様とお電話、見積作成、関連会社社長と電話、渋谷区東計画検討、お問い合わせ対応など。

午後は資料作成、ガス会社さんと電話、大工さんと電話、セキュリティー会社さんと電話、葛飾区新小岩計画のお客様にご来社頂き打ち合わせ、ありがとうございます。電気屋さんと電話、渋谷区恵比寿2丁目計画検討など。夕方は北区西ヶ原計画検討、文京区本郷計画、書類作成、板橋区徳丸6丁目計画検討など。

2週連続の大雪に見舞われた東京ですが、被害はございませんでしょうか。今週も怪しい雲行きですので、引き続き天候には十分ご注意ください。

ではこちら。

大雪 首都圏、相次ぎ屋根崩落なぜ 建物「脆弱」雪想定せず

東日本を襲った今回の大雪では、屋根の崩落の被害が相次いだ。

 水分を含んだ重い雪による負荷が屋根にかかったとみられ、専門家は首都圏の雪に対する脆弱(ぜいじゃく)性も指摘している。政府は16日、原因や対策を緊急調査することを確認した。

 防災科学技術研究所雪氷(せっぴょう)防災研究センター(新潟県長岡市)によると、今回の雪は8日の乾いた雪とは違い、水分を含んだ重い雪になったという。

 海上自衛隊の航空機が置かれた神奈川県大和市の民間会社の格納庫の屋根が陥没。横浜市の東急こどもの国線こどもの国駅ではホームの屋根が40メートル崩れた。東急電鉄は「雨が降り、雪の重さが増した」としている。

 芝浦工業大名誉教授(建築学)の三井所(みいしょ)清典氏(75)は「雪国と違い首都圏に雪の負荷を考えた建物の基準などがないことも背景にある」と話す。雪国は条例で数メートルといった雪の荷重に耐える屋根の強度を求めている。

 埼玉県富士見市の市民総合体育館のメーンアリーナは屋根が約2千平方メートル崩落したが、市によると、屋根は鉄骨製で平成24年の定期点検では異常はなかった。崩落した15日は「個人開放デー」で、崩落の1時間後には多くの市民が訪れる予定だった。市職員は「もう少し遅かったら、人命に関わるところだった」と話した。
産経新聞 2014年02月17日08時05分

なるほど。

本当に人的被害が無くて良かったです。あと少しでも遅かったらと思うと血の気が引く思いです。

それにしても、今回の雪では、記事の件だけではなく、自転車置き場の屋根やカーポートの屋根、商店街のアーケードやガソリンスタンドの屋根など、多くの被害が出てしまいました。

一般的にはきっと、こんな少しの雪くらいで屋根が潰れてしまうなんて、と思われるかもしれません。しかしながら、今回は多くの雪が降った直後に、比較的多くの雨が降ったという点で、想定外の条件だったと言えます。

建築基準法では、もちろん屋根に積もる雪の荷重を計算することになっていますが、積雪量1cmごとに1平米につき2kg以上とすることになっていて、東京23区では積雪量30センチと見込むことになっています。

まあ東京23区で積雪30センチというのも滅多に無いことですし、今回もそこまではいってませんでした。仮に30センチ積もった時で、1平米あたり2kgですから、60kgが1平米ごとに乗っているということになり、この程度までを想定した構造計算をしているわけです。

ところが、今回は積雪20センチくらいのところに雨が降り、雪が雨を吸った状態になりました。まるでスポンジに水を含ませたような状態になった感じです。

ちなみに水は1平米に1cmの水深だと10kgの重さになりますので、20センチの深さですと200kgが1平米あたりの重さになってしまいます。たとえば水を含んだ雪が半分としても100kg前後の荷重だったことが想像出来ます。

通常の構造計算では、部材の強度などに相応の余裕を持たせて計算されているはずですが、それをも超えた想定外の荷重に達したか、もしくは設計そのものや施工に問題があった可能性もあるかもしれません。

いずれにしても、想定外が起こるのが自然ですし、すでに起こったことはきっとまた今後も起こる可能性があるでしょうから、ここはしっかりと正確な原因の追及をして、今後の建物に反映出来るようにしなければいけません。

さらに、雪国では当たり前の雪下ろしですが、首都圏でもその基準や習慣の見直しを検討する必要があるかもしれませんね。

それでも当面、より強くより安全な住まいをお探しなら、是非RC(鉄筋コンクリート)住宅をご検討ください。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキングへ ←今日もどうか応援のクリックを一つ。 



真冬にフィリピン台風被害とか。

ブログネタ
RC住宅を建てよう! に参加中!
東京で台風にも強い家を建てるならRCdesign

冬っぽい寒さの東京です。

そんな今日は朝から渋谷区東計画の現場へ、近隣住民さんと打ち合わせ、ブロック屋さんと打ち合わせ、大工さんと打ち合わせなど。帰社後は税理士さん来社打ち合わせなど。

午後は北区西ヶ原計画検討、お掃除屋さん来社打ち合わせ、その後新河岸のお客様宅訪問、現地調査など。塗装屋さんと打ち合わせ、帰社後は電気屋さんと電話、事務組合さんと電話、都市銀行さんと電話、小金井計画検討など。夕方はガス会社さんと電話、渋谷区東計画のお客様とお電話、ありがとうございます。タイル屋さんと電話、見積作成など。

真冬並みってかなり寒いです。お体ご自愛くださいませ。

ではこちら。

フィリピン台風被災地に広がる絶望感、食料支援進まず略奪も

[タクロバン(フィリピン) 11日 ロイター] -フィリピン中部を襲った猛烈な台風30号。被災からすでに4日が経過したが、道路が各地で寸断されているため救援活動は難航しており、食料を求める被災者の疲労の色が濃くなっている。

死者1万人と推計されるなか、国際協力NGO「CARE(ケア)」によると、12日朝の時点で救援隊が到着していない地域もある。

壊滅的な被害を受けたレイテ州タクロバン近郊の町に入ったケアのサンドラ・ブリング氏は11日、「被災者には絶望感が漂っている。当局者によると略奪も起きている」とブログで現場の状況を説明した。

タクロバンの住民らは台風による高波に襲われた恐怖を告白。自宅から数キロ流されたJean MaeAmandeさん(22)は、木にしがみつきボートから投げられたロープにつかまり生き延びた。「ボートがそこにいたことは奇跡だった」と振り返った。

アキノ大統領は国家非常事態を宣言。政府は略奪を防ぐため、タクロバンに兵士数百人を派遣した。またタクロバンでは、市や病院の職員が家族の救助を優先しており、混乱状態になっているという。

タクロバンから約10キロ離れたサマル州バセイも壊滅状態で、同州知事は約2000人が行方不明になっていると述べた。
ロイター 2013年11月12日08時41分

なるほど。

なかなか詳しい情報が伝わってこないのが歯がゆい感じもしますが、テレビのニュース番組で見る限りでも、相当酷い状況というのはわかります。

日本人にはまだまだ東日本大震災の記憶も新しいので、当時の記憶がよみがえった方もいらっしゃるのではないでしょうか。

欧米などの国々では、早々に救援や援助の申し出をしていたようですが、今こそ日本の経験や技術を役立てて欲しいと思います。

それにしても今回の台風30号では、なぜこれほど大きな被害が出てしまったのでしょうか。マスコミで書かれていた最大の理由としては、台風が生みだした大規模な高潮とのこと。

この台風30号は中心気圧が895ヘクト・パスカルと非常に低いかったそうで、米航空宇宙局(NASA)によると、90メートルに達する風速などの条件から、米国でのハリケーン尺度でいう最高の「カテゴリー5」に匹敵するということ。

これは建物の全壊や高潮の大きな被害が出るレベルだそうで、NASAではこれまでに上陸した台風の中でも記録的な強さとみているとか。

この台風30号の低気圧と強風が生み出した高潮は5メートル以上に達したとみられ、伊勢湾台風(1959年)の高潮を大きく上回る規模だそうですが、天候、気圧、風、地形などの条件が揃ってしまうと、どこでも可能性があるということ。

ある大学教授は「地球温暖化などの影響で、台風がこれまで想定できなかった動きや強さになることが増えている。将来は、日本にも経験したことのないような台風が襲ってくる可能性も否定できない」と話していました。

地震や津波ではなく、台風と高潮でもこれだけ多くの被害が発生してしまうということを、台風の通り道である日本も当然に認識しておかなくてはいけませんし、被害を大きくしないような対策を進めておかなくてはいけません。

地震、津波、台風に高潮にも負けない、本当に丈夫で強い家を1棟でも多く提供したいと思っています。

是非住まいはRC(鉄筋コンクリート)造で建ててください。

  ←クリック頂けると大変嬉しいです。
人気ブログランキングへ
 


台風過ぎても竜巻被害とか。

ブログネタ
RC住宅を建てよう! に参加中!
東京で住まいを建てるならRCdesign

雲多めの東京です。

そんな今日は朝から社内ミーティング、その後信用金庫さん来社打ち合わせ、豊島区駒込計画検討、商社さんと電話、北区西ヶ原計画検討、都市銀行さんと電話、建具メーカーさんと電話、支店長さん来社打ち合わせ、文京区本郷計画検討など。

午後は地盤調査会社さんと電話、構造担当と電話、電気屋さんと電話、蓮根の不動産会社さんと電話、板橋区弥生町計画検討、見積作成、キッチン機器メーカーさんと電話、業者さんと電話など。夕方は豊島区千川計画検討、塗装屋さんと電話、渋谷区東計画検討、各種段取りなど。

いよいよ9月ですね、昨日までよりはちょっとだけマシな気がしますが、まだまだ熱中症など体調管理にはご注意ください。

ではこちら。

埼玉と千葉で竜巻か、けが人複数 小3男児ら、屋根飛ぶ

2日午後2時5分ごろ、埼玉県越谷市で竜巻とみられる激しい突風があり、住宅の屋根が飛ばされるなどした。市立桜井南小によると、突風で飛ばされたがれきで校内のガラス約50枚が割れ、小学3年の男児2人がけが。

県警によると、「電柱が2、3本倒れた」「住宅の屋根がなくなった」などの110番が相次ぎ、同市で8人のけがを確認した。また千葉県警などによると、同県野田市でも突風で建物の屋根がめくれるなど被害があった。
共同通信2013年09月02日17時06分

なるほど。

9月になって台風のシーズンになりましたが、春先と夏の終わりには大気が不安定になりやすいこともあり、竜巻や突風の被害も毎年報告されています。

しかしながら、この風による被害も、日本国民のほとんどの人は自分には関係が無いと思っているのではないでしょうか。

さすがに地震については、多くの人が意識をしていることと思いますし、建築基準法などの法整備も進んでいますので、これまでに経験したレベルであれば、今の建物が倒壊することは考えにくいと思います。

しかし、実は建物の設計において、風の対策と、地震の対策は相反する条件が必要で、そこにはいまだ大きな矛盾があり、その結果風に対抗出来ない住宅で被害が発生してしまうんです。

本来風に対抗するには、まず重さが必要で、さらに各部材が強固につながっていれば、風に飛ばされることはないはずです。ですので昔ながらの日本家屋では、沢山の土と重い瓦を屋根に載せていたのも一理あったわけです。

ところが、近年地震に対抗するための耐震設計が進んだことによって、構造物の上部は軽い方が地震の被害が小さく、木造住宅の屋根を少しでも軽くする方が有利ということになり、比較的軽い材料が使用されるようになりました。

ここが矛盾してしまうところで、住まいは地震だけに強ければ良いわけではなく、雨にも、風にも、雷にも、津波にも、飛来物にも、さらに火にも強くなければいけないんです。

そのためには、家全体がひとつの部品のような構造で、かつ、重さがある必要があるわけです。

そうなるとおのずと結果は明らかですね。

自然災害大国日本に適した住まいは鉄筋コンクリート住宅なんです。

もっともっと多くの家族に、安心して暮らせる家を届けられるよう精進して参りますので、引き続きご支援の程よろしくお願い申し上げます。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキングへ          ←応援のクリックをどうかひとつ!
 


プロフィール

井上社長

RCdesign のご紹介
スペースの都合で小さい画面になっております。お手数ですが、全画面でご覧ください。
おすすめ
お知らせ
現在リクルート発刊
の『東京の注文住宅』
に弊社が掲載されてい
ます。もう買って頂け
ましたか?
書店で380円ですの
で、是非ご覧になって
下さいね。



専門家を探せる、相談
できるALL About プロ
ファイルに出展してます


全国工務店ブログ広場

一日一度のクリックを
ありがとうございます!
にほんブログ村 住まいブログへ


住まいランキング

ブログランキング

友だち追加

livedoor 天気
QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
住まいづくりの秘訣       無料メールセミナー
住まいづくりをお考えの方が後悔する前に知っておくべき内容を書き下ろしました。失敗しない住まいづくりノウハウを是非お受け取りください。
お名前 ※
E-Mail ※
都道府県 ※

RCdesign公式facebook
ブログ内記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ