住まいはRC(鉄筋コンクリート)にしなさい!

東京で家を建てるならRC(鉄筋コンクリート)住宅。 (株)RCdesign(アールシーデザイン)社長の日記です。

損得

いつもありがとうございます。ご愛顧感謝申し上げます。こだわりの一戸建て住宅や2世帯住宅、賃貸併用住宅の安定経営など、住まいに関するノウハウを株式会社RCdesignの代表井上がお届けいたします。

持ち家は負債の嘘とか。

東京で理想の家を建てるならRCdesign

くもり時々晴れの東京です。

そんな今日は朝から社内ミーティング、練馬区田柄のお客様とお電話、その後高田馬場計画検討、登記情報捜索、信用金庫さんと電話、書類チェック、蓮根の不動産会社さんと電話、賃貸住戸入居立ち会いなど。

午後はお問い合わせ対応、杉並区宮前2丁目計画検討、提携会社さんと電話、高田馬場近隣様とお電話、建材メーカーさん来社打ち合わせ、日本橋の不動産会社さんと電話、北新宿計画検討、図面作成など。夕方は杉並区高井戸計画検討、書類作成、板橋区小茂根計画のお客様とお電話、ミーティングなど。

夜になって雷が賑やかでしたが、花粉や相変わらず元気です。

ではこちら。

マンション・戸建て購入は、賃貸より総負担額が安かった!「持ち家は負債」の嘘

バブル崩壊以降、「家は買うな」「持ち家は負債」という論調が多いのですが、今回はあえて持ち家を取得することのメリットを考察してみたいと思います。

ひとつは、資産価値があることです。戸建ては35年経つと無価値になるといわれますが、賃貸でも家賃を払い続けて何も残らないので、これは戸建て特有の特徴ではありません。

もちろん建物の価値(金融機関や行政の評価額)はほぼゼロになるものの、とりあえず土地は残るので、よほどへんぴで利便性の悪い場所でなければ、わずかな金額であっても売れば現金になります。
2016年3月27日 6時0分 ビジネスジャーナル

なるほど。

この手の論議は定期的にされていますし、結論もほぼ毎回同じで、これまで結局は人それぞれのライフスタイルに応じて、自己責任で選択してくださいというものでした。

今回の記事では、いろんな角度から金銭的に有利なのはどちらか、という点で検証されていました。

持ち家の有利な理由としては、上記の通り資産価値があるということと、次にリバースモーゲージという金融商品が利用出来るという点が書かれていました。

これは土地建物を担保にお金を借りて生活し、本人が死去したら金融機関がその自宅を売却して回収に充てるというものです。同様にローンの返済が終わったタイミングで修繕して賃貸に出すという方法も、収入を増やす手段として考えられますね。

また、基本的に老後の住居費負担を軽減することが可能な点が持ち家なら可能です。賃貸では、永遠に家賃と2年ごとの更新料および火災保険料がかかりますので、年金だけで払い続けられるかという不安がありますね。

マンションでは管理費・修繕積立金が毎月かかり、年1回固定資産税・都市計画税がかかりますが、特に修繕積立金は経年とともに金額も上昇します。とはいえ、同じ条件の物件の家賃と比べると圧倒的に安いものです。

戸建てに至っては、修繕の時期や範囲は自分で選べるので、当面はほぼ固定資産税くらいです。最新の戸建て住宅は性能も高く、大規模修繕のスパンも長くなってきています。

とにかく、どんな経済状況になったとしても、とりあえず住むところがあるというのは、大変心強い安心材料になるのではないでしょうか。

今回の記事で面白かったのは、著者が賃貸経営をされていて、大家さんの立場でもあるという点です。

大家さん目線で考えれば、そもそも家賃設定を考える時点で、土地建物の取得費に金利や税金、保険料に積み立て費の金額を計上し、その上で利益が出るということが基本にありますので、家賃とはこれら全てを負担することになるわけです。

ですので同じエリアで同じ間取りだとすれば、間違い無く家賃設定の方が高額になってしまうということですので、買った方が有利という結論になります。

ということで、金銭的な損得で考えれば、やはり買った方がオトクということになりそうですが、冒頭にも書いたように、人それぞれのライフスタイルに応じて選択することが大切です。

間違っても、家を買うということを目的にしてはいけません。自分と家族がどんなライフスタイルで、どのような暮らしを実現するか、そのために必要な舞台装置として、理想の家があるはずです。

ただし、時代の要請や住まいも社会の一部であり社会資本という面も考慮すれば、大切な資源を使用する建築を短期間で繰り返してはならず、安易に30年で解体するような家を建ててはいけないと思います。

災害に強く、省エネで快適、もちろん耐久性が高いという家を建てることで、子孫と日本が豊かになると思います。

そのために、私たちは鉄筋コンクリート(RC)住宅をオススメしています。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキングへ  ←お気軽にクリック!



大損しているお部屋とか。

ブログネタ
RC住宅を建てよう! に参加中!
東京で健康的な住まいを建てるならRCdesign

良い天気の東京です。

そんな今日は朝から板橋区板橋3丁目計画検討、電気屋さんと電話、解体屋さんと電話、練馬区田柄計画のお客様とお電話、設備屋さんと電話、板橋区徳丸6丁目計画検討、ご近所のお客様ご来社、電気屋さん来社、大工さんと電話など。

午後は図面作成、世田谷区砧計画検討、世田谷区弦巻のお客様とお電話、世田谷区宮坂計画検討、中野区南台計画検討、その後練馬区役所へ、練馬田柄計画のお客様と打ち合わせなど。夕方帰社後は提携会社さんと電話、台東区日本堤計画検討、小金井東町計画検討、お問い合わせ対応など。

なんと明日は今シーズン最高の冷え込みだとか。くれぐれも暖かい服装でお過ごしください。

ではこちら。

ない人は大損してる!「部屋にグリーン」…想像以上の健康効果

あなたの部屋にグリーンはありますか? もしも植物を置いていないとしたら、それは心身を健やかにしてくれるチャンスを逃しているのも同然。植物はあなたが思っている以上に、私たちの心と体にプラスの影響を与えてくれるんです。

今回は、緑を自宅に置かないことで損をしてしまっている、さまざまな健康効果についてご紹介しましょう。

1:リラックスできない
植物の緑色は緊張をほぐしてくれる効果があり、そのおかげでストレスを感じている状態だったとしても、精神的にリラックスさせ気分も落ち着かせてくれます。自宅に帰っても緑がないなら、緊張状態が続いたり、イライラした気持ちが収まらずにいることが多いかもしれません。
2014年12月3日 16時0分 美レンジャー

なるほど。

もしかすると意識をしないとわからないものかもしれませんが、お部屋に観葉植物などがあることで、プラスの効果は確実にあると思いますので、逆に言うと緑が無いことで損をしてしまっているかもしれません。

もちろん植物は少なからず手間のかかる部分もありますが、その分成長を楽しむことも出来ますので、是非チャレンジして欲しいと思います。

記事の中では、その他にも4つほど損をしてしまうことが書かれていました。

2:空気が乾燥してしまう
夏は冷房、冬は暖房をつけており、室内は乾燥した状態が続きます。でも植物はまわりが乾燥していると、自身の水分を蒸発させられるのです。加湿器があれば十分という人がいるかもしれませんが、植物が発散する水蒸気はクリーンな空気で、しかもマイナスイオンを放出しているというW効果もあります。

3:悪い気がよどんでしまう
風水では緑は良い気を運んでくれるラッキーアイテム。悪い気がよどんでいる場所に植物を置くと、邪気を吸収してくれると考えられています。逆に緑を置かなかったら、悪い気がどんどんたまっていってしまいます。

4:集中力が散漫に
緑は緊張状態からリラックスさせる効果がありますが、そこから集中力を高める効果もあるんです。オフィスでは植物を置いておいた方が、社員の仕事がはかどると言われています。もしも緑がないなら、緊張したままで集中力が散漫になってしまうかもしれません。

5:病気にかかりやすい
緑がある職場の方が社員の疾病、疾患が、緑のない職場よりも少ないことがわかっています。これは今までに述べてきたリラックス効果や加湿効果などが、人の健康状態にも少なからず影響しているものと考えられます。

と、植物を置かないというだけで、これだけの損しているということですので、植物を置かないメリットは無さそうに思います。

もちろん植物にも命がありますので、始めたからにはお手入れをしっかり続けて、枯らしてしまわないよう、大切に育てていただきたいと思います。

体調を崩しやすい季節ですので、損をしないようにお部屋にはグリーンを置くようにしましょう。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキングへ       ←応援のクリックをどうかひとつ!



太陽光発電の損得とか。

ブログネタ
RC住宅を建てよう! に参加中!
東京で発電する住宅を建てるならRCdesign

晴天の東京は夏のようです。

そんな今日は朝から小金井計画検討、お問い合わせ対応、信用金庫さんと電話、タイル屋さん来社打ち合わせ、台東区上野桜木計画検討、電気屋さんと電話、資料作成など。

午後は中野区南台計画検討、見積作成、西台のお客様とお電話、サッシ屋さん来社打ち合わせ、杭屋さん来社打ち合わせ、お問い合わせ対応など。夕方は電気屋さん来社打ち合わせ、北区西ヶ原計画検討、出版社さんと電話、板橋区弥生町計画検討、資料作成など。

屋外では暑く感じましたが、日陰は涼しいので、夏よりはマシですね。ベトナムでは女子サッカーのなでしこ達が頑張っていますので、応援しましょう。

ではこちら。

住宅の太陽光発電は得か?損か?

太陽光発電は、数百万円の初期投資がかかる
最近、住宅展示場でモデルハウスを見ると、その多くが屋根にソーラーパネルを載せています。また、戸建て住宅に住んでいる人なら「太陽光発電を取り付けませんか?」という訪問営業を受けた人もいるのではないでしょうか。また、テレビではソーラパネルメーカーが頻繁にコマーシャルを流しています。

実際のところ、住宅用の太陽光発電は得なのでしょうか?結論を言ってしまうと、損をする人もいれば、得をする人もいます。
 
太陽光発電は、設備を設置するのにソーラーパネル代、コントローラーなど数百万円の初期投資がかかるます。その金額を、発電量に応じた「売電(あるいは電気代の節約)」で、賄っていく仕組みです。ここで重要なのは売電の「買い取り価格」です。これが高ければ得をし、安ければ損をします。
JIJICO 2014年05月16日10時00分 

なるほど。

一時期に比べると、ちょっとは減ったように思いますが、それでもこれから家を建てるという方や、既存のお住まいでも、省エネの点から検討されたり、純粋に投資として検討されている方が、まだまだ多くいらっしゃるようです。

当然検討し始めれば、一番の関心事となるのが、実際に元が取れるのか、お得なのかそうではないのかということ。

ハッキリ言って、記事にもあるように絶対にということも言えませんし、儲かるのか、損になるのかも一概に言えることではないんです。

それこそ天候ひとつとっても、晴ればかりではありませんし、カタログ通りの発電効率を確認したりすることも難しいですね、当然買い取り価格にしても、自分でどうにか出来ることではありません。

その買い取り価格を決めている資源エネルギー庁では、「調達価格や調達期間は、各電源ごとに、事業が効率的に行われた場合、通常必要となるコストを基礎に適正な利潤などを勘案して定める」こととしています。

要するに毎年改定される売電価格は、「トラブル無く運用されていたら、ある程度の利益が上がる」という前提で価格が設定されているのだそうです。

となれば当然、「大もうけはできないようになっている」ということですし、故障などのトラブルがあれば損をすることもあり得るということですね。

実際、ソーラパネルの値段や買い取り価格は年々変わっていますが、設置工事価格と売電価格から損益を試算してみると、必ず設置後7〜10年くらいで元が取れるようになっているようです。ですので、設置したソーラパネルが10年以上問題なく順調に発電を続けてくれれば大成功と言えます。

しかし、外的要因で発電量が低下したり、システムのどこかが故障したり、木造住宅では屋根に負担が掛かって雨漏りでもしたら、利益が出るどころか、想定以上の出費が増える可能性もあります。損得どちらになるのか、それは10年経ってみないとわからないということです。

実は個人住宅の太陽光発電というのは、本格的に設置が始まってからまだ数年しか経っていませんので、耐用年数をむかえたものは殆どありません。ですので、耐用年数を過ぎた後のソーラパネルの解体、撤去工事にどれほどの費用が掛かるのかなど、いまだはっきりしていない部分も多くあります。

また、買い取り固定期間の10年を超えた例も当然ありませんし、10年後の買い取り価格もわかりません。これらのリスクを理解した上で、設置についての判断をしなければいけません。

それでも日々の電気使用料の削減や、省エネに対する貢献、災害時のエネルギー確保などを考えれば、十分検討の余地もあるのではないでしょうか。

太陽光発電や燃料電池などにご興味がございましたら、是非お気軽にご相談ください。

それでは。

今日もありがとうございます。

 
人気ブログランキングへ ←今日もどうか応援のクリックを一つ。



プロフィール

井上社長

RCdesign のご紹介
スペースの都合で小さい画面になっております。お手数ですが、全画面でご覧ください。
おすすめ
お知らせ
現在リクルート発刊
の『東京の注文住宅』
に弊社が掲載されてい
ます。もう買って頂け
ましたか?
書店で380円ですの
で、是非ご覧になって
下さいね。



専門家を探せる、相談
できるALL About プロ
ファイルに出展してます


全国工務店ブログ広場

一日一度のクリックを
ありがとうございます!
にほんブログ村 住まいブログへ


住まいランキング

ブログランキング

友だち追加

livedoor 天気
QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
住まいづくりの秘訣       無料メールセミナー
住まいづくりをお考えの方が後悔する前に知っておくべき内容を書き下ろしました。失敗しない住まいづくりノウハウを是非お受け取りください。
お名前 ※
E-Mail ※
都道府県 ※

RCdesign公式facebook
ブログ内記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ