住まいはRC(鉄筋コンクリート)にしなさい!

東京で家を建てるならRC(鉄筋コンクリート)住宅。 (株)RCdesign(アールシーデザイン)社長の日記です。

支払い

いつもありがとうございます。ご愛顧感謝申し上げます。こだわりの一戸建て住宅や2世帯住宅、賃貸併用住宅の安定経営など、住まいに関するノウハウを株式会社RCdesignの代表井上がお届けいたします。

家づくり講座は新築代金の支払いとか。

安心の家を建てるならRCdesign

雨時々くもりの東京です。

そんな今日は朝からお問い合わせ対応、社内システムメンテナンス、賃貸管理業務、渋谷区計画検討、図面作成、文京区計画検討、資料作成など。

午後は渋谷区計画のお客様とお電話、ありがとうございます。図面作成、見積作成、業者さんと電話、新企画プラン作成、見積作成など。夕方はお問い合わせ対応、中野区新井薬師計画検討、ミーティングなど。

4連休の方も多いと思いますが、東京都はGo Toから除外されていますし、梅雨空が続いていますので、時間を持て余しているかもしれませんね。それでは今週も土曜日恒例の家づくり講座第435回をお届けいたします。どうぞお付き合いください。

さて、分譲マンションや建売住宅を購入する際の支払い回数は、手付金と最終支払いの2回程度です。

しかし、新築する際は回数が増えます。業者によって支払い回数や金額の割合は異なりますが、今日は一般的な事例を紹介します。

1.手付金
契約書に記名押印し、正式に契約を結んだ時に支払います。
工事費の1割程度が目安です。

2.着工金
新築工事が始まる時期に支払います。
工事費の2割程度が目安です。
業者によっては、手付金と着工金を契約締結時にまとめて請求する場合もあります。

3.中間金
屋根と骨組みができた頃(=上棟)に支払います。
工事費の3割程度が目安です。

4.最終金
新居が完成した際、追加工事の費用なども含め、未払い分の工事費を全て支払います。

もし、あなたの自己資金が少ない場合、業者によっては、手付金や着工金を減額し、中間金を増やすなどの調整に応じてくれます。調整を依頼したい時は、早めに相談しましょう。

着工金や中間金の支払いに住宅ローンを利用したい場合、金融機関によっては、支払い時期に必要な額だけ分割実行してくれます。これを『つなぎ融資』といいます。

ただし、すべての金融機関がつなぎ融資を行っているわけではありません。また、その上限回数は金融機関によって異なります。つなぎ融資の金利は、少し高くなることもあります。

住宅ローンを選ぶ際には、それらの情報チェックは欠かせませんね。

施工業者と交わす契約書には、手付金や着工金、中間金の支払い時期と金額が記載されます。

つなぎ融資を利用して支払う予定なら、まずは施工業者に時期と金額を確認し、それに合わせてつなぎ融資を受けられるか必ず金融機関に確認しましょう。

契約締結時は、契約書に記載されている支払い時期と金額が施工業者とあなたが話し合って納得したものかどうか、念入りに確かめてくださいね。

そういえば以前、施主に着工金や中間金まで支払わせた後、業者が工事を放置して逃げた事件がありましたね。それをきっかけに、支払いの時期や額に敏感になった施主が増えたとか。

とにかく必要以上の工事代金を要求してくること自体がおかしいのですが、この事件では早めに代金を支払うと工事費が安くなる、という言葉につられてしまったようです。

そんな話を聞くと、自分が依頼する業者は大丈夫か不安になりますよね。

もし契約書に記載された時期や額に疑問を感じたら、署名押印はお預けにして、納得できるまで話し合った方がいいですよ。

ちなみに弊社では一般社団法人ハウスワランティと提携し、新築からメンテナンスまでを「住宅ワイドサポート」として安心の住まいづくりをバックアップしています。



それでは引き続き良い連休を。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング ←ご声援をお願いします。



家づくり講座は代金の支払いとか。

東京でコンクリート住宅を建てるならRCdesign

くもり時々晴れの東京です。

そんな今日は朝からサッシ屋さんと電話、お問合せ対応、五丁目のお客様とお電話、資材発注、文京区本郷計画検討、中野区大和町計画検討、見積作成、板橋区双葉町計画検討など。

午後からは5丁目のお客様宅訪問、帰社後は見積作成、世田谷区代田でご検討のお客様にご来社頂き打ち合わせ、ありがとうございます。豊島区西巣鴨計画検討など。夕方は図面作成、お問合せ対応、ミーティング、文京区根津計画検討など。業務終了後は社内フットサル部の練習参加。

9月も今日で終わりですね。今週も運動会を開催予定という学校もあるようですが、お父さんの無理は禁物です。では今週も土曜日恒例の家づくり講座第345回をお届けいたします。どうぞお付き合いください。

家づくりの費用は複数回で支払うのが一般的です。

支払回数は業者によって異なりますが、
・契約時
・着工時
・上棟時
・完成引き渡し時
などの節目に合わせる場合が多いものです。

支払い額は、総額を単純に支払い回数で割る場合もあれば、契約時を少なめにし、引き渡し時を多めに設定する場合もあります。

業者と提携している金融機関の住宅ローンを利用する場合、業者が金融機関に連絡をしてくれるので、施主さんが支払い予定日や金額を金融機関に連絡する必要はありません。

しかし、あなた自身で選んだ場合、金融機関に連絡するのはあなたの役割になります。

住宅ローンが正式に実行されるのは、新居が完成してからです。それまでに複数回に渡って受ける融資は、『つなぎ融資』と呼ばれます。

つなぎ融資の段階では、担保となる新居は完成していません。ですから、その期間だけ少し高めの金利に設定されたり、別途費用が必要になる場合があります。その都度書類に記入して、その都度沢山の説明をされるので大変です。

しかし、百万円単位のお金が動くのですから、分からないことがあれば、その都度質問し、メモを取るようにしておきたいものですね。

なお、金融機関によっては、つなぎ融資を利用せず、分割融資を受けられる場合もあります。

いずれにしても、契約手数料、金利、返済時期などについて、理解できるまで質問をすることが大切です。

ところで、あなたは富士ハウスの事例を覚えていますか?

着工前に7割もの代金を施主に要求していた業者です。

代金を多めに支払えば価格を値引きするなど、言葉巧みに集金を進めていました。しかし負債が膨らんで倒産したため、建築途中の住宅の引き渡しが不可能になり、大きなニュースになりました。

本来なら、業者が倒産した場合には他の業者が引き継いで完成させます。しかし、すでに施主は資金の7割をも支払ってしまっていましたので、他の業者が施工を引き継ぐことは困難でした。

もしあなたが依頼した業者が、早い時期に多額の支払いを要求してきた場合、「おかしいな」と思わなくてはいけません。そんな時はすぐに第三者に相談した方が良いでしょう。

それでは良い週末を。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング   ←  是非!



プロフィール

井上社長

RCdesign のご紹介
スペースの都合で小さい画面になっております。お手数ですが、全画面でご覧ください。
おすすめ
お知らせ
現在リクルート発刊
の『東京の注文住宅』
に弊社が掲載されてい
ます。もう買って頂け
ましたか?
書店で380円ですの
で、是非ご覧になって
下さいね。



専門家を探せる、相談
できるALL About プロ
ファイルに出展してます


全国工務店ブログ広場

一日一度のクリックを
ありがとうございます!
にほんブログ村 住まいブログへ


住まいランキング

ブログランキング

友だち追加

livedoor 天気
「livedoor 天気」は提供を終了しました。
QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
住まいづくりの秘訣       無料メールセミナー
住まいづくりをお考えの方が後悔する前に知っておくべき内容を書き下ろしました。失敗しない住まいづくりノウハウを是非お受け取りください。
お名前 ※
E-Mail ※
都道府県 ※

RCdesign公式facebook
ブログ内記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ